境界 性 人格 障害。 [境界性パーソナリティ障害]周りの対応は、ダメ・がまん・大丈夫がキーワード

境界性パーソナリティ障害(BPD)

境界 性 人格 障害

この記事の目次• 境界性パーソナリティ障害とは 境界性パーソナリティ障害とは、強い自己否定感が根底にあり「自分は生きる価値がない」と思ってしまう状態です。 気分の波が激しくて、感情が不安定であり、良い・悪いなどを両極端に判定したり、強いイライラ感が抑えきれなくなったりすることが特徴です。 若い女性に多く、患者の男女比は1:3となっていて、人口の約2%は境界性パーソナリティ障害と言われています。 つまり、50人に1人は境界性パーソナリティ障害であり、珍しい病気ではないということです。 境界性という言葉は、「神経症」と「統合失調症」という2つの病気の境界のような症状を示すことを表しています。 また、パーソナリティ障害は人格障害という意味ですね。 つまり、境界性パーソナリティ障害は「神経症と統合失調症の2つの境界にある人格障害」ということになります。 境界性パーソナリティ障害の12の特徴 境界性パーソナリティ障害の特徴を見ていきましょう。 境界性パーソナリティ障害とは、次のような症状が出てきます。 1.見捨てられたくないという不安 境界性パーソナリティ障害は、とにかく「見捨てられたくない!」という不安を持っています。 この「見捨てられたくない」という不安が境界性パーソナリティ障害の根底にあるものと言って良いでしょう。 人に見捨てられないためには、なりふり構わず行動することもあります。 2.かまってちゃん気質 境界性パーソナリティ障害の特徴の2つ目は、かまってちゃん気質が強いことです。 見捨てられたくない、かまってほしいと思っていて、そのためにはどんなことでも行動するので、境界性パーソナリティ障害は、究極のかまってちゃんタイプと言えるかもしれません。 3.対人関係がめまぐるしく変わる 境界性パーソナリティ障害の人は、対人関係がめまぐるしく変わります。 安定した対人関係を築くことができません。 境界性パーソナリティ障害の人は、見捨てられたくないために、相手に依存していきます。 その過程の中で、その人を勝手に理想化していくのです。 でも、何かの拍子に「あれ?思っていたのとは全然違うじゃん!」と失望し、勝手に理想化した相手の評価を下げます。 「この人がいないとダメ!この人は最高!」と思っていたのに、突然「ダメじゃん、この人!」と思ってしまうというわけですね。 これを繰り返すので、対人関係はどんどん変わっていき、長年ずっと変わらない人間関係を築いていくことができないのです。 4.気分や感情が安定しない 境界性パーソナリティ障害の特徴、4つ目は気分や感情が安定しないことです。 境界性パーソナリティ障害の人は感情のふり幅が大きく、気分が安定しないため、周囲の人がついていくことができないことも少なくありません。 うつ病や双極性障害(躁うつ病)を併発していることも少なくありません。 5.感情のブレーキが利かない 境界性パーソナリティ障害の5つ目の特徴は、感情のブレーキが利かないことです。 境界性パーソナリティ障害の人は、ちょっとしたことで突然怒り出したり、泣き出したり、かんしゃくを起こすことがあります。 周囲の人から見ると、「え?そんなことで!?」と思うような些細なことで、境界性パーソナリティ障害の人は思いっきり傷ついているということもあります。 6.周囲の人間関係をこじらせる 周囲の人間関係をわざと拗らせることも、境界性パーソナリティ障害の特徴です。 自分を見てほしい、自分に注目させたい、自分の近くにいてほしいという思いから、わざと周囲の人間関係を壊すような言動をしてしまうことがあります。 自分に同情を向けようとしているんですね。 7.自傷行為など自殺するふりを繰り返す 境界性パーソナリティ障害の特徴、7つ目は自傷行為など自殺するふりを繰り返すことです。 境界性パーソナリティ障害の人は、なんとか自分に注目を集めよう、見捨てられないようにしたいという思いから、「私、自殺するから!」と宣言して自殺するふりをしたり、リストカットをしたりします。 ただ、「自殺するふり」ではなく、本当に自殺してしまうケースも少なくなく、アメリカの調査によると、境界性パーソナリティ障害の人の9~10%は自殺してしまうとのことです。 8 .問題行動を起こす 境界性パーソナリティ障害の特徴、8つ目は問題行動を起こすことです。 喧嘩や暴力沙汰をよく起こしたり、違法薬物を使用したり、万引きしたりなどですね。 境界性パーソナリティ障害の人は、上記のような問題行動・犯罪行為を起こすことがあるんです。 9.自分を大切にしない行為をする 境界性パーソナリティ障害の人は、自分を大切にしない行為を行います。 ・奔放すぎる性行為 ・アルコールの乱用 ・過食や自己嘔吐 ・ギャンブルや買い物での異常なまでの浪費 このような日常生活を破滅させるような行為を境界性パーソナリティ障害の人は行うのです。 10.幸せを感じにく い 境界性パーソナリティ障害の人は、幸せを感じにくいことも特徴です。 空虚感を常に持っていて、空しい・寂しいという気持ちがあります。 また、抑うつ症状が出ることも多いので、幸せを感じにくいのです。 11.強いストレスがかかると一時的に記憶がなくなる 境界性パーソナリティ障害の特徴、11個目はストレスがかかると、一時的に記憶がなくなることです。 ストレスがかかると、その防衛機能として、解離症状が現れます。 そのため、その時に記憶が飛んでしまうのです。 12.人と関わろうとしないこともある 境界性パーソナリティ障害の人は人に依存して、見捨てられないようにすることが多いです。 でも、対人関係を築くことに恐怖を持ち、対人関係を築くことを回避して、人と関わろうとしないこともあります。 境界性パーソナリティ障害の芸能人・有名人13名 境界性パーソナリティ障害を持つ芸能人・有名人をご紹介します。 ただ、ここで御紹介する人は、きちんとした診断がついていたわけではなく、「多分そうだろう」と推測の人も含まれています。

次の

境界性人格障害の治療法:薬物療法

境界 性 人格 障害

態度の変化(理想化&こき下ろし、しがみつくような態度&孤立して遠ざかろうとする態度)と、他人を操作しようとする作為的な行動様式に象徴される、緊張した不安定で激しい対立関係。 潜在的な自滅的傾向を表す2つ以上の領域にかかわる衝動性。 (例:薬物乱用、不特定多数との性行為、ギャンブルへの傾倒、万引き、浪費癖、過食や拒食 など)• 感情の不安定性。 基本的な感情から、うつ、苛立ち、不安へと著しく感情が変化する。 このような状態が、通常数時間持続し、稀に数日間以上続く。 激しく理不尽な怒り、または自制できない怒りの爆発。 (例:たびたびの癇癪、恒常的な怒り、暴力的な喧嘩の繰り返しなど。 自殺するというほのめかしや脅し、自殺の試み、自傷行為の繰り返し。 自己像、性的志向性や性行動、長期的目標、職業の選択、友人関係、道徳的な価値観などのうち、最低2項目以上がかかわる顕著で持続的なアイデンティティの混乱。 慢性的な空虚感、倦怠感。 現実的に、あるいは想像の上で見捨てられることを回避するためのがむしゃらな努力。 たとえ彼らが病気を認めようとしなくてもです。 無邪気に異性と楽しんだっていいはずです。 世の中に貢献する私独自の才能を正しく評価してくれる人と一緒にいる権利があるのです。 落ち込み、人間以下のような気分にさせられる場にいる必要はないのです。 別居をするなど関係性の線引きをします。 家計分離や夫婦名義のものの整理、特有財産の仕分けなど、きちんと線引きをすることを意識して下さい。 第二段階は、連絡方法や婚姻費用等のルールを定めます。 定めたルールは遵守します。 ここで自らルールに背いてしまうと、次の段階に入ることができません。 ルールが浸透すると、相手は次第に落ち着いてきます。 第三段階は、いよいよ離婚にむけた説得に入ります。 この方法は、協力者の有無やBPDの程度などにより進め方は違ってきます。 これらに共通して言えるのは、「言葉と態度を矛盾させない。 」ことです。 言葉では離婚と言いながら、態度は優しいなどの矛盾は、相手を苦しめます。 どちらを信じて良いのか混乱し、優しい態度が本心と信じようとして、痛々しいまでのがむしゃらな報われない努力を始めます。 一緒に居られないほど不安定な感情的をぶつけられたりしたものと思いますがモンスターではなく、反面愛すべき可愛いところもたくさんあったはずです。 いたずらに、報われない努力を長引かせるのは残酷です。 離婚を決意した側も苦しいとは思いますが、始めた以上、後戻りはできないと覚悟を決めてやり通して下さい。 「S」サポート(支持) 相手を気遣っているという個人的な気持ちを表明すること。 自分が心から力になりたいと思っていることを伝える。 例:「あなたがどんな気持ちでいるのかとても心配している。 「E」エンパシー(共感) BPDの人の混乱した気持ちを受け止める姿勢。 共感と同情は、全く別のものなので、混同しないようにすること。 同情は、相手に対して失礼です。 また、強調される内容は、相手の気持ちであって、感情の主体を自分にもってこないこと。 共感を表明するときは、感情を極力抑えて、中立的な表現を心がけること。 例:「どんなにつらいことでしょう。 「T」トルース(真実) 自己にかかわる最終的な責任はBPDである本人にしかとれないこと、それは、どんなに力になろうとする気持ちがあっても、他の誰にも肩代わりすることはできないと表明すること。 今そこにある問題を認識し、その解決に向けて具体的に何がなされるべきかを述べること。 主観を交えず、客観的な姿勢で事実に即して伝える。 例:「何があったかといえば…それで結果としてこのようなことがあって…私にはこれこれができる…あなたはどうしたいの?(それで、どうしようと考えているの?)」 決して「だからこういうことになったんだろう!」「自分でまいた種なんだから自分で始末しなさい!」などと言ってはいけません。 BPDの人たちは、他人の傷つきやすい領域を敏感に感じ取り、怒りやフラストレーション、自信喪失、絶望感を引き起こす方向へ誘導しようとします。 また、BPDの人たちは、相手の容認を自分にとって最も都合のよいかたちで理解します。 自分にかかわる責任を相手が引き受けてくれる証か、自分の感じ方や考え方が全面的に受け入れられて支持されているという理解です。 BPDの人たちは、相手にしがみつこうとするあからさまな態度をいつまでも続けていきます。 しかし、攻撃的な態度や過大な要求は受け付けないという線引きをしなければ、BPDの人たちの要求は増大するばかりです。 要求を受け入れても新たな要求がでてくるため、BPDの人たちに満足してもらうことは不可能であり、やがて破綻をきたします。 BPDの人たちの要求に振り回されることなく、安定した信頼のおける存在として、付き合っていくことが必要です。

次の

境界性人格障害の特徴とは?女性に見られる特徴について

境界 性 人格 障害

自殺企図や自殺のほのめかし、また(例えば、自分の体を切ったり、焼いたりする)などのが非常によくみられます。 このような自己破壊的行為の多くは死ぬことを意図したものではありませんが、このような患者では自殺リスクが一般の人より40倍高くなります。 境界性パーソナリティ障害の人のおよそ8~10%が自殺により死亡します。 このような自己破壊的行為は、しばしば近しい人により拒絶されたこと、見捨てられたという思い込み、または近しい人への失望により引き起こされます。 また患者は、自分が悪い人間であるという感情を表現するため、または自分が現実のものではないと感じたり、自分から切り離されていると感じたりする(と呼ばれる)場合に感じる能力を取り戻すために、自傷行為を行っている可能性があります。 , Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の