アムロジピンに関してよくある質問集|製品情報|日本ケミファ株式会社

記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 高齢者 65歳〜 アムロジピンOD錠5mg「YD」の注意が必要な飲み合わせ. (60歳代病院勤務医、一般内科) Ca拮抗薬 この薬をファーストチョイスする理由(2016年8月更新)• たとえば1日を通して安定した降圧効果を求めるのであればアムロジピンの服用が適しています。 過度に血圧の低い• なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる• 服用時:本剤は舌の上にのせ唾液を湿潤させ、唾液のみで服用可能である また、水で服用することも出来る。

Next

アムロジピンOD錠2.5mg「トーワ」

抗不整脈薬か降圧薬かで違う気がする。 アムロジピンは血管を広げることで血圧を下げる効果を持った飲み薬です。 (50歳代開業医、一般内科)• また、横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意する。

アムロジピンOD錠2.5mg「アメル」

以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• なお、年齢、体重、症状により適宜増減する アムロジピンOD錠5mg「トーワ」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 6歳以上の小児 6歳〜14歳• では実際に「自分が飲んでいるアムロジピン錠(ジェネリック)の効果を知りたい」という患者様への情報を一覧で開示する方法について検討しました。 口腔: 頻度不明 連用により 歯肉肥厚[発現した場合には投与を中止する]。

Next

アムロジピンOD錠5mg「YD」

2.狭心症:アムロジピンとして5mgを1日1回経口投与する• これにより、多くのケースで、1-8週間で回復に向かいます 3。 ニフェジピンを1日2回服用し、服用2時間後と12時間後にそれぞれ血圧を測定すると12時間後に測定した値が有意に高いというデータがあります。 8).血液:(頻度不明)赤血球減少、ヘモグロビン減少、白血球減少、白血球増加、紫斑、血小板減少。

Next

アムロジピンOD錠5mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

薬剤交付時:• (60歳代診療所勤務医、一般内科) Ca拮抗薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年12月更新)• 4).横紋筋融解症:横紋筋融解症が現れることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇等が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 欠点は、立ち上がりが遅いこと、休薬による血圧上昇がすぐには見られないため自己調節する患者さんがいること。 (30代病院勤務医、一般内科)• 3.小児への投与:高血圧症:6歳以上の小児には、アムロジピンとして2. 5mgの簡易懸濁法での投与は可能ですか? アムロジピンOD錠5mgの簡易懸濁法での投与は可能ですか? アムロジピンOD錠10mgの簡易懸濁法での投与は可能ですか? アムロジピン錠2. 緊急な治療を要する不安定狭心症 患者の属性に応じた注意喚起•。

Next

アムロジピンOD錠5mg「YD」

(50歳代病院勤務医、一般内科)• 2.狭心症:アムロジピンとして5mgを1日1回経口投与する。

Next