知ら なく て いい コト 尾高。 知らなくていいコト尾高の妻(みほ)役は原史奈!ケイトと修羅場直接対決か?

知らなくていいコト:“尾高”柄本佑&“ケイト”吉高由里子のハグが話題 「身長差的にも最高」の声

知ら なく て いい コト 尾高

「知らなくていいコト」第7話より。 尾高(柄本佑)とケイト(吉高由里子) - (C)日本テレビ ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系・毎週水曜よる10時~)のカメラマン・尾高由一郎役で女性を中心に熱い注目を浴びる。 今週末公開の映画『』(2月21日公開)でも人妻を翻弄するモテキャラを演じる彼の、女性をとりこにする色香に迫ってみた。 第6話までのストーリーに触れています) 「知らなくていいコト」は、有能な週刊誌記者・真壁ケイト()の慌ただしい日常を、自身の父親が無差別殺人犯かもしれない秘密と共に追う物語。 柄本は、ケイトの元恋人でフリーランスの動物カメラマン・尾高を演じている。 今は妻子がいるが、ケイトが同僚の野中()に婚約破棄されてからというもの、ふさぎがちな彼女を気にかけていた。 一方、ケイトもそんな尾高の優しさに触れ、かつて尾高を捨てて野中を選んだ過去を後悔するように。 そうして2人は徐々に接近し、先週放送の第6話ラストでは急展開を迎えた。 [PR] 柄本演じる尾高は、元は報道カメラマン。 無差別殺人を犯したとされる乃十阿()を追っていたが、ケイトの亡き母・杏南()からケイトの父親が乃十阿であることを打ち明けられ、乃十阿を追うことをやめてほしいと懇願された経緯があった。 衝撃展開を迎えた第6話(C)日本テレビ 第3話ではケイトと車中で初めてのキスをした回想シーン、第5話では弱みを見せ抱きついてきたケイトの頭を優しくなでるシーン。 いずれも尾高の包容力ある大人の色香が際立つシーンだったが、第6話ではかろうじて踏みとどまっていた彼に変化が。 「俺の心の中にはいつもケイトがいる。 ケイトを思わない日はない」とケイトに胸中を明かし、「こうやって正直に言葉にすれば踏みとどまれると思ったんだけど……」と迷いながら、お互いに言い聞かせるかのように「踏みとどまろう」の一言。 しかし、次の瞬間にはまさかの行動に出て、この衝撃的な場面に視聴者から「キュンキュンする」「尾高さん尊い」「明日からも生きていける」と興奮のリアクションが寄せられている。 [PR] 第6話でマックスに達した尾高とケイトの思いが、どのように展開していくのか。 そんな2人の思いに比例するかのように、嫉妬を募らせていく野中の動向も気になるところ。 映画『Red』(2月21日公開)より。 ヒロインの人妻・塔子(夏帆)と、同僚の小鷹(柄本)(C)2020『Red』製作委員会 柄本の魅力が際立つ恋愛モノといえば、『』『』(いずれも2018)『』(2019)といった映画もあるが、新作『Red』でも色香たっぷりのキャラクターに。 直木賞作家・の恋愛小説を、『』などの監督が映画化した本作では、自身の欲望にふたをして生きている主婦・塔子()を翻弄する小鷹役に。 女性慣れしていて鋭い彼は、塔子が入社してくるなり無遠慮に接近し、塔子とかつての恋人・鞍田()の関係を見抜き、歯に衣着せぬ物言いで塔子を揺さぶる。 強引だがニクめない生粋のモテキャラを、柄本は「小鷹は、鞍田とは対照的に、喋りもうまく、コミュニケーション能力も高く、世の中を渡っていく上での術を割としっかり持っていて、クレバーな人の印象を受けました。 だから恋愛でも、たぶん行き過ぎない70点くらいを出し続けるような奴なのかなと思います(笑)」と分析している。 (編集部・石井百合子).

次の

知らなくていいコト/尾高(柄本佑)がかっこいい!車や結婚・奥さんは?

知ら なく て いい コト 尾高

ドラマ「知らなくていいコト」最終回の感想、ネタバレ、考察を含む内容をご紹介します。 登場人物の関係がわかる相関図をまとめていますので、整理してみたいという方はこちらをチェックしてみてください。 それではドラマ「知らなくていいコト」最終回の感想、ネタバレや考察、感想を紹介していきます。 PR 目次• ドラマ 知らなくていいコト 最終回 インスタ 知らなくていいコト公式インスタより。 ドラマ 知らなくていいコト【第10話最終回】あらすじネタバレ 30年前、乃十阿(小林薫)は当時3歳だった息子をかばっているのではないか? その可能性を知ったケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子を追ってドイツへ向かう。 ドイツで乃十阿の息子・聡と会ったケイトだが、そこに居合わせた聡の妻と子どもを見て何も聞くことができずに帰国する。 ドイツから戻ったケイトは、岩谷(佐々木蔵之介)から、手記の中で事件の真相を暴くように促される。 乃十阿が貫いてきた秘密を暴いてしまうことにどうしても踏み切れないケイトに対し、岩谷は編集部で調査してでも記事を書くと言い出す。 編集部の総力を結集して事件の裏取りが行われ、弁護士の仮説を裏付けるような証拠が次々と見つかる。 そして、事件の発端となったキャンプは、乃十阿の妻が、乃十阿の浮気を知り、夫婦関係を修復するために企画したものだったということも判明する。 自分の存在があの事件を引き起こしてしまったことを知り動揺するケイト。 記事を書くか迷うケイトだったが、尾高の言葉に後押しされて記事を書くことを決意する。 一方、尾高は、妻との離婚を決意し、ケイトに改めて結婚を申し込む。 しかし、子どもへの愛情を捨ててしまう尾高を好きにはなれないと断ってしまう。 その夜、尾高が家に帰ると、離婚届とともに息子の壮太が一人で置き去りにされて泣いていた。 そんな中、行方をくらましていた野中(重岡大毅)が編集部にやってきて退職届を提出する。 その場で、自分がケイトを週刊誌に売ったことを謝罪するが、殺人犯の娘ではなかったことを知らされ、自分は何のためにケイトと別れたのかと発狂しながら編集部を追い出される。 ケイトが書き上げた記事は、出版の直前になって社長の反対があり、結局、出版されることはなくなってしまう。 ケイトは、自分が書いた記事を乃十阿に見せ、その場で読んでもらう。 返事はもらえなかったが、ケイトの「乃十阿は娘を殺人犯の娘にしたくなかったと思う。 世の中には知らなくていいコトがある」という思いを伝えることができた。 そして3年後、野中は「闇落ちする亀」で30万部のベストセラー小説家となっていた。 ケイトは今も編集者として働き、尾高は子どもとともに暮らしているのだった。 PR ドラマ 知らなくていいコト【第10話最終回】動画 第10話最終回の予告動画です。 ドラマ 知らなくていいコト 第10話 最終回 感想ネタバレ考察 最終回の放送をうけて、感想ネタバレ考察をします。 広告 ケイトと尾高が別れてしまうことは想像できましたが、別れ方がかなりエグイ別れ方で想像の斜め上でしたね。 まさか、尾高の嫁が、子どもを置き去りにして家を出て行ってしまうとは思いませんでした。 最終回には出演がありませんでしたが、原史奈さん演じる尾高嫁は、良い人そうだったので、不倫されて可哀そうだなと思っていたんですが、彼女もまあまあの鬼畜だったということですね。 今回のドラマは、離婚や不倫を肯定もせず否定もせず、ただ真実を追い求めるというだけ、ということだったのかもしれませんが、やっぱり、男女二人の関係だけではすまないのが子どもも絡む離婚でしょう。 被害者である子どもがかわいそうだというのが率直な感想で、それが家族間の問題で他人が口出しするものではない、と言われてしまうことにはどうしても違和感があります。 あの晩、あのままケイトが尾高を受け入れていて、尾高が家に帰らない日が続いていたら、もしかしたら子どもは死んでいたかもしれず、それって殺人になってしまった可能性もあったわけですし。 まあ、尾高はケイトと一緒にならず、子どもと生きていくことを選んだという結果オーライということで良しとしておくしかないでしょうね。 一方、あれだけゲスで最低な行動を続けていた野中が、最後には人生大逆転勝利で終わりましたね。 これはある意味、真実を追い求めることだけが正しいことではないということを伝えたかったということなのかなと思いました。 逆に言うと、真実や正しいことを行うことは、それだけ辛いコトであり、難しいコトであり、それだけに意義のあることなのだということを言いたかったのかもしれません。 ただ、あれだけ賞賛されていた尾高が最後にどん底に落とされ、野中が大勝利してしまうという衝撃の展開にネットはざわついていたことは言うまでもありません。 ある意味、「テセウスの船」や「シロクロパンダ」などよりも衝撃のラストだったのではないでしょうか。 ドラマ 知らなくていいコト 第10話最終回 見逃し無料動画配信 Huluで見逃し動画の配信があります。 見逃してしまったけど、これだけは見ておきたい! ということであればぜひチェックしてみてください。 広告 ドラマ 知らなくていいコト 関連情報まとめ 過去の放送回や関連情報をまとめました。 出演者情報などをご紹介します。 広告 tetsutylor.

次の

ドラマ『知らなくていいコト』最終回ネタバレあらすじ!尾高からのプロポーズにケイトの返事は?

知ら なく て いい コト 尾高

ドラマ「知らなくていいコト」最終回の感想、ネタバレ、考察を含む内容をご紹介します。 登場人物の関係がわかる相関図をまとめていますので、整理してみたいという方はこちらをチェックしてみてください。 それではドラマ「知らなくていいコト」最終回の感想、ネタバレや考察、感想を紹介していきます。 PR 目次• ドラマ 知らなくていいコト 最終回 インスタ 知らなくていいコト公式インスタより。 ドラマ 知らなくていいコト【第10話最終回】あらすじネタバレ 30年前、乃十阿(小林薫)は当時3歳だった息子をかばっているのではないか? その可能性を知ったケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子を追ってドイツへ向かう。 ドイツで乃十阿の息子・聡と会ったケイトだが、そこに居合わせた聡の妻と子どもを見て何も聞くことができずに帰国する。 ドイツから戻ったケイトは、岩谷(佐々木蔵之介)から、手記の中で事件の真相を暴くように促される。 乃十阿が貫いてきた秘密を暴いてしまうことにどうしても踏み切れないケイトに対し、岩谷は編集部で調査してでも記事を書くと言い出す。 編集部の総力を結集して事件の裏取りが行われ、弁護士の仮説を裏付けるような証拠が次々と見つかる。 そして、事件の発端となったキャンプは、乃十阿の妻が、乃十阿の浮気を知り、夫婦関係を修復するために企画したものだったということも判明する。 自分の存在があの事件を引き起こしてしまったことを知り動揺するケイト。 記事を書くか迷うケイトだったが、尾高の言葉に後押しされて記事を書くことを決意する。 一方、尾高は、妻との離婚を決意し、ケイトに改めて結婚を申し込む。 しかし、子どもへの愛情を捨ててしまう尾高を好きにはなれないと断ってしまう。 その夜、尾高が家に帰ると、離婚届とともに息子の壮太が一人で置き去りにされて泣いていた。 そんな中、行方をくらましていた野中(重岡大毅)が編集部にやってきて退職届を提出する。 その場で、自分がケイトを週刊誌に売ったことを謝罪するが、殺人犯の娘ではなかったことを知らされ、自分は何のためにケイトと別れたのかと発狂しながら編集部を追い出される。 ケイトが書き上げた記事は、出版の直前になって社長の反対があり、結局、出版されることはなくなってしまう。 ケイトは、自分が書いた記事を乃十阿に見せ、その場で読んでもらう。 返事はもらえなかったが、ケイトの「乃十阿は娘を殺人犯の娘にしたくなかったと思う。 世の中には知らなくていいコトがある」という思いを伝えることができた。 そして3年後、野中は「闇落ちする亀」で30万部のベストセラー小説家となっていた。 ケイトは今も編集者として働き、尾高は子どもとともに暮らしているのだった。 PR ドラマ 知らなくていいコト【第10話最終回】動画 第10話最終回の予告動画です。 ドラマ 知らなくていいコト 第10話 最終回 感想ネタバレ考察 最終回の放送をうけて、感想ネタバレ考察をします。 広告 ケイトと尾高が別れてしまうことは想像できましたが、別れ方がかなりエグイ別れ方で想像の斜め上でしたね。 まさか、尾高の嫁が、子どもを置き去りにして家を出て行ってしまうとは思いませんでした。 最終回には出演がありませんでしたが、原史奈さん演じる尾高嫁は、良い人そうだったので、不倫されて可哀そうだなと思っていたんですが、彼女もまあまあの鬼畜だったということですね。 今回のドラマは、離婚や不倫を肯定もせず否定もせず、ただ真実を追い求めるというだけ、ということだったのかもしれませんが、やっぱり、男女二人の関係だけではすまないのが子どもも絡む離婚でしょう。 被害者である子どもがかわいそうだというのが率直な感想で、それが家族間の問題で他人が口出しするものではない、と言われてしまうことにはどうしても違和感があります。 あの晩、あのままケイトが尾高を受け入れていて、尾高が家に帰らない日が続いていたら、もしかしたら子どもは死んでいたかもしれず、それって殺人になってしまった可能性もあったわけですし。 まあ、尾高はケイトと一緒にならず、子どもと生きていくことを選んだという結果オーライということで良しとしておくしかないでしょうね。 一方、あれだけゲスで最低な行動を続けていた野中が、最後には人生大逆転勝利で終わりましたね。 これはある意味、真実を追い求めることだけが正しいことではないということを伝えたかったということなのかなと思いました。 逆に言うと、真実や正しいことを行うことは、それだけ辛いコトであり、難しいコトであり、それだけに意義のあることなのだということを言いたかったのかもしれません。 ただ、あれだけ賞賛されていた尾高が最後にどん底に落とされ、野中が大勝利してしまうという衝撃の展開にネットはざわついていたことは言うまでもありません。 ある意味、「テセウスの船」や「シロクロパンダ」などよりも衝撃のラストだったのではないでしょうか。 ドラマ 知らなくていいコト 第10話最終回 見逃し無料動画配信 Huluで見逃し動画の配信があります。 見逃してしまったけど、これだけは見ておきたい! ということであればぜひチェックしてみてください。 広告 ドラマ 知らなくていいコト 関連情報まとめ 過去の放送回や関連情報をまとめました。 出演者情報などをご紹介します。 広告 tetsutylor.

次の