ドラフト 会議 2019 指名 予想。 Mリーグドラフト会議2019の結果速報!

【超速報】ドラフト2019指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

ドラフト 会議 2019 指名 予想

毎年楽しみなドラフト会議がやってきました。 どの球団が勝ち組で、どの球団が負け組だったのか 野球ファンはとても気になるところです。 もちろんドラフトの勝ち・負けは長いスパンで見ないと評価はできないですが 現時点でのチーム状況と照らし合わせて、2019年のドラフト会議を結果を評価していきたいと思います。 12球団・クジを引く人 くじを引く人の殆どが監督もしくは元選手のGMなどです。 2019年のクジを引く人は以下のようになっています。 1位平間 隼人 (内野手・徳島インディゴソックス)• 2位加藤 壮太 (外野手・埼玉武蔵ヒートベアーズ)• 近年の長身のパワー系投手を上位で指名するなど、明確な意図を感じる。 昨年のドラフトも酷評されていたが、1位の高橋・下位の戸郷は後半重要な戦力となり、育成の山下は高卒イースタン首位打者を獲得している。 独自路線で成功しているので、もう少し評価してあげても良いと思う。 それと薄々気付いているだろうけど、全体的に見ても「素材型の選手」が多いので、やはりFAでの補強を目論んでいるのだろう 横浜DeNAベイスターズ 横浜のドラフト指名結果• 1位出井 敏博 (投手・神奈川大学)• あとはバランス良く、佐々木の後のリカバリーはきちんと出来てたと思うし、良い指名 手薄な外野手を1人しか指名しなかったのは秋山残留への布石か? 3軍制を敷くとの報道があったので育成を多く指名するのかとも思いきや、1人に留まったのは意外だった。 西武の一番驚いたのは西武8位で岸潤一郎が指名されていたこと。 明徳の時からよく見てて、拓大辞めた後はアイランドリーグでやってるのをユーチューブなど目にしてたから親近感あるんだよね。 プロでも頑張ってほしい。 福岡ソフトバンクホークス ソフトバンク指名結果• 1位石塚 綜一郎 (捕手・黒沢尻工業高)• 2位大関 友久 (投手・仙台大学)• 3位伊藤 大将 (内野手・八戸学院光星高)• 4位勝連 大稀 (内野手・興南高)• 5位舟越 秀虎 (外野手・城北高)• 6位荒木 翔太 (内野手・千原台高)• 7位村上 舜 (投手・山形中央高)• その中でも海野を2位、津森を3位で取れたのは大きい 3軍制を導入し莫大な資金を投じている育成枠のソフトバンクっぽい指名。 東北楽天ゴールデンイーグルス 楽天指名結果• 1位江川 侑斗 (捕手・大分高)• 2位小峯 新陸 (投手・鹿児島城西高)• 3位山崎 真彰 (内野手・ハワイ大)• 4位澤野 聖悠 (内野手・誉高)• 同時に救援候補を指名しつつ、将来の軸になりうる高校生の指名。 文字にするとすごく良く聞こえてくる、 下位指名が上手くいった印象。 千葉ロッテマリーンズ ロッテ指名結果• 1位宮田 輝星 (外野手・福岡大学)• 2位樋口 龍之介 (内野手・新潟アルビレックスBC)• 3位長谷川 凌汰 (投手・新潟アルビレックスBC)• 補強ポイント、質ともに上々では。 阪神と日ハム指名逆にしたらいつも通りでしっくり オリックス・バファローズ オリックス指名結果• 1位佐藤 一磨 (投手・横浜隼人高)• 2位谷岡 楓太 (投手・武田高)• 3位中田 惟斗 (投手・大阪桐蔭高)• 4位平野 大和 (外野手・日章学園高)• 5位鶴見 凌也 (捕手・常盤大学高)• 6位大下 誠一郎 (外野手・白鴎大学)• 7位佐藤 優悟 (外野手・仙台大学)• 8位松山 真之 (投手・富山GRNサンダーバーズ)• 社会人指名なしは13年ぶりだそうで、以外ではあったが、捕手を取らなかったことに対しても頓宮コンバートへの本気度が見えて、面白い。 騒がれている大物がいないので現時点で低い評価をされるのは仕方ない。 主な支配下指名漏れ選手• 高校 林優樹、落合秀市、谷岡楓太、木下元秀、國吉 吹• 大学 北山比呂、稲毛田渉 小孫 竜二、舩曳 海、加藤雅樹、谷川刀麻、金子莉久、中村健人• 社会人 小又圭甫、宅和健太郎、平岡航、長谷川凌汰 喜多亮太、片山勢三、笹川晃平、加藤壮太、嘉陽 宗一郎、山口 裕次郎 【ドラフト会議2019】の勝ち組み・負け組はどこ?• S ヤクルト ロッテ• A 横浜 広島 中日• B 西武 阪神 巨人• C 日ハム オリックス•

次の

【2019年ドラフト会議】12球団1位予想、1位~3位予想36人、ロッテのドラフト(編成・補強)、ドラフトの結果と感想

ドラフト 会議 2019 指名 予想

こんにちは!雨夜龍馬 です。 明日、2019年のドラフト会議が行われます。 今回は、12球団の1位入札予想、1~3位指名の36人の予想、のドラフトについて書きました。 ありがとうございました。 ドラフト会議一覧と感想 西武 1位 宮川 哲 (、投手、右右) 2位 将太 (、投手、左左) 3位 松岡 洸希 (BC武蔵、投手、右右) 4位 川野 涼多 (、、右両) 5位 柘植 世那 (Honda、捕手、右右) 6位 井上 広輝 (、投手、右右) 7位 上間 永遠 (四国IL徳島、投手、右右) 8位 岸 潤一郎 (四国IL徳島、外野手、右右) 育成1位 出井 敏博 (神奈川大、投手、右右) 1位の宮川投手は大卒社会人で最速154㎞右腕。 2位の党首は高卒3年目の社会人で148㎞左腕。 上位指名の2人は社会人で先発・リリーフをこなしていた投手で、即戦力になりそうです。 の選手を3人指名する独自路線の指名。 秋山が移籍する可能性があるので、外野手の指名が少なかった点が気になりました。 1位 佐藤 直樹 (、外野手、右右) 2位 海野 隆司 (、捕手、右右) 3位 津森 宥紀 (、投手、右右) 4位 小林 珠維 (、、右右) 5位 達 (慶大、、右左) 育成1位 石塚 綜一郎 (黒沢尻工、捕手、右右) 育成2位 友久 (仙台大、投手、左左) 育成3位 伊藤 大将 (、、右右) 育成4位 勝連 大稀 (、、右左) 育成5位 舟越 秀虎 (城北、外野手、右左) 育成6位 荒木 翔太 (、、右右) 育成7位 村上 舜 (、投手、左左) 内川選手、松田選手など、高齢化する主力野手から若返りを見据えた野手中心のドラフト。 3軍制のらしく、育成選手が大量指名されました。 海野選手は大学日本代表の正捕手で、強肩の選手。 タイプ的に甲斐捕手と重なるのがやや気になりました。 1位 小深田 大翔 (、、右左) 2位 黒川 史陽 (、、右左) 3位 津留崎 大成 (慶大、投手、右右) 4位 武藤 敦貴 (東、投手、左左) 5位 福森 耀真 (、投手、右右) 6位 瀧中 瞭太 (Honda、投手、右右) 7位 水上 桂 (明石商、捕手、右右) 育成1位 江川 侑斗 (大分、捕手、右右) 育成2位 小峯 新陸 (、投手、右左) 育成3位 山崎 真彰 (ハワイ大、、右右) 育成4位 沢野 聖悠 (誉、、右左) で遊撃、三塁、二塁を守っていた、ユーティリタイプの小深田選手を1位で指名。 2位では、で二塁、三塁を守っていた黒川選手を指名。 この上位指名から考えると、浅村選手を一塁にコンバートする可能性もありそうです。 全体的に独自志向の指名で、の影響力が強いのかな?と感じました。 ロッテ 1位 佐々木 朗希 (大船渡、投手、右右) 2位 佐藤 都志也 (、捕手、右左) 3位 髙部 瑛斗 (、外野手、右左) 4位 横山 陸人 (、投手、右右) 5位 福田 光輝 (法大、、右左) 育成1位 本前 郁也 (北翔大、投手、左左) 育成2位 植田 将太 (慶大、捕手、右右) 今年のドラフトの目玉である佐々木朗希投手の交渉権を獲得! 2位以降でも補強ポイントのポジションをバランスよく指名していて、マリーンズファンの私としては満足のドラフトでした。 応援している球団なので、後日の記事でさらに詳しく書きたいと思います。 1位 河野 竜生 (JFE西日本、投手、左左) 2位 立野 和明 (、投手、右右) 3位 上野 響平 (京都国際、、右右) 4位 鈴木 健矢 (、投手、右左) 5位 望月 大希 (大、投手、右右) 6位 梅林 優貴 (大、捕手、右右) 7位 片岡 奨人 (東日本国際大、外野手、右左) 育成1位 宮田 輝星 (福岡大、外野手、右両) 育成2位 樋口 龍之介 (BC新潟、、右右) 育成3位 長谷川 凌汰 (BC新潟、投手、右左) これまで甲子園のスターを多く指名する傾向があったは、今年は大学・社会人中心の指名で、即戦力ドラフトという印象。 河手は最速151㎞の社会人No. 1左腕、立手は最速152㎞の本格派右腕。 2人とも先発タイプで、1年目からローテーション争いに加わりそうです。 1位 宮城 大弥 (、投手、左左) 2位 紅林 弘太郎 (総合、、右右) 3位 村西 良太 (近大、投手、右左) 4位 前 佑囲斗 (、投手、右右) 5位 勝俣 翔貴 (国際武道大、、右左) 育成1位 佐藤 一磨 (、投手、左左) 育成2位 谷岡 楓太 (武田、投手、右右) 育成3位 中田 惟斗 (、投手、右右) 育成4位 平野 大和 (、外野手、右右) 育成5位 鶴見 凌也 (大高、捕手、右右) 育成6位 大下 誠一郎 (、外野手、右右) 育成7位 佐藤 優悟 (仙台大、外野手、右右) 育成8位 松山 真之 (BC富山、投手、右右) 社会人の指名が多い印象だったが、今年は一転して高校生中心の指名でした。 育成選手の大量指名にも驚かされました。 は3軍制導入の計画が以前からあるようで、今後の発表に注目です。 個人的には、の神戸開催試合が年々減少していることに寂しさを感じています。 巨人 1位 堀田 賢慎 (、投手、右右) 2位 太田 龍 (、投手、右右) 3位 菊田 拡和 (、、右右) 4位 井上 温大 (前橋商、投手、左左) 5位 山瀬 慎之助 (星稜、捕手、右右) 6位 伊藤 海斗 (、外野手、左左) 育成1位 平間 隼人 (四国IL徳島、、右左) 育成2位 加藤 壮太 (BC武蔵、外野手、右左) 高校生と社会人で素材型の太田投手を指名していて、将来性志向のドラフトだと感じました。 即戦力を獲得に動かなかった分、今年のオフもFA補強に動く可能性がありそうです。 DeNA 1位 森 敬斗 (、、右左) 2位 坂本 裕哉 (大、投手、左左) 3位 伊勢 大夢 (明大、投手、右右) 4位 東妻 純平 (、捕手、右右) 5位 田部 隼人 (開星、、右右) 6位 蝦名 達夫 (青森大、外野手、右右) 7位 浅田 将汰 (、投手、右右) 昨年、小園選手の抽選を外している点、ラミレス監督が強化するポジションについてデイリーの記事で言及していた点から、森選手の一本釣りは予想していました。 2位~3位は大学生投手の指名が多い、らしい指名。 4位以降で、高校生、身体能力の高い大学生の蝦名選手を指名。 各ポジションで将来性ある選手を指名していて、おもしろいドラフトだと感じました。 1位 西 純矢 (、投手、右右) 2位 井上 広大 (、外野手、右右) 3位 及川 雅貴 (横浜、投手、左左) 4位 遠藤 成 (、、右左) 5位 藤田 健斗 (、捕手、右右) 6位 小川 一平 (九州キャンパス、投手、右右) 育成1位 小野寺 暖 (大商大、外野手、右右) 育成2位 奥山 皓太 (、外野手、右左) 1位~5位で2018、2019年の春夏甲子園に出場した選手を指名。 甲子園のスターをのスターへと育成していきたいという将来性志向のドラフトだと感じました。 広島 1位 森下 暢仁 (明大、投手、右右) 2位 宇草 孔基 (法大、外野手、右左) 3位 鈴木 寛人 (、投手、右左) 4位 韮沢 雄也 (、、右左) 5位 石原 貴規 (天理大、捕手、右右) 6位 玉村 昇悟 (丹生、投手、左左) 育成1位 持丸 泰輝 (大高、捕手、右左) 育成2位 木下 元秀 (、外野手、左左) 育成3位 畝 章真 (、投手、左左) 1位で全野球選手権優勝投手で大学No. 1の森下投手を一本釣り。 2位の宇草選手は大学日本代表でも活躍した俊足巧打の外野手。 来シーズンを見据えた上位の指名だと感じました。 中日 1位 石川 昂弥 (東邦、、右右) 2位 橋本 侑樹 (大商大、投手、左左) 3位 岡野 祐一郎 (、投手、右右) 4位 郡司 裕也 (慶大、捕手、右右) 5位 岡林 勇希 (、投手、右左) 6位 竹内 龍臣 (札幌創成、投手、右右) 育成1位 松田 亘哲 (名大、投手、左左) 高校日本代表で4番を務めた石川選手を競合の末に指名。 地元出身の和製大砲候補で、昨年1位指名の根尾選手ともに将来が楽しみです。 3位の岡手は大卒3年目の社会人で即戦力の活躍を期待したい選手。 4位の郡司選手は打撃型の捕手で、混戦の正捕手争いに加わりそうです。 ヤクルト 1位 奥川 恭伸 (星稜、投手、右右) 2位 吉田 大喜 (、投手、右右) 3位 杉山 晃基 (大、投手、右右) 4位 大西 広樹 (大商大、投手、右右) 5位 長岡 秀樹 (、、右左) 6位 武岡 龍世 (、、右左) 1位で3球団競合の末に最速158㎞右腕の奥川投手を指名。 チーム事情を考えると、早い段階で1軍で登板機会がありそうです。 2位~4位でも先発タイプの大卒本格派右腕をズラリと指名。 補強ポイントである先発投手に力を入れた指名だと感じました。 公式サイトでも速報します。 — () 指名順 今年から2位以下の指名順は1年ごとにセパ交互になり、2019年は6位から順になります。 近年は中位~下位指名で素材型の高校生投手を指名する流れが続いていて、今年もその流れが続くかどうか楽しみなところです。 また、益田のFAの可能性、2019年シーズンではセットアッパーに苦労した点、リリーフ陣が高齢化し始めている点を考えると、リリーフ候補の投手が補強ポイントになりそうです。 捕手 田村 26歳 宗接 26歳 柿沼 27歳 江村 28歳 吉田 29歳 細川 40歳 捕手陣は全員20代後半以上で、若手捕手がいないことが、チーム編成上の課題点となっています。 今回のドラフトでは、捕手が2~3人指名されることが予想されます。 安田 21歳 茶谷 22歳・育成 平沢 23歳 香月 24歳 松田 26歳 藤岡 27歳 中村奨 28歳 三木 29歳 鈴木 31歳 井上 31歳 細谷 32歳 レアード 33歳 遊撃手のレギュラーが固定できていない点、の層が薄い点が課題。 二遊間の選手を指名することが予想されます。 外野手 藤原 20歳 山口 20歳 和田 21歳・育成 三家 27歳 菅野 27歳 岡 29歳 加藤 29歳 マーティン 32歳 角中 33歳 荻野 34歳 清田 34歳 荻野、清田、角中といった主力陣が高齢化している外野手も、補強ポイントになります。 2018年は藤原、山口、2017年は育成で和田を指名。 ベテランと20歳前後の選手の間の編成上の穴を埋める、大学生・高卒社会人の外野手の使命が予想されます。 補強ポイント• 次世代を担う捕手• 大学生~高卒社会人の外野手• 二遊間の•

次の

近江の技巧派左腕や“清宮の兄貴”が呼ばれず 2019年ドラフト会議の指名漏れ選手

ドラフト 会議 2019 指名 予想

過去の指名 24人を予想するにあたりまずは過去のドラフト上位指名についてみておきたい.過去10年分の上位24人は下記の通りである. 2位選手の数字は指名順, 青文字は左投げまたは左打ち 過去10年のデータを見てもわかるように, ドラフトの上位は基本的に投手 特に大学・社会人 中心で指名される.ところが昨年のドラフトで異変が起きた.24人のうち投手が半数にも満たない圧倒的な野手ドラフト.特に2位の中でも上位にあたる13番目~18番目 赤文字 に野手が多かったのが目に付いた.この結果については,野手に逸材が集中したのか,あるいはプロが野手を欲していたのか,そのあたりの事情はさておき,今年の上位24人がどのようなバランスで指名されるのかは一つ注目ポイントだろう. 最後はやはりこのカテゴリー 主に内野手・外野手 .過去10年のドラフトを見てもわかるように, 上位で指名される野手は俊足巧打タイプよりも長打 将来性でも二桁本塁打 が期待できるタイプが多い.本塁打を量産するスラッガータイプはもちろんだが,強い打球を逆方向に飛ばして外野手の間を抜いていくような中距離タイプも該当する.昨年2位で指名された頓宮 オリックス ,伊藤 DeNA ,中山 ヤクルト などは身体が大きい貴重な右のスラッガータイプであり,守備はある程度目をつむってその打撃力を優先した例になる.この系譜が今年も引き継がれるのか注目したい. 上位指名24人予想 前置きが長くなってしまったが,注目ポイントに当てはめながら24人の選手を順番に挙げていく. 1. 佐々木朗希 大船渡 2. 奥川恭伸 星稜 3. 佐々木,2. 奥川,3. 森下の3人で票が割れた場合,残り9球団が2回目の抽選に進むことになる.そうなった時に真っ先に名前が挙がるのは誰か.または1回目の抽選で重複を嫌った球団が単独指名を狙っているのはどの選手か.その観点で考えると以下の選手になると予想する. 4. 河野竜生 鳴門-JFE西日本 5. 石川昂弥 東邦 6. 海野隆司 関西-東海大 左腕としてはNo. 1の実力者・河野,U-18の4番打者・石川,大学生No. 1捕手・海野,ここまでは単独指名の可能性があり,少なくとも2回目の抽選 外れ1位 で名前が呼ばれるであろうそれぞれのカテゴリーでトップに君臨する選手である.そしてもう一人. 7. 吉田大喜 大冠-日体大 森下と共に侍ジャパンに選出された本格派右腕.8番目にこの投手の名前を挙げたのはまとまった投球で試合を作れる完成度の高さ.先発型右腕の中でも頭一つ抜けており,即戦力と呼ばれるに相応しい投手である.先発投手が欲しい球団からは早めの指名が期待できるだろう. 9. 佐藤都志也 聖光学院-東洋大 ユーティリティーな捕手も貴重な存在.勿論プロでも捕手でスタートし,「打てる捕手」として活躍できればベストだが,現状捕手としての評価は海野に及ばないと予想している.それでも俊足強肩で2番ライトで起用されるなど外野手として潰しが利く点は高い付加価値として評価されるだろう. 佐藤捕手で9人目.この辺りまではドラフトファンの間では大方予想がつくだろう.ここからが今回のドラフトの醍醐味でもある.抽選を2回または3回外した球団が指名してくる選手は非常に読みづらく,球団によっては方向性を変えて予想外の選手を指名してくるパターンもあるだろう.「2位で獲得できたならおいしい選手」を予想していくのがベターだろうが,カテゴリー別に見た時に希少性の高い選手を指名されることも考慮して予想したい. 10. 宮城大弥 興南 まずは速球派左腕.U-18での投球を確認したが,高校生とは思えないほどの完成度であった.高校生離れした落ち着いたマウンド捌きと三振の奪えるチェンジアップは確実に評価されていると思われる.昨年の読売が高橋 八戸学院大 を指名したように,球団によっては大学生左腕の指名も考えられるが,宮城は既に大学生クラスの投球をしている.河野に次ぐNo. 2の左腕として位置付けられるため,繰り上げ指名もあるだろう. 11. 森敬斗 桐蔭学園 最後の1人は高校生内野手から.U-18で1番打者を務めた俊足強肩の将来性豊かな内野手だ.U-18では外野を守るなど早くもオールラウンダーとなっており,打撃,守備共にセンスに溢れプロが欲しがる素材である.彼も少なくとも2位以上,繰り上げで1位まであると予想している. 2位クラス ここからは2位について.1位では投手8,捕手2,内野手2の予想をしているため,2位ではバランス的に野手を指名する可能性が高くなることを考慮して予想していきたい. 13. 紅林弘太郎 駿河総合 森が志望届を出さなければこの選手を1位予想にしていたかもしれない.186cmの大型ショートは将来球界を代表するスラッガーになる可能性がある.昨年の「高校生2位指名」の流れを踏襲し,上位予想とした. 14. 井上広大 履正社 そもそも右のスラッガータイプが少ない中,甲子園で勝負強さを発揮しチームを優勝に導いた4番打者は魅力的ではないだろうか.このカテゴリーでは常総学院・菊田もいるが,大舞台の場数を踏んでいる点は有利だろう. 15. 郡司裕也 仙台育英-慶応大 16. 勝俣翔貴 東海大菅生-国際武道大 17. 宇草孔基 常総学院-法政大 一気に3人,大学生の捕手・内野手・外野手を挙げた.3人ともJAPAN代表選出経験があり,それぞれのカテゴリーでトップクラスの実力者である.ただ,3人とも守備... が少し気になるところではあるが,3人とも長打力があり,郡司は選球眼,勝俣は打球の鋭さ,宇草は脚力と3人とも一芸に秀でたものがある.スカウトの評価は果たして. 18. 東妻純平 智辯和歌山 21. 伊勢大夢 九州学院-明治大 22. 落合秀市 和歌山東 23. 鈴木寛人 霞ヶ浦 24. 北山比呂 横浜-日体大 以上24人. ドラフト2019 上位指名24人予想まとめ おわりに 今回予想した24人には「社会人」の選手は少なめ.やはり今年も社会人選手の評価は渋い 上位指名に関しては と予想しているがどうだろう.まだドラフトまで2週間あり,上位指名についても各球団からコメントが出る可能性はあるのだが,特に社会人選手の評価が気になっている.個人的にも残りの2週間,最後までドラフト候補が出場する試合をチェックしていきたい..

次の