大分一家6人殺傷事件

長女は車椅子での生活を余儀なくされながらも大学入学を果たし、義母の介助を受けながら通学している。 3世代、5人家族の次男で、「真面目」「いい子」との評価を受けていた。 【逮捕後】 「息子がI家の一家6人を傷付け、とんでもない事件を起こしてしまった。

Next

大分一家6人殺傷事件

頬から刺しこまれたナイフの先が脳に達し、今も寝たきりで、尿意を伝えるのが精一杯である。 Aは部屋にナイフと砥石を持ち込んで研ぎ、畳や柱を試し切りした。 特にA宅とI家の距離は200mほどで、Aの父とIさん(当時65歳)は釣り仲間だったこともあり、両家は特別親密な仲だった。

Next

大分一家6人殺傷事件

Aは振りかえって憎悪にゆがんだ顔で睨んでいたと言う。

Next

大分・一家6人殺傷事件

それでも昔ながらの家族的な雰囲気を残すこの集落ではこれまでと変わりなく、この孤独な少年と接した。 こう書くと母親が常識知らずに思えるが、夫婦のどちらが常識的で会ったかと言うと母親の方だと近所の人は語る。

Next

大分・一家6人殺傷事件

遺族側は「Aの更生状況を見極めるため」という。

Next

大分一家6人殺傷事件は15歳の少年による殺人事件。判決やワタナベマホトとの関係に迫る。

5月末、じゃんけんで負けたほうが肩を拳で叩かれる「肩パン」という遊びが度を過ぎて、同級生に一方的に殴られ、双方の親が話し合って仲直りさせるというトラブルが起こっている。 この一件からAが挨拶しても、I家の人々はそれを返さないようになった。 Aが欠席がちになってゆくのと期を同じくして、都原集落では女性の下着が盗まれる事件が相次いだ。

Next

大分一家6人殺傷事件

6月、Aは親を通じて担任に「学校を辞めたい」と伝えた。 I家では背中を切りつけられた長女が警察に通報していた。

Next

大分一家6人殺傷事件は15歳の少年による殺人事件。判決やワタナベマホトとの関係に迫る。

弱りきってぶるぶる震える猫が逃げ出そうとするのを、さらに追いかけようとするので「もうやめろ」と咎められると、Aは子猫を思いきり蹴飛ばした。 この条件を加害者側は承諾したため、既にした。 事件現場となった室内は鮮血で染まり、ガラスが砕け、家財道具が散乱していた。

Next