時候の挨拶 2月。 時候の挨拶2月下旬の候に結び!ビジネスやお礼状の例文

【季節別・月別】メールや手紙にすぐ使える!「時候の挨拶」文例集

時候の挨拶 2月

12月上旬は小雪 しょうせつ と言われ、11月22日頃から12月7日頃までを指します。 本格的な冬の訪れる前で雪が降ってもそんなに多くないことから、小雪と言われるようになりました。 この時期に使える時候や季節の挨拶文を見ていきましょう。 時候の挨拶• 初冬の候• 初雪の候• 寒冷の候 挨拶文の書き出し• 師走が近づき、ますますご活躍のことと存じます。 木枯らしが身にしみる季節になりました。 挨拶文の結び• 師走のみぎり、何卒ご自愛専一にお過ごしください。 年末はご多忙のことと存じます。 体調を崩されませんようお祈り申し上げます。 この時期は冬の始まりということから気温が徐々に低くなっていきます。 その気温の変化によって体調を気遣う言葉や、年末に向けて忙しくなる日々に体を大事にして下さいというような内容の挨拶文にするのが良いでしょう。 雪が多く降り始め、水たまりが凍ったり霜柱ができたりします。 山だけでなく平野部にも雪が積もるようになることから大雪と言われるようになりました。 より寒くなってきたこの時期に使える時候や季節の挨拶文を見ていきましょう。 時候の挨拶• 大雪の候• 寒気の候• 初雪のみぎり 挨拶文の書き出し• 冬将軍の到来でごちらは大雪ですがそちらの様子はいかがですか。 寒気が身にしみる頃となりましたが、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。 挨拶文の結び• 寒さの激しい時期が続きますが、お風邪など召しませんようにお気を付け下さい。 初雪が降り、年末に向けて寒さが続きそうです、どうぞお体ご自愛ください。 この時期は雪が積もります。 そして寒さが増してきます。 寒い日が何日も続くようになってきてたことや、年末年始の準備に上旬より増して忙しくなってきたこと、その忙しさなどから心身に気遣いがある内容の挨拶文にすると良いでしょう。 初春というのは春ではなく、旧暦の1月の別称でもありお正月頃を指しています。 冬至の中でも年初めに使える時候や季節の挨拶文を見ていきましょう。 時候の挨拶• 新春の候• 初春の候• 迎春の候 挨拶文の書き出し• 謹んで新年のお喜びを申し上げます。 皆様ご壮健でよき新年をお迎えのことと存じます。 年も明け、穏やかなお正月をお過ごしでしょうか。 挨拶文の結び• 皆様にとりまして本年が幸多き年でありますよう、お祈り申し上げます。 本年もご厚情のほどをよろしくお願い申し上げます。 この時期はお正月と言われる期間になります。 年が無事に明けたことのお祝いと今年が良い年になるようにお祈りしていますよということや、今年も今までと同じようにお付き合いして下さいという内容の挨拶文にすると良いでしょう。 1月中旬は小寒(しょうかん)と言われ、1月5日頃から1月19日頃までを指します。 寒さの始まりという意味があります。 寒さが本格化していない、寒さが大きくないというということからきています。 この時期の時候や季節の挨拶文を見ていきましょう。 時候の挨拶• 小寒の候• 厳寒の候• 寒風の候 挨拶文の書き出し• 松飾りもとれ、普段通りの生活が戻ってきましたね。 日ごとに寒さが厳しくなってきます。 挨拶文の結び• 朝夕は冷え込んでまいりますので、お気を付け下さい。 寒さもこれからが本番ですね。 どうぞお風邪など召されませんようご自愛下さい。 この時期は寒さが段々増してくる頃です。 お正月などの忙しい時期は過ぎましたが、気温が下がってきたことやこれから本格的な寒さがやってくることで体調を崩さないようにという気遣いのある内容の挨拶文にすると良いでしょう。 1月下旬は大寒 だいかん と言われ、1月20日頃から2月3日頃までを指します。 最も寒さが厳しくなる頃という意味があります。 気温が低い時期なので、水に含まれる雑菌が少ないことから、長期保存の必要な味噌や日本酒などの仕込みに大寒の水が使われてきました。 この時期の時候や季節の挨拶文を見ていきましょう。 時候の挨拶• 酷寒の候• 大寒の候• 降雪の候 挨拶文の書き出し• 大寒と呼びますとおり、寒さの極みといったところです。 雪晴れの空はすがすがしく、気持ちの良い日々になりましたね。 挨拶文の結び• 厳しい寒さが続いております。 くれぐれもおからだを大事になさって下さい。 春を待ちわびつつ、ご多幸をお祈りしています。 この時期は厳しい寒さが続いています。 一番寒い時期ということから、寒さで体調を崩さないようにという気遣いや、この寒い時期には特有の澄んだ空気によって、空がとても綺麗にみえる様子などを表す内容の挨拶文にすると良いでしょう。 冬の時候や季節の挨拶文|2月の手紙の書き出しや結びは? 冬の時候や季節の挨拶文|2月の呼び名は如月 きさらぎ 1月下旬と同じ1月20日頃から2月3日頃の大寒 だいかん です。 一年で一番寒い時期になるのですが、この大寒が終わると暦の上では春が訪れる時期になってきます。 大寒の時期に使える時候や季節の挨拶文を見ていきましょう。 時候の挨拶• 極寒の候• 晩冬の候• 節分の候 挨拶文の書き出し• 節分を迎えましたが、相変わらずの厳しい寒さです。 春の訪れが待たれる昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか。 挨拶文の結び• 厳しい寒さが続きます、くれぐれもご自愛下さい。 季節の変わり目でございます。 何卒お体お大事になさって下さい。 この時期は1月下旬の例であげた、大寒の時期で使われる時候の挨拶を使用しても大丈夫です。 しかし1月の雰囲気を出すものではなく、2月上旬のみに使えるものにしたいという場合は、節分や季節の変わり目であるというような内容の挨拶文にすると良いでしょう。 時候の挨拶• 立春の候• 残雪の候• 春寒の候 挨拶文の書き出し• 新春とは名ばかりの厳しい寒さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 春はまだ浅き今日この頃お元気にされていますか。 挨拶文の結び• まだまだ寒い日が続いております。 風邪などひかれませんように。 余寒なお去り難き折、風邪など召されませぬようご自愛下さい。 この時期はまだ春とは言えません。 これから春へと少しずつ変化していきます。 その寒さがまだ残っていることから体調を崩さないようにということや、暖かい春が待ち遠しいというような内容の挨拶文にすると良いでしょう。 雪から雨に変わり、氷も溶けて水になるという意味があります。 草木が芽生え、農耕の準備を始める目安とされていました。 春一番が吹くのもこの頃です。 大雪が降ることもあるこの時期に使える時候や季節の挨拶文を見ていきましょう。 時候の挨拶• 解氷の候• 梅花の候• 向春の候 挨拶文の書き出し• 梅の便りが聞かれるようになりました。 木々の芽もすっかり春支度を整えたようです。 挨拶文の結び• 幸多き春の門出をお迎えになりますようお祈りいたしております。 春とは名ばかりで寒さが厳しいこの時節、皆様お元気でお過ごし下さい。 この時期は寒さが少しずつ弱まり雪や氷が解け始めたり、暖かさが少しずつ増してきて草木が芽生えてくるなど気候が変化していきます。 梅や春などを用いて春の訪れを感じさせるような内容の挨拶文にすると良いでしょう。 冬の時候や季節の挨拶文|時候って何? 冬の時候や季節の挨拶文|時候とは四季の気候です 冬の時候や季節の挨拶文の書き出しや結びを使用して早速書いてみて下さい。 今回ご紹介した冬の時候の挨拶はほんの一部です。 この他にもたくさんの時候の挨拶があります。 お礼状などを書く機会もあると思いますので覚えておくときっと役に立ちます。 特に目上の人へ出す手紙には必ず時候や季節の挨拶文は入れましょう。 時候の挨拶というのは、四季がある日本ならではの慣習ですよね。 LINEやメールなどのペーパーレスになってきて手紙を書く機会も減ってきていますが、思いがけず届いた手紙はとても嬉しいものです。 お世話になった方や大切な人、ご両親に向けて、この機会に冬の時候や季節の挨拶文を使用して手紙を書いてみましょう。

次の

冬の時候や季節の挨拶文|1月と2月の手紙の書き出しや結びは?

時候の挨拶 2月

時候の挨拶2月下旬の候に結び!ビジネスやお礼状の例文 2月下旬に使うといい時候の挨拶は? さて、2月下旬となりますと その年がうるう年か否かによって 若干かわりますけど 「2月21日~28日 or 29日」 となりますね。 この期間を時候の挨拶で見ていきますと 「雨水(2月19日~3月5日)」 この期間にすっぽり重なっている形になります。 雨水の季節については 2月中旬の時候の挨拶の時の記事にも 書きましたけど 時期的に雪の降る季節も徐々に雨へと変わり 氷も溶け始め水へと変わっていく 時期を表します。 農業においては農耕の準備を始め 春一番の風邪が吹いて 春の陽気を感じさせるのも この頃だといいますね。 まあ実際には2月の下旬は春の訪れと呼ぶには 程遠いので段々と春へと向かっていく頃と 考えておけばいいでしょうか。 それではこの時期に合いそうな 時候の挨拶の書き出しの候について 見てみましょう。 「雨水の候」 時期的にぴったりなのは この雨水の候ですかね。 寒い地域の場合ですと まだ雪が降っている場合も もしかしたらあるかもしれないので そのあたりは天気予報で 送る地域の状況を確認したうえで 選んでいくといいでしょう。 「三寒四温の候」 寒さと暖かを繰り返しつつ 春へと向かっていくこの時期には 合っている候かなと思います。 ・三寒四温の候 寒さの中にも暖かさを 感じるようになってまいりました。 などの使い方ができますね。 「解氷の候(かいひょうのこう)」 「げひょうのこう」かと思っていましたけど 「かいひょうのこう」が正しいみたいです。 雨水の候と意味合いとしてはほぼ同じですね。 暦の上ではすでに春を迎えており 若干の暖かさを感じられるようであれば この「解氷の候」を使っても そんなおかしくはないかなと思います。 地域によって寒暖差もあるので 2月~3月中旬か下旬まで 使用できる候でもあります。 「春寒の候」 春と呼ぶにはまだちょっと 早いかなと感じる頃合いに使うと しっくりくる候になります。 あとは同じように まだまだ寒いと感じる場合には ・寒風の候 ・残寒の候 ・残冬の候 などこのあたりの候も使えるでしょうね。 2月下旬の時候の挨拶・ビジネスやお礼状の例文など それではまず2月下旬に使うと良さそうな ビジネスの時候の挨拶部分について 見ていきましょう。 拝啓 雨水の候 貴社ますますご発展のことと お慶び申し上げます。 (中略) 雪が溶け水へと変わり 寒さの中に春の兆しが感じられる折 何卒ご自愛専一にて お願い申し上げます。 敬具 拝啓 解氷の候 貴社ますますご繁栄のことと お慶び申し上げます。 (中略) 余寒なお去り難き折 どうぞご自愛専一にてますますの ご活躍をお祈り申し上げます。 敬具 謹啓 春寒の候 ~~様におかれましては ますますご健勝のことと お慶び申し上げます。 (中略) 暦の上では立春を迎えたものの まだ残寒の時節柄 風邪など召されませぬよう どうぞご自愛くださいませ。 謹白 基本的にはだいたいこんな感じでしょうか。 ビジネス上でのやり取りの場合は 基本気温、もしくは季節の部分に焦点を当てて ・春と呼ぶにはまだ遠い ・冬の寒さの中に春の暖かさ ・暦の上では春は立ちましたが そのあたりの書き出しと共に 寒いので風邪をひかないようにといった 気遣いの文章を入れておきたいところですね。 書き出しと結びの部分は基本 「拝啓」「敬具」で問題ないと思いますが より畏まる必要のある上位の方に送る場合には 「謹啓」「謹白」の書き出しと結びを 使用しましょう。 「Sponsored link」 2月下旬の時候の挨拶・手紙プライベートの例文など それではプライベートや 受験の合格祝いなどで使えるような例文は どんなものがあるでしょう。 雪解けの水もようやくぬるみ 春の訪れを感じる今日このごろ いかがお過ごしでしょうか。 この度は~~君(ちゃん)が 志望校に合格した事 お慶び申し上げます。 (中略) 暖かさを感じるようになったものの まだまだ寒い時期は続きますので 風邪などにはくれぐれも お気をつけください。 本格的な暖かさが 待ち遠しくなるこの頃ですが お元気でお過ごしでしょうか。 この度は~~君(ちゃん)の 受験が無事に終えられたとの事。 本当お疲れ様でした。 (中略) 長い冬の時期もようやく 終わりに近づいておりますので 健康には十分ご留意くださいませ。 こちらは受験を終えた もしくは合格した事に対しての お祝いの言葉を書いた挨拶文になります。 基本受験を終えた事についての 内容に触れて、ねぎらいの言葉や お祝いの言葉。 あとは健康への気遣いなどの 言葉を入れておくといいですね。 梅のつぼみがほころぶ季節となり 春の季節ももうすぐそこですが お元気にされていますか。 受験シーズンも終わりまして この度は~~にお祝いを 頂戴いたしまして 誠にありがとうございます。 (中略) まだ寒い時期が続きますので 風邪など召されないよう 気をつけつつ お互い良き春の季節を 迎えられるようお祈り致します。 こちらは合格祝いを 頂いた場合のお礼状の一例です。 受験のお祝いに対してのお礼を書きつつ お互いに良い新しい春のスタートをきれるよう 書いておくのも 季節感を感じることが出来て いいかもしれないですね。 今回のまとめ はい、今回は時候の挨拶の 2月下旬の候に結び ビジネスや受験に対しての お祝いやお礼状の例文など紹介していきました。 下旬ともなると春の雰囲気を 感じる事もできるようになるので そのあたり盛り込みつつ ・梅の花や鴬 ・雪解け水 ・菜の花 ・たらの芽 ・ふきのとう などの季節感を感じさせる季語なども加えて 手紙の内容を彩るのもいいですね。 どうぞ春を感じさせるような 時候の挨拶の文章を考えてみてください。 ではでは、今回の2月下旬の 時候の挨拶については以上になります。 また次回にお会いしましょー。 「Sponsored link」.

次の

時候の挨拶7月上旬の例文と書き出しや結び!七夕の候や小暑の候

時候の挨拶 2月

手書きのお手紙やビジネスメールなどで役に立つのが時候の挨拶です。 2月といえば寒さ厳しい冬真っ只中から春を迎えるという変化の大きい月ですから、そのような気候を表す季語を入れて時候の挨拶を書き出すと、赴き深いでしょう。 書き出しの文例として、厳寒の候、余寒の候、などがあります。 また、徐々に春が近づいているという意味を込めて、向春の候、残寒の候、春寒の候、なども2月を表す季語を用いた書き出しとなっています。 他にも、段々暖かくなってきましたという意味を込めて、梅花の候、軽暖の候、などを用いるのも良いでしょう。 文例としては、向春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます、などのように用います。 書き出しの文例を多く知っておくことで、いつも同じ挨拶で退屈だといった印象を与えず、相手に良い印象を持ってもらうことができるでしょう。 また、季語を用いずに挨拶することもできます。 この場合も2月の気候を汲み取ってうまく表現しましょう。 たとえば、寒気も少しずつ緩み始めましたが、などのように書き出します。 これはまさに軽暖の候を言い換えた表現であり、柔らかい印象を与えます。 立春とは申しますが、まだ寒さ厳しき日が続いております、なども使えます。 さて、手紙の書き出しに気をつけたら、結びにも気を遣いましょう。 時候の挨拶に始まり、一通り用件を述べたら、まだまだ寒さが厳しいですが、お風邪など召しませぬようお気をつけください、などのように、相手を気遣う一言で手紙を終えたいものです。 2月の時候の挨拶の基本 2月は梅色月、初花月、雪解月など、春の予感に満ちた異名を持っています。 実際は寒さがもっとも厳しい月ですが、雪解けを祝うような、温かな手紙を書きたいものです。 改まった漢語調の挨拶 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 その後には「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの一言葉が続きます。 立春 残寒 余寒 寒明け 晩冬 晩寒 残雪 暮雪 解氷 春寒 2月の丁寧な時候の挨拶 定番 春寒の候、ますますご隆盛のことと お慶び申し上げます。 暦の上では春立ちましたが 変わらずの厳しい寒さが続いております。 余寒なお厳しく、吐く息の白さに耐えながら 春の訪れを心待ちにしているこの頃です。 残寒ともいう。 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが 春を知らせる季節となりました。 春に吹く風のこと。 ちなみにこの季節に鳴る雷のことは春雷という。 例文 旅先でのお礼 拝啓残寒の候、皆様お元気でお過ごしのことと存じます。 先日は、突然の訪問にもかかわらず、心尽くしのおもてなし、ありがとうございました。 おいしい手料理をいただきながら、本当に楽しいひとときを過ごすことができ、今回の旅の一番の思い出となりました 中略。 最後になりましたが、春の芽吹きとともに、いっそうの幸せが訪れますことを、心よりお祈り申し上げます。 敬具 例文 先輩へのお礼 拝啓 梅のつぼみもふくらみ始め、春の足音が近づいて参りました。 お会いしてからまだ日が浅いですが、お風邪など召されてはいませんか? 中略 先輩からのアドバイスを支えに、強い意志でこの苦境を乗り越えるつもりです。 冬来たりなば春遠からじ。 精一杯の努力を重ね、私なりの花を咲かせる決意です。 どうぞ先輩も暖かく見守っていてください。 桜の季節に再会できることを楽しみにしております。 自分なりの2月の時候の挨拶 少し改まった2月の時候の挨拶 晩寒の候 まだまだコートが離せない毎日ですが いかがお過ごしですか? 節分も過ぎたとはいえ 余寒厳しい日々が続いております。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 初午にぎわいの中で 紅梅のつぼみを見つけました。 風花舞う向春のみぎり 冬将軍が過ぎるのを待ちながら、 ペンをとっています。 春まだ浅いこの頃ですが いかがお過ごしでしか。 寒山明けてもなお 底冷えのする毎日が続きます。 春の柔らかな気配を かすかに感じるこの頃。 お元気お過ごしのことと存じます。 水ぬるむ季節を迎え 皆様もお健やかにお過ごしのことと存じます。 三寒四温の侯、 暖かな日の喜びをかみしめている 今日この頃です。 寒の明けを迎えてもなお、 骨身にしみる寒さが続いておりますが いかがおしのぎでらっしゃいますか ひと雨ごとに春めいていくことが嬉しく 今日、花屋で黄色いヒヤシンスを買いました。 暦の上では春だというのに 風冴えかかるこの日ごろ お身体の具合はいかがですか? 春浅さ候、いかがお過ごしでしょうか。 お伺い申し上げます。 寒さもいくぶんしのぎやすくなり 春の訪れまで、あと少しのようです。 そちらではもう春の声を 聞かれていることでしょう。 こちらはまだ一面銀世界です。 親しい人への2月の時候の挨拶 学生たちが受験を迎える季節です。 必死で問題集と格闘していた頃を つい、思い出してしまいました。 梅の便りが届く季節となりました。 お元気ですか? 私は相変わらずです。 今年のバレンタインデー 誰と過ごすご予定ですか? 私は一人、こたつで梅見酒となりそうです。 早咲きの水仙のつぼみがほころび 私の顔までほころんでいるこの頃です。 29個の節分の豆を大切にかじりながら この手紙を書いています。 今年二度目の大雪に見舞われ 春じたくにはまだまだ時間がかかりそうです。 春の兆しが婚しいこの頃 あなたの春も、すぐそこですね。 寒のもどりで風邪をひき お陰で2キロほどスリムになりました。 うぐいすの初音に春の到来を感じながら ペンをとっています。 その後、お変わりありませんか? 雪かきのシーズンですね。 白い息を吐き、汗をかきながら 頑張る姿が目に浮かびます。 春の軽やかなおしゃれが気になって、 コートが重く感じられるこの頃です。 街はすっかり バレンタインデーの恋の色に 染まっています。 鬼は外、と大きな声で 今年も豆をまきました。 春はそこまで来ています。 例年にない大雪を 嬉しいような切ないような 不思議立気持ちで眺めています。 長かった冬も終わりを迎え 街にも、そして私達のハートにも 春がやってきそうな気配です。 お元気ですか? スキー熱が高まり、この間はついにひとりで 遠出してしまいました。 2月の時候の挨拶の結びの言葉 まだまだ寒さが続く月なので、相手の健康や体調を気遣う言葉で結ぶのが一般的です。 また、春がそこまで来ている喜びや前向門きな気持ちを綴ってもいいでしょう。 2月の丁寧な時候の挨拶の結びの言葉 春まだ浅く、寒さ厳しき折り、 十分ご自愛ください。 掛の上では春でも、余寒はまだまだ続きます。 お身体にご留意ください。 春の足音とともに、いっそうのお幸せが 訪れますことをお祈りしております。 向春の侯 ますますのご活躍をお祈りしています。 寒のもどりもある折り柄、 お風邪などを召されませんように。 親しい方への2月の時候の挨拶の結びの言葉 春が待ち遠しい季節。 暖かくなったら、ぜひ、お出かけください。 季節は春に向かっています。 今年のバレンタインデーこそ 勇気を出して、全力でぶつかっていきましょう。 雪日月酒に梅見酒。 近々、鍋でもつつきましょうね。 寒さなんか吹き飛ばして そろそろ、遊びに出かけましょう 2月の歳時記 節分 もともとは、季節の分かれ目ごとに行なう行事を節分といい、病気や災害を鬼に見立てて、追い払う儀式が行なわれていました。 現在では、立春の前日だけを節分といい、「鬼は外、福は内」と叫びながら豆をまきます。 そして、残った豆を年の数だけ食べて、厄払いは完了。 地方によっては、軒先にイワシの頭やニンニクを吊るして、災いから家や家族を守るという風習もあります。 初午 赤い鳥居のある稲荷神社で、立春の後の最初の午の日が初午。 縁日で綿あめや焼きそばを食べるのも楽しみのひとつだけれど、昔からの習わしに従い、仕事の成功を願って、お稲荷様に油揚げをお供えしてみてはいかが? 針供養 関東では2月8日(関西や九州では12月8日)に、折れた針を豆腐やこんにゃくに刺し、供養する行事です。 かつては、針への感謝と針仕事の上達を祈りました。 地方によっては、色白の美人になれるよう、豆腐や大根などの煮物を食べるという風習もあります。 バレンタインデー 日本では、女性から男性にチョコレートなどの贈り物をするこの日。 もともとは、恋人の守護聖人とされる聖バレンタインにちなんで、欧米で恋人達が贈り物を交換する風習からきたものです。

次の