「アートアクアリウム展」運営会社が批判を受けていた金魚の管理についてコメント

もしもアートアクアリウムに、金魚文化をふたたび盛り上げるためのカンフル剤的な役目があるのであれば、あのきらびやかな水槽の向こう側にいる養殖業者の人々やその家族の未来のために、必要な施設なのかもしれない。 ・芸術的な金魚たちに癒され大満足。 7日の動画です。

金魚が衰弱したまま...人気展「アートアクアリウム」現場画像が波紋 取材に主催「今はまるで違う」→いったい何が?: J

。 過去の開催情報 アートアクアリウムは、2007年にその前身と言える「スカイアクアリウム」が始まったことに端を発します。 2000年前に中国で発見された赤いフナが起源だし室町時代に日本に渡来して以来品種改良された裏には奇形で死んでいった数えきれない金魚たちがいた。

Next

アートアクアリウムは金魚の負担が大きい?主催者の配慮や飼育方法も|ほっかいどうでしょう

過去の開催履歴は、以下の表にまとめたとおりです。 なので、病気の魚が見受けられたら、病気の魚を取り出すのではなくその水槽に留めたまま治療をすることが適切な場合が多いです」 「また、アクアリウムにおいての病気の考え方は、伝染する病気が多いため、魚を個体として治療するのではなく、病気の魚が多発したアクアリウムシステムそのものから病原菌を無害化させる処置を施しております」 SNS上に投稿された病気の金魚については「お見苦しい瞬間をお見せしました」と把握していたが、上記の理由から水槽内にとどめて治療をしていた。

Next

アートアクアリウム美術館・日本橋2020感想!病気の金魚は?│愛TAKAった理想を叶えるBLOG

スポンサーリンク アートアクアリウムの金魚への影響の具体例 まずは、その「気になった声」を紹介します。 また、一時的に公式ツイッター側がそうした指摘を非表示にしたことで、「改善する気はないってこと? 開催年 会場 2007 東京(スカイアクアリウム) 2008 東京(スカイアクアリウム) 2009 東京(スカイアクアリウム) 2010 京都 2011 東京(スカイアクアリウム) 神戸、東京 2012 東京、大阪 2013 東京、名古屋、札幌 2014 大阪、博多、東京、名古屋、京都 2015 大阪、長野、東京、広島、沖縄、京都、ミラノ 2016 博多、大阪、東京、金沢 2017 東京、京都 2018 博多、東京、名古屋、上海 2019 東京、熊本 こうしてまとめてみると、年によって開催場所も回数も少しずつ違うことがわかります。

Next

アートアクアリウムの水槽内に病気の金魚が多数?「かわいそう」と批判集まる…現場画像・動画まとめ

また、プロデューサーの木村英智氏は、もともと「世界中から海の魚を専門に集める仕事」をしていたそうなので、そのコネでこのくらいの数の魚を一時的に集め、会期終了後に返却、とかいう事ができるのかもしれません。 遠目には派手な水槽だが、近づいてよく見ると金魚が力なく漂う姿に気分が悪くなった」と感想を述べ、 「とにかく飼育環境を改善してほしい。

アートアクアリウムって何だ?これはアートだけどアクアリウムじゃない

こんなの愛情じゃなくてDVだよ……… こんな過密水槽にぶち込まれて、世界一幸せなわけがないでしょう。 () 「アートアクアリウム金魚」「アートアクアリウム水槽」「アートアクアリウム生き物」という言葉が話題です。 — 魚澤 A0Pw5VnWXaDtOIP 原因はコロナ禍と猛暑? アートアクアリウム美術館を主催する「Amuseum Parks」(東京都港区)では、SNS上に投稿されている画像や動画については把握しているようで、金魚に過度な負担がかかってしまった理由として、猛暑とコロナ禍によるオープンの遅れがあるとしています。

Next