久保 一孝。 女子高校生とSEX 熊本県立東稜高校教師・久保一孝先生(43歳) 懲戒免職 [485983549]

色んな社労士さんがいるものであります。どこからそんなにエネルギーが沸いてくるのでありましょうか・・・私のような軟弱な社労士は、明日は明日の風が吹く~・・・

久保 一孝

新型コロナウイルスの影響で、マスクも品切れ。。 医療資源のフェイスシールドも不足しているそうです。 そこでこちらの記事では身近にあるものやダイソーなどの100均で購入可能な材料で簡単にコロナウイルス対策用のフェイスシールド ガード が作れる方法をご紹介していきます。 簡単な作り方の動画や材料についていくつかまとめてみました。 あなたもマスクだけでは防げないといわれている部分をしっかりガードしてくれるフェイスシールドを隙間時間にぜひ作成してみてください! 家にある材料ですぐに作成可能なものもあります。 これからの暑い時期も重宝すると思います。 ダイソーなど100均で売ってる材料で!超簡単フェイスシールド 調べた中で一番簡単だと思いました! はじめにまずはこちらからお試しください。 100均のプラバンで簡単フェイスガード 高須クリニック院長の高須克弥さん。 コロナについてTwitterでもよく発言されていますよね。 そんな中、高須克弥さんはDr中松氏が発明した「SUPER M. N」というフェイスガードを愛用しています。 これもTwitterで発信されていました。 高須クリニックより拝借 医療用のフェイスシールド トヨタも手掛けています これからすると オバサマ達の日除けバイザーが良いかも知れませんね — ITOYO ITOYO13 高須さんが、クリアファイルとゴムひもだけあれば作れますとツイートしていました。 簡単な材料でできるのはいいですよてね。 動画はこちらをご参考ください。 高須院長がフェイスシールドをつけはじた時は、世間の反応も変人扱い?のような感じでしたが、最近はこのフェイスシールドの着用も当たり前になりそうな雰囲気ですよね。 材料は? すべて100均で売っています。 ・A4のプラバン 透明の下敷きでもOK ・戸当たりテープ ・ゴムベルト マジックテープつき 道具は? ・はさみ ・ホチキス 道具に関しても間違いなくご家庭に既にあるものですよね。 フェイスシールドの作り方は? 作り方も簡単なのですぐに作れます。 まずは、ゴムベルトを半分に切ります。 プラバンか透明下敷きの両端にゴムベルトをホチキスで留めます。 ホチキス留めでいいのは簡単で楽チンですよね。 戸当たりテープをプラバンの横の長さに合わせて3枚に切ります。 ゴムベルトをつけた端に戸当たりテープ3枚を重ねて貼る。 感想 確かにめちゃくちゃ簡単でした。 これなら材料さえあれば短時間に家族分作れそうです。 なんかお子さん達もマスクつけるよりこれの方が外さないだろうし喜びそうかな?と感じました。 簡単そうですよね。 作り方や材料についてみていきましょう。 材料は? ・クリアファイル 道具は? ・はさみ ・カッターナイフ フェイスシールドの作り方は? まずはクリアファイルと型紙を用意します。 型紙は1度ダウンロードしていきましょう。 型紙にメガネを通す穴を開けていきます。 型紙の穴に沿ってカッターで穴を開けます。 自分の眼鏡のテンプルをシールドに開けた2つの穴に差したら出来上がりです。 感想 これは材料がクリアファイルだけというのが最高です。 ゴム紐など買いに行かなくても、家にあるクリアファイルだけでその場ですぐに出来ちゃいますよね。 お洒落!A4のカードケースやすきまテープでフェイスシールド! ANAのフェイスシールドが話題になりました。 グランドスタッフさんが一生懸命作られていました。 お洒落で素敵な方がつけると、真似してしまいたくなってしまいます。 こちらのフェイスシールドも簡単に出来ます。 ANAのGS佐伯麻帆さん発案の簡単フェイスシールド! なんかお洒落ですよね。 【ANAスタッフがフェイスシールド製作】 新型コロナによる航空機の減便を受け、ANAのグランドスタッフが時間を活用して製作。 クリアファイルやひもなど手に入りやすい材料を用いています。 動画はこちらをご覧ください。 簡単でビックリしました。 材料は? ・A4のラミネートフィルム2枚 ・太目の紐 材料も少なくて済むのでいいですよね。 道具は? ・穴あけパンチ ・サインペン ・はさみ ・定規 ・ラミネーター(ラミネートフィルムでもOK) フェイスシールドの作り方は? 動画を参考にラミネートフィルムをカットする線を定規とサインペンで描いていく。 その通りにはさみでカットしていく。 ラミネートフィルムを開いて、内側ののりがついている方を外側にします。 そして重ね直します。 もう一つのラミネートフィルムを開いて、重ね直したものを、角と2つの側面を合わせて挟んでいきます。 ラミネーターでラミネートしていきます。 中に挟んだラミネートフィルムの曲線の少し外側を、はさみで切ります。 角になっているところは危ないのでハサミで角をとります。 動画を見ながら穴あけパンチで穴をあけて紐を通して出来上がりです。 材料は? ・A4のラミネートフィルム1枚 ・綴り紐2本 道具は? ・穴あけパンチ ・サインペン ・はさみ フェイスシールド作り方は? 動画をご参照ください。 個人的に考案!超絶簡単なフェイスシールド! これまでのフェイスシールドを参考に個人的に創作してみました。 といっても、100均で手に入る材料で、 製作時間0分! 材料は? ・クリアファイル ・アイマスク 作り方は? 一瞬です。 クリアファイルにアイマスクをつけるだけです。 感想 家族には、頭にブラつけてると笑われましたが、、 かなり簡単に出来るのでおすすめします。 その他、クリアファイルのみでフェイスシールドを作る方法もご紹介しています。

次の

スーパーティーチャー

久保 一孝

ハイドレート [ハイドレート工学分野] ハイドレート [ハイドレート工学分野] 研究紹介(ハイドレート研究室) 天然ガスハイドレートは、将来のエネルギー資源として、また一方では地球環境問題(メタンは温室効果ガス)の観点から注目されている物質です。 ハイドレート研究室()は、天然ガスハイドレートに関する研究を進めています。 バイカル湖(ロシア)やオホーツク海、日本海(特にサハリン島沖や北海道沖)における海底・湖底調査を継続しており、天然ガスハイドレートの産状について調べています。 また、実験室内での人工ガスハイドレート生成実験を通じて、結晶物性や生成条件などに関する理解を深めています。 担当教員 ( 教授) はこちら はこちら はこちら 主な研究テーマ 天然ガスハイドレートのガス組成および安定同位体分析 天然ガスハイドレートのゲストガスはメタンを主成分とし、エタンやプロパン、硫化水素などが含まれます。 これらのガス組成、および炭化水素ガスの炭素・水素安定同位体比から、ガス起源に関する情報を得ることができます。 ガスクロマトグラフおよび安定同位体比質量分析装置でバイカル湖・サハリン島沖の天然ガスハイドレートのゲストガスを調べた結果、堆積層表層の微生物起源メタンが主体であり、地点によってはエタン・プロパン濃度のやや高い熱分解起源ガスが堆積層深部から供給されて、表層型ガスハイドレートを形成していることがわかりました。 バイカル湖の天然ガスハイドレート採取地点とメタン安定同位体比 混合ガスハイドレートの熱分析 ガスハイドレートを分解させるのに必要な熱量(解離熱)は、同じ重量の氷の融解熱より大きく、メタンハイドレートの解離熱は氷の融解熱の約1. 3倍です。 天然ガスは混合ガスであり、ガス組成によってハイドレートの結晶構造や物性は大きく変化します。 ところが、混合ガスハイドレートの解離熱はほとんど調べられていません。 ハイドレート研究室では、ガスハイドレート研究に特化した熱量計を用いて、メタン・エタン系、メタン・プロパン系、メタン・硫化水素系の混合ガスハイドレートの解離熱測定を進めてきました。 (左)サハリン島沖天然ガスハイドレートの熱分析結果 (右)メタン・エタン系混合ガスハイドレートの解離熱 ガスハイドレートのラマン分光分析 ラマン分光分析装置を用いると、ガスハイドレートのゲストガス(水分子でできたカゴに入っているガス分子、メタンなど)に関する情報が得られます。 資源量推算に関わる重要な数値であるメタンハイドレートの水和数(ガスハイドレートを構成する水分子・ガス分子のモル比)は、ラマンスペクトルの面積から求めることができます。 また、ラマンスペクトルのピーク位置の違いから結晶構造の変化を知ることも可能です。 エタンに富むバイカル湖ガスハイドレートのラマンスペクトル 積雪およびガスハイドレートの比表面積(SSA)測定 約15年前にフランスで開発されたメタン吸着式のSSA測定装置は、ハイドレート研究室で大幅に改良され、小型化・少労力化に成功しています。 本来は、積雪のアルベド(反射率、雪氷圏では極めて重要)の決定要因である積雪SSAを直接測定するのが目的ですが、この装置はガスハイドレート研究にも応用可能です。 メタンハイドレートの表面では、極めて微細な凹凸の存在が電子顕微鏡で観察されているのに対し、メタンハイドレートのSSA測定値は比較的小さい、という結果が得られています。 (左)メタンハイドレート表面の電子顕微鏡写真 (右)自作の比表面積(SSA)測定装置 主な研究業績 学術論文(査読付)• Kim, J. , A. Hachikubo, M. Kida, H. Minami, D. Lee, Y. Jin, J. Ryu, Y. Lee, J. Hur, M. Park, Y. Kim, M. Kang, S. Park, M. Chen, S. Kang, S. Kim: , Journal of Natural Gas Science and Engineering, 76, 103223, 2020. Manakov, A. , O. Khlystov, A. Hachikubo, H. Minami, S. Yamashita, A. Khabuev, A. Ogienko, A. Ildyakov, G. Kalmychkov, T. Rodionova: , Journal of Structural Chemistry, 60 9 , 1437-1455, doi: 10. Yamaguchi, S. , M. Ishizaka, H. Motoyoshi, S. Nakai, V. Vincent, T. Aoki, K. Yamashita, A. Hashimoto, A. Hachikubo: , The Cryosphere, 13, 2713-2732, doi: 10. Takeya, S. , A. Hachikubo: , ChemPhysChem, 20, 2518-2524, doi: 10. 201900591, 2019. Khlystov, O. , J. Poort, A. Mazzini, G. Akhmanov, H. Minami, A. Hachikubo, A. Khabuev, A. Kazakov, M. De Batist, L. Naudts, A. Chensky, S. Vorobeva: , Marine and Petroleum Geology, 102, 580-589, doi: 10. marpetgeo. 2019. 005, 2019. 坂上 寛敏, 八久保 晶弘, 南 尚嗣, 山下 聡, 髙橋 信夫, 庄子 仁: , 石油技術協会誌, 84 2 , 162-165, 2019. Khlystov O. , A. Khabuev, H. Minami, A. Hachikubo, A. Krylov: , Limnology and Freshwater Biology, 1, 66-70, doi: 10. Morgunova, I. , P. Semenov, A. Krylov, A. Kursheva, I. Litvinenko, S. Malyshev, H. Minami, A. Hachikubo, T. Zemskaya, O. Khlystov: , Neftegazovaya Geologiya. Teoriya I Praktika, 13 4 , doi: 10. 渋谷 義顕, 山下 聡, 八久保 晶弘, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 仁科 健二, 内田 康人: , 土木学会論文集B3(海洋開発), 74 2 , 868-873, doi:10. Minami, H. , A. Hachikubo, S. Yamashita, H. Sakagami, R. Kasashima, M. Konishi, H. Shoji, N. Takahashi, T. Pogodaeva, A. Krylov, A. Khabuev, A. Kazakov, M. De Batist, L. Naudts, A. Chensky, N. Gubin, O. Khlystov: , Geo-Marine Letters, 38 5 , 403-415, doi: 10. Krylov, A. , A. Hachikubo, H. Minami, T. Pogodaeva, T. Zemskaya, M. Krzhizhanovskaya, J. Poort, O. Khlystov: , International Journal of Earth Sciences, 107 6 , 2011-2022, doi:10. Ozeki, T. , Y. Kikuchi, S. Takeya, A. jced. 8b00203, 2018. Fuseya, G. , S. Takeya, A. Khlystov, O. , H. Minami, A. Hachikubo, S. Yamashita, M. De Batist, L. Naudts, A. Khabuev, A. Chenskiy, N. Gubin, S. Vorobyeva: , Geodynamics and Tectonophysics, 8 4 , 923-932, doi:10. 八久保 晶弘: , 雪氷, 79 4 , 339-348, 2017. Goto, S. , M. Yamano, S. Morita, T. Kanamatsu, A. Hachikubo, S. Kataoka, M. Tanahashi, R. Matsumoto: , Marine Geophysical Research, 38 4 , 393-407, doi:10. Krylov, A. , O. Khlystov, A. Hachikubo, H. Minami, T. Pogodaeva, T. Zemskaya, M. Krzhizhanovskaya, L. Muzafarova, R. Atanyazov: , Neftegazovaya Geologiya. Teoriya I Praktika, 12 1 , doi:10. Kalmychkov, G. , B. Pokrovsky, A. Hachikubo, O. Khlystov: , Lithology and Mineral Resources, 52 2 , 102-110, doi:10. Yanagawa, K. , A. Tani, N. Yamamoto, A. Hachikubo, A. Kano, R. Matsumoto, Y. Suzuki: , Microbes and Environments, doi:10. ME15204, 2016. 南 尚嗣, 坂上 寛敏, 八久保 晶弘, 山下 聡, 庄子 仁, 髙橋 信夫: , 低温科学, 74, 153-161, doi:10. 153, 2016. Hachikubo, A. , K. Yanagawa, H. Tomaru, H. Lu, R. Matsumoto: , Energies, 8, 4647-4666, doi:10. Derkachev, A. , N. Nikolaeva, B. Baranov, N. Barinov, A. Mozherovskiy, H. Minami, A. Hachikubo, H. Shoji: , Oceanology, 55 3 , 390-399, doi:10. Tanikawa, T. , M. Hori, T. Aoki, A. Hachikubo, K. Kuchiki, M. Niwano, S. Matoba, S. Yamaguchi, K. Stamnes: , Journal of Geophysical Research: Atmospheres, doi:10. Takeya, S. , H. Fujihisa, A. Hachikubo, H. Sakagami, Y. Gotoh: , Chemistry A European Journal, 20, doi:10. 201403575, 2014. Hachikubo, A. , S. Yamaguchi, H. Arakawa, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, S. Matoba, M. Niwano, K. Kuchiki, T. Aoki: , Bulletin of Glaciological Research, 32, 47-53, doi:10. 47, 2014. Yanagawa, K. , M. Kouduka, Y. Nakamura, A. Hachikubo, H. Tomaru, Y. Suzuki: , Journal of Asian Earth Sciences, 90, 243-249, doi:10. jseaes. 2013. 019, 2014. Minami, H. , A. Hachikubo, H. Sakagami, S. Yamashita, Y. Soramoto, T. Kotake, N. Takahashi, H. Shoji, T. Pogodaeva, O. Khlystov, A. Khabuev, L. Naudts, M. De Batist: , Geo-Marine Letters, 34 2-3 , 241-251, doi:10. Hori, M, T. Aoki, T. Tanikawa, A. Hachikubo, K. Sugiura, K. Kuchiki, M. Niwano: , Applied Optics, 52, 7243-7255, doi:10. 007243, 2013. Takeya, S. , H. Fujihisa, Y. Gotoh, V. Istomin, E. Chuvilin, H. Sakagami, A. Hachikubo: , Journal of Physical Chemistry C, 117, 7081-7085, doi:10. Manakov, A. , O. Khlystov, A. Hachikubo, A. Ogienko: , Russian Geology and Geophysics, 54, 475-482, doi:10. rgg. 2013. 009, 2013. 八久保 晶弘: , 低温科学, 71, 141-151, 2013. Khlystov, O. , M. De Batist, H. Shoji, A. Hachikubo, S. Nishio, L. Naudts, J. Poort, A. Khabuev, O. Belousov, A. Manakov, G. Kalmychkov: , Journal of Asian Earth Sciences, 62, 162-166, doi:10. jseaes. 2012. 009, 2013. 山下 聡, 出羽 寛信, 八久保 晶弘, 南 尚嗣, 片岡 沙都紀, 川口 貴之, 坂上 寛敏, 高橋 信夫, 庄子 仁: , 地盤工学ジャーナル, 7 4 , 503-516, doi:10. 503, 2012. Minami, H. , K. Tatsumi, A. Hachikubo, S. Yamashita, H. Sakagami, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, A. Obzhirov, N. Nikolaeva, A. Derkachev: , Geo-Marine Letters, 32 5-6 , 525-534, doi:10. Sakagami, H. , N. Takahashi, A. Hachikubo, H. Minami, S. Yamashita, H. Shoji, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. Grachev, M. De Batist: , Geo-Marine Letters, 32 5-6 , 465-472, doi:10. Hachikubo, A. , O. Khlystov, M. Kida, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: , Geo-Marine Letters, 32 5-6 , 419-426, doi:10. Poort, J. , O. Khlystov, L. Naudts, A. Duchkov, H. Shoji, S. Nishio, M. De Batist, A. Hachikubo, M. Kida, H. Minami, A. Manakov, M. Kulikova, A. Krylov: , Geo-Marine Letters, 32 5-6 , 407-417, doi:10. 八久保 晶弘, 柳川 勝紀, 戸丸 仁, 松本 良: , 石油技術協会誌, 77 4 , 268-273, doi:10. 268, 2012. 戸丸 仁, 八久保 晶弘, 柳川 勝紀, 村松 康行, 安齋 博哉, G. Snyder, 松本 良: , 石油技術協会誌, 77 4 , 262-267, doi:10. 262, 2012. Hachikubo, A. , S. Takeya, E. Chuvilin, V. Istomin: , Physical Chemistry Chemical Physics, 13, 17449-17452, doi:10. 海原 拓哉, 八久保 晶弘, 尾関 俊浩, 西村 浩一, 秋田谷 英次: , 雪氷, 73 2 , 133-142, 2011. Hachikubo, A. , S. Takeya, E. Chuvilin, V. Istomin: , Physics and Chemistry of Ice 2010, 12th International Conference on the Physics and Chemistry of Ice, 5-10 September, 2010, Sapporo, 197-202, 2011. Krylov, A. , O. Khlystov, A. Hachikubo, H. Minami, Y. Nunokawa, H. Shoji, T. Zemskaya, L. Naudts, T. Pogodaeva, M. Kida, G. Kalmychkov, J. Poort: , Geo-Marine Letters, 30, 427-437, doi:10. Hachikubo, A. , O. Khlystov, A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, Y. Nunokawa, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, S. Nishio, M. Kida, T. Ebinuma, G. Kalmychkov, J. Poort: , Geo-Marine Letters, 30, 321-329, doi:10. Hachikubo, A. , A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, Y. Nunokawa, H. Shoji, T. Matveeva, Y. Jin, A. Obzhirov: , Geo-Marine Letters, 30, 313-319, doi:10. Hachikubo, A. , O. Khlystov, A. Manakov, M. Kida, A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: , Geophysical Research Letters, 36, L18504, doi:10. 八久保 晶弘, 木田 真人, 奥田 充, 坂上 寛敏, 庄子 仁: , 雪氷, 71 5 , 341-351, 2009. Mazurenko, L. , T. Matveeva, E. Prasolov, H. Shoji, A. Obzhirov, Y. Jin, J. Poort, E. Logvina, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, A. Salomatin, A. Salyuk, E. Prilepskiy, CHAOS2003 Scientific Team: , From: D. Long, M. Lovell, J. Rees and C. Rochelle eds Sediment-hosted gas hydrates: New Insights on Natural and Synthetic Systems, The Geological Society, London, Special Publications, 319, 51-72, doi:10. 5, 2009. Kida, M. , A. Hachikubo, H. Sakagami, H. Minami, A. Krylov, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, J. Poort, H. Narita: , Geochemistry Geophysics Geosystems, 10, Q05003, doi:10. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 布川 裕, 庄子 仁, T. Matveeva, Y. Jin and A. Obzhirov: , 地学雑誌, 118 1 , 207-221, doi:10. 118. 207, 2009. 南 尚嗣, A. Krylov, 坂上 寛敏, 八久保 晶弘, 百武 欣二, 戸丸 仁, 木田 真人, 高橋 信夫, 庄子 仁, T. Matveeva, Y. Jin, A. Obzhirov and J. Poort: , 地学雑誌, 118 1 , 194-206, doi:10. 118. 194, 2009. 庄子 仁, Y. Jin, A. Obzhirov, A. Salomatin, B. Baranov, V. Gladysh, 八久保 晶弘, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫: , 地学雑誌, 118 1 , 175-193, doi:10. 118. 175, 2009. 尾関 俊浩, 八久保 晶弘, 岩花 剛, 中村 一樹, 樋口 和生, 大西 人史, 佐々木 大輔, 秋田谷 英次: , 雪氷, 70 6 , 571-580, 2008. Krylov, A. , O. Khlystov, T. Zemskaya, H. Minami, A. Hachikubo, H. Shoji, M. Kida, T. Pogodaeva, L. Naudts, J. Poort: , Geochemistry International, 46 10 , 985-995, doi:10. Krylov, A. , O. Khlystov, T. Zemskaya, H. Minami, A. Hachikubo, Y. Nunokawa, M. Kida, H. Shoji, L. Naudts, J. Poort, T. Pogodaeva: , Geophysical Research Letters, 35, L05405, doi:10. Hachikubo, A. , T. Kosaka, M. Kida, A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, N. Takahashi, H. Shoji: , Geophysical Research Letters, 34, L21502, doi:10. Aoki, T. , M. Hori, H. Motoyoshi, T. Tanikawa, A. Hachikubo, K. Sugiura, T. Yasunari, R. Storvold, A. Eide, K. Stamnes, W. Li, J. Nieke, Y. Nakajima, F. Takahashi: , Remote Sensing of Environment, 111, 274-290, doi:10. rse. 2007. 035, 2007. Kida, M. , H. Sakagami, N. Takahashi, A. Hachikubo, H. Shoji, Y. Kamata, T. Ebinuma, H. Narita, S. Takeya: , Journal of the Japan Petroleum Institute, 50 3 , 132-138, doi:10. 132, 2007. Kida, M. , O. Khlystov, T. Zemskaya, N. Takahashi, H. Minami, H. Sakagami, A. Krylov, A. Hachikubo, S. Yamashita, H. Shoji, J. Poort, L. Naudts: , Geophysical Research Letters, 33, L24603, doi:10. Tanikawa, T. , T. Aoki, M. Hori, A. Hachikubo, O. Abe and M. Aniya: , Applied Optics, 45 21 , 5310-5319, doi:10. 005310, 2006. Hori, M. , T. Aoki, T. Tanikawa, H. Motoyoshi, A. Hachikubo, K. Sugiura, T. Yasunari, H. Eide, R. Storvold, Y. Nakajima, F. Takahashi: , Remote Sensing of Environment, 100 4 , 486-502, doi:10. rse. 2005. 001, 2006. Takeya, S. , M. Kida, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, N. Takahashi, H. Shoji, V. Soloviev, K. Wallmann, N. Biebow, A. Obzhirov, A. Salomatin, J. Poort: , Chemical Engineering Science, 61, 2670-2674, doi:10. ces. 2005. 049, 2006. Kataoka, S. , O. Kitamura, K. Hyakutake, K. Abe, A. Hachikubo, H. Shoji: , Polar Meteorology and Glaciology, 19, 42-49, 2005. Takeya, S. , T. Uchida, Y. Kamata, J. Nagao, M. Kida, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. Grachev, V. Soloviev: , Angewandte Chemie International Edition, 44, 6928-6931, doi:10. 200501845, 2005. Kokhanovsky, A. , T. Aoki, A. Hachikubo, M. Hori, E. Zege: , IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing, 43 7 , 1529-1535, doi:10. 2005. 848414, 2005. Shoji, H. , V. Soloviev, T. Matveeva, L. Mazurenko, H. Minami, A. Hachikubo, H. Sakagami, K. Hyakutake, V. Kaulio, V. Gladysch, E. Logvina, A. Obzhirov, B. Baranov, O. Khlystov, N. Biebow, J. Poort, Y. Jin, Y. Kim, other CHAOS project members: , Eos, Transactions, American Geophysical Union, 86 2 , 13-24, doi:10. Hirashima, H. , K. Nishimura, E. Baba, A. Hachikubo, M. Lehning: , Annals of Glaciology, 38, 123-129, doi:10. Hachikubo, A. , K. Yamada, T. Miura, K. Hyakutake, K. Abe, H. Shoji: , Ocean and Polar Research, 26 3 , 515-521, doi:10. 2004. 515, 2004. Ozeki, T. , K. Kose, T. Haishi, S. Nakatsubo, K. Nishimura, A. Hachikubo: , Cold Regions Science and Technology, 37 3 , 385-391, doi:10. Aoki, T. , A. Hachikubo, M. Hori: , Journal of Geophysical Research, 108 D19 , 4616, doi:10. Hachikubo, A. : , Annals of Glaciology, 32, 27-32, doi:10. McElwaine, J. , A. Hachikubo, M. Nemoto, T. Kaihara, T. Yamada, K. Nishimura:. Cold Regions Science and Technology, 31 3 , 235-247, doi:10. Hachikubo, A. , H. Arakawa, K. Nishida, T. Fukuzawa, E. Akitaya: , Polar Meteorology and Glaciology, 14, 103-109, 2000. Hachikubo, A. , S. Hashimoto, M. Nakawo, K. Nishimura: , Polar Meteorology and Glaciology, 14, 1-7, 2000. 八久保 晶弘, 橋本 重将, 中尾 正義, 本山 秀明, 鈴木 啓助, 西村 浩一: , 雪氷, 62 3 , 265-277, doi:10. 265, 2000. Aoki, Te. , Ta. Aoki, M. Fukabori, A. Hachikubo, Y. Tachibana, F. Nishio: , Journal of Geophysical Research, 105 D8 , 10219-10236, doi:10. Hachikubo, A. , E. Akitaya: , Annals of Glaciology, 26, 22-26, doi:10. Hachikubo, A. , H. Motoyama, K. Suzuki, E. Akitaya: , Proceedings of the NIPR Symposium on Polar Meteorology and Glaciology, 11, 94-102, 1997. Hachikubo, A. , E. Akitaya: , Journal of Geophysical Research, 102 D4 , 4367-4373, doi:10. 国際会議発表(研究室関連、2010年以降)• Hachikubo, A. , A. , S. Yamaguchi, T. Aoki: Improved apparatus for measuring specific surface area of snow by the methane adsorption method, International Snow Science Workshop, 7-12 October, 2018, Innsbruck, Austria, 2018年10月. Hachikubo, A. , Y. Oota, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, A. Manakov, G. Kalmychkov, M. Hachikubo, A. , S. Takeya, M. Konishi, H. Sakagami, S. Yamasaki, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Hachikubo, A. , Y. Oota, S. Takeya, M. Konishi, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Hachikubo, A. , Y. Jin, S. Takeya, O. Vereshchagina, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, A. Obzhirov: Characteristics of natural gas hydrates retrieved from Tatarsky Trough, off the south western Sakhalin Island, The 8th International Conference on Asian Marine Geology ICAMG-8 , 5-10 October, 2015, Jeju Island, Korea, 2015年10月. Oota, Y. , A. Hachikubo, S. Takeya: Micro-pore effect on dissociation process of methane hydrate and isotopic fractionation of guest molecules, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月. Oota, Y. , A. Hachikubo, S. Takeya: Secondary formation of sII gas hydrate during dissociation of sI mixed-gas hydrate composed of methane and ethane, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月. Hachikubo, A. , Y. Oota, Y. Shimizu, S. Takeya, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. De Batist: Effect of water depth on hydration number of methane hydrate, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月. Hachikubo, A. , Y. Oota, Y. Shimizu, S. Takeya, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. De Batist: Regional characteristics of hydrate-bound hydrocarbons in Lake Baikal, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Gas hydrate characteristics retrieved off southeastern and southwestern Sakhalin Island, 12th International Conference on Gas in Marine Sediments, 1 — 6 September, 2014, Taipei, Taiwan, 2014年9月. Hachikubo, A. , S. Yamaguchi, T. Aoki: BET method by Japanese Team, Intercomparison of Snow Grain Size Measurements Workshop, 4-5 August, 2014, Reading, UK, 2014年8月. Hachikubo, A. , S. Hachikubo, A. , S. Yamaguchi, H. Arakawa, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, M. Niwano, K. Kuchiki, T. Aoki: Investigation of adsorbent for a measurement of snow specific surface area by the gas-adsorption method, International Snow Science Workshop, 7-11 October, 2013, Grenoble, France, 2013年10月. Hachikubo, A. , H. Arakawa, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, M. Niwano, K. Kuchiki, T. Hachikubo, A. : Measurement of the specific surface area of snow by using gas adsorption method, The 3rd Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic SIGMA Workshop in Tazawako, 6-8 March, 2013, Tazawako, Japan, 2013年3月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Characteristics of hydrate-bound gas and dissolved gas in pore water off Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, 11th International Conference on Gas in Marine Sediments, 4 — 7 September, 2012, Nice, France, 2012年9月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Molecular and isotopic signatures of hydrate-bound gases retrieved from offshore of Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, International Workshop on the Korea-Russia-Japan Sakhalin Slope Gas Hydrate SSGH Project, 12-16 December, 2011, Jeju, Korea, 2011年12月. Hachikubo, A. , H. Tomaru, R. Matsumoto: Molecular and isotopic characteristics of hydrocarbons in sediments and gas hydrate at eastern margin of Japan Sea, 7th International Conference on Gas Hydrates, 17-21 July, 2011, Edinburgh, UK, 2011年7月. Hachikubo, A. , K. Tatsumi, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Molecular and isotopic compositions of hydrate-bound hydrocarbons in subsurface sediments from offshore Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, 7th International Conference on Gas Hydrates, 17-21 July, 2011, Edinburgh, UK, 2011年7月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. DeBatist, Y. Jin, A. Obzhirov: Molecular and isotopic compositions of gas hydrates at the Sea of Okhotsk and Lake Baikal, 3rd International Workshop on Gas Hydrate Studies and Other Related Topics — Okhotsk Sea and Lake Baikal -, 25 January, 2011, Kitami, Japan, 2011年1月. Hachikubo, A. , O. Khlystov, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: Isotopic fractionation of hydrate-bound hydrocarbons in the subbottom sediments of Lake Baikal, 2010 AGU Fall Meeting, 13-17 December, 2010, San Francisco, USA, 2010年12月. Okuda, M. , A. Hachikubo, H. Shoji: Dissociation heat of mixed-gas hydrate composed of methane, ethane and propane, 10th International Conference on Gas in Marine Sediments, 6 — 12 September, 2010, Listvyanka, Russia, 2010年9月. Hachikubo, A. , O. Khlystov, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: Crystallographic properties of natural gas hydrate in the southern and central Lake Baikal, 10th International Conference on Gas in Marine Sediments, 6 — 12 September, 2010, Listvyanka, Russia, 2010年9月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, A. Obzhirov: Heterogeneous molecular composition of hydrate-bound gas in subsurface sediments from offshore Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, 10th International Conference on Gas in Marine Sediments, 6 — 12 September, 2010, Listvyanka, Russia, 2010年9月. Hachikubo, A. , S. Takeya, E. Chuvilin, V. Istomin: Calorimetric studies on dissociation of methane hydrate in porous media, 12th International Conference on the Physics and Chemistry of Ice, 5 — 10 September, 2010, Sapporo, 2010年9月. Hachikubo, A. : Natural gas hydrates in submarine and sublacustrine sediment, 4th Annual Japanese-French Frontiers of Science Symposium, 21-24 January, 2010, Futuroscope — Poitiers, France, 2010年1月. 国内学会発表(研究室関連、2010年以降)• 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: D 2Oをホストとしたガスハイドレートのラマン分光分析, 氷科学研究会研究集会「H 2Oを科学する・2019」, 札幌, 2019年12月. 八久保 晶弘, 木村 宏海, 菊池 優樹, 松田 純平, 竹谷 敏: アイソトポログをゲストとしたガスハイドレート平衡圧とゲストガス安定同位体分別との関係, 氷科学研究会研究集会「H 2Oを科学する・2019」, 札幌, 2019年12月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 長谷 優之介, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 山口 悟, 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 山口 悟, 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 木村 宏海, 八久保 晶弘, 舘山 一孝: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 鎌田 諒也, 松田 純平, 長谷 優之介, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 木村 宏海, 菊池 優樹, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 白倉 翔大, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 杉森 笑海, 池浦 有希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月• 伏屋 豪, 八久保 晶弘: , 日本エネルギー学会第28回大会, 大阪, 2019年8月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘: , 日本エネルギー学会第28回大会, 大阪, 2019年8月. 木村 宏海, 松田 純平, 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 池浦 有希, 矢作 大輔, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 長谷 優之介, 松田 純平, 池浦 有希, 八久保 晶弘, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 長谷 優之介, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 松田 純平, 菊池 優樹, 八久保 晶弘, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 菊池 優樹, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 八久保 晶弘, 松田 純平, 山下 聡, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 仁科 健二, 坂口 健司: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2019年5月. 長谷 優之介, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2019年5月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2019年5月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 山口 悟, 青木 輝夫: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2019年5月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタン・硫化水素混合ガスハイドレートのラマン分光分析, 氷科学研究会研究集会「H 2Oを科学する・2018」, 札幌, 2018年12月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: ガスハイドレートに包接されたゲスト分子の分子振動の温度依存性, 氷科学研究会研究集会「H 2Oを科学する・2018」, 札幌, 2018年12月. 奥山 ほのか, 矢作 大輔, 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 山口 悟, 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 矢作 大輔, 菊池 優樹, 奥山 ほのか, 吉野 雄作, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 木村 宏海, 松田 純平, 二階堂 亜美, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 半田 智大, 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 長谷 優之介, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 二階堂 亜美, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 岡本 陵, 菊池 優樹, 木田 真人, 八久保 晶弘, 百武 欣二, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 菊池 優樹, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本エネルギー学会第27回大会, 東京, 2018年8月. 八久保 晶弘, 伏屋 豪, 竹谷 敏: , 日本エネルギー学会第27回大会, 東京, 2018年8月. 伏屋 豪, 竹谷 敏, 八久保 晶弘: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 松田 純平, 川口 瑞樹, 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 松田 純平, 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist, Y. Jin, A. Obzhirov, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 菊池 優樹, 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 柿崎 圭人, 矢作 大輔, 奥山 ほのか, 吉野 雄作, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 仁科 健二: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 小関 貴弘, 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 奥田 駿, O. Khlystov, G. Kalmychkov, A. Manakov, M. De Batist, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 松田 純平, 百武 欣二, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 仁科 健二: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2018年5月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2018年5月. 八久保 晶弘, 矢作 大輔, 山口 悟, 青木 輝夫: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2018年5月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: メタン・エタン系混合ガスハイドレートのエタン水素同位体分別, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム CSMH-9 , つくば, 2017年10月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 菊池 優樹, 竹谷敏: 海底・湖底環境下におけるメタンハイドレートの水素同位体分別過程解明を目指した実験的研究, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム CSMH-9 , つくば, 2017年10月. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 松田 純平, 吉野 勇作, 百武 欣二, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 仁科 健二, 美坂 正, 板谷 和彦: オホーツク海枝幸沖および網走沖のガスプルームに関する地球化学的特徴, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム CSMH-9 , つくば, 2017年10月. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 松田 純平, 菊池 優樹, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist: バイカル湖南湖盆に産する天然ガスハイドレートの特徴について, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム CSMH-9 , つくば, 2017年10月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 佐藤 洸介, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 川口 瑞樹, 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 吉野 雄作, 八久保 晶弘, 山口 悟. 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 八久保 晶弘, 菊池 優樹, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 八久保 晶弘, 山口 悟, 白川 龍生, 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, Y. Jin, A. Obzhirov, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本エネルギー学会第26回大会, 名古屋, 2017年8月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 大野 浩, 竹谷 敏: , 日本エネルギー学会第26回大会, 名古屋, 2017年8月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合-アメリカ地球物理学連合2017年合同大会, 幕張, 2017年5月.

次の

スーパーティーチャー

久保 一孝

教 授• 斎藤 能彦 資 格 日本内科学会認定内科医 日本循環器学会循環器専門医 日本高血圧学会専門医 Fellow of American Heart Association Fellow of International Society of Heart Research ISHR , President elect of ISHR 大 学 奈良県立医科大学 1981年卒業 アンサンブル部・サッカー部 高 校 金蘭千里高校 得意な領域 奈良県の医療を充実させ、循環器内科を世界に名だたる内科学教室にすることを使命と考えている。 講 師• 川上 利香 資 格 日本内科学会認定内科医 同総合内科専門医 日本循環器学会循環器専門医 心臓リハビリテーション指導医 大 学 島根医科大学 1994年卒業 高 校 岸和田高校 得意な領域 国立循環器病センターで研鑽を積み、Mayo clinicから帰国後は、虚血性心疾患・心不全だけでなく肺高血圧・心臓リハビリの臨床と研究に従事している。 渡邉 真言 役 職 医局長 資 格 日本内科学会認定内科医 同総合内科専門医 日本循環器学会循環器専門医 日本心血管インターベンション治療学会専門医 経カテーテル的大動脈弁置換術指導医 日本内科学会近畿地方会 評議員 日本循環器学会近畿地方会 評議員 大 学 奈良県立医科大学 1996年卒業 軽音楽部 高 校 岡山朝日高校 得意な領域 虚血性心疾患を中心とした心臓カテーテル検査に従事するインターベンションのエキスパート。 学内講師• 岡山 悟志 役 職 外来医長 資 格 日本内科学会総合内科専門医・日本老年医学会老年病指導医 日本循環器学会循環器専門医・日本腎臓学会腎臓内科指導医 日本動脈硬化学会動脈硬化指導医・日本脈管学会専門医 日本超音波医学会超音波指導医・日本核医学会専門医 日本心臓リハビリテーション学会指導士 JMECC ディレクター ICLS ワークショップ・ディレクター 大 学 奈良県立医科大学 1999年卒業 水泳部・スキー部 高 校 智辯学園高校 得意な領域 様々なモダリティを駆使して病態を正確に理解し、適切な治療に導く。 最近は医学生の臨床実習をマネジメントしている。 添田 恒有 役 職 病棟医長 資 格 日本内科学会認定内科医 同総合内科専門医 日本循環器学会循環器専門医 日本心血管インターベンション治療学会認定医 心血管インターベンション治療学会 専門医 心血管インターベンション治療学会 近畿支部 評議委員 循環器学会 近畿支部 評議委員 内科学会 近畿支部 評議委員 大 学 奈良県立医科大学 2000年卒業 サッカー部 高 校 奈良学園高校 得意な領域 冠動脈インターベンション治療を専門としている。 Massachusetts General Hospitalで冠動脈イメージングの研究に従事していた。 急性期循環器疾患を中心に臨床研究を行っている。 尾上 健児 資 格 日本内科学会認定内科医 同総合内科専門医 日本循環器学会循環器専門医 Fellow of European Society of Cardiology 循環器学会 総務委員会幹事・学術集会運営委員会幹事 心筋生検研究会 幹事 大 学 奈良県立医科大学 2001年卒業 ゴルフ部 高 校 智辯学園高校 得意な領域 浜松医大・ハーバード大学で心筋症研究に精通しており、心不全、心筋症など心疾患の臨床と基礎研究に従事している。 助 教• 西田 卓 資 格 日本内科学会認定内科医 同総合内科専門医 日本循環器学会循環器専門医 日本不整脈心電学会不整脈専門医 大 学 奈良県立医科大学 2002年卒業 水泳部 高 校 明星高校 得意な領域 ペースメーカー及びカテーテルアブレーションでどんな難治性不整脈に対しても根治治療を目指す。 不整脈チームの絶対的リーダー。 上田 友哉 役 職 CCU医長 病棟副医長 資 格 日本内科学会認定内科医 同総合内科専門医 日本循環器学会循環器専門医 日本心血管インターベーション治療学会専門医 日本心臓リハビリテーション学会指導士 心血管インターベンション治療学会 専門医 大 学 奈良県立医科大学 2004年卒業 野球部 高 校 畝傍高校 得意な領域 冠動脈インターベンションと心不全治療の実臨床に従事しており、研究においても数多くの学会発表と受賞をしている。 中川 仁 役 職 病診連携担当 資 格 日本内科学会認定内科医 同総合内科専門医 日本循環器学会循環器専門医 日本高血圧学会専門医 国際心臓研究学会日本部会 評議員 大 学 奈良県立医科大学 2004年卒業 陸上部 高 校 帝塚山学院泉ケ丘高校 得意な領域 熊本加齢医学研究所、ドイツWuerzburg大学で冠攣縮性狭心症や高血圧の研究に取り組み、基礎研究と臨床に従事している。 診療助教• 橋本 行弘 資 格 日本内科学会認定内科医・日本循環器学会循環器専門医 日本心血管インターベンション治療学会認定医 JMECCインストラクター・スポーツドクター 総合内科専門医 大 学 奈良県立医科大学 2007年卒業 ラグビー部 高 校 洛南高校 得意な領域 冠動脈インターベンションとイメージングを専門とし救急疾患も得意とする。 血管治療と甘いものが大好きな男子です。 医 員• 平井 香衣子 資 格 日本内科学会認定内科医 大 学 奈良県立医科大学 2009年卒業 硬式テニス部 高 校 四天王寺高校 得意な領域 カテーテルアブレーションを中心に不整脈治療に従事している。 多くの症例を経験し、成長が著しく若手の有望株である。 石原 里美 資 格 日本内科学会認定内科医 日本心臓リハビリテーション学会指導士 Structural Heart Disease 心エコー図 認証医 大 学 奈良県立医科大学 2010年卒業 高 校 四条畷高校 得意な領域 学生時代の留学経験から得た、流暢な英語に加え、大阪大学で重症心不全・肺高血圧に対する研鑽を積み、心不全の臨床と基礎研究に従事している。 野木 一孝 資 格 日本内科学会認定内科医 循環器内科専門医 心血管インターベンション治療学会 認定医 大 学 奈良県立医科大学 2011年卒業 野球部 高 校 奈良学園高等高校 得意な領域 インターベンションを得意とし、亀田総合病院で集中治療を勉強した経験を持つ。 後輩への熱血指導は影の軍曹と言われるにふさわしい。 阪上 亜津佐 資 格 日本内科学会認定内科医 大 学 奈良県立医科大学 2012年卒業 陸上部 高 校 四天王寺高校 得意な領域 虚血性心疾患の心臓カテーテルや救急疾患の経験を生かし、臨床と基礎研究に取り組んでいる。 岡村 昭彦 資 格 日本内科学会認定内科医 大 学 奈良県立医科大学 2013年卒業 野球部 高 校 京都教育大学附属高等学校 得意な領域 南奈良医療センターではオールラウンドに活躍し、インターベンションの腕をめきめき磨いているホープである。 経堂 篤史 資 格 日本内科学会認定医 JB-POT認定医 大 学 滋賀医科大学 2013年卒業 ボート部 高 校 奈良県立郡山高校 得意な領域 京都第二赤十字病院で循環器疾患の鍛錬を積み、故郷に戻ってきてくれた貴重なホープ。 虚血性心疾患に対するカテーテル治療を中心に研鑽を積んでいる。 杉浦 純一 大 学 奈良県立医科大学 2014年卒業 野球部 高 校 大阪光星学院高等学校 得意な領域 不整脈と虚血の両方のカテーテル治療をこなす貴重な存在であり、仕事をするのがとても早い。 花房 龍太郎 大 学 奈良県立医科大学 2016年卒業 サッカー部 高 校 大阪府立天王寺高等学校 得意な領域 積極的で好奇心・向学心が強く、伸びしろの大きいホープである。 紀川 朋子 大 学 東京女子医科大学 2017年卒業 卓球部 高 校 四天王寺高等学校 コメント 患者さんに寄り添う医療を心がけて頑張ります。 浅井 祐志 大 学 奈良県立医科大学 2018年卒業 ゴルフ部 高 校 智辯学園高校 コメント 微力ではありますが、奈良県の医療に貢献できるよう尽力いたします。 石塚 尚 大 学 奈良県立医科大学 2018年卒業 サッカー部 高 校 和歌山県立桐蔭高等学校 コメント 何事にも積極的に取り組み、少しでも早く奈良の医療に貢献できるようがむしゃらに頑張ります。 小倉 萌 大 学 奈良県立医科大学 2018年卒業 バレーボール部 高 校 奈良高等学校 コメント 奈良生まれ奈良育ちの箱入り男です。 地域に貢献できるよう頑張ります。 加藤 翔太 大 学 奈良県立医科大学 2018年卒業 サッカー部 高 校 愛知県私立東海高等学校 コメント まだまだ未熟ですが、誠心誠意患者様と向き合っていきたいと思います。 よろしくお願いします。 木村 太亮 大 学 奈良県立医科大学 2018年卒業 バレーボール部 高 校 奈良学園高等学校 コメント 日々精進し、患者さんと向き合った医療をしたいと思います。 藤原 遼 大 学 奈良県立医科大学 2018年卒業 バドミントン部 高 校 私立岡山高等学校 コメント 患者さんに寄り添う医療を心がけ、日常診療にあたっております。 最適な医療を提供できるように日々研鐟を積んでいきます。 増谷 優 大 学 奈良県立医科大学 2018年卒業 軽音楽部 高 校 奈良学園高等学校 コメント 循環器内科の診療・手技の幅広さに魅力を感じ入局しました。 頼りになる先輩方のご指導のもと、日々成長できるように精一杯頑張ります!• 森田 亮 大 学 福井大学医学部医学科 2018年卒業 軟式テニス部 高 校 奈良学園高等学校 コメント 福井の大学生活を経て、奈良に骨をうずめるべく帰ってきました。 大学院• 野木 真紀 資 格 日本内科学会認定内科医 循環器内科専門医 大 学 奈良県立医科大学 2011年卒業 軟式テニス部 高 校 四天王寺高校 得意な領域 心エコーを専門に臨床だけでなく、心不全の臨床研究にも取り組んでいるスイーツ女子!家庭では子育てに奮闘している。 矢野 裕己 資 格 日本内科学会認定内科医 大 学 奈良県立医科大学 2012年卒業 ゴルフ部 高 校 大阪星光学院高等学校 得意な領域 大学を首席で卒業した頭脳とカテーテルアブレーションによる不整脈治療が見事なハーモニーを奏でる稀有な存在。 金岡 幸嗣朗 資 格 日本内科学会認定内科医 大 学 奈良県立医科大学 2013年卒業 軽音楽部 高 校 甲陽学院高校 得意な領域 奈良医大を首席で卒業した頭脳を生かし、大規模臨床データを使用した臨床研究に従事している。 寺﨑 智志 資 格 日本内科学会認定内科医 大 学 奈良県立医科大学 2013年卒業 硬式テニス部 高 校 洛星高等学校 得意な領域 奈良県総合医療センターを経て、国立循環器病センターで3年の経験を積み、ついに大学に戻ってきたホープである。 留学中• 中田 康紀 (留学先:New Jersey Medical School) 資 格 日本内科学会認定内科医 同総合内科専門医 日本循環器学会循環器専門医 日本超音波医学会超音波専門医 大 学 奈良県立医科大学 2007年卒業 サッカー部 高 校 愛光学園高校 得意な領域 国立循環器病センターで経食道心エコーなどの研鑽を積み、循環器学会基礎フォーラムにおいても優秀賞を受賞し、基礎医学と臨床に従事している。 熊澤 拓也 大 学 筑波大学大学院 2014年卒業 剣道部 高 校 鎌倉学園高校 得意な領域 どんな難しい実験手技もこなす基礎研究のエキスパートで、循環器学会基礎フォーラムはじめ多くの学会で受賞している。 宮川 真理 教授の予定だけでなく、当科の全てをマネジメントしている。 当科において、なくてはならない存在。 廣瀬 亜弥伽 医局員を陰でサポートしてくれており、どんな要望でもいつも笑顔で応えてくれる癒し系。 実験助手• 坂井田 都 組織染色に長く従事し、これまでの循環器・腎臓内科の基礎・臨床を支えてくれている。 井岡 朋子 遺伝子から蛋白まで幅広い実験を、信じられないぐらいの速さでこなし、正確なデータを出してくれる。 超人的な本格派研究者。 吉岡 優子 マウスのTACやAMIを作製でき、さらにラットを扱うこともできる貴重な存在。 足立 知代 組織の免疫染色を幅広く扱い、臨床・基礎研究を支えてくれている。 研究助手• 和田 陽子 臨床研究のエキスパートで、複数の研究を一手に引き受ける臨床研究の中心的存在。 その一方でネイリストの一面ももつ。 釜田 友紀 臨床研究の補助を中心に行っており、データ入力について彼女の右に出るものはいない。 吉田 育代 心臓カテーテルにおける研究およびデータ入力に従事しており、カテーテルチームには不可欠な存在。 長尾 梨加 NARA-HF studyや長寿コホートを中心にデータ整理を行っており、昼夜を問わずムードメーカー。 学外講座教授• 金内 雅夫 (畿央大学 健康栄養学科教授) 大 学 奈良県立医科大学 1978年卒業 高 校 京都府立洛北高校 コメント これまでに奈良医大第1内科で研究してきた臨床医学の3領域(糖尿病学、腎臓病学、老年医学)を基盤に、生活習慣病対策を念頭においた病態栄養学、予防医学、および応用健康科学を3本柱として教育・研究に努めたいと考えています。 岩野 正之 (福井大学医学部 腎臓病態内科学・検査医学教授) 大 学 奈良県立医科大学 1987年卒業 高 校 大阪府立北野高校 コメント 人が幸福を感じる3要素は、「やりたいことがあること」、「やるべきことがあること」そして「それができること」です。 私のやりたいことは、腎臓病の新しい治療法を開発することです。 私のやるべきことは、福井県の地域医療に貢献することです。 そして今、私は自らの力で、それらを実行できる立場にあります。 医療人として、大変幸せな人生であると実感します。 25年間の長きに渡り、私を育ててくれた奈良医大1内に感謝します。 これからも1内から、全国で、そして世界で活躍する人材が続々と輩出されることを期待しております。 大倉 宏之 (岐阜大学 循環器内科) 資 格 日本内科学会認定内科医 同総合内科専門医 日本循環器学会認定循環器専門医 日本心血管インターベーション治療学会専門医 大 学 奈良県立医科大学 1989年卒業 陸上部 高 校 天理高等学校 コメント 2019年1月より岐阜大学に赴任いたしました。 岐阜の地を、自分がこれまでに学んできた「循環器病学」の集大成の場としたいと思います。 上村 史朗 (川崎医科大学 循環器内科学教授) 大 学 奈良県立医科大学 1986年卒業 高 校 畝傍高校 コメント 川崎医科大学循環器内科に赴任しました上村史朗です。 奈良で学んだことを基礎にして、新しい仲間とともに循環器病の教育・研究・臨床の3分野で頑張っていきます。 機会があったらいつでも訪問してきてください。 学内他講座・教授・病院教授• 藤本 眞一 (奈良県立医科大学 教育開発センター教授) 大 学 奈良県立医科大学 1981年卒業 コメント これまで循環器内科学、超音波医学、臨床検査医学、総合診療医学、医学医療教育学の分野で活動してきました。 現在は、主として大学における教育マネジメントに力を入れ、本学のみならず広く日本の医学教育を改善するために少しでも役立つ仕事をして行きたいと考えています。 藤本 隆 (奈良県立医科大学 リウマチセンター病院教授) 大 学 神戸大学医学部 1980年卒業 コメント 第1内科で培った和の精神を育てて、リウマチ・膠原病のチーム医療の実践と医学徒の教育、そして未知の領域への挑戦を続けたいと存じます。 赤井 靖宏 (奈良県立医科大学 地域医療学講座教授) 大 学 奈良県立医科大学 1989年卒業 高 校 福知山高校 コメント 2015年4月から地域医療学講座教授を拝命しました。 奈良県の医療がさらに向上するよう、奈良医大各医局の先生方の御指導のもと、適正な医師配置と派遣システムを研究していきたいと思っています。

次の