煽り 運転 デマ。 煽り運転女性取り違えデマを流した市議が辞職 正当性は?第一投稿者は特定可能?(2019年11月22日)|BIGLOBEニュース

東名あおり運転事故、デマ書き込み容疑で11人書類送検:朝日新聞デジタル

煽り 運転 デマ

県警によると、書類送検されたのは9道県の33~63歳の会社員や派遣社員ら。 それぞれ昨年10月11~14日、携帯電話やパソコンを使ってネットの掲示板サイトやSNSにデマを転載するなどし、不特定多数に閲覧させて建設会社の名誉を損なわせた疑いがある。 被害を受けた建設会社「石橋建設工業」の石橋秀文社長や捜査関係者によると、ワゴン車の進路をふさいで追突事故を引き起こしたなどとして逮捕された男の姓が「石橋」で、自宅が北九州市に近い福岡県中間市だったことなどから、石橋社長を「容疑者の父」、石橋建設を「容疑者の勤務先」とする誤った情報がネット上に書き込まれた。 さらに、男が逮捕された翌日の昨年10月11日には、嫌がらせや中傷を含む会社への電話が100件ほどに上った。 その後も名前や会社の電話番号などがネット上で拡散し、業務に支障が出たという。 県警は昨年12月以降、名誉毀損容疑で北九州市、福岡県春日市、大分、愛知両県の個人宅などを家宅捜索。 押収したパソコンの解析などを進めていた。 石橋社長は今年3月、名誉毀損容疑で告訴状を福岡県警に出した。 石橋社長は19日、朝日新聞の取材に対し、「書類送検されてよかったと思うが、11人以外にも書き込みに関わった人はいると思う。 これで終わりだとは思っていない」と話した。

次の

【ネットデマの話】煽り運転のデマ

煽り 運転 デマ

常磐道でのあおり運転暴行傷害事件の被疑者である宮崎氏が 昨日逮捕された状況がかなりセンセーショナルに報道されました. そして、宮崎氏と共にBMWに同乗し 率先してガラケーで暴行被害者の車両を撮影していた被疑者女性の喜本氏も 同時に逮捕されたようです. 喜本氏の被疑事実は 犯人蔵匿隠避罪( 3年以下の懲役または30万円以下の罰金). 蔵匿罪というのは隠れ家を提供する犯罪 隠避罪というのは逃走資金、食事や逃走車の提供などをする犯罪です. 今後、喜本氏については あおり運転についての暴行罪の共犯 その後の殴打の傷害罪の共犯 の嫌疑での捜査がなされていくと思われます. 全く無関係の女性が犯人であるかのようなデマ拡散. この逮捕劇の裏で 別なトラブルが注目を浴びています. それは 全く無関係の女性が あおり運転車両に同乗し、ガラケーで被害者車両を撮影していた女性だとして その名前や勤務先の会社が Twitterなどで拡散されたという事件です. デマ被害にあった女性は 弁護士を代理人として法的措置を取ることを ホームページ上で表明しました. 法的措置というのは 要は犯罪についての刑事告訴や 慰謝料を求める民事裁判を起こすということです. デマの拡散にはどのような犯罪が成立する?. 今回のように 犯人や共犯者でもない人を 犯人扱いする行為は 名誉毀損罪(3年以下の懲役または50万円以下の罰金) に当たります. 犯人であるというデマが その人の社会的な評価を下げていることは明らかです. また このようなデマを書き込んだ人だけでなく デマをリツイートしたり 転載した人も 同じく名誉毀損罪に当たります. さらに今回は デマが拡散されたことにより 被害女性が代表を務める会社への 電話が殺到するなどしたとのことで 会社ホームページも数日間閉鎖せざるを得なくなったようです. デマの拡散によって 会社の業務も妨害されていますので 名誉毀損罪の成立に加え. 偽計業務妨害罪(3年以下の懲役または30万円以下の罰金). も成立することになります. 当然、リツイートなど拡散した人にも 偽計業務妨害罪が成立します. このようなデマの摘発が多くなる理由は?. 今回のようなデマ騒動は 昨年の東名あおり運転事件の際にも生じました. 被疑者である石橋被告人の父親が経営する会社というデマを流された結果 いわれのない誹謗中傷を受けたとして 被害会社が刑事告訴をしたという事件です. この件は 被疑者11名が名誉毀損罪で書類送検されましたし. その後 示談をしていない8名が 慰謝料などを求める民事訴訟を提起されています. 他にも 地震が起きた際に ライオンが動物園から逃げ出したなどというデマを流した人が 偽計業務妨害罪で立件されたという件もあります. これらの事件を通して. 故意によるデマの拡散だけでなく 調査不足・無根拠な情報の拡散と その情報のリツイートなどに対して 捜査機関側も毅然とした捜査方針で臨むことが示されました. 今回のガラケー撮影女性に関するデマも 同じように立件の対象になるものと思われます. 「Number Data」の危険性. 昨日のブログでも指摘させていただきましたが 「Number Data」 というあおり運転等の危険運転を行なった車両を ネット上に晒すサイトへの書き込みも 今回と同じような犯罪成立の可能性があります. 気を付けなければならないのは 実際に危険運転をされたとしても 名誉毀損罪などに当たる可能性があること. そして もしも真実でなかった(真実であることが証明できなかった)場合は 重い処罰になり得る ということです. 詳しくはこちらのブログをお読みください 最後に. 今後このデマ拡散に対しては 刑事民事両面での法的措置が取られていくでしょう. 良かれと思って行った情報拡散行為であっても 犯罪になること 別な被害者を生むという 本末転倒な結果を生むこともあります. やはり ネットでの情報拡散やリツイートは 情報に根拠があるのかの検証などをしっかり行うなど 慎重に行いましょう!!.

次の

常磐道あおり運転でデマ被害=女性「無関係なのに実名」-虚偽情報拡散、賠償請求へ:時事ドットコム

煽り 運転 デマ

令和元年8月18日 インテグラル法律事務所所属 いろコミュ株式会社、笹原えりな代理人弁護士 小沢一仁 当職は、いろコミュ株式会社(以下「当社」といいます。 )及び当社代表者笹原えりな(以下「笹原」といいます。 )の代理人として、近時報道されている、茨城県守谷市の常磐自動車道で発生した、あおり運転暴行事件(以下「本件事件」といいます。 )に関する情報に触れた皆様方に対し、以下のとおり告知します。 さて、本件事件につきましては令和元年8月16日、所轄警察署が、被害者に対しあおり運転ないし暴行をした男性(以下「男性被疑者」といいます。 )に対する逮捕状を請求したとの報道がされました。 また、その後指名手配もされたことから、男性被疑者の氏名も公表されました。 その際、男性被疑者とともに車に同乗していた女性(以下「女性被疑者」といいます。 )については、一部で逮捕状が請求されたとの報道はありましたが、指名手配はされず、氏名の公表もされなかったことから、インターネット上で女性被疑者が誰かにつき大きな関心が持たれました。 すると、翌同月17日の早朝までの間に、匿名掲示板「5ちゃんねる」やSNSサイト「Twitter」などにおいて、同乗していた女性が笹原であるとの情報が公開され、これが直ちにインターネット上で広まりました。 その結果、一時は笹原の氏名がTwitterのトレンドに表示されるなどしました。 しかしながら、当該情報は全く事実無根のものです。 笹原は同月17日午前に、知人から本件事件に関するまとめサイトの存在を知らされるなどして女性被疑者として自身の名前が挙がっていることを知りましたが、心当たりが全くなく、なぜこのような状況に陥っているのか理解できず、現在においても強く困惑しています。 また、同月17日午前から、当該情報に触れたと思われる人物からの電話が当社に殺到しており、業務に必要な電話を取ることができず、無用な電話がかかってくることを防止するために当社ホームページの一部を非公開にせざるを得なくなるなどの業務上の支障が生じています。 そして、当該情報は当社及び笹原の名誉権を著しく侵害するものです。 なお、女性被疑者が笹原であることを積極的に発信する記事を投稿することのみならず、これを引用して広める行為(リツイートを含みます。 )も、当社及び笹原の名誉権を侵害する行為にあたる可能性があるものですから、その旨を付言します。 以上の状況を踏まえ、当社及び笹原は当職と協議の上、虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しています。 65 前スレ.

次の