観艦式 倍率。 観艦式で良く見える方向や、必須の持ち物のアドバイス

観艦式で良く見える方向や、必須の持ち物のアドバイス

観艦式 倍率

・10月12日(月・祝) 第1回事前公開(体験航海) ・10月15日(木) 第2回事前公開(体験航海) ・10月18日(日) 観艦式 今までの観艦式と同じように3日間開催されます。 全国の海上自衛隊の艦艇が東京湾に集結し、普段の訓練の成果をお披露目する観艦式。 艦艇だけでなく、潜水艦やヘリコプターや哨戒機やLCAC(ホバークラフト)等・・・海上自衛隊の全てを見ることができます。 実際に艦艇に乗船して、目の前で数々の訓練を目の当たりにできるので、その迫力は素晴らしいです。 航海しながら一糸乱れぬ隊列を組む護衛艦の列。 実際に海上に発射されるミサイル。 海中から一気に姿を現す潜水艦。 ミサイルを発射しながら猛スピードで空を駆け抜けていく哨戒機。 訓練展示以外の時間は、乗船した護衛艦の中を見学できたり、自衛官と交流できたり。 普段はできない体験をできる貴重な1日になり、一度観艦式を見たら病みつきになる人も多いですし、今まで海上自衛隊に全く興味が無かった人でも大感激する人が多いのです。 事前公開と観艦式の違いですが、 内容はどの日も同じです。 18日(日)が観艦式の本番です。 12日(月)と15日(木)が、いわゆる予行演習です。 「予行だと、練習だからうまくいかなかったり、失敗とかあるのでは?」「予行は本番より見応えが無いんじゃ・・・?」と思うかもしれませんが、そのようなことはありません。 予行も本番とほとんど変わらない素晴らしさです。 観艦式本番は、例年ですと総理大臣が観閲官として乗船されるので、そういう意味では雰囲気的にはもちろん一番盛り上がります。 総理大臣のスピーチも全艦に放送されたりするので、観艦式の素晴らしさを改めて感じたりもします。 海上自衛隊観艦式の2015年の応募方法は? 応募期間は、8月1日(土)~8月31日(月) 8月31日にて、今回の観艦式の応募は締め切られています。 応募方法に関して詳しくは、以下の海上自衛隊のホームページをご覧ください。 当選確率を上げたくて同じ名前で何枚も応募しても、効果があるのは1枚だけです。 ・乗船地について 横須賀・横浜・木更津の3ヶ所の乗船地を選べます。 一番艦艇が多く出港するのは横須賀です。 当選確率を上げたい場合は横須賀乗船を希望すると、少しは確率が上がるかも・・・? もしくは、出港する艦艇の数は一番少ないので当選人数も少ないですが、交通機関が不便な木更津が一番人気が無いとも言われています。 横須賀や横浜に比べて競争率の少ない木更津を狙うという考えもありますね。 各乗船場所について、詳しくは以下のページをご覧ください。 どの艦艇になるかは、まさに運です。 当選するとチケットが郵送されてくるので、そのチケットに記載されている艦艇に乗船することになります。 ・平日の方が応募人数は少ない 一番人気があるのは、当然観艦式本番の日です。 なので、予行の日に申し込む方が、倍率は下がり当選確率は上がるかもしれません。 今年は第1事前公開の10月12日が祝日なので、一番応募人数が少ないのは第2事前公開の10月15日(木)でしょう。 ・当選確率を上げるには、家族全員で応募するのも手です 応募はがき1枚につき、代表者を含む4名まで応募できます。 なので家族4人いたら、それぞれ一人ずつ代表者として、4枚のはがきを出すと、確率が高くなるでしょう。 ここで気を付けたいのが、「絶対に当日行く人の名前で応募する」ということ。 当選確率を上げたいために、行く予定の無い人の名前を借りてまで応募するのはダメ、ということです。 当選して送られてくるチケットには応募した人の名前が書かれていますし、当日乗船前に身分証明書の提示も求められます。 違う人の名前のチケットを持っていってもチェックされるので、気を付けましょう。 ・予行は悪天候などにより翌日に順延される可能性も 観艦式本番は10月18日(日)のみですが、予行の12日(月)と15日(木)に関しては、荒天などにより翌日に順延される可能性もあります。 スケジュール調整をできるようにしておきましょう。 海上自衛隊観艦式のチケット当選倍率はどれくらいなの? 年々人気が高くなってきている海上自衛隊観艦式。 倍率は十倍~数十倍と言われています。 当然観艦式本番が一番倍率が高く、何十倍もの倍率。 せっかく見るのなら本番が見たいと思うかもしれませんが、当たる確率は低いので、少しでも当選確率を上げたいならやはり予行の日に応募する方が良いです。 今年は予行の12日が祝日のため、一番応募確率が低いのは15日(木)と思われます。 それでも、倍率は十倍以上となるでしょう。 家族4人ではがき1枚ずつ応募したとしても、当たる確率は2分の1以下・・・ということなんですね・・・。 それでも、応募しないことには当たらない! 諦めずに、まずは応募してみましょう! 万が一抽選に外れた場合でも、停泊している艦艇が一般公開されたり、観艦式以外にも色々なイベントが開催されるので、それらを楽しむのも良いですね。 また余談ですが、以前は良く「海上自衛隊の人と懇意にしているとチケットを回してもらえる」などと言われていましたが、今はそういうことはないようです。 (そういうコネのようなことができていたのは、もう何十年も前のことだとか) 実際に観艦式に出る艦艇に勤務している自衛官ですら、個人的にチケットを入手するのは無理なのだそうです。 なので、海上自衛隊の家族も、普通に一般の応募でチケット入手しようと頑張っているとか。 今はそういう特別扱いに関しては厳しいご時世なのですね・・・。 要するに、チケット入手に関してはあくまでも「公平」な状況だということ。 チケットをゲットするウラ技のようなものはなく、とにかく純粋に応募するのみ!ということですね。 まとめ 3年に1度の海上自衛隊観艦式。 普段は見ることのできない海上自衛隊の訓練の様子を、実際に艦艇に乗船して間近に見ることができる貴重な機会です。 大人気のイベントのために、当選倍率はかなり高いですが、それでも応募しないことには始まらないので、諦めずにまずは応募してみましょう!.

次の

[保存版85分] 壮大なスケールの艦旅が今始まる!! 自衛隊観艦式2015 JSDF FLEET REVIEW [事前公開]

観艦式 倍率

10月18日(日)に相模湾沖で実施される海上自衛隊の自衛隊記念日行事が 「観艦式」。 基本的に一般公開されていない陸空の観閲式に対し、海上自衛隊の観艦式は体験航海という形で一般の人も艦艇に乗ることができるのが最大のポイント。 総理が観閲する本番の観艦式と2回の事前公開、都合3回の体験航海に一般参加が可能です。 3年に1度の人気イベントとあって、応募の倍率は毎回かなりの高さになると言われています。 2度の事前公開も本番同様の予行演習なんですが、やっぱり総理が参加する本番の観艦式が一番倍率が高くなるようです。 気になる応募要領は となっています。 詳細は。 前回(2012年)は艦艇48隻、航空機32機、人員約8,000人が参加したという観艦式。 今年はブルーインパルスの参加も発表されています! 昨今のミリタリー人気や「艦これ」の影響などもあり、抽選を勝ち抜くのは例年以上に厳しい戦いになりそうですが、幸運を祈りつつ応募しましょう。 また、体験航海以外にも、艦艇一般公開やシンポジウム、電灯艦飾やカレーフェスティバルなどさまざまなイベントが期間中に開催されるので、残念ながら体験航海の抽選に漏れてしまった場合でも決して楽しめないわけではありません。 さらに、観艦式乗艦券が当たるフォトコンテスト(応募期間:8月3日~31日必着)も開催されます。

次の

よくある質問:令和元年度自衛隊観艦式

観艦式 倍率

茨城:つくば• 茨城:ひたち・大洗• 茨城:水戸• 山梨:河口湖• 山梨:甲府・石和• 静岡:伊豆• 静岡:土肥• 群馬:富岡• 群馬:伊香保• 京都:洛中• 京都:洛南• 沖縄:南部• 沖縄:北部• 青森市• 長野:中野• 北海道:札幌• 山梨:北杜• 静岡:掛川• 石川:小松• 大分:別府• 大分:由布院• 佐賀:嬉野• 長崎:雲仙• 鹿児島:霧島• 鹿児島:桜島• 鹿児島:指宿• 熊本:阿蘇• 長野:諏訪• 茨城:鹿島• 茨城:佐原• 長野:武石• 佐賀:佐賀• 鹿児島:南薩• 鹿児島:鹿児島• 鹿児島:日置• 北海道:小樽• 福井:福井• 大分:佐伯• 大分:豊後• 鹿児島:中薩摩• 鹿児島:南薩摩• 大分:津九見• 大分:杵築• 茨城:潮来• 長野:長野• 静岡:河津• 群馬:みなかみ• 静岡:御殿場• 群馬:草津• 熱海・湯河原• 館林・前橋• 愛知:名古屋市内• 大阪:大阪• 奈良:奈良• 奈良:大和郡山• 滋賀:滋賀• 京都:洛北• 京都:洛西• 京都:宇治• 京都:伏見• 兵庫:神戸市内• 兵庫:淡路島• 兵庫:兵庫• 宮城:仙台• 長野:北部• 福岡:北九州• 和歌山• 三重・南紀• 岐阜:岐阜• 兵庫:姫路• 青森:十和田・奥入瀬• 沖縄:中部• 岡山:岡山• 新潟:十日市• 福島:福島• 茨城:茨城• 福岡:秋月• 山口:萩市• 茨城:土浦• 京都:嵐山• 長崎:佐世保• 長崎:長崎市• 福岡:久留米• 佐賀県:北部• 宮崎:高千穂• 三重県 近畿 この条件で検索.

次の