天気の子あらすじ。 『天気の子』登場人物と声優キャスト紹介【プロフィールあり】

『天気の子』ネタバレ考察。銃を撃つ意味からラスト水没した東京の姿を解説【正義の行使としての愛】

天気の子あらすじ

施設に入れられると思いましたが、地元の高校で卒業式を迎えていました。 自分のためだけに祈れば、人柱にならない描写だったので、因果は謎だったのですが、陽奈が雨を止めようと祈らなければ、陽奈は犠牲にならないことが分かります。 元の東京の景色はなくなり、一面が海のような状況になりました。 瀧のおばあちゃんは、引越していましたね。 映画「天気の子」のラストシーン 映画「天気の子」のラストシーンを解説します! 「大丈夫?」ってさぁ 君が気付いてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って 僕は笑って言うんだよ 何が僕らに降りかかろうとも きっと僕らは大丈夫だよと 僕は今日から君の 「大丈夫」だから これって完璧「天気の子」のラストだよね? 洋次郎なりのラストの「大丈夫だ」の解釈なのかなー? — KoSyou KoSyou99523580 帆高は、保護観察が取れて、東京に向かいます。 そして、3年前にお世話になった人に会いにいきます! 天気のサービスで連絡をくれていた瀧のおばあちゃんに会います。 そこで 「東京は昔は海だった」と原点回帰について言われます。 須賀圭介の事務所では 「元々世界は狂っているんだ。 お前らのせいではない。 」と優しい言葉をかけられます。 誰かの責任にしたい自分と、自分の責任である気持ちが重なって、モヤモヤした中歩いていると、坂の上にいる陽奈を見つけます。 帆高は、陽奈を見て、 陽奈が存在していることが、全ては自分が選択した未来だと確信します。 自ら選択して、世界を変えてしまったことに責任は感じるが、陽奈がいる未来であればどうでも良いというようなラストシーンになりました。 最後、陽奈と帆高は抱き合い、タイトルが映し出され終わります。 陽奈も自分が世界を変えてしまったことを自覚しています。 そのため、少しでも罪滅ぼしに毎日祈っていたのだと考えられます。 また、 陽奈の能力の謎については、最後は使えなくなっていると思いました。 能力を発動する時には、クビのチョーカーと宝石を身につけていました。 それを、3年前に失ったので、もう能力は使えなくなっているでしょう。 映画「天気の子」のその後続編 映画「天気の子」のその後続編を解説します! 映画「天気の子」のその後については、陽奈と帆高と凪の3人で暮らし始めると思います。 3人はもう運命共同体ですから!そして、帆高は須賀さんの会社に再度雇われて働き始めると思います。 凪は、モテモテな学生生活を楽しむでしょうね。 帆高と陽奈の結婚については、陽奈が高校なので当面ないと思いますが、いずれは結婚するでしょう。 新海誠さんの作品は1話完結なので、続きの物語が描かれる可能性は低いでしょう。 しかし、他の作品でゲスト出演することはあると思うので、今後の作品にも期待しています! まとめ 映画「天気の子」の結末を解説しました! ラストには賛否両論ありますが、個人的には大好きな作品となりました〜 設定も面白いですが、大人と子供、世界と個人など、様々な対比がされていて、メッセージ性も強い作品に感じました。

次の

【ネタバレ】小説『天気の子』を読んだ感想と考察|やさしく語りかけてくるような作品だった

天気の子あらすじ

その横で見守る少女。 意識がない母親を看病する彼女がふと目を窓の外にやると、雨の降る東京に空から一筋の光が射し込んでいました。 そしてその光は廃ビルの屋上まで繋がっています。 少女はその光に導かれるように、病院を出て傘を差し廃ビルに向かいました。 外の階段を登り屋上にたどり着くと、光が射す元には鳥居がありました。 少女はその鳥居を潜り、晴れるように願いました。 すると彼女の周りの雨粒が止まり、自分の体は空に浮かんでいました。 東京に向かうフェリーでは、乗客が船内に戻ろうとしていました。 雨が降りそうになっているためです。 しかし一人の少年がその流れに逆らい外へ出ました。 家出をして一人東京を目指す16歳の少年森嶋帆高は、一気に降り出した雨に大喜びであたります。 しかしその雨で波が荒れ、フェリーは大きく傾きました。 帆高はバランスを崩し、海に向かって滑っていきます。 すると帆高の手を見知らぬ男性が掴み、なんとか助かりました。 帆高はお礼に食堂で男に食事をご馳走しました。 定食とビールを買ったおかげで、自分の食事は買いませんでした。 男に事情を訊ねられた帆高は「ちょっと早い夏休みで親戚に会いに来た」と誤魔化しますが、男はすぐに家出と見抜きました。 帆高は雨の東京を傘も差さずに歩いていました。 びしょ濡れになり、今夜の寝床としてシャワー付きのインターネットカフェを選びました。 濡れた状態で入ったことに文句を言われながらも、シャワーを浴び、ネットでアルバイトを探していました。 しかし、学生証などの身分証も持っていない帆高ができるアルバイトはありません。 ネット上の質問サイトでも質問していましたが、「そんなバイトはない」「考えが甘い」という回答ばかり。 しかし一つだけ「風俗店のボーイなら身分証なしでもできますよ」という回答が付いていました。 帆高はそれを信じて翌日から風俗店を「18歳 大学生」と偽り回りますが、どこでも身分証の提示を求められ追い出されるばかりでした。 雨の続く東京の夜。 街のビジョンでは拳銃が盗まれたニュースが流れています。 アルバイトが見つからずに落ち込んだ帆高は屋根のあるビルの入り口で座り込んでいました。 寄ってきた野良猫に自分の少ない食料のお菓子を食べさせたりしているうちに帆高は眠ってしまっていました。 「やだ、何この子?」という女性の声で目を覚ました帆高。 見上げると、華美な服装の女二人を連れた金髪の男が立っていました。 「お前、何か用?」という男から急いで逃げようとする帆高。 男は帆高に足を引っかけ転ばせると、笑いながら女たちとビルの中へ入っていきました。 自動販売機のごみ箱にぶつかり転んだ帆高は、散らばったペットボトルや空き缶を雨の中片付けました。 するとそこに茶色いカバンが落ちていることに気が付きました。 マクドナルドに入りスープだけを買い、テーブルで落ち込む帆高。 何気なく先ほど拾ったカバンを開けると、そこから拳銃が出てきました。 慌ててとっさに隠す帆高。 偽物だと思いますが、念のために自分のカバンに入れました。 スープを少しずつ飲みながら自分の現状に落ち込み机に顔を埋めます。 するとハンバーガーがそっと机に置かれました。 帆高が顔を上げるとそこには店員の女性が立っていました。 「これ、なんですか?」と帆高が訪ねると女性は「君、三日連続それが夕飯でしょ。 内緒ね」と微笑みかけました。 帆高はありがたくそのハンバーガーを食べました。

次の

【天気の子】あらすじネタバレと感想!『君の名は。』瀧・三葉など新海キャラも登場!

天気の子あらすじ

映画未鑑賞で読む。 視点がけっこう変わるので読みにくく感じた部分があるが、小説としての読み応えがちゃんとある作品。 「君の名は。 」と同様にボーイ・ミーツ・ガールを描いたお話ではあるものの、エッジはこちらの 映画未鑑賞で読む。 視点がけっこう変わるので読みにくく感じた部分があるが、小説としての読み応えがちゃんとある作品。 「君の名は。 」と同様にボーイ・ミーツ・ガールを描いたお話ではあるものの、エッジはこちらの方が効いている。 特に物語後半、主人公の少年が大人や現実に追い込まれていく展開は、かなり好みでバッドエンドすら予想した。 読み終わって作品の着地点に少し驚きを感じるとともに、不思議な爽快感もある。 ただ人を選ぶ要素も大いにあるようにも思った。 何にせよ映像映えしそうな場面多々で、アニメ映画の方もやはり観たくなる。 映画はまだこれからです。 ぜひ見たい。 「君の名は。 」以上にアクションが多く、登場人物の立場が不安定なままで物語が進んで行くので、ハラハラし通しでした。 読む前にタイトルから予想していた展開とは違っていまし 映画はまだこれからです。 ぜひ見たい。 「君の名は。 」以上にアクションが多く、登場人物の立場が不安定なままで物語が進んで行くので、ハラハラし通しでした。 読む前にタイトルから予想していた展開とは違っていましたが、予想通りなら映画の時間枠にとても収まらなくなるでしょう。 ボーイミーツガールの要素とパニックの要素との同時進行。 意外に人々のたくましさも感じましたが、気象の近未来図と考えると、ちょっと心配にもなりました。

次の