レールガン アニメ。 とある科学の超電磁砲T(レールガン)放送延期はコロナが原因?理由は?次回放送はいつ?

レールガン

レールガン アニメ

180万人以上の学生が暮らし、己の能力を超能力の域に昇華・開発が行われている場所。 学園都市。 教師らによって組織されたボランティア組織、通称『警備員(アンチスキル)』や学生主導の組織『風紀委員(ジャッジメント)』によって学生たちの日常は守られていた。 しかしその日常の裏側では、今日も路地裏では善良な少女と不良学生のいざこざがたびたび起こる。 そんな不良学生たちを、一閃する雷撃が一筋。 雷撃に撃たれて、たちまち地に伏す不良たち。 その姿をキリっと睨む少女がいた。 名を御坂美琴。 ここ学園都市に七人いるといわれ、恐れられている『超能力者(レベル5)』の第三位にして、先程の雷撃をして『超電磁砲(レールガン)』の二つ名を持つ少女だった。 御坂美琴とその友人達・・・白井黒子、初春飾利、佐天涙子ら四人による学園都市の日常が、ふたたび幕を開ける。 参照:公式HP• 初回 無料トライアルで見放題を 無料に 31日以内の退会で 料金はかかりません。 中学生とは思えないナイスバディは美琴らとは一線を画す。 その能力もトップクラスで、学内の序列は5位の超能力者 レベル5 上条当麻とは原作スタート以前に知り合っているが、ある事件をきっかけに当麻の記憶には食蜂は残らなくなった。 しかし食蜂側に残らないわけではなく、この一件から好意を抱くようになる。 複数人にも能力が通じるが、通じるのは人間のみで、動物などには効かない。 とある科学の超電磁砲S 1話 おさらい ここから以降はネタバレを含みます。 内容を知りたくない方はご注意ください!! 前回までの傑作選は、一期の「とある科学の超電磁砲」でした。 しかし今回の第五話から、傑作選も二期へと突入します。 第二期の記念すべき第一話がどういう内容だったのか、みていきましょう。 黒子が「ジャッジメントですの!」と警告をしても、チンピラ達は黒子達を小馬鹿にします。 そこへ御坂が現れ・・・チンピラ達は電撃でお仕置きされるのでした。 とある科学の超電磁砲S1話なう — ExtraZero8 ExtraZero8 翌日、初春と佐天は春上も連れて常盤台中学へと向かいます。 入院中の枝先を見舞う為、御坂達と常盤台中学で待ち合わせをしていたのです。 一方御坂は常盤台中学の図書館にて時間つぶしをしていました。 そこで出会ったのが、lv5能力者・食蜂操祈。 食蜂は御坂の事が気に入らないようで、妙に突っかかってきます。 食蜂からメンタルアウトスキルを使われ、御坂が電磁バリアーで防ぐという場面までありました。 幸いlv5能力者同士のバトルに発展しませんでしたけど、図書館内が一触即発のムードに覆われました。 御坂達は初春達と合流し、入院中の枝先を訪ねます。 幸い枝先は回復傾向にあり、調子も良さそう。 お土産に買って来たケーキを、和気あいあいとしたムードで食べていました。 すると突然、御坂が閃きます。 御坂はお見舞いにサプライズ的なものを添えたいと相談する為、初春達を連れて病室から出ました。 こうして病室に春上と枝先の二人が残される事に。 このタイミングで病院内にて事件が起こります。 病院で治療を受けていた過激派の一人が回復し、アンチスキル附属病院へ移される事となりました。 この過激派の一人を解放すべく、過激派組織が動き出したというわけです。 外の騒がしさが気になり、病室を出た春上は過激派達に捕まって人質に取られます。 アンチスキルはこの事態の収拾に動き出すものの、人質を取られている為に手出し出来ません。 このままでは春上を連れて逃げられる!という所で御坂達が戻ってきて、状況を知ります。 春上の救出に成功したものの、過激派達の乗ったヘリを逃がしてしまいました。 ヘリに枝先への見舞い品がある事を知った御坂は怒り、レールガンでヘリを仕留めるのでした。 ほんと、御坂ってチンピラに絡まれやすい体質をしていますよね。 まあそれだけ男の目を惹くカワイイ外見って事なのでしょうけど。 レールガンも相変わらずの迫力で凄かったですね。 すでにヘリが飛んで逃げているというのに、レールガンで仕留めてしまうのですから。 落下中にレールガンを打ち込み姿は素敵でした。 見所は色々あったのですけど、今回一番気になったのは食蜂操祈のセリフでした。 特に気になったのは「殿方へのプレゼントかな~?」と「最近、無駄にお友達増やしてみるみたいだけど~私のテリトリーに手を出したらタダではすまないっていう~ね」というセリフです。 初めてこの場面を見た時は、レベルアッパー事件の事を指しているのかな?と思いました。 でもこれ、上条を意識したセリフだったのですよね。 上条と食蜂の関係を知った今だからこそ、なるほど!と納得出来るセリフでした。 超電磁砲S1話を見て縦ロールの子を気になった人はいませんか? とある科学の超電磁砲外伝アストラル・バディって漫画があって、縦ロールの子が主人公なのですが、お見知りおきを機会があれば読んで欲しいです、3巻まで出てます。 — グレートD Sukuranburu0111 次回予想 傑作選も「とある科学の超電磁砲S」になりましたね。 次回の傑作選も今回同様、「とある科学の超電磁砲S」で第14話「約束」の放送となります。 となると次は上条当麻回ですね。 1万人の御坂シスターズの犠牲の元に遂行されているアクセラレーターのlv6化計画。 これを防ごうと思っても、御坂にはどうする事も出来ません。 自分が遺伝子を提供してしまったばかりに、御坂シスターズが死んでいく。 この現実に打ちひしがれている御坂を上条が励ますのですよね。 今回の原因を作ったのは御坂なので、すべての発端は自分だと責任を感じています。 そしてlv5能力者の御坂が周囲に頼る事なんて出来ません。 しかし今回、御坂一人ではどうしようもない。 そんな時に上条から自分を頼るように言って来られたら・・そりゃあ惚れちゃいますよね。 次週は上条のイケメンっぷりを楽しみたいですね。 近道をと、いつも人通りの少ない狭い裏路地に、この時はなぜか多くの学生たちの姿が見えた。 不思議に思った美琴たちは、その人だかりの中心となっている『マネーカード』の入った封筒を拾う。 固法によると、第七学区のあちこちで同様の現象が起きており、忘れ物届けも日に日に増えているのだという。 そんな折、噂好きの涙子に連れられ、マネーカード探しに一日中に付き合うことになった美琴。 3話 『超電磁砲量産計画』 レディオノイズけいかく 見に覚えのない場所で目撃されたという自分。 『超能力者(レベル5)』のクローンを作る計画と軍事転用、そしてそれが自分の遺伝子情報を元にされているという噂……。 美琴が出会った不思議な少女・布束によって呼び起されたその記憶によって、美琴の心は冷やされていく。 なにかを隠している様子の布束を問い正すも、奇妙な言動でごまかされてしまう。 自分の遺伝子情報が悪用されていなかったことを事に、心が晴れた気持ちになった美琴は、飾利や涙子たちと買い物に行くことに。 近日に迫った『広域社会見学』を想像しながら、黒子が引くほどの異常にテンションが高くなる美琴。 その様子に飾利たちも戸惑いながらも、可愛いものを前では心のときめきを隠せない。 そんな学園都市の日常の裏側では、とある実験が密かに進んでいた。 5話 『絶対能力進化計画』 レベル6しふとけいかく 自分と同じ能力に導かれたような、気味の悪い感覚に陥り、美琴がたどり着いた場所には美琴と同じ常盤台中学の制服を着た少女が佇んでいた。 鏡に映したように、自分とそっくりで、しかしどこか別の雰囲気を纏っている少女。 二人の間を沈黙が流れるする中、まるで自分が発したかのような感覚になりながら、その少女の発した言葉を聞いた。 「ミサカ」と名乗るその少女にすっかり主導権を握られている美琴は、彼女に言われるままに、木の上の猫を助けることに。 無事猫を助けた後、ミサカは美琴を「お姉様」と呼び、彼女の美琴のクローンであることをあっさりと認めてしまう。 怒りのままに、その場にいた『白い人影』に雷撃を放つ美琴だったが、彼女の全力の雷撃はいとも簡単に弾き返されてしまう。 白い人影は、学園都市にいる超能力者 レベル5 の第一位、あらゆるベクトルを自在に操ることができる、一方通行(アクセラレータ)だった 7話 お姉さまの力になりたいですの 『実験』の名のもとに次々と命を落としていく『妹達』。 自分達は殺される運命にあると、既に認識しているかのような彼女たちの姿と、なにより、今までの自分の行動によりこの無残な『実験』が成立してしまっている事実に、美琴の小さな胸は罪の意識でいっぱいになる。 そして布束との再会を機に、美琴は計画に関わっている研究機関に対して、ただひとり、戦いを挑んだ。 そんなギリギリの戦いの裏側で、いつもと様子の違う美琴を心配する黒子。 何も話してもらえない自分の無力さに悩みながらも、研究機関で相次ぐ不審火の報告を聞き、パトロールに出かけた彼女は、『幸運のカード』を探す子供たちと出会う。 8話 『Item』 アイテム 『妹達』と、それに関わる『実験』を終わらせるーーその覚悟を胸にした美琴の雷撃は、次々と研究所を稼動不能に追い込んでいく。 その研究所も、残すところあと二箇所。 しかし、『実験』を行う者たちも、ただ美琴に蹂躙されるがままにしているわけではなかった。 美琴は電気を操る超能力者。 そんな奇妙な依頼を受け、とある組織が動き出す。 そのことも知らず、目標施設である病理解析研究所に潜入を果たした美琴。 目前に張りめぐらされた数々の罠。 そして彼女を誘うかのように、ひとりの少女が姿を現す。 その目の前を、まばゆい光の帯が駆け抜ける。 現れたのは『アイテム』のリーダーにして『原子崩し(メルトダウナー)』の二つ名を持つ、学園都市の第四位の『超能力者(レベル5)』麦野沈利だった。 罠によって消耗していた美琴はさすがにまずいと逃亡を図るが、麦野の激しい攻撃は止むどころか、着実に差を縮められている。 それは麦野だけの能力ではなく、『アイテム』からもう一人、能力者が美琴迎撃にあてがわれていた。 追う側である麦野は、対戦相手を学園都市第三位の『超電磁砲』 レールガン と認め、一騎討ちを挑む。 雷撃を放ちすぎて消耗し、思うように能力を発揮できない美琴は、フレンダの残した爆弾入りのぬいぐるみを使って対抗しようとするが、麦野も暗部組織の戦い方を見せつけるように、己の弱点をカバーする『切り札』で美琴のもくろみを打ち砕く。 11話 『自動販売機』 関係機関はその機能を完全に停止し、『実験』を中止に追い込むことができた。 一人孤独な戦いを終えて、いつもの日常へと帰ってきた美琴の前に、因縁の相手・上条当麻が姿を現す。 幾度となくぶつかりあっていたはずなのに、その事実を覚えていない上条にキレる美琴。 騒がしくも平和な、日常の空気に心の安定を感じた美琴の前に現れたのは、『妹達』。 しかし、自分の全身全霊をかけてでも、この計画を終わらせる決意をする。 美琴はついに、計画の実行を指示した学園内の最高頭脳であるスーパーコンピュータ『樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)』を狙いを定める。 すべての元凶であるそのハイテクコンピュータをハッキングし、計画を阻止しようと研究施設に来た美琴は、そこで驚愕の事実を知ることになる。 自分の目的を見失った美琴は、自暴自棄になりながらも、手近な研究施設に襲撃をかける。 『樹形図の設計者』が破壊されてしまったのならば、計画に関するものをすべて破壊してしまえばいい。 一方、見失った御坂妹を探すうち、上条は、路地裏で信じられない光景に遭遇する。 14話 『約束』 お姉様から、何か指示があるまでは、じっと待つ。 そう心に決めながらも、連日美琴がいない事に不安を隠せない黒子。 黒子は、少しでも美琴の手掛かりを得ようと、自室に招き入れる。 しかしタイミング悪く寮監が見回りにやってきてしまい、上条をベッドの下へと追し込める。 美琴の元へと夜の学園都市を走りだす。 15話 『最弱』 かみじょうとうま すべての元凶となった自分が、必ずこの計画を止めなくてはならない。 そう心に決める美琴を、全身ボロボロになりながらもなんとか止めた上条。 そして、上条は「みんなが笑っていられる幸せな結末」を勝ち取る為、『妹達』がいる次の実験場へと走る。 待ち受けるのは、学内最強の『超能力者 レベル5 』一方通行 アクセラレータ。 身の程を知らずに立ち向かってくる『最弱』上条当麻に対して、『最強』一方通行の容赦のない攻撃は止むことはない……。 上条を追ってようやく戦場にたどり着いた美琴。 16話 『姉妹』 上条の拳によって地面に沈んだアクセラレータが展開した秘策は、空気、風、大気、そのベクトルすべてを手中に固め、上条にぶつけるということだった。 『最強』を超える『無敵』に至ろうとしているアクセラレータによって、上条はついに倒れる。 さらなる絶対的な力を振るおうとするアクセラレータ。 それを止めることができるのは『妹達』だけだった。 17話 『勉強会』 『最弱』上条の右拳によって、美琴のクローン『妹達』を巡る一連の事件は幕を下ろし、再び平和な日常が戻ってきた。 そんなある日。 寮監の厳しい監視をくぐり抜け、美琴と黒子は時間外外出許可を取る。 目的は、涙子の部屋で行われる勉強会という名の『鍋パーティ』に参加するため。 このところ、美琴が黒子たちとの時間を取れなかった、その埋め合わせとして企画されたのだった。 涙子、飾利、黒子は、夕方の待ち合わせまで、それぞれの自由な時間を過ごす。 18話 『お引越し』 『乱雑開放 ポルターガイスト 』事件以来、入院しリハビリに励んでいた枝先が無事、退院できることに。 独り暮らしをしたことが無い彼女を案じる春上は、二人で同居することを決める。 春上の引っ越しの準備を進める初春はどこか寂しそうだった。 そして迎えた枝先の退院の日。 一方、ひったくりを捕まえた婚后たちは、見知らぬ学生に能力を使い解決したことをとがめられる。 その裏側では『アイテム』の面々が、奇妙な任務に振り回されており……。 19話 学園都市研究発表会 ある公園の花畑で倒れていた近所では見かけない子供を見つけた美琴たち。 少女はフェブリと名乗り、なぜか美琴の名前を知っている・・・。 美琴には心当たりが全くなく、迷子情報は風紀委員にも届いていなかった。 すっかり涙子に懐いていたフェブリを、涙子と飾利が協力して預かることにした。 次の日、情報検索をかけるも、やはりフェブリの情報はなく、フェブリは『置き去り』として処理されることになった。 受け入れ先があすなろ園に決まったフェブリだが、入園までの5日間、みんなで面倒を見ることになる。 20話 『フェブリ』 学園都市の、非能力系発表会会場内で、暴走した警備ロボットの事故に巻き込まれそうになるフェブリ。 幸い大事には至らなかったものの、普段不具合などで誤作動するはずのないロボットが動き出したという、不可解な点が残っていた。 一方、ゲコ太人形攻防戦の中で、フェブリと仲良くなった美琴は、固法たち風紀委員達と合流して、一緒に銭湯に行く事に!裸の付き合いを通して、楽しい時間を過ごしたその帰り道。 突然、駆動鎧が襲いかかってくる。 21話 『闇』 フェブリを回収しようとしている何者かがいる事に気づく。 フェブリを巡って、にわかにきな臭さを増してくる。 そしてミサカから伝えられる、フェブリの『姉』の存在と、『学習装置』の痕跡。 暗部が関連している可能性を示唆されたことで、涙子たちに真実を伝えられないでいた美琴だが、婚后の何気ない一言を受けて、皆でフェブリを救おうと決意する。 警備員ですら触れることも許されない、学園都市の深い闇。 22話 『STUDY』 72時間・・・それがフェブリに残された時間。 彼女を救う手がかりを探るべく、美琴は収監されているテレスティーナの元に向かう。 学園都市で暮らす子供たちは、全て実験用のモルモットだと吐き捨てるテレスティーナ。 しかし美琴は、その闇を覗き見てもなお、学園都市を嫌うことはできないと答える。 意見が合わない2人はにらみ合うが、ついにテレスティーナは美琴にある事実を伝える。 それは、フェブリが『ケミカロイド』と呼ばれる存在で、彼女を作ったという学究会への糸口だった。 一方、偽情報をつかまされた『アイテム』の面々は、自分たちをはめた相手を追い詰めるべく、 行動を開始する……。 23話 『革命未明』 Silent Party 学園都市では能力のレベルのみで価値を判断する。 そして能力の開発は、先天的資質に負うところが大きい。 罠にはめられた美琴と布束に向けて、有冨の口から語られる『ケミカロイド計画』の全貌。 彼ら『スタディ』は学究会当日に大規模公開実験を行い、学園都市に革命を起こすという。 薬で体の自由を奪われた美琴は、自分の過去がもたらした事件をひとりで背負おうとする布束に、以前の自分の姿を重ねる。 その企みを阻止せんと、学究会各会場で奔走する黒子、初春、佐天、婚后たち。 さらに多くの風紀委員たちの力を借りて、駆動鎧を会場敷地内に押しとどめ、テロの進行を防ぐ。 思わぬ抵抗に、『ケミカロイド』ジャーニーへの負担は増してゆき、布束は自分の選択に迷いを見せる。 そして、美琴とフェブリは本丸である有冨たちの元にたどり着いた。 もう自分は、ひとりではない。 共に戦う皆の姿を胸に、美琴は迫る駆動鎧をなぎ倒して進む。 とある科学の超電磁砲S見終わった〜! 全体的に作画が綺麗になっていたような気がする!シスターズの話は結構むごかったけど、最後の方感動して半泣きしたわ。

次の

とある科学の超電磁砲T(レールガン)放送延期はコロナが原因?理由は?次回放送はいつ?

レールガン アニメ

180万人以上の学生が暮らし、己の能力を超能力の域に昇華・開発が行われている場所。 学園都市。 教師らによって組織されたボランティア組織、通称『警備員(アンチスキル)』や学生主導の組織『風紀委員(ジャッジメント)』によって学生たちの日常は守られていた。 しかしその日常の裏側では、今日も路地裏では善良な少女と不良学生のいざこざがたびたび起こる。 そんな不良学生たちを、一閃する雷撃が一筋。 雷撃に撃たれて、たちまち地に伏す不良たち。 その姿をキリっと睨む少女がいた。 名を御坂美琴。 ここ学園都市に七人いるといわれ、恐れられている『超能力者(レベル5)』の第三位にして、先程の雷撃をして『超電磁砲(レールガン)』の二つ名を持つ少女だった。 御坂美琴とその友人達・・・白井黒子、初春飾利、佐天涙子ら四人による学園都市の日常が、ふたたび幕を開ける。 参照:公式HP• 初回 無料トライアルで見放題を 無料に 31日以内の退会で 料金はかかりません。 中学生とは思えないナイスバディは美琴らとは一線を画す。 その能力もトップクラスで、学内の序列は5位の超能力者 レベル5 上条当麻とは原作スタート以前に知り合っているが、ある事件をきっかけに当麻の記憶には食蜂は残らなくなった。 しかし食蜂側に残らないわけではなく、この一件から好意を抱くようになる。 複数人にも能力が通じるが、通じるのは人間のみで、動物などには効かない。 とある科学の超電磁砲S 1話 おさらい ここから以降はネタバレを含みます。 内容を知りたくない方はご注意ください!! 前回までの傑作選は、一期の「とある科学の超電磁砲」でした。 しかし今回の第五話から、傑作選も二期へと突入します。 第二期の記念すべき第一話がどういう内容だったのか、みていきましょう。 黒子が「ジャッジメントですの!」と警告をしても、チンピラ達は黒子達を小馬鹿にします。 そこへ御坂が現れ・・・チンピラ達は電撃でお仕置きされるのでした。 とある科学の超電磁砲S1話なう — ExtraZero8 ExtraZero8 翌日、初春と佐天は春上も連れて常盤台中学へと向かいます。 入院中の枝先を見舞う為、御坂達と常盤台中学で待ち合わせをしていたのです。 一方御坂は常盤台中学の図書館にて時間つぶしをしていました。 そこで出会ったのが、lv5能力者・食蜂操祈。 食蜂は御坂の事が気に入らないようで、妙に突っかかってきます。 食蜂からメンタルアウトスキルを使われ、御坂が電磁バリアーで防ぐという場面までありました。 幸いlv5能力者同士のバトルに発展しませんでしたけど、図書館内が一触即発のムードに覆われました。 御坂達は初春達と合流し、入院中の枝先を訪ねます。 幸い枝先は回復傾向にあり、調子も良さそう。 お土産に買って来たケーキを、和気あいあいとしたムードで食べていました。 すると突然、御坂が閃きます。 御坂はお見舞いにサプライズ的なものを添えたいと相談する為、初春達を連れて病室から出ました。 こうして病室に春上と枝先の二人が残される事に。 このタイミングで病院内にて事件が起こります。 病院で治療を受けていた過激派の一人が回復し、アンチスキル附属病院へ移される事となりました。 この過激派の一人を解放すべく、過激派組織が動き出したというわけです。 外の騒がしさが気になり、病室を出た春上は過激派達に捕まって人質に取られます。 アンチスキルはこの事態の収拾に動き出すものの、人質を取られている為に手出し出来ません。 このままでは春上を連れて逃げられる!という所で御坂達が戻ってきて、状況を知ります。 春上の救出に成功したものの、過激派達の乗ったヘリを逃がしてしまいました。 ヘリに枝先への見舞い品がある事を知った御坂は怒り、レールガンでヘリを仕留めるのでした。 ほんと、御坂ってチンピラに絡まれやすい体質をしていますよね。 まあそれだけ男の目を惹くカワイイ外見って事なのでしょうけど。 レールガンも相変わらずの迫力で凄かったですね。 すでにヘリが飛んで逃げているというのに、レールガンで仕留めてしまうのですから。 落下中にレールガンを打ち込み姿は素敵でした。 見所は色々あったのですけど、今回一番気になったのは食蜂操祈のセリフでした。 特に気になったのは「殿方へのプレゼントかな~?」と「最近、無駄にお友達増やしてみるみたいだけど~私のテリトリーに手を出したらタダではすまないっていう~ね」というセリフです。 初めてこの場面を見た時は、レベルアッパー事件の事を指しているのかな?と思いました。 でもこれ、上条を意識したセリフだったのですよね。 上条と食蜂の関係を知った今だからこそ、なるほど!と納得出来るセリフでした。 超電磁砲S1話を見て縦ロールの子を気になった人はいませんか? とある科学の超電磁砲外伝アストラル・バディって漫画があって、縦ロールの子が主人公なのですが、お見知りおきを機会があれば読んで欲しいです、3巻まで出てます。 — グレートD Sukuranburu0111 次回予想 傑作選も「とある科学の超電磁砲S」になりましたね。 次回の傑作選も今回同様、「とある科学の超電磁砲S」で第14話「約束」の放送となります。 となると次は上条当麻回ですね。 1万人の御坂シスターズの犠牲の元に遂行されているアクセラレーターのlv6化計画。 これを防ごうと思っても、御坂にはどうする事も出来ません。 自分が遺伝子を提供してしまったばかりに、御坂シスターズが死んでいく。 この現実に打ちひしがれている御坂を上条が励ますのですよね。 今回の原因を作ったのは御坂なので、すべての発端は自分だと責任を感じています。 そしてlv5能力者の御坂が周囲に頼る事なんて出来ません。 しかし今回、御坂一人ではどうしようもない。 そんな時に上条から自分を頼るように言って来られたら・・そりゃあ惚れちゃいますよね。 次週は上条のイケメンっぷりを楽しみたいですね。 近道をと、いつも人通りの少ない狭い裏路地に、この時はなぜか多くの学生たちの姿が見えた。 不思議に思った美琴たちは、その人だかりの中心となっている『マネーカード』の入った封筒を拾う。 固法によると、第七学区のあちこちで同様の現象が起きており、忘れ物届けも日に日に増えているのだという。 そんな折、噂好きの涙子に連れられ、マネーカード探しに一日中に付き合うことになった美琴。 3話 『超電磁砲量産計画』 レディオノイズけいかく 見に覚えのない場所で目撃されたという自分。 『超能力者(レベル5)』のクローンを作る計画と軍事転用、そしてそれが自分の遺伝子情報を元にされているという噂……。 美琴が出会った不思議な少女・布束によって呼び起されたその記憶によって、美琴の心は冷やされていく。 なにかを隠している様子の布束を問い正すも、奇妙な言動でごまかされてしまう。 自分の遺伝子情報が悪用されていなかったことを事に、心が晴れた気持ちになった美琴は、飾利や涙子たちと買い物に行くことに。 近日に迫った『広域社会見学』を想像しながら、黒子が引くほどの異常にテンションが高くなる美琴。 その様子に飾利たちも戸惑いながらも、可愛いものを前では心のときめきを隠せない。 そんな学園都市の日常の裏側では、とある実験が密かに進んでいた。 5話 『絶対能力進化計画』 レベル6しふとけいかく 自分と同じ能力に導かれたような、気味の悪い感覚に陥り、美琴がたどり着いた場所には美琴と同じ常盤台中学の制服を着た少女が佇んでいた。 鏡に映したように、自分とそっくりで、しかしどこか別の雰囲気を纏っている少女。 二人の間を沈黙が流れるする中、まるで自分が発したかのような感覚になりながら、その少女の発した言葉を聞いた。 「ミサカ」と名乗るその少女にすっかり主導権を握られている美琴は、彼女に言われるままに、木の上の猫を助けることに。 無事猫を助けた後、ミサカは美琴を「お姉様」と呼び、彼女の美琴のクローンであることをあっさりと認めてしまう。 怒りのままに、その場にいた『白い人影』に雷撃を放つ美琴だったが、彼女の全力の雷撃はいとも簡単に弾き返されてしまう。 白い人影は、学園都市にいる超能力者 レベル5 の第一位、あらゆるベクトルを自在に操ることができる、一方通行(アクセラレータ)だった 7話 お姉さまの力になりたいですの 『実験』の名のもとに次々と命を落としていく『妹達』。 自分達は殺される運命にあると、既に認識しているかのような彼女たちの姿と、なにより、今までの自分の行動によりこの無残な『実験』が成立してしまっている事実に、美琴の小さな胸は罪の意識でいっぱいになる。 そして布束との再会を機に、美琴は計画に関わっている研究機関に対して、ただひとり、戦いを挑んだ。 そんなギリギリの戦いの裏側で、いつもと様子の違う美琴を心配する黒子。 何も話してもらえない自分の無力さに悩みながらも、研究機関で相次ぐ不審火の報告を聞き、パトロールに出かけた彼女は、『幸運のカード』を探す子供たちと出会う。 8話 『Item』 アイテム 『妹達』と、それに関わる『実験』を終わらせるーーその覚悟を胸にした美琴の雷撃は、次々と研究所を稼動不能に追い込んでいく。 その研究所も、残すところあと二箇所。 しかし、『実験』を行う者たちも、ただ美琴に蹂躙されるがままにしているわけではなかった。 美琴は電気を操る超能力者。 そんな奇妙な依頼を受け、とある組織が動き出す。 そのことも知らず、目標施設である病理解析研究所に潜入を果たした美琴。 目前に張りめぐらされた数々の罠。 そして彼女を誘うかのように、ひとりの少女が姿を現す。 その目の前を、まばゆい光の帯が駆け抜ける。 現れたのは『アイテム』のリーダーにして『原子崩し(メルトダウナー)』の二つ名を持つ、学園都市の第四位の『超能力者(レベル5)』麦野沈利だった。 罠によって消耗していた美琴はさすがにまずいと逃亡を図るが、麦野の激しい攻撃は止むどころか、着実に差を縮められている。 それは麦野だけの能力ではなく、『アイテム』からもう一人、能力者が美琴迎撃にあてがわれていた。 追う側である麦野は、対戦相手を学園都市第三位の『超電磁砲』 レールガン と認め、一騎討ちを挑む。 雷撃を放ちすぎて消耗し、思うように能力を発揮できない美琴は、フレンダの残した爆弾入りのぬいぐるみを使って対抗しようとするが、麦野も暗部組織の戦い方を見せつけるように、己の弱点をカバーする『切り札』で美琴のもくろみを打ち砕く。 11話 『自動販売機』 関係機関はその機能を完全に停止し、『実験』を中止に追い込むことができた。 一人孤独な戦いを終えて、いつもの日常へと帰ってきた美琴の前に、因縁の相手・上条当麻が姿を現す。 幾度となくぶつかりあっていたはずなのに、その事実を覚えていない上条にキレる美琴。 騒がしくも平和な、日常の空気に心の安定を感じた美琴の前に現れたのは、『妹達』。 しかし、自分の全身全霊をかけてでも、この計画を終わらせる決意をする。 美琴はついに、計画の実行を指示した学園内の最高頭脳であるスーパーコンピュータ『樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)』を狙いを定める。 すべての元凶であるそのハイテクコンピュータをハッキングし、計画を阻止しようと研究施設に来た美琴は、そこで驚愕の事実を知ることになる。 自分の目的を見失った美琴は、自暴自棄になりながらも、手近な研究施設に襲撃をかける。 『樹形図の設計者』が破壊されてしまったのならば、計画に関するものをすべて破壊してしまえばいい。 一方、見失った御坂妹を探すうち、上条は、路地裏で信じられない光景に遭遇する。 14話 『約束』 お姉様から、何か指示があるまでは、じっと待つ。 そう心に決めながらも、連日美琴がいない事に不安を隠せない黒子。 黒子は、少しでも美琴の手掛かりを得ようと、自室に招き入れる。 しかしタイミング悪く寮監が見回りにやってきてしまい、上条をベッドの下へと追し込める。 美琴の元へと夜の学園都市を走りだす。 15話 『最弱』 かみじょうとうま すべての元凶となった自分が、必ずこの計画を止めなくてはならない。 そう心に決める美琴を、全身ボロボロになりながらもなんとか止めた上条。 そして、上条は「みんなが笑っていられる幸せな結末」を勝ち取る為、『妹達』がいる次の実験場へと走る。 待ち受けるのは、学内最強の『超能力者 レベル5 』一方通行 アクセラレータ。 身の程を知らずに立ち向かってくる『最弱』上条当麻に対して、『最強』一方通行の容赦のない攻撃は止むことはない……。 上条を追ってようやく戦場にたどり着いた美琴。 16話 『姉妹』 上条の拳によって地面に沈んだアクセラレータが展開した秘策は、空気、風、大気、そのベクトルすべてを手中に固め、上条にぶつけるということだった。 『最強』を超える『無敵』に至ろうとしているアクセラレータによって、上条はついに倒れる。 さらなる絶対的な力を振るおうとするアクセラレータ。 それを止めることができるのは『妹達』だけだった。 17話 『勉強会』 『最弱』上条の右拳によって、美琴のクローン『妹達』を巡る一連の事件は幕を下ろし、再び平和な日常が戻ってきた。 そんなある日。 寮監の厳しい監視をくぐり抜け、美琴と黒子は時間外外出許可を取る。 目的は、涙子の部屋で行われる勉強会という名の『鍋パーティ』に参加するため。 このところ、美琴が黒子たちとの時間を取れなかった、その埋め合わせとして企画されたのだった。 涙子、飾利、黒子は、夕方の待ち合わせまで、それぞれの自由な時間を過ごす。 18話 『お引越し』 『乱雑開放 ポルターガイスト 』事件以来、入院しリハビリに励んでいた枝先が無事、退院できることに。 独り暮らしをしたことが無い彼女を案じる春上は、二人で同居することを決める。 春上の引っ越しの準備を進める初春はどこか寂しそうだった。 そして迎えた枝先の退院の日。 一方、ひったくりを捕まえた婚后たちは、見知らぬ学生に能力を使い解決したことをとがめられる。 その裏側では『アイテム』の面々が、奇妙な任務に振り回されており……。 19話 学園都市研究発表会 ある公園の花畑で倒れていた近所では見かけない子供を見つけた美琴たち。 少女はフェブリと名乗り、なぜか美琴の名前を知っている・・・。 美琴には心当たりが全くなく、迷子情報は風紀委員にも届いていなかった。 すっかり涙子に懐いていたフェブリを、涙子と飾利が協力して預かることにした。 次の日、情報検索をかけるも、やはりフェブリの情報はなく、フェブリは『置き去り』として処理されることになった。 受け入れ先があすなろ園に決まったフェブリだが、入園までの5日間、みんなで面倒を見ることになる。 20話 『フェブリ』 学園都市の、非能力系発表会会場内で、暴走した警備ロボットの事故に巻き込まれそうになるフェブリ。 幸い大事には至らなかったものの、普段不具合などで誤作動するはずのないロボットが動き出したという、不可解な点が残っていた。 一方、ゲコ太人形攻防戦の中で、フェブリと仲良くなった美琴は、固法たち風紀委員達と合流して、一緒に銭湯に行く事に!裸の付き合いを通して、楽しい時間を過ごしたその帰り道。 突然、駆動鎧が襲いかかってくる。 21話 『闇』 フェブリを回収しようとしている何者かがいる事に気づく。 フェブリを巡って、にわかにきな臭さを増してくる。 そしてミサカから伝えられる、フェブリの『姉』の存在と、『学習装置』の痕跡。 暗部が関連している可能性を示唆されたことで、涙子たちに真実を伝えられないでいた美琴だが、婚后の何気ない一言を受けて、皆でフェブリを救おうと決意する。 警備員ですら触れることも許されない、学園都市の深い闇。 22話 『STUDY』 72時間・・・それがフェブリに残された時間。 彼女を救う手がかりを探るべく、美琴は収監されているテレスティーナの元に向かう。 学園都市で暮らす子供たちは、全て実験用のモルモットだと吐き捨てるテレスティーナ。 しかし美琴は、その闇を覗き見てもなお、学園都市を嫌うことはできないと答える。 意見が合わない2人はにらみ合うが、ついにテレスティーナは美琴にある事実を伝える。 それは、フェブリが『ケミカロイド』と呼ばれる存在で、彼女を作ったという学究会への糸口だった。 一方、偽情報をつかまされた『アイテム』の面々は、自分たちをはめた相手を追い詰めるべく、 行動を開始する……。 23話 『革命未明』 Silent Party 学園都市では能力のレベルのみで価値を判断する。 そして能力の開発は、先天的資質に負うところが大きい。 罠にはめられた美琴と布束に向けて、有冨の口から語られる『ケミカロイド計画』の全貌。 彼ら『スタディ』は学究会当日に大規模公開実験を行い、学園都市に革命を起こすという。 薬で体の自由を奪われた美琴は、自分の過去がもたらした事件をひとりで背負おうとする布束に、以前の自分の姿を重ねる。 その企みを阻止せんと、学究会各会場で奔走する黒子、初春、佐天、婚后たち。 さらに多くの風紀委員たちの力を借りて、駆動鎧を会場敷地内に押しとどめ、テロの進行を防ぐ。 思わぬ抵抗に、『ケミカロイド』ジャーニーへの負担は増してゆき、布束は自分の選択に迷いを見せる。 そして、美琴とフェブリは本丸である有冨たちの元にたどり着いた。 もう自分は、ひとりではない。 共に戦う皆の姿を胸に、美琴は迫る駆動鎧をなぎ倒して進む。 とある科学の超電磁砲S見終わった〜! 全体的に作画が綺麗になっていたような気がする!シスターズの話は結構むごかったけど、最後の方感動して半泣きしたわ。

次の

とある科学の超電磁砲T(レールガン3期)の延期はいつまで?14話以降の放送・再開はいつで、続きは原作の何巻からかネタバレ!

レールガン アニメ

総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。 特殊な授業カリキュラムを受け、能力を得た学生たちは、定期的な『身体検査(システムスキャン)』によって、『無能力(レベル0)』から『超能力(レベル5)』の6段階に評価されている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、7人の『超能力者』たちである。 そのひとり、御坂美琴。 電気を自在に操る『電撃使い(エレクトロマスター)』最上位の能力者にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。 後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白井黒子。 その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。 そんな仲間たちとの、平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に一度の一大イベントが迫っていた。 『大覇星祭』。 7日間にわたって開催され、能力者たちが学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。 期間中は学園都市の一部が一般に開放され、全世界に向けてその様子が中継されるにぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。 C 2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT-RAILGUN T もっとみる.

次の