研究大会

・結論としては、 1 「資料管理」としてデジタルアーカイブの構築が、 2 「資料研究」として一次資料を用いた学説の検証が、 3 そして「成果公開」として、資料や研究成果の公表がそれぞれ重要である。

Next

デジタルアーカイブシステムInfoLib

これはNHKが保有している映像や音源を後世まで広く伝えていくことを目的としたもので、ライブラリーと連動したも放映されている。 日米共同で行われた『』(1950年)の復元作業はの映画遺産賞を受賞した。

Next

肖像権ガイドライン案

・今後の検証課題としては、記述系以外の大規模なシステムに対応可能か、自然言語を保持できるため連想検索や人工知能と連携できるかといった点がある。

Next

デジタルアーカイブ学会誌

26 「技術部会」の活動について 高野 明彦• に設立された。 全9章から抽出した固有名詞、造形表現用語、各種事項の作成作業についての報告である。

Next

Japan Art Documentaion Society

そのため、どのような資料を収集し、どのように整理するのかといった災害資料の収集・整備について1から学び、実践することになる。 4月25日 土• 学術論文の分野ではDOIの利用が義務化されている雑誌もあり広く普及しているが、最近では研究データや画像、古典籍や博物館の展示資料等にもその利用範囲が拡大している。 情報の記録・保存・管理・利用についてだけではなく、著作権など知的財産権、肖像権、個人情報保護に配慮した体系的な通信・ネットワーク・セキュリティなど、ITに関する要素を理解する能力、操作する能力が身に付くと共に、インターネット活用が手軽になりそのリスク管理が重要視される現場で必要となるスキルを身に付けることが出来る。

Next

デジタルアーキビスト資格取得講座|ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム / TRC

産官学民によるデジタルアーカイブ推進会議の設置• と呼ばれる国際的な画像共有の枠組みにしたがい公開するということ。

Next