マック カフェ バイ バリスタ。 マックカフェバイバリスタ店舗の場所まとめ一覧でMcCafe by Barista紹介!

マックカフェバイバリスタ店舗の場所まとめ一覧でMcCafe by Barista紹介!

マック カフェ バイ バリスタ

コンテンツ• 今年で4年連続の登場となる夏の定番商品「桃のスムージー」に加え、今年は爽やかな酸味のフランボワーズがお楽しみいただける「桃とフランボワーズのスムージー」が初登場いたします。 「桃とフランボワーズのスムージー」は、桃のピューレとピーチティーシロップを使用したスムージーに、爽やかな酸味のフランボワーズソース(木苺のソース)を加えて、色鮮やかなスムージーに仕上げました。 ホイップクリームと大きくカットした桃の果肉、フランボワーズソースをトッピングした贅沢な味わいのスムージーです。 ジューシーな桃の甘みとフランボワーズの爽やかな甘酸っぱさをお楽しみいただけます。 「桃のスムージー」は、桃のピューレとピーチティーシロップを使用し、爽やかに仕上げました。 大きめにカットした桃の果肉もトッピング。 口に入れた瞬間に桃のさわやかな酸味と甘みを感じ、桃の果肉を食べると、より一層桃の香りが口の中に広がります。 食べ方による味や食感の変化もお楽しみいただける 桃づくしのスムージーです。 また、今年はトッピングの桃の量が2倍の「桃のスムージーダブル」も販売します。 果肉感たっぷりでさらに贅沢な桃のスムージーをお楽しみください。 スタンプを3つ集めると、レギュラーメニューのスムージー(マンゴースムージーもしくはグリーンスムージー)か、フラッペ(チョコフラッペもしくはエスプレッソフラッペ)のMサイズを1杯無料でプレゼントいたします。 カフェメニューはホットとアイスともに充実しており、エクストラショットやホイップクリーム追加などのカスタマイズリクエストにも対応いたします。 また、紅茶やお子様専用メニューもご用意しております、ファミリーでお楽しみいただける「マクドナルドならではのカフェ」となっています。 イベント内容や情報が変更になる場合がございます。 必ず公式サイトやお店にご確認してください。 , , , ,• コメント:•

次の

マックの本格カフェ、福井に1号店 「バイバリスタ」、5月21日オープン

マック カフェ バイ バリスタ

私達がいつも愛用しているマクドナルドは、 自分達がレジの前に行き、ハンバーガーやポテト・ジュースを注文し、 手渡しされるまで待たなくてはなりません。 しかし、マックカフェは注文した後、番号札を預かり、自分の席で待つだけです。 スターバックスやタリーズでは商品を注文した後、 一定の場所で並んでコーヒーが出来るのを待ち、 自分で座席にもっていかなくてはなりませんが、 マックカフェは注文すると番号札を渡されて、テーブルまで持ってきてくれます。 そしてメニューに関しても、相当の品揃えを用意しており、 どちらかというと既存のマクドナルドとはメニューがまったく違います。 ハンバーガー等は一切出ずに、マフィンやサンドイッチ、ケーキといった、 コーヒーやエスプレッソに合う商品のラインナップが多くなっています。 なんといってもバリスタが各店舗にいるとのことで、 今までの機械でスイッチ一つのコーヒーとは味も段違いだと思います。 今回日本と海外のマックカフェの違いは、 海外ではマクドナルドと併設しているマックカフェが殆どなのに対して、 日本では完全なすみわけになっており、 マクドナルドで購入した商品はマックカフェでは飲食が出来ないそうです。 確かにメニューの単価も全然違うので、同じ待遇ではないのかもしれませんね。 ただ、その分満足させてくれたりする度合いが強いのではないか??と思います。 いつものマクドナルドのメニューに少し金額を加えるだけで、 より一層の満足感が得られるのかもしれませんね。 その他カフェ,マック,メニュー,コーヒー,ポテトの情報.

次の

白桃&黄桃を使用!マックカフェに「ゴロゴロ もものスムージー」と「ふわふわ もものクリーミーフラッペ」 [えん食べ]

マック カフェ バイ バリスタ

私達がいつも愛用しているマクドナルドは、 自分達がレジの前に行き、ハンバーガーやポテト・ジュースを注文し、 手渡しされるまで待たなくてはなりません。 しかし、マックカフェは注文した後、番号札を預かり、自分の席で待つだけです。 スターバックスやタリーズでは商品を注文した後、 一定の場所で並んでコーヒーが出来るのを待ち、 自分で座席にもっていかなくてはなりませんが、 マックカフェは注文すると番号札を渡されて、テーブルまで持ってきてくれます。 そしてメニューに関しても、相当の品揃えを用意しており、 どちらかというと既存のマクドナルドとはメニューがまったく違います。 ハンバーガー等は一切出ずに、マフィンやサンドイッチ、ケーキといった、 コーヒーやエスプレッソに合う商品のラインナップが多くなっています。 なんといってもバリスタが各店舗にいるとのことで、 今までの機械でスイッチ一つのコーヒーとは味も段違いだと思います。 今回日本と海外のマックカフェの違いは、 海外ではマクドナルドと併設しているマックカフェが殆どなのに対して、 日本では完全なすみわけになっており、 マクドナルドで購入した商品はマックカフェでは飲食が出来ないそうです。 確かにメニューの単価も全然違うので、同じ待遇ではないのかもしれませんね。 ただ、その分満足させてくれたりする度合いが強いのではないか??と思います。 いつものマクドナルドのメニューに少し金額を加えるだけで、 より一層の満足感が得られるのかもしれませんね。 その他カフェ,マック,メニュー,コーヒー,ポテトの情報.

次の