キャリア アップ システム。 保育士キャリアアップ研修の具体的な内容と給与が上がる仕組みについて

保育士キャリアアップ研修の具体的な内容と給与が上がる仕組みについて

キャリア アップ システム

国土交通省と建設業界の大手団体が進める「建設キャリアアップシステム」。 既に2019年1月から試験運用が始まり、4月から本格的に全国で運用が開始されました。 「名前だけは聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。 ただ、実際どんなシステムで、どんなメリットがあるのかまでは、あまり知られていません。 そこで、今回は中小企業や職人目線で、システムの概要やメリットを紹介します。 導入背景/若年層が働きたくなる業界を目指して 「建築キャリアアップシステム」とは、簡単に言えば「建設現場で働く職人や現場監督の 資格、経験、現場歴などをデータベース化 して、 ICカードで仕事履歴を蓄積 していけるようにしよう」というものです。 もともとのスタートラインは、業界全体に広がる人材不足です。 現在、建設業界で働く人の数は約500万人。 ピークである1997年(平成9年)から3割ほども減っています。 要はベテラン3人に若手1人というバランスの悪い構成になっています。 そこで、経験を業界統一で評価することで、スキルアップが賃金アップに繋がりやすい形に是正したいという目的があります。 そこで、スキルアップすればICカードの色がステップアップしていくシステムを構築し、キャリアステップを思い描きやすい業界に変えるという目的もあります。 仕組み/建設技能者の職務経歴をIT化 「建設キャリアアップシステム」の具体的な仕組みは、このようなものです。 引用:一般社団法人 建設業振興基金|システムの概要編| システムの流れを見ておきます。 (1)情報を登録 まず、働く側の建設労働者、雇う側の事業者両方が基本情報を登録します。 ゆくゆくは4種類になる計画ですが、当面は一般カードと、登録基幹技能者の資格保持者に配られるゴールドカードの2種類です。 ・技能者 パソコンやスマホでいつでも閲覧でき、出力・印刷も可能なので、自らの経歴を確認し、転職時などにアピールすることができます。 ・事業者 自社の技能者の情報閲覧はもちろん、元請・上位事業者は自社の現場に入場中の事業者や技能者の情報を確認することができます。 他の事業者は、技能者と所属事業者が認めた情報に限って閲覧できます。 利用料/安価で利用可能 ちなみにシステムを利用する費用ですが、かなり控えめな金額です。

次の

【最新情報!!】4月1日からキャリアアップカードに新システムが導入されます!

キャリア アップ システム

建設キャリアップシステム(Construction Career Up System, 略称CCUS)とは、建設業に関わる技能者の資格・社会保険加入状況・現場の就業履歴などを登録・蓄積し、技能者の適正な評価や建設事業者の業務負担軽減に役立てるための仕組みのことで、国土交通省が推進しています。 2020年1月には、国土交通省により外国人技能実習生のCCUS登録義務化が施行され、ますます対応が急務となる同システムですが、建設事業者の方々のなかには「現場の対応がスムーズにできないのでは…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、建設キャリアアップシステムの基本的な 概要から導入メリット、 申請方法、導入にともなう事業者や現場の 課題をわかりやすく整理してご紹介します。 国土交通省は、同システムの導入スケジュールについて「運用開始初年度で100万人の技能者の登録、 5年で全ての技能者(330万人)の登録を目標とする」と述べています。 また、2020年1月には外国人技能実習生のCCUS登録を義務化することを告示しました。 このような背景から、今後、建設キャリアアップシステムへの対応は、ますます必要性が高まると思われますが、建設事業者の方々にとっては、実際に「現場でどう対応できるか」「いつまでに対応をすべきか」など、迷われることもあるかと思います。 そこでまずは、建設キャリアアップシステムの目的や、事業者・技能者にとって同システムを活用するメリットを整理し、その重要性を考えてみましょう。 建設キャリアアップシステムが構築された背景には、日本全体の就業人口の減少や、それにともなう建設業界の人材不足に対策する目的があります。 建設業振興基金によると、建設業界の年齢別賃金(賃金カーブ)は、他の製造業より早い40歳前後にピークに到達しており、管理能力や後進の指導といった経験に裏付けられた技能者の能力が適切に評価されていないことが考えられます。 人材不足に対応し、若年層の入職を進めるためにも、建設業が他の産業と比べても「生涯を通じて魅力的な職業である」ことを目に見える形で示す必要があることから、このような仕組み化が求められました。 下記の項目では、建設キャリアアップシステムの3つの目的をわかりやすくまとめます。

次の

【最新情報!!】4月1日からキャリアアップカードに新システムが導入されます!

キャリア アップ システム

技能者の就業状況を簡単に確認• 現場の入場管理等の効率化• 雇用する技能者のレベルが見えることから、良い職人を育て、雇用する会社は評価され受注確保に繋がる• 適正な評価と待遇を受けられる期待から、若手の人材確保に繋がる• 下請の専門工事会社の実力を客観的に把握しやすくなる• 経審の評点値がアップする期待大• ゆくゆくはエンドユーザーである個人が専門工事会社を選ぶ時代になるかもしれない• 作業員名簿作成の自動化• 施工体制台帳作成の自動化• 建退協関係事務の効率化• 社会保険加入状況確認の効率化 まずは、技能者(従業員)の管理と事務の効率化という効果が目に見えてありますが、受注確保や人材確保に繋がる可能性に期待したいところです。 事業者(建設会社)のデメリット• 登録に手間がかかって面倒• 少ないながらも登録料や利用料がかかる• 元請はカードリーダーを設置しなくてはいけない• 優秀な人材の引き抜きへの不安 デメリットは、こんなところでしょうか。 面倒であったり、登録にかける時間や人出が無い場合は、申請を代行してもらうという方法があります。 建設キャリアアップシステムへの登録や利用料として必要なものは以下に記載していきます。 「優秀な人材が引き抜かれるのでは?」という疑念ですが、特に地方のゼネコンを中心に警戒感が強いようです。 外国人の技能実習生等を受け入れられない• 大手ゼネコンからの工事を請け負えなくなっていく可能性がある• 公共工事の現場では義務となる可能性がある 登録するデメリットもあります、登録しない事によるデメリットも存在します。 2020年1月からは、外国人の技能実習生を新たに受け入れる場合は、事業者側も、受け入れる技能実習生側にも建設キャリアアップシステムへの登録が義務化されています。 建設キャリアアップシステムの利用料金 事業者の登録料 登録料は資本金によって違ってきます。 資本金500万円未満で3,000円、500万円以上1000万円未満で6,000円、1000万円以上2000万円未満で12,000円、2000万円以上5000万円未満で24,000円と資本金が上がるとともに増えていきます。 ちなみに1億円だと6万円、最高額は500億円以上で120万円となります。 個人事業主の場合は資本金500万円未満と同じ3,000円で、 一人親方の場合は無料です。 これが最初の登録時と、以後 5年ごとに必要となります。 管理者ID利用料 管理者IDを取得することで、システムにログインし、事業者情報の管理、現場の登録、技能者情報の閲覧、帳票出力が出来るようになります。 事業者登録により、自動で1人の管理者IDが付与されますが、追加取得、つまり管理者を増やすことが出来ます。 一方、事業者IDは、その事業者固有のものなので、1つの事業者に1つしかありません。 管理者IDは 1人あたり2,400円で、 1年ごとに必要となります。 現場利用料 現場利用料は、現場をシステム登録した元請事業者が費用負担するものです。 かかる費用は、技能者の就業履歴の 登録1人1回につき3円かかります。 カードリーダーの設置 建設キャリアアップシステムに登録すると、技能者は現場に設置されたカードリーダーに建設キャリアアップカードを毎日かざして、就業履歴を蓄積していくことになります。 では、このカードリーダーは誰が設置するのでしょうか? それは、その現場の工事の元請事業者ということになります。 元請事業者はカードリーダーという機械、それにネットの接続環境と「建レコ」というアプリをインストールする機器(パソコン、iPhone、iPad)を準備しなければなりません。 ネットの接続環境はLANでもWi-Fiでも4Gでも大丈夫です。 簡易なものなら、iPhoneやiPadとカードリーダーをブルートゥース接続することなどが考えられます。 建設キャリアアップシステムに対応したカードリーダーは以下のような機種があり、1つ1万数千円からです。

次の