オザキ フラワー パーク。 【園芸店探訪】オザキフラワーパーク

【園芸店探訪】オザキフラワーパーク

オザキ フラワー パーク

屋外の販売エリアには、トマトやナスといった身近な野菜の苗から、見たことがないほど大きなサボテンまで並び、訪れるお客さまたちを常に魅了し続けています。 「祖父の代以前から何代にもわたり武蔵関に住んでいて、もともとは農家だったんです。 それを父が野菜の栽培から、シクラメンの栽培に切り替えたんですね。 そうしたら、近所の人から『直接、花を売ってくれないか』と頼まれるようになって。 それが好評だったので、園芸店としてお店をやることになったんです」(尾崎さん) 〈オザキフラワーパーク〉に併設されている〈グロワーズカフェ〉。 旬の野菜料理を並べたGROWERSプレートランチ1,480円。 尾崎さんが二代目の社長に就任してからは、訪れたお客さまが楽しめるような陳列にしたり、地元野菜を使った料理を提供するカフェ〈グロワーズカフェ〉を作ったりと、リニューアルを続けることで、全国から人が集まる場所に成長していきました。 リニューアルを機に併設することになった〈グロワーズカフェ〉では、すぐ近くで採れた練馬区産の野菜を使うことも。 地元・武蔵関の魅力を再発見できるお店としても評判です。 「武蔵関のまわりはもちろん、練馬区って23区で一番生産緑地が多くて、植物が身近にある場所なんです。 お店のまわりにもガーデニングが好きな方が多く住んでいらっしゃいます。 そんな環境があったからこそ、このお店もこの地域に定着できたんじゃないかな、と感じています」(尾崎さん) 〈オザキフラワーパーク〉で働きはじめて今年で2年目になる難波淳史さんも、「武蔵関の駅から歩いてお店まで通っているんですが、どのお宅もお庭がきれいで勉強になります。 あ、こんな風にあじさいを植えるのかとか、この家はバラがきれいだなとか。 歩いていて楽しい場所ですね」と話してくれました。 (難波さん) 流行りにとらわれない品ぞろえで、お客さまのニーズに寄り添う。 2Fの「Indoor Garden」内にある観葉植物コーナー。 「植物の管理方法は近くのスタッフに気軽に聞いてください」(尾崎さん)。 社長に就任する前は、オランダで花屋さんを経営していたという尾崎さん。 ヨーロッパでは街全体に花が咲き誇っていた風景が印象的だったと言います。 「創業時に、シクラメンの販売を通して近所の人との関わりができたように、花や緑は地域の人たちとのコミュニケーションを深めるのに一役買ってくれると信じています。 これからはヨーロッパのように、花と緑があふれる環境づくりを目指していきたいです。 緑豊かな武蔵関の地から、植物とともに暮らす喜びを全国に発信できたらいいですね。 また、自然あふれる武蔵関の風景や、近くで育った野菜のおいしさなどを知ってもらい、共有できるような場でもありたいと願っています。 」(尾崎さん) イギリスの伝統の技術でつくられた焚き火台「ファイヤーピット」が屋外の販売エリアに登場。 このファイヤーピットを使ったイベントなども予定しているそう。

次の

デートにもおすすめ。都内最大級の園芸店「オザキフラワーパーク」に行ってきた

オザキ フラワー パーク

屋外の販売エリアには、トマトやナスといった身近な野菜の苗から、見たことがないほど大きなサボテンまで並び、訪れるお客さまたちを常に魅了し続けています。 「祖父の代以前から何代にもわたり武蔵関に住んでいて、もともとは農家だったんです。 それを父が野菜の栽培から、シクラメンの栽培に切り替えたんですね。 そうしたら、近所の人から『直接、花を売ってくれないか』と頼まれるようになって。 それが好評だったので、園芸店としてお店をやることになったんです」(尾崎さん) 〈オザキフラワーパーク〉に併設されている〈グロワーズカフェ〉。 旬の野菜料理を並べたGROWERSプレートランチ1,480円。 尾崎さんが二代目の社長に就任してからは、訪れたお客さまが楽しめるような陳列にしたり、地元野菜を使った料理を提供するカフェ〈グロワーズカフェ〉を作ったりと、リニューアルを続けることで、全国から人が集まる場所に成長していきました。 リニューアルを機に併設することになった〈グロワーズカフェ〉では、すぐ近くで採れた練馬区産の野菜を使うことも。 地元・武蔵関の魅力を再発見できるお店としても評判です。 「武蔵関のまわりはもちろん、練馬区って23区で一番生産緑地が多くて、植物が身近にある場所なんです。 お店のまわりにもガーデニングが好きな方が多く住んでいらっしゃいます。 そんな環境があったからこそ、このお店もこの地域に定着できたんじゃないかな、と感じています」(尾崎さん) 〈オザキフラワーパーク〉で働きはじめて今年で2年目になる難波淳史さんも、「武蔵関の駅から歩いてお店まで通っているんですが、どのお宅もお庭がきれいで勉強になります。 あ、こんな風にあじさいを植えるのかとか、この家はバラがきれいだなとか。 歩いていて楽しい場所ですね」と話してくれました。 (難波さん) 流行りにとらわれない品ぞろえで、お客さまのニーズに寄り添う。 2Fの「Indoor Garden」内にある観葉植物コーナー。 「植物の管理方法は近くのスタッフに気軽に聞いてください」(尾崎さん)。 社長に就任する前は、オランダで花屋さんを経営していたという尾崎さん。 ヨーロッパでは街全体に花が咲き誇っていた風景が印象的だったと言います。 「創業時に、シクラメンの販売を通して近所の人との関わりができたように、花や緑は地域の人たちとのコミュニケーションを深めるのに一役買ってくれると信じています。 これからはヨーロッパのように、花と緑があふれる環境づくりを目指していきたいです。 緑豊かな武蔵関の地から、植物とともに暮らす喜びを全国に発信できたらいいですね。 また、自然あふれる武蔵関の風景や、近くで育った野菜のおいしさなどを知ってもらい、共有できるような場でもありたいと願っています。 」(尾崎さん) イギリスの伝統の技術でつくられた焚き火台「ファイヤーピット」が屋外の販売エリアに登場。 このファイヤーピットを使ったイベントなども予定しているそう。

次の

【園芸店探訪】オザキフラワーパーク

オザキ フラワー パーク

屋外の販売エリアには、トマトやナスといった身近な野菜の苗から、見たことがないほど大きなサボテンまで並び、訪れるお客さまたちを常に魅了し続けています。 「祖父の代以前から何代にもわたり武蔵関に住んでいて、もともとは農家だったんです。 それを父が野菜の栽培から、シクラメンの栽培に切り替えたんですね。 そうしたら、近所の人から『直接、花を売ってくれないか』と頼まれるようになって。 それが好評だったので、園芸店としてお店をやることになったんです」(尾崎さん) 〈オザキフラワーパーク〉に併設されている〈グロワーズカフェ〉。 旬の野菜料理を並べたGROWERSプレートランチ1,480円。 尾崎さんが二代目の社長に就任してからは、訪れたお客さまが楽しめるような陳列にしたり、地元野菜を使った料理を提供するカフェ〈グロワーズカフェ〉を作ったりと、リニューアルを続けることで、全国から人が集まる場所に成長していきました。 リニューアルを機に併設することになった〈グロワーズカフェ〉では、すぐ近くで採れた練馬区産の野菜を使うことも。 地元・武蔵関の魅力を再発見できるお店としても評判です。 「武蔵関のまわりはもちろん、練馬区って23区で一番生産緑地が多くて、植物が身近にある場所なんです。 お店のまわりにもガーデニングが好きな方が多く住んでいらっしゃいます。 そんな環境があったからこそ、このお店もこの地域に定着できたんじゃないかな、と感じています」(尾崎さん) 〈オザキフラワーパーク〉で働きはじめて今年で2年目になる難波淳史さんも、「武蔵関の駅から歩いてお店まで通っているんですが、どのお宅もお庭がきれいで勉強になります。 あ、こんな風にあじさいを植えるのかとか、この家はバラがきれいだなとか。 歩いていて楽しい場所ですね」と話してくれました。 (難波さん) 流行りにとらわれない品ぞろえで、お客さまのニーズに寄り添う。 2Fの「Indoor Garden」内にある観葉植物コーナー。 「植物の管理方法は近くのスタッフに気軽に聞いてください」(尾崎さん)。 社長に就任する前は、オランダで花屋さんを経営していたという尾崎さん。 ヨーロッパでは街全体に花が咲き誇っていた風景が印象的だったと言います。 「創業時に、シクラメンの販売を通して近所の人との関わりができたように、花や緑は地域の人たちとのコミュニケーションを深めるのに一役買ってくれると信じています。 これからはヨーロッパのように、花と緑があふれる環境づくりを目指していきたいです。 緑豊かな武蔵関の地から、植物とともに暮らす喜びを全国に発信できたらいいですね。 また、自然あふれる武蔵関の風景や、近くで育った野菜のおいしさなどを知ってもらい、共有できるような場でもありたいと願っています。 」(尾崎さん) イギリスの伝統の技術でつくられた焚き火台「ファイヤーピット」が屋外の販売エリアに登場。 このファイヤーピットを使ったイベントなども予定しているそう。

次の