7 つの 大罪 作画 崩壊。 【アニメ】『七つの大罪』3期の作画崩壊が酷すぎると海外で話題に (ヤシガニ画像あり): みじかめっ!なんJ

【荒野行動】七つの大罪|メリオダスの目が作画崩壊でひどいと話題!

7 つの 大罪 作画 崩壊

七つの大罪アニメ3期が作画崩壊?1期2期の画像や動画と比較! 七つの大罪アニメ3期の作画がひどいということですが、ここで問題のアニメ3期の作画と1期2期の作画を画像・動画で比較してみましょう! 3期で主に変わったと言われている点は、• 顔が全然違う• 血が白くなった の2点です。 今までの作画はカッコいい感じでしたが、3期の作画は線が少なく、ちょっと目が離れてのほほ〜んとした感じがします。 ちょっとアホっぽい顔ですよね笑 バトルアニメなのでやはり登場人物にはカッコよくいて欲しいです。 視聴者が文句を言うのもわかる気がします。 しかし、シーンによってはカッコいい顔のところがあります。 こちらをご覧ください。 作画が多少違うのは否めませんが、カッコいい感じなのでありかなと思います。 これからこのような作画が増えるよう期待しておきましょう! 次に血が白くなった件についてですが、こちらをご覧ください。 魔神族の射精って こんなに精子出るんだね!! バンちゃんのおかげで七つの大罪流血アニメになってるけど、日5クレーム平気なのかな。 しかし、アニメ全体で血の色が白くなったらもっと話題になると思いますので、今回の作画担当の方の配慮ということかもしれません。 そうだとしたら、ファンの方々はそんなもの求めていないと思いますので、戻して欲しいですね。 七つの大罪3期の作画に対するネットでの反応 以上、七つの大罪アニメ三期の作画と1期2期の作画の比較をみてもらいましたが、他の方々はこの作画についてどう思っているのでしょうか。 みていきましょう! アニメ見ました! あまりにも作画が酷くて、かなり苦しい30分でした。 放送日延期しても良いから、せめて作画だけは手を抜かないで欲しかった。 血は白いし、全くの別アニメを見てる気分でしたね。 — Agetyan 〜あげちゃん〜 バンドリーマー 【焼き鳥教】【リンブル教No. 確かに1期2期と比べるとちょっとイメージが変わったかもしれませんが、作画崩壊までではないのかなと個人的には思いますが、七つの大罪ファンの方々にとっては悲しいことなのでしょう。 しかし一方で、2期の作画を評価している方々も見受けられました。 まあ圧倒的に否が多いですが、、、笑 このように作画が叩かれますと、アニメーターの方やキャラクターデザインの方は意識してくれると思いますので、改善されることを祈っておきましょう!.

次の

【七つの大罪】290話ネタバレ!チャンドラーとキューザックが強すぎる

7 つの 大罪 作画 崩壊

昨年10月より始まったアニメ七つの大罪の第3期神々の逆鱗。 十戒との戦闘や、エリザベスの覚醒、最強の戦士エスカノールとメリオダスのバトルなど、原作でも人気高いお話が描かれています。 しかし、そんな中、今期アニメで「作画崩壊がやばい」と、巷ではもっぱらの話題です。 特に13話では視聴者がたくさんの画像をアップし、ツイッターのトレンドに入るまでなりました。 なぜそこまで騒がれているのか・・・一体どれほどやばいものなのか、1期や2期と比較してどれだけ違うのか、理由が気になりますよね。 今回は「七つの大罪の作画崩壊がやばいと話題!これまでと3期の画像を比較しなぜこうなったのか理由を考察」と題しお届けします。 七つの大罪の作画崩壊がツイッターでも話題に! 七つの大罪 作画崩壊 とか言われてるけど アニメーターさん絶対大変だろうな… — マサ(masa ポケモン実況者 ポケモン剣盾実況(ソードシールド)マニューラ大好き masaYouTube1218 以下は3期のアニメを見た視聴者の反応の一部です。 七つの大罪の3期の作画やばい。 あんまり無理せずにがんばってほしいです。。 人気の七つの大罪の様な素晴らしい原作のマンガが有るアニメは特に注目されてます。 テレビアニメ七つの大罪は作画崩壊しておりクオリティが低いです。 七つの大罪3期作画どうした? エスカノールとか完全にルイージやんけ。 — あべのまる Us4L5TVsmWMUHmX ここまで見るとさすがにファンも戸惑ってしまうレベルですね。 問題となる13話はエスカノールvsメリオダスの戦闘が描かれた「最強vs最凶」。 怒りの感情が制御できなくなり魔神化した「最凶」のメリオダスを止めるべく、立ち向かったのは七つの大罪「最強」の男、エスカノール。 原作でも熱いバトルシーンに加え、正午になったエスカノールの真の力が発揮される場面でもあり、ファンからは根強い人気があるお話です。 アニメでこのバトルが見れるとなるとやはりファンは期待が高まりますよね。 しかし残念なことに、今回の作画で最もショックだったのがこちらのバトルシーンだと言えます。 しかもこの崩壊には海外のファンからも悲鳴が! 崩壊ショックは海をも渡ってしまったということですね。 皆さまの画像を元に、比較していきましょう。 改めて違和感がフル回転で仕事する💦何故七つの大罪こんなに作画崩壊してしまったんだ…😭 1期、2期、そして今回のメリオダスの比較 — 瑞季 amafFjEJXMYgk3J やばいです、完全に別人レベルです。 1期2期に比べると3期のメリオダスの表情や描き込みが圧倒的に違うのがわかりますね。 うん・・・こちらもやばい・・・。 ただこちらは正面のそこまで動きがない場面なので、動きまくっているバトルシーンとはまた違っても仕方がない・・・とも言えます。 しかし3期である今回の制作会社はスタジオディーンが作っています。 アニメの会社が変わっても作画陣営は変わらないというケースもあるのですが、今回はA-1picturesの頃から引き継いで担当しているスタッフがいないというケースが挙げられます。 引き継ぐ人がいないとなると、作画も一変してしまいますね。 それに会社が変わるだけでなく、作画監督や総作画監督も全話担当するというわけでもありません。 スタッフのクレジットまで細かく見るとわかりますが、ストーリーごとに担当が変わったりします。 つまりシャッフルですね。 このシャッフルは七つの大罪だけではなく、他のアニメでもよく見かけます。 七つの大罪アニメ 作画崩壊以前にキャラの顔が違うと思う所以 俯瞰の構図なんだけど、わたしはこう描いてた トレスのラクガキだけどキングちゃんの眼が違うと思うんだ 形と下まつ毛な — 蒼衣海子 祝・刀剣乱舞五周年 aoiumiko こちらの画像のキングは、パッと見は何も問題のないようなカットですが、このように細かなところでも前作との相違点が生まれます。 上記で解説したように、担当も違うと各話数で作画陣営も監督も違うため、全体的に作画が不安定になってしまうのではないでしょうか。 七つの大罪の作画崩壊まとめ 今回のアニメ「七つの大罪」の「やばい作画崩壊」。 視聴者のツイートの比較画像を引用し、考察した結果のまとめとしては。 アニメの制作会社が変わり、作画の陣営も変わる。 各話数で作画監督も変わる。 担当が毎回変わるため、作風に不安定さが残り作画崩壊となる。 という理由ではないでしょうか。 とは言え、アニメを作るということはかなり大変な作業です。 作画崩壊をしていても制作スタッフが一生懸命作ったことに変わりはないですのであまり責めることなく、温かく見守りましょう。 ただ今回挙げた13話のようにファンが期待しているシーンでは、もう少し安定してるともっと嬉しいですね。 以上「七つの大罪の作画崩壊がやばいと話題!これまでと3期の画像を比較しなぜこうなったのか理由を考察」と題しお届けしました。

次の

【荒野行動】七つの大罪|メリオダスの目が作画崩壊でひどいと話題!

7 つの 大罪 作画 崩壊

そしてFTのCMで七つの大罪4期がなぜかテレ東にw 七つの大罪ってMBS制作だったはずじゃ なんでスーパーアニメイズムでやらないんだ? アニメイズム枠増やしたんなら炎炎枠でいいんじゃ? — k-ty 通りすがりの世界の破壊者 kty72276404 アレ?! 七つの大罪、今度はテレ東なんだ! ヒロアカは数年前に日テレになったんだっけ? なぜに放送局移動するんだ? — 腐った黒猫 kietenakunaru00 七つの大罪・第3期「神々の逆鱗」がテレビ東京で放送されるようになったのは、単純にスポンサーが変更になった事が予想されます。 実はビックタイトルの作品の放送局の変更は近年のアニメーションで度々確認されています。 変更前 変更後 僕のヒーローアカデミア TBS系列 日本テレビ系列 進撃の巨人 TBS系列 NHK総合 ヒロアカの場合、2期から日テレ系列、進撃の巨人はseason3からNHK総合での放送になりました。 こちらも同様でスポンサーの変更や、テレビ会社のアニメ枠の都合や予算などの関係で変更された可能性が高いと思われます。 今回の七つの大罪においては、前作まで放送局でもあったMBS TBSの系列会社 やソフト販売を担当していたアニプレックスなど大きなスポンサー会社が離れた事が大きな要因だと思います。 アニメ制作会社もアニプレックスと同じSONYグループのA-1picturesからスタジオディーンに変更されました。 作画の違いを感じるのはアニーメーション会社の変更も大きな要因の一つです。 スポンサーが離れてしまった理由として考えられるのは、前作までのアニメからのグッズや付随するサービスなど、様々な売り上げ、映画の成績などを見てTBS系とSONYは「七つの大罪」に出資することをやめたのだと考えれらます。 しかし、七つの大罪ほどの人気作を打ち切りにしてしまうのは、制作側サイドとしても不本意であり、アニメの継続を望んだスタッフと新たに契約したのがテレビ東京やスタジオディーンであったと予想します。 現在に到るまでのテレビ東京で放送しているアニメーション作品はディーン作品も多数放送されており、その枠に「七つの大罪」も含まれたという事になります。 その他にもテレビ局同士でやり取りが存在することも可能性としては高そうですね。 TBSで放送しなくなった理由について 七つの大罪ってTBS系列でやってた気がすんだけど、今テレ東なのな。 ヒロアカもTBS系列だったような。 — ともや tmy0820 七つの大罪…作画が批判されてる…。 そりゃ当たり前。 夕方・朝アニメの放送撤退した TBS MBS制作 が悪い。 hatokichi. 現代、動画配信サービスなど多数ある中で、アニメ関係に関してはターゲット層としてもインターネットに非常に強い層がひしめき合ってる所だと思います。 若者のTV離れが顕著なので、テレビのあり方が変わりつつある状況で、「七つの大罪」のような作品を扱ったとしても視聴率が大きく取れない可能性が高いからではないかと推察します。 逆に、「七つの大罪」のようなビックタイトルであれば、別の放送局の方が上手く扱える、またはテレビ局側の方針としてアニメを強化したい。 など、プラスの面で交渉した上で、変更した可能性も否定できません。 いずれにせよ、テレビのあり方を感じる変更であると感じています。 作画崩壊の理由は?会社は?(作画比較も) 七つの大罪のアニメ最新話が作画崩壊ヤバすぎるんだが…… — A〆Hawkeye ホークアイ ゲーム垢 avengers1285247 誰ー??そして何故メリオダスの闇が紫がかってないんだ!三枚目は二期のガラン戦 — A〆Hawkeye ホークアイ ゲーム垢 avengers1285247 七つの大罪は順調に原作のストーリーを進んでいますが、 作画崩壊が酷すぎると多方面で声が上がっています。 個人的にも「戒めの十戒」までのアニメと比較すると差は歴然だと感じています。 正直、ストーリーにも影響が出るレベルではないでしょうか。 「神々の逆鱗」のPVなど、多用される物は作り込まれているため、大きく変化を感じませんが(それでも多少作画に違和感はある)、各話数のストーリーの作画は明らかに劣化していると思います。 本当に作画崩壊が酷い。 原作者やファン、声優の人に失礼だと思う。 共感してくれる人は、いいねやリツイート、コメントよろしくお願いします。 1枚目は、1期。 2枚目からは今の作画。 — 🍀ネコハチ🍀 NECOHACHISS こちらのメリオダスやエスカノールに関しては、もはや別人に感じる程ですね。 では、「神々の逆鱗」では作画を担当しているのは、上記で述べたように、アニメーション会社の変更も大きな要因として考えられます。 そして、作画・総作画監督は各話数ごとに担当を入れ替えているようです。 話数によって多少誤差が出るのはそのせいである事がわかります。 過去の「七つの大罪」作品と比較して、A-1picturesのスタッフが引き継いでいるか確認してみましたが、全て別の人物が作画関係は担当しているようです、 よって、会社自体の変更により、作る人や最終的に決定も違うため、OKの基準も異なるのだと思われます。 ただ、スタジディーンも作品によっては、非常に評価の高いアニメーション会社です。 ログ・ホライズン2期• ギャグマンガ日和 などは各方面、ファンの中でも作画については賞賛されていました。 今までの作品の印象が強い分、作画崩壊と言われるのも仕方ないかもしれませんね。 今後、評判を聞いて、どう変化するのか気になる所です。 一番大事なバトルだと認識してるのが伝わってきました。 でもスピード感や迫力は漫画の方が伝わってくるなと感じました。 一番見たかったバトルを梶さん杉田さんボイスで見られて最高でした。 最凶」を視聴しましたが、作画が改善されているように感じました。 魔神化しているメリオダスも過去の「七つの大罪シリーズ」と近いものを感じました。 それでも、他のキャラクターたちやカットシーンにおいてはやはり、作画は相変わらずと行った所ですね。 同タイトルの作画担当 第2話「聖戦の記憶」 第4話「<十戒>VS. <四大天使>」 第6話「それをボクらは愛と呼ぶ」 第8話「人形は愛を乞う」 以上の話数で担当している方の回は比較的作画も安定しているように感じます。 逆に、複数人が作画監督を務めている回では、作画が不安定に感じますね。 話数によって差があるのは視聴者も困りますね。 まとめ 今回は、七つの大罪・神々の逆鱗はなぜテレビ東京なのか、TBSで放送しなくなった理由について推察していきました。 明確な理由は表記されていませんが、テレビ局側、制作側など様々な思惑があると思います。

次の