生理 ちゃん 映画 館。 生理ちゃん|上映スケジュール

38歳のおっさんだけど、映画『生理ちゃん』を観てきた

生理 ちゃん 映画 館

11月8日から公開されている『生理ちゃん』という映画を観てきた。 感想としては75分というコンパクトな尺の映画でなかなか良かった。 最近、映画館に2時間座ってるのがつらい。 スマホによる細切れの情報摂取に慣れてしまったせいか、集中力がもたないのだ。 C 吉本興業 C 小山健/KADOKAWA 生理ちゃん、原作のマンガも好きだったけど実写には実写の面白さがあった。 結局のところ、我々男性には生理の大変さを実感することはできない(女性同士でも差異があってわからないという人もいるわけで)。 でもこの映画を観て、少し想像の幅を広げることができた気はする。 C 吉本興業 C 小山健/KADOKAWA とにかくでかい。 ピンクのふかふか素材でできているように見えるものの、サイズは大人の女性よりも一回り大きい。 あれに月1ペースでつきまとわれたらさぞかし迷惑だろうなと思う。 考えるだけで憂鬱になってくる(一応、男性には「性欲くん」や「童貞くん」がつきまとうが、あんなのは生理ちゃんに比べれば軽いものだ)。 C 吉本興業 C 小山健/KADOKAWA 女性は、男性には見えないものを背負って生きているーー。 この作品はそれを目に見える形で描いているところが良い。 いや、いままでだってそりゃあなんとなく、ツライらしいってことは情報としては聞いていたけど、実写映画でデフォルメされた生理ちゃんを見ると、また違う響き方をする。 しかし残念なことに(そして予想通りだけど)、映画の中の男性たちは生理ちゃんを背負った女性のことをまったくケアしようとしない。 だって男性には生理ちゃんが見えないのだから。 C 吉本興業 C 小山健/KADOKAWA 生理中の女性部下に、心無い言葉を浴びせる男性上司。 ものすごくわかりやすいステレオタイプな男性像で、少しがっくりくる。 そんなやつが生理ちゃんに腹パンを食らって「下腹部が痛い〜」とのたうち回る姿には思わずスカッとしてしまった。 まったく他人事じゃないのに。 たぶんリアルの世界では、僕も生理ちゃんが見えないわけで、このおじさんとたいして変わりはないはず。 それでも映画を観ていてあのシーンにスカッとしてしまった。 それなら今後はもっと想像力を働かせないといけない。 C 吉本興業 C 小山健/KADOKAWA ハイライトのシーンはそんなところではなかった。 二階堂ふみ演じる主人公の青子は、「病気で亡くなった前妻との間に11歳の娘がいる男性」と交際している。 男性からプロポーズされたが、年頃の娘はまったく心を開く気配がない。 青子は11歳の女の子と心を通わせることができるのだろうか……? そんなストーリーの縦糸を、よりによっておじさんのバイブル『島耕作』に似たようなエピソードがあったのを思い出しながら観ていた(実は島耕作のなかでも生理がしっかり描かれている話がある)。 そして最後は生理がつなぐ女性同士の絆にやっぱりホロリときてしまう。 じんわりと心に染みるいいストーリーだった。 C 吉本興業 C 小山健/KADOKAWA 映画が終わって、まわりを見回してみると、20代の若いカップルが多いようだった。 どっちからこの映画に誘ったんだろうか。 このあと2人でどんな会話をするんだろう。 映画館にいる男性陣で反省会をしてみたい。 あの残念な男性上司は、短い映画の中で生理の大変さと周りの無理解をわかりやすく表現するために登場したはずだ。 とても大事な役割を担っていたと思う。 でもこの映画がヒットすれば、そのステレオタイプな男性像そのものが世の中から消えるきっかけになる。 実際には女性が思っているよりも、生理を理解したいと考えている男性はいるはずだ。 ちょっと笑えて、泣けて、意義深い映画。 生理ちゃん。 映画でも観たい気分だけど、2時間半もある超大作は気が重いという人には、ぜひおすすめしたい。 ランドリーボックスでは特集「 ボクとわたしの生理」を始めました。 ボク?男性に生理は関係ない?そう、生物学的な「男性」に生理はありません。 だけどみんなで社会を築いていく。 そう考えたら、それぞれがお互いを知る必要があるのかも。 生理に向き合う多様な人たちの声を集め、性について考えていきたいと思います。 ランドリーボックスでは、 、 で最新情報をお届けしています。 ぜひフォローしてみてください。

次の

「生理ちゃん」が映画化!あらすじやキャストのプロフィールは

生理 ちゃん 映画 館

あまね出版「ZooE」の編集部で働く米田青子は、仕事もプライベートも充実している。 そんな青子の彼氏・久保勇輔は、2年前に奥さんを亡くし、一人娘かりんがいる。 11歳だが、普通の女の子よりも少しマセていて、お母さんのことを大切に思っている。 忙しい時、悩んでいる時、はっきり言って面倒くさい…月に一回のものがやってくる。 締切間近の編集部で、青子の後輩・山内裕は、担当しているエッセイの先生と連絡を取れなくなって困っていた。 上司の渋谷誠に休載するつもりなのかと迫られていた。 主演を務めるのは卓越した演技力で話題の二階堂ふみ。 脇を固めるのは伊藤沙莉、松風理咲、藤原光博(リットン調査団)、岡田義徳。 監督はドラマ「隣の家族は青く見える」「信長協奏曲」の品田俊介。 (作品資料より).

次の

38歳のおっさんだけど、映画『生理ちゃん』を観てきた

生理 ちゃん 映画 館

【賛否両論チェック】 賛:女性の日々の苦労を男性が知る非常にイイ機会。 不器用な女性達が一歩踏み出していく姿にも、予想外に感動させられる。 否:どうしてもデリケートなテーマなので、その辺の好き嫌いは致し方ないところか。 下ネタも少しあり。 「生理」という本来とってもデリケートなテーマを、擬人化してポップに描いた本作。 その姿を通して、女性の皆様の日々の大変さが伝わってくるので、男性としてはその苦労そのものを知ることは出来なくても、理解しようとすることは必要だなと改めて痛感させられます。 そんな生理ちゃん達が紡いでいくのは、恋愛に不器用な女性達の群像劇。 個人的には、自分を虐げ続けていたりほのストーリーで、不覚にも泣いてしまいました。 「そろそろ自分に呪いをかけるのやめなよ。 」 っていう生理ちゃんのセリフは、まさに名言だと思います。 そうした頑張り続けるヒロイン達の傍らにいつもいて、時に悩ませたり時に励ましたりして、それでいて 「仕事ですから。 」 と淡々としている生理ちゃんに、次第にほっこりさせられてしまうのも、また不思議なところでもあります(笑)。 下ネタもあるので、デートや家族サービスで観るのは難があるかも知れませんが、決して避けては通れないテーマでもありますので、女性の皆様は勿論、男性も必見の作品といえそうです。

次の