プロ ん ハブ。 Skillhub [スキルハブ]

KYO

プロ ん ハブ

概要 [ ] ハプロタイプは、がもっている単一の上の遺伝的な構成(具体的には配列)のことである。 生物の場合、ハプロタイプは各座位にあるのいずれか一方の組合せをいう。 また全体に対して(複数の染色体にまたがって)いうこともあるが、この場合には特に いずれかの片親に由来する遺伝子の組合せを指す。 通常、母系のミトコンドリアと、父系のY染色体が対象となる。 さらに現在は限定的な意味として、同一染色体上で的に見て 関連のある、つまりしている([SNP]など)の組合せをいうことが多い。 このような組合せがわかれば、ある範囲内について、少数の対立遺伝子を同定することで他の多型座位も決めることができる。 このような情報は疾病の遺伝的な要因を 調べるのに特に有用であり、現在これらを収集し解析する国際的なプロジェクト、International HapMap Projectが進められた。 補足 [ ] 遺伝子型とハプロタイプは別の概念であり、個体の遺伝子型からその個体のハプロタイプを一意的に決めることはできない。 例として2つの遺伝子座位を考え、それぞれに2種の対立遺伝子(第1がAまたはa、第2がBまたはb)があるとしよう。 ある個体の遺伝子型がAaBbであることがわかったら、同じ染色体にどのペアがあるかによってハプロタイプのセットには2つの可能性がある: 染色体1の ハプロタイプ 染色体2の ハプロタイプ ハプロタイプセット1 AB ab ハプロタイプセット2 Ab aB この場合、どの特定のハプロタイプのセットが個体に現れているか(つまりどの対立遺伝子が同じ染色体上にあるか)を決定するにはさらなる情報が必要となる。 多数の個体に対して遺伝子型がわかれば、これらに共通のハプロタイプがあると考えてハプロタイプを推定できる。 可能な一組のハプロタイプがわかれば、次になるべく少数のハプロタイプで説明できる方法を選択する。 この方法には様々なものがあり、例えばや、とそれを計算する(最大化Expectation-maximization algorithm EM やMarkov Chain Monte Carlo MCMC )を用いる方法がある。 ハプロタイプの応用 [ ] 現在最も期待されているのは、既述のように疾病の遺伝的要因の解析への応用である。 ハプロタイプは親から子へ引き継がれるものであるからにも応用できる。 特に男性ののハプロタイプは父系の調査に用いられる。 Y染色体のハプロタイプは他のハプロタイプと違ってペアをなさないから、他の染色体とのが起こらずに父から息子へと伝えられる。 同じをもつ様々な子孫を調べた場合、その姓に対する標準的なY染色体ハプロタイプが見られることもある。 これはその姓を名乗った最も古い共通祖先のハプロタイプである可能性が高い。 逆にのハプロタイプは母系を推定するのに用いられている。 ハプロタイプは人類などの集団の比較にも用いられる。 ハプロタイプには多様性があり、近い集団では似ているが遠い集団では大きく異なる。 ハプロタイプを大きくまとめたものをハプログループといい、これは遺伝的集団を示す指標として用いられ、また地理的なまとまりを見せる場合が多いので、人類の移住の歴史を推定するのにも用いられる。 ハプログループ [ ] よく似たハプロタイプの集団を、 という。 これは 単倍群とも訳される。 ハプロタイプは一つでは意味がなく、たくさんのハプロタイプを統計的に処理した場合のみ、意味を持つ。 そのとき、似たハプロタイプからなるハプログループが研究対象となる。 いくつかのハプログループの系統関係を調べることで、生物(特に人間)の系統を知ることができる。 やを参照。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

iPad Pro用のUSB

プロ ん ハブ

はじめに ここ最近、IoTやスマートホームの市場は急速に成長していますね。 Google, Apple, Samsungなどの大手企業でも続々と関連商品を発売しています。 しかしちょっと試して見たい!という気持ちで買うには少しお高い感じもなくはありません。 そこで、ラズベリーパイで簡単に作ることができるスマートハブ、プロタパイをご紹介したいと思います。 またプロタOSはクラウドアクセスを使用しており、スマホやタブレット、デスクトップなどの全てのプラットフォームから使用することができます。 (さらに詳しい情報は公式ウェブサイトにてご確認ください! このプロタOSは、ラズベリーパイのOSとして使用することができます。 今回のポストではラズベリーパイでプロタOSを活用して自分だけのスマートハブを作る方法をご紹介したいと思います。 ープロタスペースモバイルアプリ(iOS, Android対応) プロタパイ設置方法 プロタパイ設置ガイド をご参考ください。 プロタパイでできること 1.自動化ストーリー作成 プロタの主要機能の一つであるストーリーズは、コード知識がない人でも日常言語で自動化ルールを作成するオートメーションエンジンです。 2.GPIO プロタパイはGPIOを使う最も簡単な方法です。 複雑なコードを書かなくても簡単にモードの入力などを行うことができるんどす。 UART(部分的にサポート)I2CとSPIは現在サポートしておりません。 ) GPIOピンを自動化に使用することもできます! 以下のGPIOピンを活用したDIYプロジェクトをご覧ください! 1.ラズパイ、プロタOS、古いウェブカメラで簡単に仕上げるスマートカメラ 高いスマートカメラやCCカメラを買う必要がありません!最小限の努力と最小限の費用でスマートカメラ、自作可能です。 GPIOを活用した自動化はこれからのポストでさらに詳しくご紹介したいと思います。 それ以外にもWebcamアプリでプロタをセキュリティーカメラとして活用することも、Volumioアプリで音楽を聞くことも可能です。 IFTTTチャンネルも持ってますので、IFTTT対応の様々なデバイスやウェブサービスを連動することももちろん可能なのです!様々なアプリの詳細情報を確認されたい場合は、 のアプリガイドをご参考ください。 まとめ このように、プロタパイを使えば様々なホームオートメーションプロジェクトをつくることができます。 これからは、そちらのプロジェクトを公開していきたいと思います。 また、自分ならではのプロタアプリを制作できるように、APIやSDKももうすぐ公開される予定ですので、ぜひお楽しみください! さらなるお問い合わせは、 を訪問してください! 予告 次回のポストでは4000円で完成できるスマートドアベルの作り方をご紹介します。

次の

KYO

プロ ん ハブ

LANに有線で接続する機器を増やすためのアイテムで ルーターのLANポートが足りないときなどに使用します スイッチングハブは、有線LANの中継地の役割を果たす周辺機器で、複数の有線接続ポートを備えています。 ルーターの接続ポートとLANケーブルで結ぶことにより、スイッチングハブの残りポートへつなぐことでネットワーク接続が可能になるため、多くの機器をネットワークに接続できるようになります。 家庭内であれば、ルーターから離れた部屋にある複数台の機器を有線でネットワーク接続するためにスイッチングハブを活用するケースも多いでしょう。 有線接続では通信速度の減少や通信の遅延が少ないため、リアルタイムの反応が必要なネットワークゲームを楽しみたい人にもスイッチングハブの利用はおすすめです。 しかし実際に製品を選ぶとなると、ネットワーク関連用語は難しく何を基準にしたらよいかわからない、という初心者の人も多いでしょう。 そんな人は、以下の2ポイントをチェックしましょう。 初心者のスイッチングハブ選びはこの2つを押さえればOK 接続する機器の数と、必要なポート数 通信速度に関わる転送速度の規格 スイッチングハブに接続した機器を複数同時に通信させる場合には、「スイッチングファブリック」の数値が重要になります。 「スイッチングファブリック」とは、スイッチングハブが1秒間に処理できる通信量の合計のこと。 接続した機器を同時に通信させたときの合計通信量に比べて、スイッチングファブリックの値が小さい場合、スイッチングハブで渋滞を起こし、本来の通信速度が発揮されません。 したがって、必要となるスイッチングファブリックの値は、4Gbps以上となります。 なお、通信量を計算する際は、使用ポート分だけでなく、今後使用する可能性がある空きポート分も計算にいれ、スイッチングファブリックには余裕を持たせたるようにしましょう。 スイッチングファブリックをチェック• その他の機能をチェックする VLAN スイッチングハブのポートや接続機器のMACアドレス(ネットワーク機器が持つ固有の識別番号)を自動で判別して、仮想的なネットワークを構築するための機能です。 ネットワークを分割する場合は通常、ネットワークごとにスイッチングハブを分ける必要があるのですが、VLAN対応モデルなら1台で物理的な配線に左右されずにネットワークの分割が可能です。 主に企業内で用いられ、部署ごとにネットワークを分け、利便性やセキュリティを高めるなどの目的で利用されます。 QoS(Quality of Service) 複数の機器を接続したスイッチングハブにはさまざまなデータが通過しますが、多数の通信を行えば速度が圧迫されるものも出てきます。 QoSを搭載したスイッチングハブでは、優先すべきデータを設定し、その通信速度を確保することが可能です。 もっとも大事なデータの通信速度低下を予防して業務への支障を防げることから、主に企業で用いられている機能です。 ループ検知 スイッチングハブを複数組み合わせたLANを構築すると、LANケーブルを経由して同じデータがぐるぐると回る「ループ」と呼ばれるエラーが発生することがあります。 「ループ検知」機能が搭載されていると、どのポートから発信されたデータがループしているのか、ひと目で把握することができます。 ブロードキャストストーム制御(ループ防止) ループにより同じデータが循環し、同じデータが増幅することをブロードキャスト・ストームといいます。 スイッチングハブによっては、ブロードキャスト・ストームが発生すると、原因になっているポートの通信をストップし、ネットワークへの障害を抑える機能を搭載しています。 耐障害性が求められるネットワークを構築するならブロードキャスト制御対応モデルを選びましょう。 DHCPサーバー ネットワークに接続されている機器に対して、IPアドレスを振り分ける機能を持つ機器のことです。 DHCPサーバー機能をもつスイッチングハブは高価なモデルが多く、家庭で利用するのなら同じ機能をもつ有線ブロードバンドルーターや、ハブ内蔵の無線LANルーターを用いるのが一般的です。 IPルーティング ネットワーク上を流れるデータを、宛先の端末に対して最適に送り届けるための機能です。 高機能なインテリジェントハブに内蔵され、家庭内用途では、DHCPサーバーと同様、ルーターが用いられるのが一般的です。 Web設定 Internet Explorerなどのインターネットブラウザを利用して、スイッチングハブの設定ができる機能です。 複雑な設定をすることもあるインテリジェントハブにおいては、必須機能のひとつです。 Qハブにはどんな種類がありますか? A現在はスイッチングハブがほとんどです。 スイッチングハブには、大別して「スイッチングハブ」と「リピータハブ」の2種類があります。 「スイッチングハブ」とはMACアドレスをもとに、特定の宛先にのみデータを接続する機器で、後者は接続しているすべての機器にデータを送信する機器です。 スイッチングハブのほうが効率のよいため、現在はスイッチングハブといえば、ほぼすべてがスイッチングハブになります。 Qスイッチングハブとルーターの違いは何ですか? Aルーターが整理した情報をスイッチングハブが届けます。 ルーターはインターネット通信や、ネットワークに接続した端末同士の情報の交通整理を行う装置です。 そのため、ネットワークを構築するには、ルーターが必須です。 一方、スイッチングハブは、そうした整理機能は持たず、ネットワークに機器を接続する出入り口の役割を果たします。 ルーターにも複数の端末を接続できるようLAN端子が設けられていることがありますが、それは正確にいうのならば、ハブの役割も担っている、スイッチングハブのルーターなのです。 QスイッチングハブでWi-Fiは使えますか? A単体では利用することはできません。 スイッチングハブは、ネットワークを構築する中継点であるため、単独でWi-Fi機能は搭載していません。 しかし、スイッチングハブに無線LANアクセスポイントを接続すれば、そこからWi-Fiネットワークを構築することはできます。 Qスイッチングハブのポートが足りなくなったらどうすればよいですか? A買い増し、または買い替えの必要があります。 機器の数が増え、スイッチングハブのポートの数が足りなくなったら、スイッチングハブを買い増し、スイッチングハブ同士を接続して、全体のポートの数を増やしましょう。 あるいは、よりポート数の多いスイッチングハブを購入し、置き換えるのもよいでしょう。 ただし、いずれも手間や費用がかかるので、あらかじめポート数に余裕のあるスイッチングハブを選んでおくのがおすすめです。 Qスイッチングハブの置き場所がないのですが……。 A壁面などへの設置も検討しましょう。 スイッチングハブの中には、マグネットを搭載するなど、壁面に貼り付けられるタイプもあります。 設置スペースの確保が難しい場合には、そうしたタイプの製品を選ぶとよいでしょう。 Qカタログなどにある「IEEE802. 3」とは何ですか? A有線LANの規格のことです。 オフィスや家庭で利用される一般的な有線LANは、「イーサネット」という技術規格が用いられています。 イーサネットはさらにいくつかの規格に分かれ、現在の主流は「10BASE-T」、「100BASE-TX」、「1000BASE-T」の3種類。 「IEEE802. 3〜」は、それらのもとになる規格で、「IEEE802. 3ab」=「1000BASE-T」、「IEEE802. 3u」=「100BASE-TX」、「IEEE802. 3」=「10BASE-T」です。 各規格の最大の違いは通信速度で、順に1Gbps、100Mbps、10Mbpsでの通信が可能です。 Qルーターから接続機器まで複数のスイッチングハブを介した場合、転送速度は遅くなりますか? A介すスイッチングハブや機器自体の転送速度によります。 接続機器からルーターまで複数のスイッチングハブを介するネットワーク構造の場合、その機器の通信速度はもっとも遅いスイッチングハブの転送速度に(機器自体が一番遅ければその転送速度に)合わせられます。 なお、ケーブルも転送速度と関係があり、どんなケーブルでも通信自体は可能ですが、Gigabit通信(1000BASE-T)を行う際は、「カテゴリ5e」(CAT5E、エンハンスト・カテゴリ5)以上の使用が推奨されています。 Q同じスイッチングハブに、最大転送速度の異なる端末を接続するとどうなるの? A最大転送速度はそれぞれの端末がもつ規格に応じたものが適用されます。 例えば、仮に転送速度1000Mbpsのスイッチングハブに100Mbpsの端末Aと、1000Mbpsの端末Bを接続した場合の理論上の最大転送速度は、端末A:100Mbps、端末B:1000Mbpsとなります。 bps bit per secondの略で、転送速度を表す単位。 1秒間あたりに何ビットの通信ができるのかを示すために用いられます。 Gigabit Ethernet パソコンやゲーム機などの端末が搭載するLANポートの規格です。 Jumbo Frame ネットワーク通信では、送受信するデータをフレームと呼ばれる単位に分割しています。 「Jumbo Frame」は、フレームあたりの通信サイズを大きくし、高速化を図る技術です。 IPアドレス ネットワーク上に接続された端末に割り当てられる番号で、現実世界に例えるなら、住所の役割を果たします。 LANポート LAN端子を接続するための端子のことです。 MACアドレス LANポートや無線LAN子機など、ネットワーク機器に振り当てられる固有の文字列です。 原則として、同一の機器は存在しません。 SNMP Simple Network Management Protocolの略で、スイッチングハブやルーター、パソコンなどネットワーク上の機器を監視する仕組みです。

次の