足 の しびれ ツボ。 足のツボ(図解) 側面や甲、ふくらはぎ、くるぶしの効果がすごい!

足のツボ(図解) 側面や甲、ふくらはぎ、くるぶしの効果がすごい!

足 の しびれ ツボ

長時間正座をした時などに、足の血行が悪くなってしびれてしまった時などに、早く元に戻すためのツボをご紹介します。 足のしびれに適したツボをマッサージして血行を促すと、しびれを軽減させることができます。 足のしびれに適しているツボ• 三陰交(さんいんこう) 強めに指圧マッサージすると、しびれが早くよくなります。 足三里(あしさんり) 膝の骨から指幅4本分下のところで、足のむこうずねの骨から指1本分外側にあるツボです。 強めに指圧マッサージすると、しびれが早くよくなります。 先が細くなった棒などでマッサージするのも効果的です。 解谿(かいけい) 足首の関節の全面、甲からすねに伸びている2本の筋の間の溝にあるツボです。 足先のしびれに効果的です。 どのツボも左右にふたつあるので、どちらも指圧マッサージするようにしてみましょう。

次の

足のしびれに適したツボ

足 の しびれ ツボ

ここでは足のしびれに 効果的なツボについて、詳しく説明していきます。 足がしびれる時に効くツボがあります。 根本的な治療にはならないのであくまで対症療法、一時しのぎの応急処置として活用して頂ければと思います。 以下にご紹介していきましょう。 【環跳】(かんちょう) 【殷門】(いんもん) 【伏兎】(ふくと) 【陥谷】(かんこく) sponsored link 【環跳】(かんちょう) 環跳のツボは、お尻のくぼみが出来る場所に位置しています。 自分で押す場合は、拳を握ってげんこつでグリグリと押し当てたり、手のひらの付け根で回しながら刺激すると気持ち良いです。 足のしびれの他にも腰痛や股関節痛に効果があります。 【殷門】(いんもん) 殷門のツボは、太ももの裏側中央で足の付け根と膝裏を結ぶ中間に位置しています。 自分で押す場合は、椅子に座った状態で両手の指を使ってツボを押すというよりも支えるように持ち、あとは足の力を抜いて足の重みで刺激すると良いです。 足のしびれ以外にも足の疲れやむくみにも効果があります。 【伏兎】(ふくと) 伏兎のツボは、膝のお皿の内側上部から親指の幅6本分上に上がった所に位置しています。 膝から親指を重ねて6本分の場所で、強く押すと響くように痛いので痛くならない程度の力でやさしく刺激して下さい。 足のしびれの他にも足の疲れやむくみ、膝痛や胃腸の不調にも効果があります。 【陥谷】(かんこく) 陥谷のツボは、足の人差し指と中指の骨の付け根が合わさる所に位置しています。 指で触って探すと少し窪んだ所があり、押すと人によってはスネの方まで響きます。 力を入れると痛いので、あまり力を入れずに指先で軽く刺激する程度で効果があります。 足のしびれ以外にも足裏の痛みやかかとの痛み、顔のむくみ取りや整腸作用などの効果があります。 sponsored link このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

次の

足のツボ(図解) 側面や甲、ふくらはぎ、くるぶしの効果がすごい!

足 の しびれ ツボ

「ツボ」は、経験医学に基づいています。 効果を引き出すための扱い方は、 とても難しいのです。 また、「リンパマッサージ」も同様です。 施術者によって、まったく刺激の強さが違いますよね。 統一された資格がないからです。 「 無資格者」と言われる人たちが行っているからです。 「整骨院」、「あんまマッサージ師」は、 国家資格者です。 治療効果の前提条件として、 「治療者の力量」を察知し、見極めることが大切になるのです。 は、 神経の圧迫と血流不足です。 「その時だけは気持ちがいい・・・」 「その時だけは、調子がいい・・・」 だとしたら、 改善しているわけではないですね。 」と言うのは本当でしょうか?確かに、症状が改善しない方もいます。 なぜ改善しないのか?それを、理解する必要があります。 その上で、鍼灸治療ができることがあります。 ツボで、改善することもあります。 高度な「 の知識」が必要です。 この症例では、非常に少ない鍼数と何よりも症状の出ている肩には、一本も鍼を置いていません。 一度治療を受けただけでも、違いを感じることが出来ます。 1度の治療で、周計が1cm~2cmダウンします。 患者さんの声として ・圧迫衣類や包帯などの、圧迫感から解放された。 ・圧迫衣類や包帯などの暑さから解放された。 卵巣嚢腫によるリンパ浮腫が見られる患者さんの治療です。 ほぼ1年間の記録です。 山、谷をくりかえしながら 改善していっています。 床上20cmでの足の周囲計が最大で45cm。 現在は、34cmを切ることがほとんどです。 リンパ浮腫(むくみ)の治療【子宮ガンによる】 40歳代女性 宗像市在住 12年前に子宮ガン手術。 昨年より、左足にリンパ浮腫 リンパドレナージュ、リンパマッサージ、弾性ストッキングをするが効果がない。 さて困りました・・...... リンパ浮腫の治療 2011年5月26日 1回目 既往歴 子宮がん リンパ腫 C型肝炎 2010年12月頃より、リンパ浮腫が始まり 2011年1~2月頃より酷くなった。 病院でリンパマッサージなどの治療を受けるが 改善して...... 脳梗塞と腎臓がんの患者(福岡県福津市在住)さん右半身に麻痺が残っていて、右足だけが非常に冷えている。 鍼灸治療後右も左と同じく暖かくなった。 僕の手が冷たく感じるほど暖かい。 鍼灸治療の不思議な力。... その時だけは、気持ちいいけど・・・ 笑... そんなに単純ではない。 この記事の投稿者: 平田 祥 必ず治りたい依頼主のために 「つらい症状」と「鍼の違和感や痛み」を天秤にかけた時に、あなたの鍼に対する「違和感や痛み」が出ないように、更に、希望に沿うように第一に治療します。 しかし、「つらい症状」が取れるなら、「鍼の痛みや違和感」が出ても、鍼数や鍼の深さを深くして一刻も早く、あなたの症状を取る方を優先します。 一見過激な治療のよう見えると思います。 しかし、一刻も早く、「痛みや違和感」を取り除くためには避けては通れません。 治るなら赤字でも 1回10本程度置く鍼灸治療院があるとします。 私は、1回に100本を置くことも普通にあります。 これは、1回に10本置く治療院の10回分に相当しますよね。 1週間に1回治療したとして、10週間分、2ヶ月半分の治療にもなるのです。 しかし、ここでは、100本でも200本でも、治療料金は、変わりません。 こんな破天荒な治療なので「普通に赤字」になってますが、あなたが治るのであれば気になりません。 こんな治療、身体への負担も大きいでしょうね。 あなたに良くなってほしいと強く思っているから、「治すこと」に妥協していないのです。 たかが「肩こり」、されど「肩こり」 例えば、「肩こり」・・・・・・「肩こり」のひどい患者さんが訪れ治療をしたときに・・・「こんな治療(長時間で丁寧な)をされたのは、初めてです。 」と言われたことがあります。 私は何を治療したのか?・・・とあらためて考えたことがあります。 「肩こり」の部分を難しい病気に置き換える。 例えば、「糖尿病」「癌」「白内障」「脳性麻痺」・・・など 難しい病気の時だけ、全力投球? そんな器用に使い分けはできません。 妥協なく全力なら、よくある「肩こり」でも、あなたの特別な「肩こり」になります。 それは・・ お金儲けのために・・?「肩こり」ならコリのある部分だけに鍼を刺しても良いですよね。 そのほうが、患者さんも「あー、「肩こり」の治療だから、肩に刺してるんだ」と納得してもらえます。 「肩こり」なんだから、肩だけに集中すればいい。 それが、「ダイレクトに商売」につながります。 でしょう? でも、もし、「肩こり」を根本的に治療するとしたら、そして、「肩こり」を起こしにくい「身体」に修復するとしたら、「身体」全体を見る必要があります。 加えて、時間も相当かかるし、技術的にも高度になります。 商売人なら、どんな治療でも「その問題の部分だけに集中しろ」と言うでしょう?。 「肩こり」なら「肩こり」に集中!という具合に。 それは、「単純に治療」することで、患者さんの回転を上げ、針代を浮かせて、「利益を得て儲かる」ということにつながります。 もちろん、治療内容も患者さんに理解されやすい。 「お金儲け」は、「世の中の常識」ですよね。 でも、「お金儲け」・・得意ではないんですよ。 職人としての判断「症状の再発を無くすために」しかし私なら、基本的に「体全体の治療」をしたくなります。 妥協してしまった「局所の治療(その場所の治療)」だけでは、再発する可能性が高いからです。 「妥協をしない治療」とは、ベストを尽くして、それを積み重ねて、最後に完璧を目指す。 そうなると、じっくりとその患者さんの病気に向かい合うしかありません。 しかし、それは、「危ない橋」を渡ることになります。 なぜ、「体全体の治療」にこだわるのか? なぜ、「危ない橋」をわたるのか? それは、治療者、職人として、「あなたの体には何が必要なのか?」を判断したからです。 あなたの体を「肩こり」を起こしにくい体にしたいから。 まだまだ、生活を楽しんで欲しいから。 ずっと、ずっと「元気」でいて欲しいからです。 おそらく、治療時間と回数は長くかかります。 でも、あなたから得る利益、採算時間的な効率、あなた一人の予算には、目をつむること。 無視することにしています。 それ相応の治療費をもらおうなどとは考えないことにしています。 ここが、「1番大切」なこと。 「安く治療してくれ」という要望に応えた訳じゃありません。 「安く治療してくれるところ」は、巷にあふれています。 そうでしょう? わざわざ、「小さな鍼灸治療院」に来る必要はありません。 しかし、あえて、本院を選んでくれた「あなたの気持ち」だけに寄り添う「治療」がココには、あります。 私は、「たくさんの鍼」を刺しているのではありません。 あなたの「たくさんの幸せ」を一緒に探しているのです。

次の