厚生 労働省 アンケート。 第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の結果及び第3回「新型コロナ対策のための全国調査」の実施のお知らせ

LINEに厚生労働省からコロナウイルスのアンケートが来たけど本物?詐欺?

厚生 労働省 アンケート

各種調査研究結果 メンタルヘルス対策 調査研究結果の名称 発 表 日 団 体 名 概 要 平成25年6月 1. 6割の企業が異常所見のある社員をフォローアップ。 そのうち、メンタルヘルスでは6割弱の企業が「事案に応じて主治医と連携」と回答 2. 慣行を含めると9割の企業に病気休職制度がある。 そのうち8割弱が就業規則等に規定 3. 病気休職制度がある企業のうち、「非正社員には適用されない」が48. 5% 4. 過去3年間で半数の企業に休職者。 非正社員の休職者がいる企業は1割程度 5. 過去3年間の復職率の平均値は51. 9%で、2人に1人は復職。 一方、退職率が高いのは「がん」「メンタルヘルス」「脳血管疾患」 6. 「休職をせずに退職」、正社員に比べ非正社員のほうが高い 平成23年6月 1. 6割弱の事業所でメンタルヘルスに問題を抱えている社員がおり、その人数は増加傾向 2. メンタルヘルスによる休職・退職者がいる事業所の3分の1が対策に取り組んでいない 3. メンタルヘルス問題が企業パフォーマンスに負の影響を与えると約9割の事業所が認識 4. メンタルヘルス対策に取り組んでいない事業所でも、過半数が「今後は強化する」 平成26年3月 、 労働者のメンタルヘルスの状況に着目した一次予防手法の一つであるストレスチェックに関し、その調査項目として妥当で適切なもののあり方等について、その科学的根拠をより明確なものにするため、専門委員会を設置して検討を行うとともに、ストレスチェックの実施等による労働者の健康の保持や職場環境改善の効果等に関する内外の文献収集を行った。 (厚生労働省委託事業) 平成23年3月 厚生労働省厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業 最近精神障害に対する早期支援・治療の重要性が強調されており、労働者のメンタルヘルス不調を予防し、かつ早期に支援・介入するための、事業所内外の関係者が連携した包括的な枠組みを作り上げる必要がある。 今回の研究では、職域のメンタルヘルスケアの弱点とグッドプラクティス事例の把握の両面を行い、有効な予防・早期介入支援策を明らかにすると共に、関係者の資質向上のための教育プログラムや教材を開発することを目的として、3年計画で研究を行った。 平成24年3月 厚生労働省厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業 本研究の目的は、? 労働者のメンタルヘルス不調の第一次予防対策について科学的根拠に基づく EBM ガイドラインを作成し、? 対策の浸透ツールとして、職業性ストレス簡易調査票および仕事のストレス判定図を拡張した新しい職業性ストレス調査票を開発・標準化し、? 労使、産業保健関係者によるステークホルダー会議により対策の推進枠組みを確立し、? 海外(WHO、欧州、米国)の推進施策を収集・整理し、わが国における労働者のメンタルヘルス不調の第一次予防を中(小)規模事業場も含めて浸透させるツールを提供し、今後の施策について提案することである。 平成24年11月 ほぼ全事業場が「メンタルヘルスに関心あり」 3割の事業場で「不調者が増加」~大多数の事業場でやり方・進め方が分からず対応に苦慮~ 1. メンタルヘルスへの事業場の関心は高く、担当部署の組織化が進展 2. 4割強で「従業員のメンタルヘルスに関しての実態調査」を実施しているが、実施率は製造業に比べサービス業は低調 3. 7割強で教育の実施、関連情報の提供も積極的 4. 困っていることは「不調者の増加」「社員の関心が低い」「やり方が分からない」 平成22年8月 ストレスチェック制度 調査研究結果の名称 発 表 日 団 体 名 概 要 平成30年3月 本報告書は平成29年度厚生労働省委託事業にて建設業等の下請事業場の重層構造で構成された現場におけるストレスチェックの実施及び結果の集団分析による職場環境改善の手法について調査した結果をまとめたものです。 10現場への介入調査を基に建設現場等におけるストレスチェックの効果的な運用方法について検証しています。 平成23年10月 日本の労働者の属性別構成比を模した集団を対象とした「ストレスに関連する症状・不調の9項目」を含む質問票調査を実施し、提案された高ストレス者の現在の割合と、その特性を基本属性、仕事関連要因や健康関連指標において比較・検討することで、その妥当性等について検討したものです。 ストレスに関連する症状・不調を把握する際に「ストレスに関連する症状・不調の9項目」は「よく眠れない」などの他の項目候補と比べても心理測定学的に有用な質問項目であること、様々な労働者属性や職場環境の要因においては高ストレス者の分布が異なること、種々の健康関連指標と高い相関を示すことが明らかにされています。 平成22年10月 労働者のストレスに関する症状・不調を適切かつ簡便に確認するための標準的な項目を検討すべく、職場の実態等を踏まえた実用的なストレス確認項目(チェックリスト)及び判定基準のあり方を専門的見地から検討し、報告書が取りまとめられました。 研究課題、研究者名、研究成果(報告書本文等)を含み、検索も可能な厚生労働科学研究成果データベースを公開しております。 「経済、経営」、「人口、雇用、失業」等経済に関わる統計指標から、「賃金水準」、「労働時間」等労働に関わる統計指標まで、最新の発表を基に更新されています。 産業医、産業看護職、衛生管理者等が行う、労働者の健康管理等に関する活動を支援しています。 メンタルヘルスに関する企業、労働組合、自治体、従業員等に対する調査結果の概要.

次の

厚生労働省のラインアンケートはやっぱり詐欺?疑われる3つの理由とは?

厚生 労働省 アンケート

Contents• 厚生労働省の全国アンケート調査とは? 通信アプリ大手のLINEは、新型コロナウイルス対策で厚生労働省と情報提供の協定を結び、この一環として、8000万人を超える国内の利用者を対象に、31日から健康状態などの調査を行うことになりました。 調査は、LINEが国内のすべての利用者を対象に31日から行い、4月1日までの回答を呼びかけます。 そして年齢、性別、住んでいる地域の郵便番号などを答えてもらい、個人が特定されない形で統計処理をして厚生労働省に提供します。 LINEの国内の利用者は月間およそ8300万人に上り、会社は、クラスターと呼ばれる感染者の集団が発生している地域の把握や、行政による感染拡大防止のための施策に役立てたいとしています。 集めたデータは結果を分析したあと速やかに廃棄する、と説明しています。 調査は継続的に実施し、2回目は来月5日に行う予定だということです。 より NHKでこのように報道されています。 また、厚生労働省のHPにも 「厚生労働省とLINEは「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」を締結しました」 スポンサードリンク 厚生労働省の全国アンケート調査・偽物の見分け方 本物 LINE公式バッジ 本物にはアカウント名「LINE」の横に星印の入った 緑の公式バッジがついてます。 ブロック 公式アカウントはブロックできません。 もし、ブロック出来たら偽物です。 質問は7問• Q.最初に上の画面の質問に答えます。 Q1.感染予防にしていること• Q2.渡航歴• Q3.仕事内容• Q4.年齢• Q5.性別• Q6.郵便番号 Q~Q6までです。 最初の質問がQで始まるので7問ありますが、 最後はQ6になります。 文字入力は無し ほぼタップして選択するだけで• 郵便番号 のみ入力します。 どちらも数字を入力です。 ひらがなや漢字を入力する画面はありません。 偽物 クレジットカード番号 クレジットカードの番号を入力する画面が出てくるそうです。 すでに出回っているらしいです。 アンケートに答えて謝礼をくれるならともかく、支払いをするわけもなく、クレカ番号入力なんてどう考えてもおかしいですよね。 免許証 「本人確認のため、免許証の画像をアップロードしてください。 」というのもありそうですね。 うっかり画像をアップしてしまったりしたら、勝手に消費者金融からお金を借りられてしまったりという被害もあるかもしれないので気を付けましょう。 スポンサードリンク 個人情報は大丈夫? 郵便番号を入力するので、個人情報が洩れるのでは?と心配してらっしゃる方がチラホラ。 こんな感じでLINEからもお知らせされているので大丈夫だと思います。 そもそも、同じ郵便番号の地域に一体何人が暮らしているのか...。 体調が悪い人が多いのはどの地域か?とか、海外渡航者が多いからこの地域は今後注意!とかそういったデータを得るための郵便番号だと思うんですよね。 って、そんなデータ集めても何の役にも立ちませんからね。 LINE厚生労働省全国アンケート調査への反応 で個人情報の漏洩・悪用を心配している人が友達にもちらほら。 アンケートで要求されるのは「体調」「行っているコロナ対策」「年齢」「性別」「郵便番号」。 確かに心配だ。 やめた方が良いよ。 もちろん僕はLINE、Facebook、Twitter、どれにも電話番号や本名は登録してない。 この配慮は評価したい。 クレジットカードを入力させるのは偽物なので削除。 要注意です。 — しもむら天弘 Buddhist priest shimomuratenkou 今、協力出来る事はしていきたいです。 ツイート情報によると、偽物?もあるらしいので、皆さん気を付けて下さい。 まだ何もトラブルは無いみたいだけど、こういうのはだいたい偽物が出回るから、公式マークをチェックするクセをつけましょう。 本物であれば【ブロック】する事ができません。 あと郵便番号を送りたくない人は上3桁だけ記入して、下4桁は「0000」で送ればいいと思いますよ。。 — Barnirun Barnirun LINE厚生労働省全国アンケート調査・偽物の見分け方や個人情報について調査!まとめ• 厚生労働省全国調査自体は本物• LINE公式は緑のバッジが目印• 偽物が出回っているので要注意• 個人を特定できるような情報はない模様 人それぞれ考え方は色々です。 強制ではありませんので、どうしても不安な方はやめておいたらいいと思います。 そういえば、JKのライン離れの話題がありましたね。 JKからの情報は集まらないんでしょうか? 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 では、また。 ごきげんよう。

次の

LINEに厚生労働省からコロナウイルスのアンケートが来たけど本物?詐欺?

厚生 労働省 アンケート

各種調査研究結果 メンタルヘルス対策 調査研究結果の名称 発 表 日 団 体 名 概 要 平成25年6月 1. 6割の企業が異常所見のある社員をフォローアップ。 そのうち、メンタルヘルスでは6割弱の企業が「事案に応じて主治医と連携」と回答 2. 慣行を含めると9割の企業に病気休職制度がある。 そのうち8割弱が就業規則等に規定 3. 病気休職制度がある企業のうち、「非正社員には適用されない」が48. 5% 4. 過去3年間で半数の企業に休職者。 非正社員の休職者がいる企業は1割程度 5. 過去3年間の復職率の平均値は51. 9%で、2人に1人は復職。 一方、退職率が高いのは「がん」「メンタルヘルス」「脳血管疾患」 6. 「休職をせずに退職」、正社員に比べ非正社員のほうが高い 平成23年6月 1. 6割弱の事業所でメンタルヘルスに問題を抱えている社員がおり、その人数は増加傾向 2. メンタルヘルスによる休職・退職者がいる事業所の3分の1が対策に取り組んでいない 3. メンタルヘルス問題が企業パフォーマンスに負の影響を与えると約9割の事業所が認識 4. メンタルヘルス対策に取り組んでいない事業所でも、過半数が「今後は強化する」 平成26年3月 、 労働者のメンタルヘルスの状況に着目した一次予防手法の一つであるストレスチェックに関し、その調査項目として妥当で適切なもののあり方等について、その科学的根拠をより明確なものにするため、専門委員会を設置して検討を行うとともに、ストレスチェックの実施等による労働者の健康の保持や職場環境改善の効果等に関する内外の文献収集を行った。 (厚生労働省委託事業) 平成23年3月 厚生労働省厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業 最近精神障害に対する早期支援・治療の重要性が強調されており、労働者のメンタルヘルス不調を予防し、かつ早期に支援・介入するための、事業所内外の関係者が連携した包括的な枠組みを作り上げる必要がある。 今回の研究では、職域のメンタルヘルスケアの弱点とグッドプラクティス事例の把握の両面を行い、有効な予防・早期介入支援策を明らかにすると共に、関係者の資質向上のための教育プログラムや教材を開発することを目的として、3年計画で研究を行った。 平成24年3月 厚生労働省厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業 本研究の目的は、? 労働者のメンタルヘルス不調の第一次予防対策について科学的根拠に基づく EBM ガイドラインを作成し、? 対策の浸透ツールとして、職業性ストレス簡易調査票および仕事のストレス判定図を拡張した新しい職業性ストレス調査票を開発・標準化し、? 労使、産業保健関係者によるステークホルダー会議により対策の推進枠組みを確立し、? 海外(WHO、欧州、米国)の推進施策を収集・整理し、わが国における労働者のメンタルヘルス不調の第一次予防を中(小)規模事業場も含めて浸透させるツールを提供し、今後の施策について提案することである。 平成24年11月 ほぼ全事業場が「メンタルヘルスに関心あり」 3割の事業場で「不調者が増加」~大多数の事業場でやり方・進め方が分からず対応に苦慮~ 1. メンタルヘルスへの事業場の関心は高く、担当部署の組織化が進展 2. 4割強で「従業員のメンタルヘルスに関しての実態調査」を実施しているが、実施率は製造業に比べサービス業は低調 3. 7割強で教育の実施、関連情報の提供も積極的 4. 困っていることは「不調者の増加」「社員の関心が低い」「やり方が分からない」 平成22年8月 ストレスチェック制度 調査研究結果の名称 発 表 日 団 体 名 概 要 平成30年3月 本報告書は平成29年度厚生労働省委託事業にて建設業等の下請事業場の重層構造で構成された現場におけるストレスチェックの実施及び結果の集団分析による職場環境改善の手法について調査した結果をまとめたものです。 10現場への介入調査を基に建設現場等におけるストレスチェックの効果的な運用方法について検証しています。 平成23年10月 日本の労働者の属性別構成比を模した集団を対象とした「ストレスに関連する症状・不調の9項目」を含む質問票調査を実施し、提案された高ストレス者の現在の割合と、その特性を基本属性、仕事関連要因や健康関連指標において比較・検討することで、その妥当性等について検討したものです。 ストレスに関連する症状・不調を把握する際に「ストレスに関連する症状・不調の9項目」は「よく眠れない」などの他の項目候補と比べても心理測定学的に有用な質問項目であること、様々な労働者属性や職場環境の要因においては高ストレス者の分布が異なること、種々の健康関連指標と高い相関を示すことが明らかにされています。 平成22年10月 労働者のストレスに関する症状・不調を適切かつ簡便に確認するための標準的な項目を検討すべく、職場の実態等を踏まえた実用的なストレス確認項目(チェックリスト)及び判定基準のあり方を専門的見地から検討し、報告書が取りまとめられました。 研究課題、研究者名、研究成果(報告書本文等)を含み、検索も可能な厚生労働科学研究成果データベースを公開しております。 「経済、経営」、「人口、雇用、失業」等経済に関わる統計指標から、「賃金水準」、「労働時間」等労働に関わる統計指標まで、最新の発表を基に更新されています。 産業医、産業看護職、衛生管理者等が行う、労働者の健康管理等に関する活動を支援しています。 メンタルヘルスに関する企業、労働組合、自治体、従業員等に対する調査結果の概要.

次の