SEKAI NO OWARI

This has since been fixed and I apologize for any inconvenience caused. jspinyin. net Lyrics 世界の終わり SEKAI NO OWARI — silent 歌詞 Kindly like and share our content. Lyrics SEKAI NO OWARI — silent 歌詞 Singer: 世界の終わり SEKAI NO OWARI Title: silent 純白の雪が降る街から音が 全て奪われていった 「こんなに静かだ」と閉じ込めた言葉も 聞こえてしまいそう 雑音の中あなたの声だけ 心に解けていく まるでミルクをこぼしたような そんな夜 空を見上げて一人呟いた 消えてほしいような言葉だけ だけど心の音だけは この雪も奪えない クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いてる 夜を泳ぐように過ごした あの瞬間を このスノードームみたいに 閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に 体温で溶ける雪の結晶 触れることが出来ない あなたは私の知らない時間の中にいる 凍える身体 力を抜いたら 震えが少し収まった でもそれは刹那 無意識のうちに 身体が強ばっていく こんな真っ白な世界の中にいたら 自分だけちょっと汚れてるみたい 静寂の音がうるさくて 今夜はきっと眠れない 時を奏でるように寄り添った 煌めきだとしても 目を閉じると望んでもいないのに 思い出してしまう この降り積もる雪はやっぱり あなたと見たかったな 純白の雪が降る 降るなら積もってね 汚くなるだけだから そんなことを思った私は どんな顔してた? クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いてる 夜を泳ぐように過ごした あの瞬間を このスノードームみたいに 閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に Find more lyrics at myjpop. クリスマスなんて 無 なければ いつも 通 どおりの 何 なににも 変 かわらない 夜 よるなのに 聖 せいなる 旋律 せんりつは 雪 ゆきに 溶 とけて 自分 じぶんの 鼓動 こどうが 響 ひびいている 夜 よるを 泳 およぐように 過 すごしたあの 瞬間 しゅんかんを このスノードームみたいに 閉 とじ 込 こめられたら 見 みえない 星 ほしに 願 ねがいを 込 こめて 音 おとが 無 なくなった 夜 よるに 純白 junpaku の no 雪 yuki が ga 降 fu る ru 街 machi から kara 音 oto が ga 全 sube て te 奪 uba われていった wareteitta こんなに konnani 静 shizu かだと kadato 閉 to じ ji 込 ko めた meta 言葉 kotoba も mo 聴 ki こえてしまいそう koeteshimaisou 雑音 zatsuon の no 中 naka、 貴方 anata の no 声 koe だけ dake 心 kokoro に ni 溶 to けていく keteiku まるで marude ミルク miruku を wo 溢 kobo した shita 様 you なそんな nasonna 夜 yoru 空 sora を wo 見上 mia げて gete 一人 hitori 呟 tsubuya いた ita 消 ki えて ete 欲 ho しいような shiiyouna 言葉 kotoba だけ dake だけど dakedo 心 kokoro の no 音 oto だけは dakeha この kono 雪 yuki も mo 奪 uba えない enai クリスマス kurisumasu なんて nante 無 na ければ kereba いつも itsumo 通 doo りの rino 何 nani にも nimo 変 ka わらない waranai 夜 yoru なのに nanoni 聖 sei なる naru 旋律 senritsu は ha 雪 yuki に ni 溶 to けて kete 自分 jibun の no 鼓動 kodou が ga 響 hibi いている iteiru 夜 yoru を wo 泳 oyo ぐように guyouni 過 su ごしたあの goshitaano 瞬間 syunkan を wo この kono スノ sunoー ド doー ム mu みたいに mitaini 閉 to じ ji 込 ko められたら meraretara 見 mi えない enai 星 hoshi に ni 願 nega いを iwo 込 ko めて mete 音 oto が ga 無 na くなった kunatta 夜 yoru に ni 体温 taion で de 溶 to ける keru 雪 yuki の no 結晶 kessyou 触 fu れることが rerukotoga 出来 deki ない nai 貴方 anata は ha 私 watashi の no 知 shi らない ranai 時間 jikan の no 中 naka にいる niiru 凍 kogo える eru 身体 karada、 力 chikara を wo 抜 nu いたら itara 震 furu えが ega 少 suko し shi 治 osa まった matta でもそれは demosoreha 刹那 setsuna 無意識 muishiki のうちに nouchini 身体 karada が ga 強張 kowaba っていく tteiku こんな konna 真 ma っ xtu 白 shiro な na 世界 sekai の no 中 naka にいたら niitara 自分 jibun だけちょっと dakechotto 汚 yogo れてるみたい reterumitai 静寂 seijaku の no 音 oto が ga 煩 urusa くて kute 今夜 konya はきっと hakitto 眠 nemu れない renai 時 toki を wo 奏 kana でるように deruyouni 寄 yo り ri 添 so った tta 煌 kira めきだとしても mekidatoshitemo 目 me を wo 閉 to じると jiruto 望 nozo んでもないのに ndemonainoni 思 omo い i 出 da してしまう shiteshimau この kono 降 fu り ri 積 tsu もる moru 雪 yuki は ha やっぱり yappari 貴方 anata と to 見 mi たかったな takattana 純白 junpaku の no 雪 yuki が ga 降 fu る ru 「 降 fu るなら runara 積 tsu もってね mottene、 汚 kitana くなるだけだから kunarudakedakara」 そんな sonna 事 koto を wo 思 omo った tta 私 watashi は ha どんな donna 顔 kao してた shiteta? Disclosure: As an Amazon Associate, we earn from qualifying purchases. SEKAI NO OWARI silent 作詞:Fukase 作曲:Nakajin・Fukase 純白の雪が降る 街から音が全て奪われていった こんなに静かだと 閉じ込めた言葉も聴こえてしまいそう 雑音の中、貴方の声だけ心に溶けていく まるでミルクを溢した様なそんな夜 空を見上げて一人呟いた 消えて欲しいような言葉だけ だけど心の音だけは この雪も奪えない クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いている 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に 体温で溶ける雪の結晶 触れることが出来ない 貴方は私の知らない時間の中にいる 凍える身体、力を抜いたら 更多更詳盡歌詞 在 震えが少し治まった でもそれは刹那 無意識のうちに 身体が強張っていく こんな真っ白な世界の中にいたら 自分だけちょっと汚れてるみたい 静寂の音が煩くて 今夜はきっと眠れない 時を奏でるように寄り添った 煌めきだとしても 目を閉じると望んでもないのに思い出してしまう この降り積もる雪は やっぱり貴方と見たかったな 純白の雪が降る 「降るなら積もってね、汚くなるだけだから」 そんな事を思った私は どんな顔してた? クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いている 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に. Thank you! 作詞:Fukase 作曲:Nakajin・Fukase 純白の雪が降る 街から音が全て奪われていった こんなに静かだと 閉じ込めた言葉も聴こえてしまいそう 雑音の中、貴方の声だけ心に溶けていく まるでミルクを溢した様なそんな夜 空を見上げて一人呟いた 消えて欲しいような言葉だけ だけど心の音だけは この雪も奪えない クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いている 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に 体温で溶ける雪の結晶 触れることが出来ない 貴方は私の知らない時間の中にいる 凍える身体、力を抜いたら 震えが少し治まった でもそれは刹那 無意識のうちに 身体が強張っていく こんな真っ白な世界の中にいたら 自分だけちょっと汚れてるみたい 静寂の音が煩くて 今夜はきっと眠れない 時を奏でるように寄り添った 煌めきだとしても 目を閉じると望んでもないのに思い出してしまう この降り積もる雪は やっぱり貴方と見たかったな 純白の雪が降る 「降るなら積もってね、汚くなるだけだから」 そんな事を思った私は どんな顔してた? クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いている 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に zyunpaku no yuki ga hu ru mati kara oto ga sube te uba wa re te ixtu ta konnani sizu ka da to to zi ko me ta kotoba mo ki koe te simai sou zatuon no naka 、 anata no koe dake kokoro ni to ke te iku marude miruku wo kobo si ta you na sonna yoru sora wo mia ge te hitori tubuya i ta ki e te ho sii you na kotoba dake da kedo kokoro no oto dake ha kono yuki mo uba e nai kurisumasu nante na kere ba itumo doo ri no nani ni mo ka wara nai yoru na no ni sei naru senritu ha yuki ni to ke te zibun no kodou ga hibi i te iru yoru wo oyo gu you ni su gosi ta ano syunkan wo kono suno-do-mu mitai ni to zi ko me rare tara mi e nai hosi ni nega i wo ko me te on ga na kunaxtu ta yoru ni taion de to keru yuki no kessyou hu reru koto ga deki nai anata ha watasi no si ra nai zikan no naka ni iru kogo eru sintai 、 tikara wo nu i tara huru e ga suko si osa maxtu ta demo sore ha setuna muisiki no uti ni sintai ga kowaba xtu te iku konna ma xtu siro na sekai no naka ni i tara zibun dake tyotto yogo re teru mitai seizyaku no oto ga urusa ku te konya ha kitto nemu re nai zi wo kana deru you ni yo ri so xtu ta kira meki da to si te mo me wo to ziru to nozo n de mo nai no ni omo i da si te simau kono hu ri tu moru yuki ha yappari anata to mi takaxtu ta na zyunpaku no yuki ga hu ru 「 hu ru nara tu moxtu te ne 、 kitana ku naru dake da kara 」 sonna koto wo omo xtu ta watasi ha donna kao si te ta ? kurisumasu nante na kere ba itumo doo ri no nani ni mo ka wara nai yoru na no ni sei naru senritu ha yuki ni to ke te zibun no kodou ga hibi i te iru yoru wo oyo gu you ni su gosi ta ano syunkan wo kono suno-do-mu mitai ni to zi ko me rare tara mi e nai hosi ni nega i wo ko me te on ga na kunaxtu ta yoru ni. net You can purchase their music thru! 純白 じゅんぱくの 雪 ゆきが 降 ふる 街 まちから 音 おとが 全 すべて 奪 うばわれていった こんなに 静 しずかだと 閉 とじ 込 こめた 言葉 ことばも 聴 きこえてしまいそう 雑音 ざつおんの 中 なか、 貴方 あなたの 声 こえだけ 心 こころに 溶 とけていく まるでミルクを 溢 こぼした 様 ようなそんな 夜 よる 空 そらを 見上 みあげて 一人 ひとり 呟 つぶやいた 消 きえて 欲 ほしいような 言葉 ことばだけ だけど 心 こころの 音 おとだけは この 雪 ゆきも 奪 うばえない クリスマスなんて 無 なければ いつも 通 どおりの 何 なににも 変 かわらない 夜 よるなのに 聖 せいなる 旋律 せんりつは 雪 ゆきに 溶 とけて 自分 じぶんの 鼓動 こどうが 響 ひびいている 夜 よるを 泳 およぐように 過 すごしたあの 瞬間 しゅんかんを このスノードームみたいに 閉 とじ 込 こめられたら 見 みえない 星 ほしに 願 ねがいを 込 こめて 音 おとが 無 なくなった 夜 よるに 体温 たいおんで 溶 とける 雪 ゆきの 結晶 けっしょう 触 ふれることが 出来 できない 貴方 あなたは 私 わたしの 知 しらない 時間 じかんの 中 なかにいる 凍 こごえる 身体 からだ、 力 ちからを 抜 ぬいたら 震 ふるえが 少 すこし 治 おさまった でもそれは 刹那 せつな 無意識 むいしきのうちに 身体 からだが 強張 こわばっていく こんな 真 まっ 白 しろな 世界 せかいの 中 なかにいたら 自分 じぶんだけちょっと 汚 よごれてるみたい 静寂 せいじゃくの 音 おとが 煩 うるさくて 今夜 こんやはきっと 眠 ねむれない 時 ときを 奏 かなでるように 寄 より 添 そった 煌 きらめきだとしても 目 めを 閉 とじると 望 のぞんでもないのに 思 おもい 出 だしてしまう この 降 ふり 積 つもる 雪 ゆきは やっぱり 貴方 あなたと 見 みたかったな 純白 じゅんぱくの 雪 ゆきが 降 ふる 「 降 ふるなら 積 つもってね、 汚 きたなくなるだけだから」 そんな 事 ことを 思 おもった 私 わたしは どんな 顔 かおしてた? 歌: 作詞:Fukase 作曲:Nakajin・Fukase 純白の雪が降る 街から音が全て奪われていった こんなに静かだと 閉じ込めた言葉も聴こえてしまいそう 雑音の中、貴方の声だけ心に溶けていく まるでミルクを溢した様なそんな夜 空を見上げて一人呟いた 消えて欲しいような言葉だけ だけど心の音だけは この雪も奪えない クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いている 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に 体温で溶ける雪の結晶 触れることが出来ない 貴方は私の知らない時間の中にいる 凍える身体、力を抜いたら 震えが少し治まった でもそれは刹那 無意識のうちに 身体が強張っていく こんな真っ白な世界の中にいたら 自分だけちょっと汚れてるみたい 静寂の音が煩くて 今夜はきっと眠れない 時を奏でるように寄り添った 煌めきだとしても 目を閉じると望んでもないのに思い出してしまう この降り積もる雪は やっぱり貴方と見たかったな 純白の雪が降る 「降るなら積もってね、汚くなるだけだから」 そんな事を思った私は どんな顔してた? クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いている 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に. 体温で溶ける雪の結晶 触れることが出来ない 貴方は私の知らない時間の中にいる 凍える身体、力を抜いたら 震えが少し治まった でもそれは刹那 無意識のうちに 身体が強張っていく こんな真っ白な世界の中にいたら 自分だけちょっと汚れてるみたい 静寂の音が煩くて 今夜はきっと眠れない 時を奏でるように寄り添った 煌めきだとしても 目を閉じると望んでもないのに思い出してしまう この降り積もる雪は やっぱり貴方と見たかったな 純白の雪が降る 「降るなら積もってね、汚くなるだけだから」 そんな事を思った私は どんな顔してた? クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いている 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に. And please follow our blogs for the latest and best Japanese JPOP music, songs, pops and ballads. クリスマス kurisumasu なんて nante 無 na ければ kereba いつも itsumo 通 doo りの rino 何 nani にも nimo 変 ka わらない waranai 夜 yoru なのに nanoni 聖 sei なる naru 旋律 senritsu は ha 雪 yuki に ni 溶 to けて kete 自分 jibun の no 鼓動 kodou が ga 響 hibi いている iteiru 夜 yoru を wo 泳 oyo ぐように guyouni 過 su ごしたあの goshitaano 瞬間 syunkan を wo この kono スノ sunoー ド doー ム mu みたいに mitaini 閉 to じ ji 込 ko められたら meraretara 見 mi えない enai 星 hoshi に ni 願 nega いを iwo 込 ko めて mete 音 oto が ga 無 na くなった kunatta 夜 yoru に ni. 純白の雪が降る 街から音が全て奪われていった こんなに静かだと 閉じ込めた言葉も聴こえてしまいそう 雑音の中、貴方の声だけ心に溶けていく まるでミルクを溢した様なそんな夜 空を見上げて一人呟いた 消えて欲しいような言葉だけ だけど心の音だけは この雪も奪えない クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いている 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に 体温で溶ける雪の結晶 触れることが出来ない 貴方は私の知らない時間の中にいる 凍える身体、力を抜いたら 震えが少し治まった でもそれは刹那 無意識のうちに 身体が強張っていく こんな真っ白な世界の中にいたら 自分だけちょっと汚れてるみたい 静寂の音が煩くて 今夜はきっと眠れない 時を奏でるように寄り添った 煌めきだとしても 目を閉じると望んでもないのに思い出してしまう この降り積もる雪は やっぱり貴方と見たかったな 純白の雪が降る 「降るなら積もってね、汚くなるだけだから」 そんな事を思った私は どんな顔してた? クリスマスなんて無ければ いつも通りの何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の鼓動が響いている 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に. jspinyin. jspinyin. kurisumasu nante nakereba Itsumo doori no nanni mo kawaranai yoru na noni Seinaru senritsu wa yuki ni tokete Jibun no kodou ga hibiiteiru Yoru wo oyogu you ni sugoshita ano shunkan wo Kono sunoo doomu mitai ni tojikomeraretara Mienai hoshi ni negai wo komete Oto ga nakunatta yoru ni. Let me know if there is anything I should add or fix. 試聴する KKBOXを起動 silent 作詞: 作曲: 純白の雪が降る 街から音が全て奪われていった こんなに静かだと閉じ込めた言葉も 聴こえてしまいそう 雑音の中 あなたの声だけ心に溶けていく まるでミルクをこぼしたようなそんな夜 空を見上げて1人つぶやいた 消えて欲しいような言葉だけ だけど心の音だけはこの雪も奪えない クリスマスなんてなければいつも通りの 何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分のことが響いてる 夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノウドームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に 体温で溶ける 雪の結晶触れることができない あなたは私の知らない 時間の中にいる 凍える体 力を抜いたら 震え出す腰 治った でもそれは刹那 無意識のうちに体が強張っていく こんな真っ白な世界の中にいたら 自分だけちょっと汚れているみたい 静寂の音がうるさくて 今夜はきっと眠れない 時を奏でるように寄り添った 煌めきだとしても 目を閉じると望んでもないのに 思い出してしまう この降り積もる雪はやっぱり あなたと見たかったな 純白の雪が降る 降るなら積もってね 汚くなるだけだから そんなことを思った私はどんな顔をしてた? クリスマスなんて無ければいつも通りの 何にも変わらない夜なのに 聖なる旋律は雪に溶けて 自分の事が響いてる 夜を泳ぐように過ごした あの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら 見えない星に願いを込めて 音が無くなった夜に.。

SEKAI NO OWARI silent

。 。 。

Next

silent 歌詞『SEKAI NO OWARI』

。 。 。

SEKAI NO OWARI silent 歌詞

。 。 。

Next

Lyrics SEKAI NO OWARI

。 。

Next

silent 歌詞 SEKAI NO OWARI ※ marshillmusic.merchline.com

。 。

Lyrics SEKAI NO OWARI

。 。 。

Next

Lyrics SEKAI NO OWARI

。 。