ウイング ガンダム フェ ニーチェ。 HGBFフェニーチェリナーシタ レビュー

ウイングガンダムフェニーチェ

ウイング ガンダム フェ ニーチェ

価格は1,680円です。 付属品はバスターライフルカスタム、取り付け用ジョイント、ビームレイピア刃、ビームマントパーツが付属します。 名前の通りウイングガンダムをベースにリカルドが改造した機体のフェニーチェ 左右非対称の姿で羽は左側に偏って装備され、マントをイメージさせるデザインになっています。 ウイングがベースなので脚がスラリと長く、スマートなプロポーションでキット化されています。 カラーリングも大きく変わり緑色とちょっとくすんだような白が使われたカラーリングに変更。 色はイタリアの国旗がモチーフなんだとか。 色分けもかなり細かい部分まで再現されていて各所のダクトなどの黒部分とライフルの黄色を補ってやるぐらいで良さそうです。 ジョイントパーツをバックパックに取り付ければライフルも背中にセットできます。 キットのベースは最近発売されたウイングがベース。 オールガンダムプロジェクトの共通関節フォーマットが使われているのでポリキャップの数は少なめですが広い可動範囲が確保されています。 バストアップ。 腕や胴体は基本的にウイングと変わりありませんが肩アーマーが変更されています。 頭部アップ。 頭部もアンテナや耳部分が左右非対称。 ただし改造ではなく破損したためこのようになっているそうです。 目も右目がピンクで左目がグリーン。 ちょっと悪役っぽい形してますね。 胸部はクリアパーツが使われていて黄色いダクトパーツなども別パーツ化されています。 肩アーマーは挟み込み方式で合わせ目が上部に出ます。 羽部分はジョイントが開くようになっていて位置を調整できます。 腕にはビームレイピアを取付可能。 腰回りはウイングと変わらず。 膝はオリジナルデザインで形の他に色も左右で違っています。 足首はつま先が角ばったデザインになりました。 足裏はやはり肉抜きがあります。 ベースになったウイングと。 変形機構はオミットされましたが羽自体はやや大型化しています。 羽のアンバランスな配置はトリッキーな動きを助けるみたいです。 スタンドは3mm軸のスタンドならなんでも使えます。 ビームレイピアは腕に装着時のみビームガンとして使えるようです。 バスターライフルカスタムはHGなのでモナカ構造です。 フォアグリップが可動し、両手持ちも可能ですが結構ギリギリで左右にはほとんど振れません。 バスターライフルカスタムはバスターライフルと小型ライフルに分離可能。 可動範囲はウイングとほぼ変わりません。 ただ右肩が腕を上げると干渉しやすくなっています。 肩と腰はBJなのですが引っかかりがなく抜けやすい感じです。 特に腰は弄っているとよく分離するんでちょっと軸を太らせたほうが扱いやすいと思います。 それと羽の基部は普通のプラなので動かしていると緩くなりやすいです。 ビームレイピアはクリアピンクのパーツです。 レイピアといっても太さ的にはいつものサーベルですね。 ただ材質が固めのクリアパーツでいつもの柔らかいサーベルとは違うので破損注意です。 シールドなどに使えるビームマントも付属。 左肩に差し込んで固定します。 1パーツながらシワの造形やモールドも入っていて立体感のある作り。 一風変わった装備ですね。 以上HGBF ウイングガンダムフェニーチェでした。 ウイングと違い変形できなくなっていますが分離式のバスターライフルやビームマントなど ビルドファイターズらしい一癖ある武装が追加されアシンメトリーなデザインも新鮮ですね。 キットはウイングのリデコなんですがウイング自体最新のキットなんで古さを感じる部分もなく 色分けもほぼ手を入れる必要がないレベルですし関節もよく動く物でした。 ただ抜けやすかったり緩くなりやすい部分があるんでそこは調整したほうが遊びやすいと思います。

次の

HGBF ガンダムフェニーチェリナーシタ レビュー : はっちゃか

ウイング ガンダム フェ ニーチェ

元になってるのはウイングですが頭部や肩、脚部など新規が多く色のイメージも異なるのでかなり違った印象に。 アンテナ以外大体流用かなと思いましたがマスク周りはほとんど新規で尖った顎もきっちり再現。 あえてそうしてるのかアンテナやヘルメットはダメージ痕が残ったままで左右非対称。 目もオッドアイという珍しいデザイン。 各部位など。 胴体は色以外はウイングそのまま。 元々の出来が良いので色分けも優秀。 腰回りも同じ。 腕や足。 頭部同様肩も非対称で右肩は小さめに。 脚部は膝やアンクルアーマー、靴部分などが新規。 左肩は通常のウイングより大型化。 前腕裏側にはビームレイピアを装備。 膝も左右非対称。 バックパックは共通ですがウイング2枚を片側に寄せ、ライフルをマウントするジョイントが新規で追加。 ウイングは片側に寄ってるだけでちゃんと2枚あります。 反対側にはバスターライフルを装備。 ウイングを広げた状態。 赤いパーツは新規ですが他は流用。 オプション。 バスターライフル。 こちらは下部分が新規でウイング付属の物より大型化。 2丁に分離することも。 ただゼロのツインバスターライフルとは違い縦に分離。 なので左右で大きさはだいぶ異なります。 ビームレイピア。 刃部分は普通のサーベルと特に変わらず。 左肩下側にはビームマントも取り付け可能。 色は薄めですが闘牛士のようなイメージに。 サイズなどは基になってるウイングと変わりなし。 適当に何枚か。 特に干渉する部分が増えたりもしてないので可動は元になってるウイングと変わりなし。 バスターライフルは分離部分のグリップが可動するので両手持ちすることも。 2丁に分離。 HGのウイングゼロも近々出るそうですがBFの放送が続いてればそちらを基にした機体も出そうかも。 肩周りが優秀なのでレイピアはそのまま引き抜き可能。 ビームレイピアとビームマント装備。 決めポーズ用に左平手がなかったのはちょっと残念。 マントはちゃんと波打つような形状になっており色もついてるので見栄え良好。 主人公と因縁のあるキャラが増えてますがトーナメントで全員当たることはなさそうなのでライバル同士の戦いもありそう。 終わり。 以上、HGBF ウイングガンダムフェニーチェのレビューでした。 元になってるウイングがオールガンダムプロジェクトの共通関節にも対応したごく最近のキットなのでこちらも色分けや可動などレベルが高くプロポーションも良好でこのサイズのキットとしてはほとんど完璧と言っていい出来でした。 武装も一新され珍しいビームレイピアやマントなどが付いてるので新鮮味もあり、本体も頭部や肩など目立つ部分が新規になって印象もガラリと変わりオッドアイや片翼といった中二的な要素も盛り込まれ独特な個性があって格好良かったです。 本編ではまだ本格的に戦ったりはしてないですが、キャラの立ち位置やOPなどを見ても今後も確実に見せ場はありそうな機体なので作品にはまってる人ならオススメだと思います。 (プレミアムバンダイ) (あみあみ) METAL BUILD ソードストライカー ROBOT魂 ヤシマ作戦再現用セット CONVERGE EX サイコザク SHF ブラザーズマント ROBOT魂 ジム改宇宙戦仕様 SHF エボル ブラックホールF フェーズ4 SHF トニー・スターク -《Birth of Iron Man》 METAL ROBOT魂 ダブルオーザンライザー ねんどろいど 嘴平伊之助 ねんどろいど 斉藤恵那 IMAGINATION WORKS 孫悟空 METAL ROBOT魂 ガンダムヴィダール SHF 孫悟飯-少年期- DBアドバージ ポルンガセット【PB限定】 SHF 真骨彫モモタロス SHF ピッコロ SHF ワンダーウーマン WW84 S. ファイズ SHM リオレウス SHM ナルガクル DX超合金 YF-29フルセット 超合金魂 トライダーG7 ネクスエッジ 煌龍丸 ネクスエッジ 龍虎丸 GUNDAM UNIVERSE ゴッド GUNDAM UNIVERSE トールギス MB ゴールドフレーム天ハナ バージョン華 SHF アイアンマン マーク1 SHF IG-11(The Mandalorian) SHF ホール・オブ・アーマー【6次】 figma 兵馬俑 アルター 宮本武蔵 私服Ver. SHF 真骨彫 仮面ライダーイクサ SHF バルカン アサルトウルフ GUNDAM CONVERGE 20 DBアドバージ13セット タケヤ式置物トルメキア装甲兵 ねんどろいど アスナ創世神 SHF 仮面ライダーサウザー SHF 仮面ライダー001 SHF シャイニングウルトラマンゼロ ROBOT魂 ダンバイン SHADOW FINISH ねんどろいど 紺野純子 ねんどろいど 我妻善逸 SHF キャプテン・アメリカ CAP VS. ホットトイズ ホークアイEG ホットトイズ マーク85 ホットトイズ サノス ホットトイズ キャプテンマーベル アルター 穂乃果 ホワイトデー ALTAiR プロトアーサー.

次の

HGBF 1/144 ウイングガンダムフェニーチェ|バンダイ ホビーサイト

ウイング ガンダム フェ ニーチェ

ウイングガンダムをベースにした『ウイングガンダムフェニーチェリナーシタ』をカスタマイズし、一部を新規造形で再現。 バイク型のホッパー形態に変形可能など、オリジナリティあふれるキットになっています。 ちなみに『リベルタ』とはイタリア語で「自由」を意味します。 価格は2,160円(税込み)。 プレミアムバンダイ限定の商品です。 ウイングガンダムベースのガンダムフェニーチェリナーシタをカスタマイズし、独特の形状に生まれ変わったガンダムフェニーチェリベルタ。 バイク型のホッパー形態に変形可能という一風変わったスタイルが楽しめるキットになっています。 大型リアアーマーが腰部から展開され、バックパックもホイール型で特徴的。 ガンダムフェニーチェから続くグリーンとクリーム色のカラーリングで、全身各部に羽を模したようなディテールが備わっています。 腰部から伸びる羽はウイングではなく大型リアアーマーという呼称になっています。 大型リアアーマーを後方に展開している場合は、大型リアアーマーを浮かせていると自立は難しくなります。 画像のように大型リアアーマーを支えにして自立させると安定します。 大型リアアーマーは左右に展開できるので、真横に広げておくと後方に不可をかけることなく自立できます。 V字アンテナがリベルタ独自のものに変わっています。 V字アンテナと頭部両脇から後部に伸びる翼には、先端に安全加工がされています。 額のセンサーとV字アンテナの中央赤い部分はシールによる色分けです。 バストアップ。 ウイングガンダムの面影を残す黄色いフレーム型。 中央のサーチアイは内部にグリーンのシールを貼り、表面にクリアーピンクのパーツを被せるようになっています。 黄色いフレームの両脇内部は黒いシールで補います。 おなじみの肩部マシンキャノンも変わらずモールド化されています。 腹部、腰部。 フロントアーマーはリナーシタと変わらず。 ダクトは塗り分けが必要です。 中央上部の黒いダクトはシールによる色分けです。 リアアーマーはリベルタ独自の形状に変化。 羽(大型リアアーマー)のアームがリアアーマーから伸びています。 フロントアーマー、サイドアーマーともに裏面にモールドはなく、シンプルな形状になっています。 リナーシタからとくに変化した部分はありません。 前腕には爪型の可動パーツが付いています。 前腕は左右挟み込みタイプ。 合わせ目は裏面の上下に少し出るようになっています。 ショルダーアーマー前後のモールドは黄色と黒のシールによる色分けです。 ショルダーアーマーもリナーシタと変わらず。 上部アーマーは上から被せるタイプなので合わせ目は出ません。 側面のダクトは別パーツ化されています。 こちらもリナーシタと同じ。 膝から下の白い外装は左右挟み込みタイプなので、中央に合わせ目が出来ます。 後部スラスターはボールジョイントへの差し込みタイプ。 内部からボールジョイントが露出するので好みが別れるところかと。 足首から下の部分。 アンクルガードは1個パーツで、ボールジョイントをアキレスの部分に差し込むようになっています。 足裏はかかとは挟み込みタイプなので合わせ目ができ、つま先は簡素化されていて、肉抜き穴がそのまま露出しています。 リベルタオリジナルの大型リアアーマー。 緑の翼は二重になっています。 左右挟み込みタイプですが、合わせ目はモールド化されてわかりにくくなっています。 赤と緑の翼先端は安全加工がされています。 バックパック。 バイクのフロントフェンダーのような形状が独特。 左右挟み込みタイプですが合わせ目はモールド化されています。 内部にはタイヤのホイール型パーツを内蔵。 アーマー内部には適度にスリットも入っています。 側面のダクトは塗り分けが必要です。 HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。 ちょうど中間くらいのサイズです。 頭部の可動は割りと広め。 見上げる状態もしっかりと表現してくれます。 首周りに干渉物もなく、左右へも広く可動します。 ショルダーアーマーがそこそこ大きめですが、腕を水平以上に上げることができました。 ショルダーアーマー側面のアーマーは展開可動します。 付け根の軸が細く折れやすいので、はめ込むときに注意が必要です。 自分はショルダーアーマーにパチンとはめ込む時、軸が折れたので瞬間接着剤で接着しました。 肘は二の腕につくくらい柔軟に折り曲げることができます。 肩部は内蔵されているボールジョイントを前方に引き出すことができます。 ですがそこまで広いわけではなく、適度にスイングするのみとなります。 腰部はもともと前後に可動するギミックはありませんが、腰のボールジョイントを浮かせたりすることで少しは可動させることができます。 回転可動は360度回転可能です。 股関節にアクションベースをマウントさせます。 アクションベースにしっかりと固定できます。 フロントアーマーが大幅に展開し、脚部を前方水平以上に可動させることができます。 後方へはリアアーマーを回避するように展開させます。 膝は太ももにくっつきそうなくらいしっかりと可動します。 変形機構にそれほど関係する箇所ではないですが、柔軟性がありますね。 変形機構に対応するため、逆側にも少し曲げることが出来ます。 足首もかなり柔軟に可動します。 脚の表現も柔軟ですし、スタイリッシュなポージングが楽しめます。 つま先も適度に可動します。 大型リアアーマーを後方に展開させ、サイドアーマーも後方に可動させることで、左右への開脚を水平程度に可動させることができます。 足首は適度に可動します。 全体的に柔軟性の高い脚部可動ですが、足首の左右への展開は今ひとつといったところです。 内股は太ももアーマーが干渉するので少ししか可動しませんが、がに股は水平以上に可動します。 さらに後方へも柔軟に可動します。 膝がしっかりと曲がるので、立膝もキレイに決まります。 大型リアアーマーは左右に展開可能。 アームを可動させて縦に並べることも出来ますし、手前の可動部分を折り曲げて画像のように真横に展開させることもできます。 アームを軸にして、上下にも適度に可動させることができます。 様々な角度に可動できるので、翼としての表現が柔軟にできていいですね。 内側の赤いウイングは左右に振ることが出来ます。 黄色いアーマーを展開させて内部の車輪を露出させるなど、バイク型ホッパー形態への変形用可動もあります。 バックパックは上下に展開可能。 内部のホイール型パーツも変形機構によって可動させることができます。 シールド、バスターライフル、ビームサーベル柄、小型ライフル、ビームタイヤ(左右、前方)、変形用ジョイントパーツが付属します。 その他、リナーシタ用ウイングや各部パーツ、ビームサーベル柄、ウイングガンダム用パーツなどが余剰パーツとして付属します。 ビームサーベルやビームマントは付属しませんが、余剰パーツを使用してガンダムフェニーチェリナーシタに換装させることもできました。 もちろん飛行形態にも変形可能。 シールド。 裏面のヘッドカバーが新規パーツになっている以外はリナーシタのものとほぼ同じです。 前方のグリーンはシールによる色分けです。 内側のグリップと白いヘッドカバーは可動式。 ハンドパーツにグリップを差し込んで保持します。 角度によってはクルッと回転してしまうこともありますが、しっかりと差し込むことである程度固定させ、保持することができます。 ポロリすることもなく、それほどストレスを感じることもありませんでした。 バスターライフル。 HGACウイングガンダムからHGBFフェニーチェ系までの各キットに付属しているものと同じです。 バスターライフルは左右挟み込みタイプなので、上下とも中央に合わせ目が出来ます。 グリップは収納可能です。 ハンドパーツに差し込んで保持させます。 問題なく保持してくれますが、袖(カフス)のアーマーが干渉してグリップを完全に差し込めなかったりします。 ビームサーベル柄と小型ライフル。 共に左右挟み込みタイプなので中央に合わせ目ができます。 小型ライフルのグリップは左右への可動式。 ビームサーベル柄と小型ライフルをジョイントした状態。 こちらも問題なく保持可能です。 小型ライフルのみの装備状態。 バスターライフルにビームサーベル柄と小型ライフルを合体させてバスターライフルカスタムに。 それほど重量もないので、肩部、肘部共に垂れること無くしっかりとしています。 肩部のスイング幅が狭いこともあり、バスターライフルカスタムの両手持ちは少し難しかったです。 ですがもう少ししっかりと腕を絞ると両手持ちもなんとか可能です。 ではホッパー形態に変形させていきます。 まずハンドパーツを取り外します。 そして両腕を広げ、腰を180度回転させておきます。 リアアーマーには四角いジョイントパーツを取り付けておきます。 大型リアアーマーを左右に広げ、股下のジョイントパーツを挿し込みます。 ジョイントパーツのダボを太ももパーツのダボ穴に差し込んで固定し、脚を並べておきます。 膝をS字に曲げて後方のスラスター部分を少し露出させます。 サイドアーマーのダボを脚部のアーマーに差し込んで固定します。 これで脚部がふらつかなくなりました。 大型リアアーマーを左右に折り曲げ、前腕部の爪を収納。 腕部を折り曲げ、ショルダーアーマーもハの字に収納しておきます。 大型リアアーマーから黄色いアーマーを広げ、車輪を展開させます。 車輪にビームタイヤを取り付けます。 バイクらしくなってきました。 バックパックを展開し、ホイール型パーツを露出させます。 露出させたホイール型パーツにビームタイヤを挟み込んで取り付けます。 折りたたんだ腕部にバスターライフルと小型ライフルを取り付けたらホッパー形態に変形完了です。 ホッパー形態をいろんな角度からどうぞ。 適度にフェニーチェの感じを持ちながらもきちんとバイク型になっているのがいいですね。 股下に取り付けたジョイントパーツにアクションベースを挿し込み、浮かせた状態でディスプレイすることもできます。 では適当に何枚かどうぞ。 以上です。 多少ごちゃっと感はありますが、羽つきキットということもあって浮いているポージングが様になってカッコイイですね。 バイク形態というこれまでのガンプラではVガンダム以来?のスタイルを持っているのも面白いです。 HGBFとしてのアイデアの幅広さを感じさせますね。 欠点のようなものは殆ど無いですが、あえて言うなら武器のグリップが袖と干渉して浮き気味になることですね。 それと、ウイング(大型リアアーマー)の位置が腰についているのでちょっと変わってるな~と思いました。 おそらくバイク形態への変形を兼ねているからなんでしょうけど、できれば背中から生えて欲しかったかなって感じです。 関節強度も高く、変形時もしっかりと固定されるので取り扱いやすいです。 フェニーチェリナーシタに組み換えられるのもプラスポイントで、なかなか興味を惹かれる、遊べるキットになっていました。

次の