パクソジュン愛犬。 パクソジュンの親友はテテで愛犬デートが話題?他の仲良し俳優は誰?|韓国ドラマ大好き主婦のひとり言

デマ確定?パクミニョンとパクソジュンの愛犬の種類が同じは匂わせではない|newstyle

パクソジュン愛犬

芸名にした理由は?本名は? 本名はパクヨンギュ 박용규 さん。 大学在学中に兵役を終え、24歳(韓国年齢)でデビューしたものの、オーディションは落ちてばかりでなかなかうまくいきませんでした。 そんな時芸能界ではよくあることですが、「名前を変えたらどうだろうか?」とパクソジュンさんも思ったようです。 たいがいは作名所へ行き作名士が占いで決めるのですが、パクソジュンさんの場合は自分で考え、それを作名士にみてもらいOKを出されたというケースだそうです。 本名も改名したの? 韓国では芸名で活動していて、本名まで改名する人が時々います。 さんがそうですね。 パクソジュンさんは本名までは改名していません。 今も家ではヨンギュと呼ばれているとのこと。 韓国で「ソジュン」という名前は洗練された都会的な、いまどきなイメージがあります。 いかにも現代的な名前で、ソジュンというおじいさんはまずいないでしょう。 対して、ヨンギュというとすごく庶民的な、全然あか抜けない感じの、おじさん、おじいさんにもいそうなお名前なのです。 そのため 「近所のお兄さんみたいな親近感ある本名を持つスター」に選ばれたことがあります。 そして 「いつでもどこででも自信を持ってお見せできるようにする、というのが俳優としての役割だと思う」 と語っています。 キム秘書がなぜそうか、のタイトルになぞらえて「パクソジュンの体つきはなぜそうか」というパロディ記事もありました(笑) 映画「ミッドナイトランナー」の時は役作りのために、主にウェイトトレーニングをやり、アクションスクールで柔道も習ったそうです。 2019年1月のさんのインタビューで 「私が通っているジムがパクソジュンさんと同じところなんです。 同い年だけど、彼は学校の先輩だからお互い敬語使う仲で。 osen. kr参考) とのことで、パクソジュンさんがミルクシスルを愛用していることがわかりました。 ミルクシスルとは肝臓に効き目があると言われるハーブです。 どのメーカーまでは特定されていないのですが、楽天でも売っています。 筋肉のための食事は? 体を作るために 「朝起きてすぐ、さつまいもを食べる。 2時間ごとにさつまいも、鶏の胸肉を食べる。 」 とのこと。 「時々オレは何をやってるんだろうってすごく苦痛になる時もある。 運動を始めたら3週間は耐えなければならない。 そうすれば体のリズムができて継続できるようになる。 ピラティスも時々やるけど、すごくいい」 やはりすごく苦痛な瞬間がたくさんあるんですね。 2017年のインタビューで 「運動を始めて8年目ですでに習慣となった」と話していて今では運動しないほうが体の調子が悪くなるのだとか。 ストレッチをたくさんして、汗を流すことで一日を気分良く過ごすことができるんだそうです。 スポンサーリンク パクソジュンの性格は真面目? パクソジュンさんは、たびたびインタビューでご自身の性格について「人見知り」だと語っています。 子供時代は恥ずかしがりやで消極的だった、人見知りをどうにかしたいけど天性のものだ、と。 しかし、俳優になってからは自分から先に近づいていくようにし、 「打ち解けるために冗談もよくいいます。 」 と話しています。 またご自身の最大の強みは「忍耐」だそうです。 目標に向かって、簡単にあきらめずできるところまで頑張る。 そんなところが自分をぶれることなく俳優を続けてきた原動力になっているのだとか。 実は無名時代はルックスのことをたくさん指摘されていたようです。 「自分の顔がコンプレックスでした。 見た目のことでたくさん指摘されて、この道は自分に正しいんだろうか、いつも悩んでいました。 そんなコンプレックスを作ってくださった方々が今は私に見た目がいいと言ってくれるんですよ。 (笑)その方に今は感謝しています。 絶えず努力できたのはその方々のおかげだから。 以前は話し方も今よりはるかにどもりがちで、子供っぽく、男らしくないと言われたこともあります。 そのような部分を直そうと努力したので今の自分になることができたと思います」 大変な努力家なんですね。 そしてパクソジュンさんを調べていくとよく出てくるキーワードが「責任感」 「撮影現場の雰囲気はいつもよくなければいい作品は作れない、主演として自分がその雰囲気を作ってリードする責任があると思う」 (2015年魔女の恋愛インタビュー) 責任感が強いあまり、反省が多いようです。 「キム秘書がなぜそうか」で演じたナルシストのイ・ヨンジュン役によって、パクソジュンさん自身の性格にも影響したとのこと。 「自分の行動や結果について、足りなかった部分ばかり考えている。 だからいつも悲観的で冷静になる。 ところが、イヨンジュンというキャラクターは自分自身を愛している。 私はこれまで自分をほめるということをしてこなかった。 」 イヨンジュン役との出会いにより、自分に厳しすぎる性格を省みるようになったとのことです。 礼儀正しくて、人柄がめっちゃよかった とのことです。 スタッフや共演者に評判がいいというのは、本当のようですね。 今もその気持ちは変わらないけど、座右の銘というほどではない。 特に座右の銘っていうのもない。 あるときから、言葉に縛られたくないと思うようになった。 以前は自分はいつも正直で正しい人間でなければいけない、と思っていて、そうすると行動に制約がかかる。 犯罪を犯すわけでもないのだから、楽に過ごせるように座右の銘というのは決めないことにした」 責任感が強いことはいいことですが、そのあまりに自分で自分を苦しめているのではないか、30代はもっと肩の力を抜いていこうと思っているようでした。

次の

デマ確定?パクミニョンとパクソジュンの愛犬の種類が同じは匂わせではない|newstyle

パクソジュン愛犬

芸名にした理由は?本名は? 本名はパクヨンギュ 박용규 さん。 大学在学中に兵役を終え、24歳(韓国年齢)でデビューしたものの、オーディションは落ちてばかりでなかなかうまくいきませんでした。 そんな時芸能界ではよくあることですが、「名前を変えたらどうだろうか?」とパクソジュンさんも思ったようです。 たいがいは作名所へ行き作名士が占いで決めるのですが、パクソジュンさんの場合は自分で考え、それを作名士にみてもらいOKを出されたというケースだそうです。 本名も改名したの? 韓国では芸名で活動していて、本名まで改名する人が時々います。 さんがそうですね。 パクソジュンさんは本名までは改名していません。 今も家ではヨンギュと呼ばれているとのこと。 韓国で「ソジュン」という名前は洗練された都会的な、いまどきなイメージがあります。 いかにも現代的な名前で、ソジュンというおじいさんはまずいないでしょう。 対して、ヨンギュというとすごく庶民的な、全然あか抜けない感じの、おじさん、おじいさんにもいそうなお名前なのです。 そのため 「近所のお兄さんみたいな親近感ある本名を持つスター」に選ばれたことがあります。 そして 「いつでもどこででも自信を持ってお見せできるようにする、というのが俳優としての役割だと思う」 と語っています。 キム秘書がなぜそうか、のタイトルになぞらえて「パクソジュンの体つきはなぜそうか」というパロディ記事もありました(笑) 映画「ミッドナイトランナー」の時は役作りのために、主にウェイトトレーニングをやり、アクションスクールで柔道も習ったそうです。 2019年1月のさんのインタビューで 「私が通っているジムがパクソジュンさんと同じところなんです。 同い年だけど、彼は学校の先輩だからお互い敬語使う仲で。 osen. kr参考) とのことで、パクソジュンさんがミルクシスルを愛用していることがわかりました。 ミルクシスルとは肝臓に効き目があると言われるハーブです。 どのメーカーまでは特定されていないのですが、楽天でも売っています。 筋肉のための食事は? 体を作るために 「朝起きてすぐ、さつまいもを食べる。 2時間ごとにさつまいも、鶏の胸肉を食べる。 」 とのこと。 「時々オレは何をやってるんだろうってすごく苦痛になる時もある。 運動を始めたら3週間は耐えなければならない。 そうすれば体のリズムができて継続できるようになる。 ピラティスも時々やるけど、すごくいい」 やはりすごく苦痛な瞬間がたくさんあるんですね。 2017年のインタビューで 「運動を始めて8年目ですでに習慣となった」と話していて今では運動しないほうが体の調子が悪くなるのだとか。 ストレッチをたくさんして、汗を流すことで一日を気分良く過ごすことができるんだそうです。 スポンサーリンク パクソジュンの性格は真面目? パクソジュンさんは、たびたびインタビューでご自身の性格について「人見知り」だと語っています。 子供時代は恥ずかしがりやで消極的だった、人見知りをどうにかしたいけど天性のものだ、と。 しかし、俳優になってからは自分から先に近づいていくようにし、 「打ち解けるために冗談もよくいいます。 」 と話しています。 またご自身の最大の強みは「忍耐」だそうです。 目標に向かって、簡単にあきらめずできるところまで頑張る。 そんなところが自分をぶれることなく俳優を続けてきた原動力になっているのだとか。 実は無名時代はルックスのことをたくさん指摘されていたようです。 「自分の顔がコンプレックスでした。 見た目のことでたくさん指摘されて、この道は自分に正しいんだろうか、いつも悩んでいました。 そんなコンプレックスを作ってくださった方々が今は私に見た目がいいと言ってくれるんですよ。 (笑)その方に今は感謝しています。 絶えず努力できたのはその方々のおかげだから。 以前は話し方も今よりはるかにどもりがちで、子供っぽく、男らしくないと言われたこともあります。 そのような部分を直そうと努力したので今の自分になることができたと思います」 大変な努力家なんですね。 そしてパクソジュンさんを調べていくとよく出てくるキーワードが「責任感」 「撮影現場の雰囲気はいつもよくなければいい作品は作れない、主演として自分がその雰囲気を作ってリードする責任があると思う」 (2015年魔女の恋愛インタビュー) 責任感が強いあまり、反省が多いようです。 「キム秘書がなぜそうか」で演じたナルシストのイ・ヨンジュン役によって、パクソジュンさん自身の性格にも影響したとのこと。 「自分の行動や結果について、足りなかった部分ばかり考えている。 だからいつも悲観的で冷静になる。 ところが、イヨンジュンというキャラクターは自分自身を愛している。 私はこれまで自分をほめるということをしてこなかった。 」 イヨンジュン役との出会いにより、自分に厳しすぎる性格を省みるようになったとのことです。 礼儀正しくて、人柄がめっちゃよかった とのことです。 スタッフや共演者に評判がいいというのは、本当のようですね。 今もその気持ちは変わらないけど、座右の銘というほどではない。 特に座右の銘っていうのもない。 あるときから、言葉に縛られたくないと思うようになった。 以前は自分はいつも正直で正しい人間でなければいけない、と思っていて、そうすると行動に制約がかかる。 犯罪を犯すわけでもないのだから、楽に過ごせるように座右の銘というのは決めないことにした」 責任感が強いことはいいことですが、そのあまりに自分で自分を苦しめているのではないか、30代はもっと肩の力を抜いていこうと思っているようでした。

次の

【トピック】俳優パク・ソジュン、愛犬とのショットで鍛えあげた腕の筋肉が話題│韓国俳優・女優│wowKora(ワウコリア)

パクソジュン愛犬

所属事務所は、 「2人が付き合っている事実はなく、仲のいい同僚だけです。 」と熱愛を否定しています。 匂わせでペアルックとなれば、「私たち付き合ってるの!」と実はアピールしていたのかも。 ヒョリン(2016年に噂) パクソジュンさんの熱愛のお相手は、4人組のガールズグループ「SISTAR」の元メンバー。 交際の噂となった理由は、 パクソジュンさんがSISTERのメンバーの中で一番仲が良いとヒョリンさんの名前を言ったことからでした。 ヒョリンさんとは「ドリームハイ2」で共演しています。 インスタグラムでも仲良くポーズを決める写真もアップされました。 「ごちそうさまでした。 他にも仲の良さがうかがえるこんなエピソードも。 ヒョリンさんは「私を男性とし見てるから異性的な関係にならない」と男友達のような関係ということを強調。 異性同士で仲が良い&美男美女だとファンの間でも熱愛を噂してしまうのも分かりますね! ヒョリンさんはパクソジュンさんの両親にも会っているぐらいの関係なので、かなり親密な異性同士の親友のようです。 キム・ジウォン(2017年に噂) 3人目の歴代彼女と噂されたのは、キムジウォンさん。 パクソジュンさんとは2017年の「サム、マイウェイ」で共演したことがきっかけで熱愛の噂が出ました。 ドラマでの演技が本当にお似合いのカップルという感じで「本当に付き合っている2人なのでは?」という噂も。 ドラマの中では、幼稚園からの幼なじみ役で次第に恋心に気付き始め恋愛に発展するストーリー。 2人の関係が深くなっていくと、キスシーンも多くなりフレンチな軽いキスから激しいキスまで視聴者も引き込んでしまうぐらいの熱演。

次の