現在 類語。 「地獄」とは?意味や使い方を類語も含めてご紹介

「昨今」の意味と使い方、類語「最近・近年・今日」との違い、英語表現

現在 類語

スポンサーリンク 「出し抜く」の意味と使い方は? まず始めに 「出し抜く」の意味と正しい使い方を見ていきましょう。 「出し抜く(だしぬく)」という言葉は動詞で、 「他人の隙に乗じたり、欺いたりして、自分や自分側の組織が先に物事をなす」という意味を表します。 「他人が油断している間に、抜け目なく先駆ける」、「他人をだまして、思い違いなどをしている隙に、先回りして目的を果たしてしまう」といった意味合いであり、 「小ずるく、悪賢い」といったニュアンスから、あまりいいイメージとはいえない表現です。 ただ、現在の日常会話やビジネスシーンなどでは、一般的に使われる頻度が多い言葉だともいえます。 ビジネスなどで用いる際は、相手を誹謗したり非難する意味合いというより、同じ目的で競争しているライバル同士として、相手の成功について「うまくしてやられた」と、悔しさをにじませながら評価するニュアンスがあります。 ただやはり、本来の意味合いでは 「手段を選ばすに、こざかしく、先んじて目的を遂げた」といった趣旨がこもりますので、公の場や儀礼的な場所、目上の方に対してなどのケースで用いるのは望ましくありません。 決して 〝褒め言葉〟ではなく、やや揶揄する言い方でもありますので、ビジネス相手に面と向かって「今回は御社にうまく出し抜かれましたよ」など言うのは、皮肉に聞こえ相手の気分を害する恐れもあります。 相手にしてみれば「うちの営業努力や商品が優れていたからこそ他社に勝ったのであって、『出し抜く』など、何か不正でもやったかのような言い方は失礼だ」と感じる懸念があるためです。 このためうかつにビジネスの場で使わないよう注意が必要です。 基本的には、仲間内で他者の仕事ぶりを評したり、利害関係のないビジネスなどの競争関係について、一般的に表現する際の言い方だといえるでしょう。 なお「出し抜く」が派生した言葉に「出し抜け」という名詞・形容動詞があります。 スポンサーリンク これは「出し抜くこと」という意味のほかに「不意に」、「突然に」といった意味も示します。 「出し抜けに声を掛けられた」、「随分出し抜けな登場だ」などの用例です。 「出し抜く」の語源が気になる! 次に 「出し抜く」の語源について見ていきましょう。 「出し抜く」という言葉は、「出す」、「抜く」という動詞が複合した形で構成されています。 「出す」は元来は「いだす」という言い方が変化したものです。 「出す」にはさまざまな意味がありますが、 「出し抜く」の場合は 「隠れているものを表に現す」、「一目に触れるようにする」といった用法で使われているといえます。 「抜く」はこの語句の場合、「前や上位の者に追いつき、さらに前に出たり上位になったりする」、「報道などで他社に先駆けて特ダネを報じる」、「力などがほかより優れている、標準より上である」といった意味を示します。 すなわち 「出し抜く」は 「隠れたものを表にし、先んじる」といった原意がある言葉です。 この「出し抜く」はかなり古い時代から使われています。 鎌倉時代の説話集「十訓抄」に「終にいだしぬかれにけり」とみえるほか、同じく鎌倉期に成立したとされる「保元物語」にも「義朝はだしぬきけるよな」とあります。 意味合いとしても「約束を破って無断で先に行う」といった、現在と同じ使われ方となっています。 「出し抜く」の類語と例文を教えて? 最後に 「出し抜く」の類語と例文を詳しくご紹介します。 類語 「出し抜く」の類語には次のようなものがあります。 先んじる• 抜け駆けする• 先回りする• 裏をかく• 先制する• すっぱ抜く• 飛ばす 例文 「出し抜く」の例文としては、次のようなものが挙げられます。 ライバルを出し抜くには、相手がやらないことを考え、相手より数倍努力をしなくてはならない。 スクープで他紙を出し抜こうとあらゆる犠牲を払い、その結果真実そのものまで犠牲にするようでは本末転倒だ。 「出し抜く」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「出し抜く」の意味と正しい使い方、そして語源、類語、例文について詳しくご紹介しました。 おさらいとすると「出し抜く」の意味は競合している相手を不意に抜き去るといった表現方法で皮肉をこめた言い方になるのでビジネスシーンではあまり活用しない方がいいですね。 相手にネガティブな印象を与えてしまう表現方法なので、利用する場面をしっかり見極めてから使うようにしましょう。

次の

「昨今」の意味と使い方、類語「最近・近年・今日」との違い、英語表現

現在 類語

」ほとんどの方が一度は使ったことのある表現ではないでしょうか。 「今のところ」と言われると「今っていつまでのことなの」「いつ変わるのか」と、人によってはそのあいまいさに不信感を示す人もいますが、大変に便利な単語で、さまざまな場面・年代で広く使われています。 読んで言葉のままの意味合いの時もあれば、少々何かを含ませた意味合いであったり、ネガティブな要素が隠されていたり、さまざまな意味で非常に日本的と言える表現です。 この便利な単語は敬語として、ビジネスシーンで使うのに問題ないのでしょうか。 あまり気にせず使っている方もいらっしゃるでしょうが、この機会に「今のところは」のビジネスの場面での使い方、敬語的表現、敬語と用いる際の注意点を改めて確認しておきましょう。 「今のところ」ってどういう意味? 「今のところ」の意味 「今のところ」なんとなくのイメージで掴んでいる方も多いでしょうが、ほぼそのままの言葉どおりの意味と考えて良いです。 「現在」の状態のことを広く表しますが、「この後はどうなるかわからない」「今後も今と同じ状態とは限らない、言い切れない」という時に登場します。 特に何かしらかの質問の返事をするときに、文頭や、接続的に多く使われます。 状況が変わってしまった時のために相手に心構えをしておいてもらう、という相手のために使われることもあります。 また、特に今後良くない方向に進む可能性がある、その確率が高い時などに強調的に用いられることも多く、予定とは違うことになってしまった際に、相手に責められないようにするための一種の【リスクヘッジ】や【保険】のように使われる単語です。 「今のところ」の類語 「今のところ」自体は敬語的表現ともそうでもないものとも言えません。 しかし「今のところ」はビジネスシーンのみならず、学生や、仲間同士の会話などでも使われるため、敬語というよりは少々カジュアルな表現と感じる人も多いでしょう。 「今のところ」でも決して間違いとは言えませんが、ビジネスシーンの中でも公の場など堅い表現が求められるときであれば「今」ではなく「現在のところ」や「現状」などの表現を使うのが良いでしょう。 また、「今のところ」は口語的な表現のため、使用するのはメールやメモ程度にとどめておきましょう。 敬語には、相手の立場を持ち上げる尊敬語的な形と、自分の側を下げる謙譲語的な形があります。 「今のところ」は相手に対しても自分に対しても使用することができます。 つなげる動詞やその他表現を尊敬語、謙譲語など敬語にすることにより、それぞれを表します。 「今のところ」の使い方 「今のところ」の例文 【「今のところ」の敬語】自分の行動に使う時 前述のとおり「今のところ」には敬語という概念はなく、前後の文脈によって相手の行動に対する言葉なのか、自分の行動に対するものなのか、という使い分け方をします。 自分の行動に対して用いる時には、続く後に謙譲語や丁寧語などの敬語表現を使うことによって、文章全体を相手に対しての表現となるように調整していきます。 【例】 ・「今のところ問題ありません」 ・「今のところ順調に進んでおります」 ・「今のところは変更ございません」 【「今のところ」の敬語】相手の行動に使う時 反対に、相手の行動に対して用いる時には、続く後に尊敬語や丁寧語などを使うことで敬語 的な文章とします。 ただし、うやうやしすぎる尊敬語に対して「今のところ」という口語表現は少々アンバランスに感じられることもあり、そういった場合は前後の敬語に合わせてほかの類語表現から違和感の少ないものを選択して組み合わせます。 相手にも自分にも同じ履歴の残るメールは、昨今のビジネスシーンにおいて時に口頭よりも正確な情報伝達手段となることがあります。 今や欠かすことのできないビジネスツールと言えます。 メールはその手軽さやゆえ、つい軽く考えられがちです。 しかしメールは、手紙や通知文などと同様の「ビジネス文書」として、そのマナーも実は細かに決められているものでもあります。 誰に見られても問題のないように恥ずかしくない言葉を使うようにしましょう。 「今のところ」をメールで使う時 ご存じのとおり、メールは送信日時が残ります。 そのため、「今のところ」の「今」が指すタイミングが大変わかりやすく、大変適した使い方と言えます。 口頭では「あの話いつ聞いたっけ」となってしまうこともありますが、メールであれば基本的に「今のところ=メールの送信日時」という暗黙の了解がありますので、のちのトラブルを避けることができます。 また、「今のところ」を付け足しておくことにより、なにかあった際に相手がメールを見返した時には争いを避けることができます。 詳しい時間が決定いたしましたら、またご連絡を差し上げます。 」 ・「今のところでの進捗状況をお知らせいたします。 添付ファイルをご確認ください。 」 ・「今のところこちらで確認できましたのは、下記のとおりです。 」 ビジネスでの「今のところ」の使い方の注意点 シチュエーションや前後の敬語に合わせて言葉をチョイス 前述したとおり、「今のところ」をビジネスで使用するのは間違いではありません。 しかしその場やシチュエーション、相手、そして前後の敬語の程度などによって「今のところ」では軽い印象になりすぎる場合があります。 前後の文脈の敬語の使い方や、口語文語などに合わせて、ほかの類語を選んで使うようにしましょう。 リスクヘッジだけの使い方は逆効果! のちの不要なトラブルを避ける効果もある「今のところ」、しかしながら自分のリスクを軽減するためだけに使っていることが相手に伝わってしまっては逆効果になりますので注意が必要です。 「何か変わってしまってもクレームは受け付けません」という保険の要素が前面に出ないよう、敬語など言葉の形だけでなく、その使い方のニュアンスにも気を付けましょう。 相手のために現状を伝える、というスタンスでないと、相手に不快感や不信感を持たれてしまう可能性があります。 「今」の置き所を正確に また、ビジネスでは事実を間違いなく伝えることが必要です。 忘れてしまいがちですが、それによってのちの不要なトラブルを避けることができる可能性があるためよく確認をしましょう。 例えば、メールで「今のところ」を使用する際には、一般的には「今」はメールの送信日時を暗に指します。 口頭であれば「口から出た時」が「今」となります。 また、「今」はそのポイントといったイメージが強くありますが、「今」がある程度の長さで続くことが確定している場合には「当座」「当面」とすることで相手に対しても安心感を与えることができます。 「今のところ」の「今」が指すニュアンスは本人にしかわかりません。 相手にも伝わるように表現を工夫するとより良い報告になります。 「今のところ」をうまく使ってよい関係を築こう.

次の

「鑑みる」の意味とは?誤用を避ける正しい使い方と類語を紹介

現在 類語

1 「今」は、前後の近接した時間を含んで、「今すぐ行きます」「今にわかるだろう」「今さっき出かけました」のように、近い将来、または近い過去をさしてもいう。 また、「今は便利な世の中になった」のように、以前とくらべた現代の意味でも使われる。 また、「今ひとつ元気がない」「今少し大きいほうがよい」のように、さらに、その上にの意でも用いられる。 2 「只今」は、「今」を強調した言い方。 丁寧な言い方の中で用いられることが多い。 今帰ったという意味の挨拶 あいさつ の言葉としても使われる。 3 「今」「現在」は、「今のご時世」「現在の国際状態」のように比較的長い時間をさして言うこともできる。 4 「現在」は、「今」と異なり、近い将来、または近い過去をさしていうことはない。 また、「正午現在の体温」のように、その時点で変化しつつある状況を報告する場合にも用いられる。 5 「目下」は、なお継続中であるという意味を強く表わした語。 また、「危険が目下に迫っている」のように、目前の意でも使われる。 ほんのすこしだけ前の時間 の意• ついさっき つい今しがた の意• ついさっき• つい今しがた• 今の時勢に、時節柄 の意• 今では• 現時点において の意• 差しむき 史的現在では; 過去の一連の出来事のナレーション中のこの時点で の意• 今では 現時点で; 現在 の意• この時 現在起こっている時間; スピーチの瞬間を含む時間の一続きの時間 の意• 今どき• 此のごろ• 瞬間的な現在 の意• 現時点あるいは現代 の意• 今どき• この時あるいは期間に; 今 の意• 現時点において の意• 差しむき 話している時点での行為または状態を表す動詞の時制 の意• 頂き物• 現在起こっている時間; スピーチの瞬間を含む時間の一続きの時間 の意• 今どき• 此のごろ• 瞬間的な現在 の意• 現代の環境と思想 の意• 現代世界• 現時点あるいは現代 の意• 今どき•

次の