プロテイン おすすめ 筋肉。 高齢者向けプロテインのおすすめ3選と選び方の解説

プロテインは最強筋肉増強剤|おすすめの商品5選と飲むタイミング

プロテイン おすすめ 筋肉

私たち人間の体の大部分は、このたんぱく質と水分によってできているといっても過言ではなく、筋肉はもちろん、骨や内臓、血液、髪の毛、皮膚、爪など、体を構成する多くの部位がたんぱく質からできています。 しかし、スポーツや筋トレなど運動習慣のある方は、体を動かさない方よりもたんぱく質の損失量が多くなるため、より多くのたんぱく質が必要となるのです。 そこで活躍するのがプロテイン。 そもそもプロテインとは、英語で「たんぱく質」を意味する言葉ですが、現在は「プロテインパウダー」として広く認識されています。 プロテインパウダーは、水や牛乳などで溶いて飲むのが一般的です。 人間の体にとって重要な栄養素であるたんぱく質を、効率的に摂取できる物として広く用いられています。 1日に必要なたんぱく質の量ですが、体を動かす習慣がそこまでない方と、アスリートや筋肉をつけたい方とでは、大きく変わってきます。 まず、一般的な日本人が1日に必要なたんぱく質は、「摂取エネルギーの13~20%」が理想的といわれています。 推奨量としては、成人男性で1日60g、成人女性は1日50gほど。 また、「体重1kgに対してたんぱく質1g」という見方もあります。 一方、日常的に運動する方や筋肉をつけたい方、ボディメイクをしたい方の場合は、こうした一般的な量よりも多めにたんぱく質をとることが推奨されています。 目安としては、男女ともに「体重1kgに対してたんぱく質2g」程度。 例えば、体重50kgの方が筋肉をつけたい場合は、1日100gほどのたんぱく質が必要となります。 筋肉をつけたいからといって、「体重1kgに対して2g」のたんぱく質を食事だけでとるのは、意外とたいへんなもの。 たんぱく質の量を優先して食事メニューを決めると、余計な脂質やカロリーを摂取してしまうことにもなりがちです。 そこで活用したいのがプロテインです。 脂質やカロリーをできるだけ抑え、食事だけでは摂取しきれないたんぱく質をプロテインで補うことが、筋肉量を増やしたりボディメイクしたりする際の基本となっています。 また、筋肉をつけるだけでなく、体をしぼりたいという場合にも、プロテインは活用されています。 減量のための食事メニューでは、どうしてもたんぱく質が不足しがちとなるため、必要な筋肉も失ってしまうリスクがあります。 脂肪を落としつつ、できるだけ筋肉量や代謝をキープするためにも、プロテインによるたんぱく質の摂取は有効なのです。 まず、プロテインを飲むベストなタイミングは、筋トレと合わせて飲む方が多いことからもわかるように、「運動後30分以内」とされています。 これは、筋肉を構成するたんぱく質の合成が、運動を終えてから数時間のうちに最も活発に行われるため。 運動終了後は、できるだけ早めにたんぱく質を摂取することが効果的です。 運動後に摂取するたんぱく質の量は、「20~30g(体重1kgに対して0. 25~0. 4g)」が推奨されています。 1日分のたんぱく質の必要量を、一度にこのタイミングで摂取してしまわないようにしましょう。

次の

プロテイン(錠剤)おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!粉末が苦手ならタブレットはいかが?筋肉を増やす商品の選び方とは

プロテイン おすすめ 筋肉

筋肉づくりにはタンパク質が必要といわれていますが、なぜ必要なのでしょうか? 筋力トレーニングを行っている時は普段の生活をしている時に比べてエネルギーの消費が早く、体はエネルギー不足を感じると、筋肉を分解して必要なエネルギーにします。 せっかく増やした筋肉が減ってしまうのは困りますね。 トレーニング後から30分以内にタンパク質を摂取することで、筋肉の合成がスムースにすすみ、新しい筋肉がつくられやすくなります。 食事から摂るタンパク質には脂質が含まれていることが多く、吸収にも時間がかかることから筋力トレーニング直後の摂取という点では向いていません。 プロテインは、脂質や糖質を取り除いたタンパク質で、水に溶かすだけで摂取することができるため、トレーニング後の短い時間でも手軽に摂取することができます。 ただ、初心者の方が最初からハイスペックなものを選んでも、必ずしも理想的ではないかもしれません。 プロテインは、原料・価格・配合も商品によっては様々で、選び方が分かりにくいと思います。 ここでは初心者が失敗しないプロテインの選び方をご紹介します。 目的・原料の種類からプロテインを選んでみよう!!! プロテインの原料は大きく分けて3種類あります。 運動の目的によって原料から選ぶポイントは2つです。 筋肉をつけたい・筋肥大:ホエイプロテイン・カゼインプロテイン 詳しくはこちら• 従来カゼインはバターやチーズの原料となるため大変貴重な原料でしたが、タンパク質を構成しているアミノ酸組成や吸収スピードなどにおいてホエイが優れていることから、プロテインサプリメントとしてはホエイが圧倒的に優位に立っています。 逆にこれを利用して長い時間にわたって血中のアミノ酸濃度を高めるという目的で配合されたり、使われていたりしますので、サプリメントの原料としては少々上級者向けかもしれません。 当時の大豆は独特の大豆臭があるうえに、溶けが悪いという残念な特徴もあり、いまだにプロテイン=不味いと信じている人は、当時の大豆プロテインのマイナスの功績といってもいいかもしれません。 また大豆の原料メーカーの製造技術の進化により、独特の大豆臭や溶けの悪さという課題もほぼ克服されています。 詳しくはこちら 値段から選んでみよう!!! プロテインを習慣的に続けるためには、品質・内容・値段も気になりますね。 まずは、プロテインの純度によって2つのタイプから選んでみましょう。 WPCのホエイプロテイン タンパク質の純度が80%以下で値段は比較的にリーズナブル。 学生や大量に飲む人向き。 WPIのホエイプロテイン タンパク質の純度が90%前後で値段が高め。 上級者、お腹がゆるくなりがちな人、中高年の方、大量に飲む必要はない人向き。 タンパク質の純度 まずホエイプロテインの値段に関しては、その主要な根拠となるのが純度です。 つまりどれだけ精製されてタンパク質だけの状態にしているかの差です。 この精製にかかる費用は原料の値段にダイレクトに反映されていきます。 また外からは分かりにくいのですが、造粒という溶けをよくする加工をしてある場合もその分の加工費がかさみますから若干値段は高くなります。 WPCとWPIで見るプロテインの純度 少し専門的になりますが、ホエイプロテインの純度が80%以下の場合をWPCと呼び、90%前後の場合をWPIと呼んでいますが、値段の高いホエイプロテインは通常WPIでリーズナブルの価格のホエイプロテインはWPCです。 純度が低いからといって粗悪なプロテインという意味ではありません。 あくまでも原料は乳ですから、乳由来のタンパク質以外の成分が含まれているという解釈になります。 ただし、乳糖などのようにお腹がゴロゴロする成分も乳由来のものですから、そういった悩みをお持ちの方は上級者でなくともWPIを選ぶといいでしょう(ほぼ乳糖は含まれない状態になります)。 WPCは多少の乳糖は含みますから、大量に飲むと少しお腹がゆるくなるなどのケースは出てくるかもしれません。 また、タンパク質を何グラム摂取したかという目安は、純度を考慮に入れて考える必要があります。 例えばWPCのホエイプロテインを20g飲んだ場合、摂取するタンパク質の量は15g前後ということです。 そういった意味においては、純度によっては多少多めにプロテインを飲む必要がありますし、WPCのプロテインが安いからといってもその分たくさんの量を飲まなくてはなりません。 最近はWPHと呼ばれるホエイプロテインを加水分解してホエイペプチドにしたものもあります。 この場合は、プロテインとアミノ酸の中間的な存在で、通常のプロテインよりも更に吸収スピードが速くなるなどのメリットがありますが、値段もWPI以上に高くなることが多く、どちらかといえば上級者向けといえるでしょう。 グラム単価 最後に意外に気が付かれないのがグラム単価という発想です。 一袋(一缶)幾らという見方をしがちですが、その一袋が1㎏なのか900gなのか、中にはもっと中途半端なグラム数の商品も見受けられます。 値段の高い安いはグラム単価で比較しなくては意味がありませんので、要注意かもしれません。 配合から選んでみよう!!! プロテインの摂取シーン・トレーニング内容によって配合から選ぶポイントは3つあります。 糖質メインのプロテイン ウエイトトレーニング直後・持久系トレーニング(ランニング)向け。 糖質とタンパク質の比率が4:1や3:1など、エネルギー源となる糖質がメインとなっているプロテイン。 「ウエイトアップ」「ウエイトゲイナー」などの名前がついていることが多い。 糖質とタンパク質が同比率 補食や間食として取り入れる人向け。 糖質とタンパク質の比率が約1:1。 ミールリプレイスメントとして呼ばれることが一般的。 タンパク質のみ 食事の補助として不足しているタンパク質のみを補いたい人向け。 糖質を配合していない。 「ホエイプロテイン」「大豆プロテイン」 プロテインに配合されているタンパク質以外の主な栄養素は「マルトデキストリン」という糖質が一般的です。 ビタミンやミネラルも大半のプロテインに配合されていますが、配合量は微量です。 目的や効果に合わせてプロテインの配合や成分表示も確認して使用してみましょう。 マルトデキストリン マルトデキストリンとはでんぷんを加水分解して作る糖質で、速過ぎず遅からずの適度な吸収スピードをもつため、エネルギーの補充に適しています。 このマルトデキストリンを配合してあるプロテインも一つのカテゴリーを形成しています。 つまりこのタイプのプロテインの場合は、身体の材料となるタンパク質のみならずエネルギー源が同時に摂取出来るということになります。 ライフスタイルに合わせて上手に活用しましょう プロテインは初心者の方にとっても、効率よくボディメイクのお手伝いとなる食品です。 決して魔法の粉ではありませんが、上手に活用すればライフスタイルにも好影響を与えることができるはずです。 日常生活にプロテインを取り入れてみてはいかがでしょうか。 おすすめ商品.

次の

これが人気の筋肉増強サプリ!おすすめは「バルクアップHMBプロ」

プロテイン おすすめ 筋肉

最近ではアスリートやウェイトトレーニング(筋トレ)をする人だけでなく、身体作りの一環として「プロテイン」を飲む機会が増え、コンビニやドラッグストア、ネットショップなど手軽に入手できるようになってきました。 それでも「プロテインがおいしくない」「いつ、どのタイミングで飲むのか」など疑問を持ちながら飲んでいる人も多いそう。 そこで、tvk(テレビ神奈川)の『猫のひたいほどワイド』水曜日レギュラーとして活躍しているイケメン筋肉俳優であり、自身も筋トレ愛がかなり強めな朝日奈寛さんに協力してもらい、11種類もの味を飲み比べしました! はたして朝日奈さんが選んだ「おいしいプロテイン」ベスト3とは。 さらに素朴な疑問をすべて解決するため、管理栄養士の深野祐子先生に筋トレやダイエットなど目的別に、おすすめのプロテインの選び方や飲み方も聞きました。 はたして朝日奈さんのプロテインの飲み方は、正しかったのでしょうか? あわせて読みたい: 筋トレを愛してやまない俳優・朝日奈寛とは? 朝日奈さんは、今年23歳の俳優さんです。 高校のサッカー部時代に筋トレを始め、21歳から本格的にジム通いをスタート。 俳優をはじめたころは、筋肉をつけすぎるのはよくないと、たびたび事務所からストップがかかったこともあったとか。 プロテインはトレーニングと並行して、19歳からほぼ毎日飲み続けている強者。 はじめはただ手当たり次第に飲んでいましたが、筋トレにのめり込むうちに、だんだんとプロテインの知識がついてきました。 現在、筋肉に関する知識の説得力をつけるために、今後トレーナー資格取得を目指し、勉強中。 朝日奈さんの筋肉への愛はますます加速しそうです。 11種類のプロテインを試飲! さっそく、プロテインがたくさん試飲できるスーパースポーツゼビオ調布東京スタジアム前店の2階にあるサプリメントコーナーにやって来ました。 試飲してもらう前に朝日奈さんがふだん飲んでいるプロテインについて聞きしました。 「最強は『DNS ホエイ100シリーズ』。 もうこれ一筋って感じですね。 味や溶けやすさ、栄養面から見てもベストなプロテインだと思います! 量が多くてコスパがいい『マイプロテインシリーズ』も飲んだんですけど、やっぱりDNSシリーズに戻りますね(笑)」(朝日奈) 店内にも『DNS ホエイ100シリーズ』がたくさん。 朝日奈さんが飲んだことない味もあるそうで、豊富なプロテインに囲まれテンションも上がってきたようです。 全種類の飲み比べをしてもらえそうな勢いでしたが、管理栄養士の深野先生からプロテインを飲むときの注意事項をお聞きしたことを思い出しました。 【プロテインを飲むときの注意事項】 ・肝臓や腎臓に負担がかかってしまうため、一度にプロテインを大量に飲むのはNG ・1回あたりの食事やプロテインでのタンパク質摂取は20~30gが目安 ・トレーニング目的や方法によって変わるので自分に合った量を知ること 【1日に必要なタンパク質量の個別目安】 [なにも運動していない人]体重1kgあたり0. 8~0. 9g(体重60㎏の人なら48~54g) [フィットネスなど軽い運動をしている人]体重1kgあたり1. 2~1. 5g(体重60㎏の人なら72~90g) [筋肉をつけたい人/体重を増やしたい人]体重1kgあたり2gが必要摂取量(体重60㎏の人なら120g) ふむふむ、一度にたくさん飲めばいいというものではないんですね……。 てっきり、飲めば飲むほど筋肉になると勝手に思い込んでいましたが、それはかなり危険な考え方だったようです。 ということで、ぜんぶの飲み比べをするのはさっさと諦めて10種類選ぶことに。 ゼビオのプロテイン売り場スペシャリスト古田和彰さんに、朝日奈さんのトレーニング方法やプロテインの好みを聞きながら厳選してもらいました。 しかも古田さんは陸上110mハードルを専門に活躍する、ゼビオ所属の現役アスリート! 普段からプロテイン選びを手伝っているそうです。 古田さんから各プロテインの特徴を聞きながら、プロテインを真剣に吟味してくれました。 いよいよ朝日奈さんが選んだ「プロテインベスト3」を発表 小さなカップで11種類のプロテインを飲み終えた朝日奈さん。 11種類も飲んだので、悩むかと思いきや、ベスト3を聞くと即答してくれました! まず第3位! 「プロテインホエイ100トロピカルマンゴー風味(DNS)」 朝日奈:マンゴー味が強く、プロテイン独特な味や匂いを感じないのでかなり飲みやすいです。 いつもの安定さを感じます(笑) 古田:最近、DNSシリーズはパッケージや味の名称が変わり、味や成分も若干ですが変化しました。 でもDNSの商品をいつも飲まれているとお聞きしたので、これは朝日奈さんがたぶん好きなタイプだなと。 水で溶かすだけでおいしく、味がしっかりついたプロテインです。 続いて第2位! 「EX04 WORKOUT プロテインWPI WHEY100 フルーツミックス風味(EXFIGHT)」 古田:これは、EXILE が所属する「LDH」とプロテインブランドの「アルプロン」のコラボ商品で、そのなかのスタンダードなものです。 このプロテインは実際に飲んで驚かれる方が多いんですけど……、いかがでしょう? 朝日奈:おいしい! のどごしもよくてフルーツジュースのような感覚です。 柑橘系の甘さもあってめっちゃ飲みやすいです! 古田:タンパク質の含有量が多いこと、製法が良く不純物が少ないので少しの水でも溶けやすいのが特徴です。 少しの水で溶けるということは、吸収率が高くなるのですごいメリットなんです。 朝日奈:水が少なく済んで、溶けやすいのはうれしいですね。 ふだん飲んでいるDNSではないものが上位にくるなんて、驚きです! そして栄えある第1位は、 「プロテインホエイ100抹茶風味(DNS)」 古田:この抹茶味は飲みやすさから人気商品なんです。 ご購入される方も多いですね。 朝日奈:これめっちゃおいしい……!! 初めて飲んだんですけど、ダントツの1位ですね……! 甘さもちょうどよくクリーミーで、カフェで飲むような抹茶ラテに近いですし、これなら無理なく続けられそうです。 古田:実はいろんなプロテインのなかで僕も1番おいしいと思った商品です(笑)。 新しい味を体験してもらって、それが1位とは紹介したかいがありました! 1位に選んだ抹茶風味。 確かにひと口飲んだ瞬間、朝日奈さんから笑みがこぼれていました。 撮影終了後も古田さんと筋トレやプロテインについて語り合い、熱心に吟味していました。 真剣にプロテインを選んでいる姿からは、筋トレ愛があふれていました! トレーニング後に飲むと良いのはどれ? 専門家に聞いてみた プロテインを飲み続けるためには味も大切ですが、栄養面からみるとどうなんでしょうか。 深野先生にも今回選んだ11種類のプロテインから、トレーニング後の筋力アップを目的としたプロテインをピックアップしてもらいました。 プロテインを飲むタイミングや注意点は? 飲みやすさと栄養面から最強のプロテインが決定したところで、自分でプロテインを選ぶときのポイントや飲むタイミング、注意点を深野先生と朝日奈さんに聞いてみました。 有酸素運動はほとんどしないので、ウエイト系のトレーニングに合ったものを選んでますね。 深野:さすが朝日奈さん、よくご存じですね! プロテインは目的別で選ぶことをおすすめしています。 一緒に摂ると効果がアップするんです。 ただ、ほとんどのプロテインに糖質が含まれているので、追加でなにか飲む必要はありません。 飲むタイミングによってプロテインを変えましょう。 まとめるとこうなります。 《プロテインを飲むタイミング》 [運動後30分以内]吸収の早い「ホエイプロテイン」 [就寝前、朝食や間食]吸収がゆっくりで、持続性のある「ガゼインプロテイン」「ソイプロテイン」 《プロテインを飲むときの注意点》 ・一日に必要なタンパク質の量をチェックして、食事で補えない分を前述の《プロテインを飲むタイミング》を参考に摂取するようにしましょう。 ・朝食は体づくりのキホンなので抜くのはNG。 朝食にプラスするかたちで摂取しましょう。 ・たんぱく質をたくさん摂取しなければならない人は、間食にも利用するようにして、そのほかの人は摂りすぎに注意しましょう。 朝日奈:僕はプロテインを飲むときは水だけで割っています。 飲みやすくするために牛乳で割る人もいるとは思うんですけど、僕はあまりしないですね。 牛乳は脂肪分が多いので、プロテインの良さが半減しちゃうかなって。 でも、吸収をゆるやかにするためにあえて割るのもアリだと思います。 深野:たしかに牛乳は脂肪分が多いので気になる方は低脂肪のものを取り入れるのもいいかもしれません。 タンパク質は一度に大量に摂取せずこまめに体へ補給すること、体づくりのための休養をとることが重要です! プロテインを選ぶとき・飲むときの注意点を忘れずに、読者のみなさんも自分に合ったプロテインを見つけましょう。 どうしても始めるのに不安があれば、プロテインの飲み比べができるスーパースポーツゼビオでプロに相談してみるのもいいかもしれません。 目的、飲みやすさ、栄養素から自分が続けやすいものを見つけて、正しくプロテインを飲んで健康的な体づくりを目指しましょう。 [プロフィール] 朝日奈寛(あさひな・ひろし) 1996年5月11日生まれ。 東京出身。 特技は筋トレ、サッカー、太鼓、水泳など。 鍛え上げられた筋肉が美しい、アスリート系俳優。 2016年Amazonプライムビデオ『仮面ライダーアマゾンズ』で演じた前原淳役(仮面ライダーアマゾンシグマ)が話題となり、2017年『新成人アワード』メンズ部門2位を受賞。 現在、tvkの『猫のひたいほどワイド』に毎週水曜日12:00~13:30レギュラー出演するなど、俳優以外でも活動の幅を広げている。 [監修者プロフィール] 深野祐子(ふかの・ゆうこ) 管理栄養士・ジョギングインストラクター。 Japanマラソンクラブでインストラクター兼フードアドバイザーとして市民ランナーに向け走り方の指導や食事の指導を行う。 【Japanマラソンクラブ公式サイト】 [取材協力] ・スーパースポーツゼビオ調布東京スタジアム前店 <Text:山本有怜子(アート・サプライ)/Photo:小島マサヒロ>.

次の