日本 ユーチュー バー 登録 者 数 ランキング。 YOUTUBER(ユーチューバー)の年収給料や最新版年収ランキング1位~100位、ジャンル別【ゲーム実況・キッズ・有名ユーチューバー】年収|平均年収.jp

ユーチューバー人気ランキング2016決定版!!1位はまさかの…!?

日本 ユーチュー バー 登録 者 数 ランキング

10位:あやののの 美人女性YouTuberランキング第10位は「あやののの」です! 美容系やプチプラグッズの紹介動画が多い王道の美人YouTuberですね。 またYouTuberといえば男女共に個性的な格好の人が多いですが、あやのののは黒髪のイメージが強い超清楚系! ちなみに2019年現在、まだまだ若い現役大学生です。 9位:古川優香(さんこいち) 美人女性YouTuberランキング第9位はさんこいちの「古川優香」です! もともと読者モデルとして人気だったのですが、同じく読者モデルであるやっぴ、ほりえりくと一緒に3人組YouTuberとして活躍しています! また可愛いだけでなく、やってみた企画にも積極的に参加する気さくな性格。 読モをしているというだけあってメイクやファッションが評判で、同世代の女性からは特に高い支持を得ています。 8位:関根理紗 美人女性YouTuberランキング第8位は「関根理紗」です! メイク・ファッション・美容動画などを中心に投稿する元祖ビューティー系YouTuberの一人。 キレイ系でちょっと姉御肌なみんなのお姉さん的ポジションのYouTuberですが、実は身長151cmでかなり小柄というギャップも。 ちなみにYouTuberとして活動する傍ら現役看護師として働いています! こんな綺麗な人が病院にいたら嬉しすぎますが、まさに白衣の天使といったところですね。 7位:橘ろあ 美人女性YouTuberランキング第7位は「橘ろあ」です! 身長は163cmで女性にしては結構高めなのですが、細くスタイルの良い体型も相まって、モデルのようなプロポーションのYouTuberです。 内容は女性YouTuberらしいメイク・ファッション系の動画もあるのですが、結構男性視聴者をターゲットにしたセクシーな動画も多い印象。 ちょっとあざといイメージもあるものの、それが男性人気に繋がっていますね。 6位:かす 美人女性YouTuberランキング第6位は「かす」です! 所属事務所のVAZもイチオシする美人YouTuberですね。 セクシーで整った顔立ちはまさに女優並み。 若干ハスキーな声がまた大人っぽい雰囲気を出しています。 ちなみに一時期は同じ事務所の人気YouTuber・怪盗ピンキーと「オッドアイ」というユニットを組んで知名度を上げましたが、以前ヒカルを中心に起こった「VALU騒動」をきっかけに事実上解散。 現在はもともとあったチャンネルでソロ活動をしています。 5位:きりたんぽ 美人女性YouTuberランキング第5位は「きりたんぽ」です! メイクやファッションの動画は少なく、ちょっとしたやってみた動画を投稿している女性YouTuberとしては少し珍しいタイプですね。 そんなきりたんぽは顔はもちろんなのですが、とにかく挨拶が可愛い!! 文字で表しても仕方ないので知らない人はぜひ実際に動画を見てみてください(笑) ちなみに以前はVAZに所属していましたが2018年にUUUMに移籍。 それが功を奏したのか、YouTuber初の写真集を出すなどの活躍を見せています。 4位:さぁや 美人女性YouTuberランキング第4位は「さぁや」です! くりっとした大きな目やセクシーな唇が特徴のビューティー系YouTuberです。 動画内容も女性らしいものが多いのですが、メイクもピンクっぽい…、髪もピンクっぽい…、服もピンクが多い…、とにかくピンクばっかりで「これぞまさに女子!」というイメージ。 チャンネルの動画欄を見てみるとわかりますが、サムネなんかほぼピンク一色です(笑) また2018年末くらいから猫を飼い始めたのですが、これも好評! こんな可愛い人が可愛い猫と戯れていたら人気が出るに決まっています。 3位:ねこてん 美人女性YouTuberランキング第3位は「ねこてん」です! 鼻に貼ったマスキングテープがチャームポイントのYouTuberですね。 チャンネルが開設されたのが2015年なので実はまあまあ以前からYouTube活動をしています。 なので女性YouTuberの中では結構古株で、美人YouTuberという話題では度々名前を挙げられてきていました。 更新頻度は不定期でちょっとした日常などを動画にしているのですが、そこがまさに猫のような自由なイメージですね。 そして無愛想で視聴者に媚びない性格が逆に人気を獲得している美人YouTuberです。 2位:ゆきりぬ 美人女性YouTuberランキング第2位は「ゆきりぬ」です! もともと人気急上昇の理系美人YouTuberだったのですが、同じく理系YouTuberであるはなおと頻繁にコラボしたことでさらに人気が加速しています! 動画内容はゆる動画が多いのですが、それが逆に引きこもり性格のゆきりぬらしいと評判。 他のYouTuberからもよく「可愛い!」と名前を挙げられていますね。 ちなみに身長170cmというモデル並みのスタイルの良さも特徴。 女性YouTuberの中では既にトップクラスの人気があり、フォトブックなんかも出版されています。 1位:こばしり。 美人女性YouTuberランキング第1位は「こばしり。 」です! 「どうも、こばしりです」の挨拶でお馴染みの人気美人YouTuberですね。 透き通るような白い肌に非の打ち所がないほど整ったパーツ。 そして触ったら壊れてしまいそうな儚い声が「守ってあげたくなる!」と男性視聴者の心をわしづかみにしているのですが、メイクや料理も得意で女性からも大人気です! 良い意味でYouTuberらしからぬ照れ屋な性格をしていて、恥ずかしそうに笑った時の様子がたまりません。 動画内容もゆる〜い感じなので、癒されたい時にはぴったりのYouTuberです! 番外編:本田翼(ほんだのばいく) ちなみにこちらは番外編! 知っている人も多いと思いますが、国民的女優の本田翼さんも「ほんだのばいく」というゲーム実況チャンネルを開設しています! とは言っても投稿されている動画はほとんどなく、たま〜〜にゲームをプレイしているところを生配信している程度。 しかしチャンネル開設からたった1ヶ月で登録者は100万人を突破し、この記録は日本最速です! 正直YouTuberと言えるかは微妙ですが、もしランキングに含めるならダントツで1位ではないでしょうか(笑) ゲーム実況なので顔は映らないものの、ファンにはたまらないチャンネルですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 最後にもう一度まとめてみると、今回のランキングでは以下のような結果になりました!• 1位:こばしり。 2位:ゆきりぬ• 3位:ねこてん• 4位:さぁや• 5位:きりたんぽ• 6位:かす• 7位:橘ろあ• 8位:関根りさ• 9位:古川優香• 10位:あやののの 最近は女性でもYouTubeに動画を投稿する人はたくさん出てきましたが、やはりトップレベルのYouTuberともなるとそこらへんの女優やアイドルよりよっぽど可愛いですね。

次の

日本で人気のユーチューバーランキング

日本 ユーチュー バー 登録 者 数 ランキング

皆さんはユーチューバーという存在をご存知ですか?ここ2~3年にできたばかりの職業で、youtubeに投稿した動画が皆に再生されることによって広告収入をえる人たちです。 再生されれば再生されるほど収入も増えますので、トップで稼いでる人は年収1億とかはザラに稼いでいる方も多いようです。 そんなユーユーバーですが、有名さが仇をなしてか嫌われている方も多少はいらっしゃいます。 今回はそんな嫌われがちな;ユーチューバーを独自にまとめ「嫌いなユーユーバーランキング top17」としてまとめました! ランキングをみていただければ、キッズから人気の「ああ~この人ね~」と多少はなるかもしれません。 また、「この人が!?なんで!?」となる人もいるかも!? そんな嫌いなユーチューバーランキングを17位から紹介します。 では、どうぞ! 意外と低い!?ランキング10位にご登場しましたマスオTVさん! 以前、嫌いなユーチューバーといえばダントツでマスオさんだったのですが、今はわりと落ち着いていますね。 基本的に高評価よりも低評価が多く、コメント欄でもいじられまくりだったマスオTVさん。 ですが最近はそこまで低評価も多くなく、なんとか復権しつつあるようです。 マスオTVさんはどのようにして低評価を少なくしたのかというと、ヒカキンさん同様、炎上や低評価の嵐にもにも動じることなく今までと変わりない動画を作り続けました。 その積み重ねが功をなし、比較的に高評価の多い現在のポジションを作り上げました。 しかしながら以前の低評価がかなりついていた印象が強いため10位にランクインです! やはりランキング一位はこの人ですかね!炎上商法で有名なシバターさんです! 彼はユーチューバーというユーチューバーを批判することで再生数を稼ぐ炎上商法を得意とするユーチューバーです。 そのため、キッズからの人気も高いのですが、子供の親からはあまりすかれていないようです。 また、キッズがいたずらでシバターの家ポストにコンドームを入れたことを発端に彼は子供の親に謝罪の電話を行い、それを動画としてアップしています。 その動画のコメントには「やりすぎだろ」「演技じゃないのか?」という声がたくさんあり、低評価が爆発的についています。 そんなユーチューバーであるシバターさんですが、低評価の多さはまったく気にしてない様子です。 むしろ低評価つけてと言わんばかりのスタンスで動画を投稿しています。 また、嫌いなユーチューバーランキング一位はシバターさんが不動の存在ですね。 シバターさんはチャンネル解除率で世界一を記録したユーチューバーです。 嫌われ方は伊達ではありませんが、嫌われてなんぼのスタイルを貫きつ図けています。 ヒカキンさん、バイリンガールさん、セイキンさん、はじめしゃちょーさん、ヒカルさんなど層々たるメンツが入りました。 がヒカルさんやはじめしゃちょーさんは納得の順位ですかね。 それだけ炎上したこともありますし、キッズからの人気はありますが子供の親からはあまりいい印象はないでしょう。 しかしヒカキンさん、セイキンさんやバイリンガールさんはキッズからも人気で、子供の親からの印象もいい方です。 有名勢といっていいのか、子供の親でもキッズでもヒカキンさん、セイキンさんやバイリンガールさんが嫌いな方がいるようでランクインとなりました。 ユーチューバーはここ最近にできた職業です。 このランキングは2017年8月にまとめたものですので、新しいユーチューバーが現れ次第またランキングが変動するかもしれません。 変動が激しいユーチューバーの世界を引き続き応援していきましょう。

次の

日本の美人YouTuberランキング20選!モデル/女優並みのルックスで衝撃!

日本 ユーチュー バー 登録 者 数 ランキング

初めに、YouTuber(ユーチューバー)が登録者数を必要とする理由から説明させていただきます。 チャンネル登録をされると、チャンネル登録をしたユーザーの「登録チャンネル」に表示されるため、そのチャンネルの動画が探しやすくなります。 また、チャンネル登録をしたユーザーのトップ画面にも表示されるため、再生回数を上げることにもつながります。 再生回数が上がると動画の収益にもつながるため、YouTuber(ユーチューバー)は、登録者数を必要とするのです。 さらに、登録者数が多いと、YouTuber(ユーチューバー)が企業から提供された商品やアプリを紹介する「企業案件」の依頼が来るようになります。 企業案件の動画の報酬額は、チャンネル登録者数に比例して大きくなると言われています。 そのため、YouTuber(ユーチューバー)は、登録者数を必要とするのです。 日本国内の登録者数ランキング4位のYouTuber(ユーチューバー) 「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんの経歴やプロフィールを紹介させていただきます。 木下ゆうかさんがYouTubeチャンネルを開設した日付は2014年5月21日です。 YouTuber(ユーチューバー)として活動を始める前は、芸能事務所「Claudia」に所属されており、「元祖! 大食い王決定戦」などに出演されていました。 しかし、2013年にClaudiaを辞め、2014年よりYouTuber(ユーチューバー)としての活動を始められました。 2014年10月1日に投稿された「【お知らせ】uuumに所属しました! ゆでたまご10個【リベンジ】」という動画では、UUUMに加入したことを発表されました。 日本国内の登録者数ランキング4位のYouTuber(ユーチューバー)「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんのプロフィールを紹介させていただきます。 木下ゆうかさんは、日本を代表する大食いYouTuber(ユーチューバー)です。 1985年2月4日生まれのO型で、特技は大食いとイラストです。 大食いタレントとしては、2013年に放送された「元祖! 大食い王決定戦 爆食なでしこ頂上決戦」に出演し、準優勝を勝ち取りました。 YouTuber(ユーチューバー)としては、多数の大食い動画を投稿されており、動画には、日本国内のユーザーからのコメントだけでなく、世界各国のユーザーからのコメントも書き込まれています。 日本国内の登録者数ランキング4位のYouTuber(ユーチューバー)「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんのチャンネルの特徴を紹介させていただきます。 木下ゆうかさんは、大食いYouTuber(ユーチューバー)として知られており、毎日18時に大食いの動画をメインに投稿されています。 木下ゆうかさん自身が料理をしたものや、話題になっている食べ物、限定商品などの大食いに挑戦されています。 例えば、2019年5月に投稿された「【大食い】[ケンタッキー]数量限定パリパリ旨塩チキン&南蛮タルタルツイスターなど[6515kcal]【木下ゆうか】」の動画では、ケンタッキーから数量限定で発売されている商品の大食いに挑戦されました。 7人それぞれのプロフィールを紹介させていただきます。 フィッシャーズさんのメンバー1人目は、「シルクロード」さんです。 シルクロードさんは、フィッシャーズさんのリーダーで、イメージカラーは赤です。 1994年8月19日生まれのO型で、フィッシャーズさんが投稿している動画のほとんどに出演しています。 水泳、サッカー、バスケ、少林寺、総合格闘技など、様々なスポーツに精通しており、運動神経の良い人物として知られています。 日本国内の登録者数ランキング2位のYouTuber(ユーチューバー)「HikakinTV」さんのプロフィールを紹介させていただきます。 HIKAKINさんは、日本のYouTuber(ユーチューバー)のパイオニアとして知られています。 1989年4月21日生まれで、YouTuber(ユーチューバー)でもあり、ヒューマンビートボクサーでもあります。 高校生まではスキージャンプをしており、オリンピックを目指していたそうです。 小学生の頃に、テレビの影響でヒューマンビートボックスに興味を持ち、高校卒業後は、上手いビートボクサーが集中する東京に上京しました。 そして、カスペ! 青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ12『ボイパ日本一決定戦』に出場され、見事優勝されました。 世界一登録者数の多いYouTuber(ユーチューバー) 「PewDiePie」さんの経歴やプロフィールを紹介させていただきます。 PewDiePieさんがYouTubeチャンネルを開設した日付は2010年4月29日です。 チャンネル設立初期は、主にホラー系やアクション系のゲーム実況動画を投稿されていました。 2013年8月にチャンネル登録者数が世界一になりましたが、その後、2013年の11月~12月に、YouTubeのスポットライトチャンネルにより世界一の座を奪われました。 しかし、それは一時的なもので、2019年5月現在も、PewDiePieがチャンネル登録者数世界一の座を守り続けています。 2019年2月3日の生配信では、同時視聴者数が30万人を超え、ゲーム実況者NINJAさんが保有していた「世界で最も同時視聴されたYouTube配信」の記録を更新しました。 初めに、世界一チャンネル登録者の多いYouTuber(ユーチューバー)「PewDiePie」さんと、日本一チャンネル登録者の多いYouTuber(ユーチューバー)「はじめしゃちょー(hajime)」さんのチャンネル登録者数を比較させていただきます。 2019年5月現在、PewDiePieさんのチャンネル登録者数は9500万人、はじめしゃちょーさんのチャンネル登録者数は791万人です。 はじめしゃちょーさんのチャンネル登録者数は、PewDiePieさんのチャンネル登録者数の1割にも満たない数字となっています。 日本語を扱う人たちの人口を考えると、日本語のみでPewDiePieさん程のチャンネル登録者数に到達することはとても困難です。 日本のトップYouTuber(ユーチューバー)がチャンネル登録者をさらに増やすには、翻訳字幕を付けたり、YouTuber自身が英語に対応したりする必要があります。 続いて、世界一チャンネル登録者の多いYouTuber(ユーチューバー)「PewDiePie」さんと、日本一チャンネル総再生回数の多いYouTuber(ユーチューバー)「Fischer's-フィッシャーズ-」さんの総再生回数を比較させていただきます。 2019年5月現在、PewDiePieさんの総再生回数は214億回、フィッシャーズさんの総再生回数は68億回です。 フィッシャーズさんの総再生回数は、PewDiePieさんの総再生回数の3割程の数字となっています。 PewDiePieさんの動画投稿本数が約3800本、フィッシャーズさんの動画投稿本数が約1800本であることと、チャンネル登録者がPewDiePieさんの1割にも満たないということを考えると、日本のトップYouTuberの再生回数は多いと言えます。

次の