タクシー ドライバー 給料。 タクシー転職で失敗した人・後悔した人の口コミをまとめてみた

タクシー転職で失敗した人・後悔した人の口コミをまとめてみた

タクシー ドライバー 給料

私の会社 横浜 の場合ですが収入は売上の約半分 売上は日勤 朝7時頃から夕方6時頃まで で平均20,000円 夜勤 夜7時頃から午前4時頃まで で平均30,000円 いずれも5日乗務で1日休まなければならないので月25日位がMAX 隔日勤務 本当はこれがタクシードライバーの本来の勤務態様 で平均50,000円 月12乗務が基本で更に1乗務OK 成績の悪いドライバーは平均の7割くらい 正規の人はだいたいやめます 良い人は1.5倍位稼ぎます。 ボーナスは年3回出ますが一部の稼ぐ人は年間100万超えますが、悪い人は雀の涙です。 >売上の折半って事はワンメーターの客しかつかなかったら税金引いて日給300円なんて事もあるのでしょうか? 理論上はありえますが、普通にやっていれば新人でも日勤で1万以上稼ぎますね。 年収ベースでは一部カリスマと呼ばれる人でも700万~800万、大半が500万以下、平均350万と言われています。 収入的には魅力のある仕事ではありませんが、わずらわしい職場での人間関係がない、車庫を出ればあとは自分のペースで仕事ができる、ある程度の売上があれば帰庫時間は自由、休みも取りやすく休んでも誰にも気兼ねしなくて良いし、休み中に仕事が気になったり、出てきたら仕事が山積みなんてこともありません。 一番良いのは運転に支障がなければ何歳までも働けます。 ちなみに平均年齢はなんと54歳、70歳以上のドライバーが10%を越すそうです。 現役タクシードライバーです。 10年目。 タクシーの給与体系は会社によって色々なので簡単に説明します。 基本的に完全歩合制です。 10年前は月の営業売り上げが80万円から60万円くらい楽勝で揚がりました。 すると給与は50万円から30万円くらい。 最近は良くて50万円悪いと40万円切ります。 給与は25万円から15万円。 年収は300万円を大きく下回ります。 これは、目いっぱい頑張った数字です。 休んだりサボったり欠勤したらエライ事になります。 確実に手取りは10万円を切ります。 私は独身で、仕事をあんまり」しないほうで、手取りの平均は15万円くらいですね。 生活保護者のほうが収入高いんじゃないかな。 タクシー勤めのメリットは、一人仕事で、管理もあまりされず気楽に働けること。 手取り12万円くらいでいいなら、ゆったりお気楽に働けますよ。 デメリットは、やはり何と言っても事故ですな。 人身なんか起こした日にゃあ鬱になりますよ。 観光業務ができるとか外国語ができるとかスキルがあればもっと稼げますよ。 タクシーで一人前になるためには、接客の技術に長けないとダメです。 接客の苦手な人は絶対無理。 こんな感じです。

次の

介護タクシー運転手の平均年収/給料はいくらが相場?手取りやボーナスの有無についても解説!

タクシー ドライバー 給料

はじめまして。 東京都内でタクシードライバーをやりつつ、タクシーの魅力を伝えるブログを書いているタクサポ運営陣です。 私たちタクシードライバーは、自分の年収がどれぐらいで、月収や日給なども知っているのですが、 タクシードライバー以外の人には詳しい内情がわかりにくい職業だと感じたので、 平均年収や、そこから導き出す月収・日給・時給。 そして、どんな人が年収が高く、どんな方が低いのかという事を業界の外にいる人にもわかりやすいように書きました。 これを読んで頂ければ年収や仕組みに関しては大体理解ができるぐらいまで徹底して書いたので、一読の価値はあると自負できる記事です。 また、私たちは、東京都内に特化したタクシーの転職サービスを行っています。 これまで約1,000名以上の方の転職をサポートし、単なる「入社」だけではなく、 「入社後にいかに稼げるようになるか」 までを目的として、徹底的なアフターサポートをさせていただいています。 下記の記事は、私たちが運営する【タクサポ】の他社を凌駕する圧倒的なサポートについてご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。 これも大きな特徴の一つです。 あまり年収には関係がないように思えますが、後々時給計算などの時に勤務日数なども出てくるので一応お伝えしておきます。 基本的にタクシードライバーの月間勤務日数は11日です。 日数は少ないですが、1日当たりの平均勤務時間が18時間(内休憩3時間以上必須)と非常に長く体力のいる仕事です。 勤務時間は長いのですが、時間が経つのが早く感じます。 これは私以外のタクシードライバーも口を揃えて言いうので不思議です。 ただ、残りの20日間は休みですので、十分に回復できるし自分の時間をたっぷりと確保できます。 11日間の勤務に加え、最大2勤務まで増やす事ができ、最大で月間13日の勤務が可能になります。 以上を前提とした上で、平均年収や年収の低い高いを分けるポイントなどを書いていきます。 引用元: 赤枠で囲った欄が、東京で働くタクシードライバーの平均年収です。 正直、私自身の年収が600万近い事を考えると思っている以上に少なくて驚いています。 理由としては、平均年齢が高い事。 都心部以外でのニーズの低下。 ニーズの局地化などが原因で地方などのタクシードライバーが稼げていない事が原因だと資料をみて感じ取りました。 後述するのですが、私が働いている東京都の平均年収とは差が大きいので、 都心部以外のタクシードライバーは、収入面では質素だというのが個人的な意見です。 もしも、私が地方に引っ越すことになってもタクシードライバーをやるかと聞かれれば答えはNOです。 過疎化などが進み、タクシーを使う人達が少なくなるということを考えると中々踏み込めない世界かもしれません… ただ、ゆっくりと気楽に仕事をやるという意味ではすごく魅力的な職業だとも思います。 いろいろな方と出会えるのは都心でなくても同じですし、その数だけドラマがあります。 地方でのタクシードライバーは収入面だけをみればほかの業界より劣るかもしれませんが、やるに値する魅力もあります。 稼ぎ方についてかなり赤裸々に語っていますので、ぜひこちらの記事も併せてご覧ください。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 やはり、都内になると収入面は高くなる傾向にあるようです。 交通新聞社が出している資料によると、 2018年の平均年収は470万円と、全国平均よりも約122万円の差があります。 交通新聞社が公平な資料を出してくれているので、この平均年収を元に、東京のタクシードライバーの実情をわかりやすく説明していきます。 また、東京都内の中でも会社によって年収の格差がかなりある業界でもありますので、 東京でタクシードライバーを仕事に考えているのであれば下記の記事を読んでおいても損はないと思います。 交通新聞社のデータによると、タクシードライバーの平均勤務時間は198時間となっています。 11勤務で201時間働いたと仮定して、一日18時間。 18時間で5万5,500円という事は、一時間当たり約3,080円の売り上げ。 よく、手取りで十万しかもらえないよ~とか嘆いてるタクシードライバーがいますね。 あれを見ると、少しむっとした気持ちになる私がいます。 なぜかというと、多くの方に誤解を与えてしまうからです。 そして、それを面白がるメディア。 歩合なのだから、稼げる人もいて稼げない人がいるのも当然です。 タクシードライバーとはそういったシビアな面もある業界なのです。 稼げないのであれば、1時間に1回乗るか乗らないかの場所で待って煙草を吸うのをやめて、 もっと街の事を勉強しろと言いたくなります。 そうすれば、こんなに気楽に稼げる仕事はないのですから。 愚痴はこの辺にして、稼げない方のモデルを考えてみました。 稼げないといっている人は、こんな感じになっています。 こんな感じです。 これは、平均的なタクシードライバーの半分しか仕事をしない方のモデルです。 なので乗車回数を半分にして計算しています。 でも、 これって少しおかしいと思いませんか? 平均月給は36万6,300円というお話を先ほど致しました。 それなら、半分しか仕事をしなくたって18万半ぐらいの給料を貰えるはずじゃないですか? なのに、それよりも 約3万円も低い給料しか支給されていません。 これはどうしてかと言えば、仕事をしないと歩率が下がるからです。 タクシー業界は仕事をしない人間には厳しいのです。 仕事が頑張っても出来ない。。 ではなくて仕事をしない人間です。 大体、1日売上2万7,750円なんて数字は社内でワースト1位をおおいに狙える売り上げです。 ワースト1位を連続11出番やりつづけて、やっとこの最低ランクの給与となります。 これは偉業と言ってもいいかもしれません。 逆の意味での偉業です。 ここまで書けば理解していただけたかもしれませんが、 タクシーで稼げていない人の正体、それは・・・ ただのサボり野郎です。 どんな不器用の人でも、どんなにセンスがない人でも、しっかりと考えて勉強すれば平均的な給与を下回る事がないのがこの業界です。 平均以下の人は、やはりどこかでサボっています。 もしくは、そのぐらいの給与で良いと開き直っています。 この記事を読んでいる貴方には伝えたい。 東京都でのタクシードライバーは効率よくやれば月収50万ぐらいであれば稼げます。 タクシーは、やればやった分だけ自分に返ってくるのですから。 効率よく仕事をするためには2つの条件があります。 1.稼げる地域や街の特徴をしる 2.稼げる会社を選ぶ この2つです。 稼げる地域や街の特徴を知ること これについては、お客様が沢山いる場所で仕事をしなければ効率もなにもないよね?ってことです。 そのために、稼げる街の特徴などを理解しながら仕事をすることが重要になってきます。 ・この街は何曜日だと活性化するのか? ・平日のほうが人はいるのか?または休日か? ・何時ぐらいに人がいなくなるのか? ・逆に何時ぐらいだと人はいるのか? ・どんな人がいるのか? といった情報を常に頭に入れておく必要があります。 これを頭に入れるには、実際に走ってみて街の様子を見たり、 先輩のドライバーに特徴などを教えてもらうのがいいと思います。 タクシードライバーは意外と面倒見がよい方々がたくさんいるので、きっと教えてもらえますよ。 とにもかくにも 色々な街の特徴を知る努力をする事。 1つの街でしか仕事ができないドライバーと、5つの街で仕事が出来るドライバーでは、 当然5つの街で仕事をできるドライバーのほうが仕事の幅は広くなります。 仕事の幅が広いほうがチャンスは増えます。 チャンスが増えれば、乗車していただける確率も上がるという事です。 これも効率良く仕事をするうえで非常に大事な条件の一つです。 なので、タクシードライバーとして良い仕事をして給与を多く頂きたいのであれば、 会社選びには十分に気を付けることです。 タクサポなどのタクシー専門の転職支援サービスなどは独自の審査基準を設けていて、 優良な会社を厳選して紹介してくれるので会社選びの際には活用しましょう。 上記の二つの問題を解決するための強い味方になってくれます。 やはり必要な能力は観察力です。 観察力が高ければ高い程、お客様の動きや、人が沢山いる場所の選び方、 立ち回り方、休み時、などがわかる様になってきます。 タクシードライバーは口を開いて営業ができません。 だからその分、こちらがお客様の動きに合わせなければいけないです。 だからこそ、 1.街を見てどこが狙い目なのかを見極める観察力 2.どんなところにお客様がいるだろうかと予想するための予想力 大きく分けてこの二つが必要で、 これがうまい人が稼げる人だと言う事です。 そして、観察力も予想力も、知識と経験を積むことによって誰しもが手に入れられます。 大事なのは、仕事をもっとできるようになりたいという気持ちなのかもしれませんね^^ 私が思うタクシードライバーの大好きな魅力の一つに、時間を自由に使えるという魅力があります。 もともと、何かに縛られるのが好きではなく、猫のように自由に生きれたらと思っていました。 しかし、生きていくためには仕事はしなくてはなりません。 そんな私にとって、タクシードライバーはピッタリの職業でした。 仕事をしながら、音声による勉強をしたり、好きな事を考えたり、ハンズフリーのイヤホンで友達と話をしたり、彼女と電話をしたり、 好きな時に仕事を頑張って、好きな時に休憩をして、好きな時にご飯を食べて。 休みはどんなに少なくても17日間あるので、休みを調整して旅行に行ったり、友人と飲みに行ったり、趣味を楽しんだり、勉強をしたり… あまりに自由すぎるので、「あなたって仕事しているの?」ってよく言われます。 でもしているんです。 それがタクシードライバーの魅力なんです。

次の

介護タクシー運転手の平均年収/給料はいくらが相場?手取りやボーナスの有無についても解説!

タクシー ドライバー 給料

タクシードライバーの給与体系 タクシー業界の給与体系は、他の業界とは少し変わっており、基本歩合制が取られています。 実は一言に歩合制と言っても、タクシー業界の歩合制には色々パターンがあり、どのパターンが採用されているかにより、各タクシー会社によって給与形態が違ってきます。 歩合制の中でも、多くのタクシー会社が取り入れている A型賃金(固定給+歩合給+賞与) この賃金形態が一般企業と同様な給与形態で、現在のタクシー会社の給料形態ではあまり取り入れられていない形態になります。 A型賃金のメリットと問題点 [A型賃金のメリット] タクシードライバーをやる上でA型賃金のメリットはなんと言っても、その他の給与形態と比較して、固定給がしっかりと存在することだといえます。 どうしても、タクシードライバーを初めてやる際に、完全歩合制になってしまうと、タクシードライバーさんがもしも売上を十分に得られなかったときに、給料もかなり少なくなってしまうリスクがあるため、固定給が多いほうが、タクシー業界未経験者としては、安心な部分も多いでしょう。 また、固定給は、勤続年数によって毎年上昇が見込めるため、安定して給料を増やして行きたい方には向いているでしょう。 [A型賃金の問題点] A型賃金はメリットとして、固定給部分が多いという反面、歩率の影響が小さくなるため、タクシー乗務によってたくさんの売上を得た場合には、他の賃金形態に対して、タクシードライバーさんがもらえる給料は少なくなってしまう傾向があります。 このように、A型賃金は一般企業のような給与体系で、タクシー未経験者にはとっつき安い給与形態だとは言えるのですが、一方で年々固定給が上がってしまうという特性上、売上が上がっていないタクシードライバーの給与も上がってしまうというリスクがタクシー会社にとっては存在するため、燃料高騰や、不況と言われいている昨今、A型賃金の形態を取っているタクシー会社はほとんど存在していないのが実態となっています。 B型賃金(完全歩合制) タクシー業界で言うところの 「完全歩合制」となっているのがこの賃金形態になります。 賞与を支給するために貯蓄するAB型賃金と違い、毎月全ての売上歩合を支給される賃金形態です。 タクシードライバーの経験者ですと、この賃金形態が一番需要があり、とてもシンプルです。 頑張れば頑張っただけ稼げる典型的な賃金形態です。 つまり、タクシーに乗務してか売上が大きければ大きいほど、自分の給料に直接跳ね返ってくる完全成功報酬型の給与体系です。 経験豊富で常に一定以上の売上を上げることが可能なタクシードライバーさんにとっては、一番稼ぎやすい給与形態といえます。 また、タクシー会社にとっても、売上が上がらない場合に給料を多めに支払う必要がないため、タクシー会社にとってはリスクの少ない給与体系だと言えるでしょう。 [B型賃金の問題点] B型賃金は、完全成功報酬型のため、タクシードライバーさんに十分な売上がないと、給料がかなり減ってしまうというリスクが存在します。 売上がない場合に、全くのゼロになってしまうということはありませんが、それでも他の賃金体系に比べると一番給与は少なくなってしまいます。 タクシードライバーの売上はどうしても月ごとに変動が多少なりとも存在するため、B型賃金については、給与の変動が一番多い給与体系となります。 AB型賃金(A型賃金とB型賃金の中間の形態) 今タクシー会社の中で一番多く取り入れられているのが、このAB型賃金という給与形態で、A型とB型の特徴をあわせ持つ、ハイブリッド型の給与体系と言えるでしょう。 AB型賃金は、固定給と歩合給の合算によって得られる給与のうち、一定割合を年2~3の賞与として、支払うという給与形態です。 8万円が毎月積み立てられるというものになります。 【AB型賃金の給与構造】 ・固定給(基本給+その他手当) ・歩合給(一定の売上を超えた分に発生するもの) ・賞与 AB型賃金のメリットと問題点 [AB型賃金のメリット] AB型の給与体系は、A型賃金の月々の給与の安定性と、B型賃金の頑張った分が給与に反映される「成功報酬」という2つのメリットを併せもっています。 月々頑張った分は、賞与としてプールされるため、月々の給料としては安定します。 また頑張ればがんばるほど、その賞与の額も上がりますので、やりがいも大きいところが一番のメリットです。 また同じ年収であっても、月々の給与が平均的になるため、変動の大きいB型賃金よりも、社会保険料などが安くなるというメリットもあります。 さらに毎月の売上から一部が積み立てられるという特性上、浪費癖がある方にとっては貯蓄性が高く人気がる給与形態です。 [AB型賃金の問題点] AB型賃金と一言で言っても、タクシー会社によっては、A型賃金に近い形態をとっているものや、B型賃金に近い形態をとっているものなど、タクシー会社ごとに違いがあるのがこのAB型賃金です。 ですので各タクシー会社の給与形態の詳細を把握するのは求人誌上ではなかなか難しいのが現状です。 A型、B型と比較して、すこしわかり辛い給与形態であるとも言えますので、タクシー会社選びの際には、ドライバーズワークのような転職支援サービスに登録し、詳細を問い合わせてみるのがよいでしょう。 タクシー業界ガイド一覧•

次の