トイレ リフォーム ぼっとん。 汲み取り式トイレから水洗トイレにするリフォーム費用と工期は?

自分でトイレのリフォーム!(汲み取り式便所から水洗便所)かんたんDIY

トイレ リフォーム ぼっとん

都心や主要都市から離れた地域では、まだ汲み取り式のトイレが使われている場合があります。 現在のようにインフラがほぼ整備されている国内で未だに汲み取り式が利用されている理由は、インフラが整備される前に作られていたり、開発の遅れであったりと様々な理由があります。 時代遅れのトイレではありますが、用をたすという機能は十分に確保できるトイレです。 しかし、いくらトイレの機能はあると言っても水洗トイレに比べれば使い勝手も管理も清潔さも劣ってしまいます。 汲み取り式トイレを使っているのなら、一度は水洗トイレにしたいと考えたこともあることでしょう。 汲み取り式から水洗トイレへのリフォーム 汲み取り式から水洗トイレへのリフォームは可能ですが、実施に実行使用となると難しい問題や解決できない問題が出てくる事があります。 一番の問題は費用面で、汲み取り式から水洗トイレへリフォームする場合はトイレを丸ごと作り変えるようなものなので、高額なリフォーム費用が必要です。 「高額」と言ってもリフォーム全体で見れば安価なのですが、おおむね80万円以上かかることが多くなっています。 また、リフォーム費用の他に使っていた便槽などの処分費用も掛かるため実際には100万円を超えてしまう事もあります。 費用が高めですが、トイレは生活に必ず必要な物なので汲み取り式から水洗へのリフォームを行う価値は十分にあります。 ただし、水洗トイレへのリフォームが可能な場合リフォーム工事中は何かと不便な思いをすることもあります。 リフォーム工事中は何かと不便 汲み取り式から水洗トイレへのリフォームは、トイレの設備を全て取り替えることを意味します。 汲み取り式で使われていた便槽を掘り出して水洗用の配管を通し、浄化槽、または下水への配管を通して電気工事を行い、新たな便器の取り付けと内装工事が必要です。 工事自体が大掛かりになるのである程度長期間の工事になりますが、リフォームが終わるまでトイレが使えなくなります。 その間のトイレは工事現場などで見られる簡易トイレを利用することになりますが、多少の不便を伴います。 工事は長いと2ヶ月ほどかかることもあるので、リフォーム中のトイレ使用についてはリフォーム業者と相談が必要です。 どうにもならない問題もある 水洗トイレは水圧で汚物を下水に流し、浄化槽などに送り込んで処理します。 しかし、地域によっては浄化槽が設置できない、下水が無い、下水までの距離が遠すぎるといったことがあります。 残念ながら、これらは水洗トイレを使用できる条件を満たしていないのでリフォームができません。 これらの問題は個人ではどうにもならないことなので、この場合は諦めるか簡易水洗トイレにするかの2択になります。 汲み取り式から水洗トイレへのリフォームは、困難が多くあり自力では解決できないものも含まれるために望んだから必ず出来るというものではありません。 条件によっては水洗化が出来ないということを覚えておき、もし水洗トイレへのリフォームが出来ない時の事を考え計画の変更を柔軟に行えるように準備をしておきましょう。 あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】 リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。 しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。 実際に相場以上に請求された方も多くいます。 複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。 国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。 【リノコで適正価格診断】• 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る• 完全無料• 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選• しつこい営業・勧誘がない 適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。 業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

次の

汲み取り式トイレから水洗トイレの費用は約90万円~!改修改装工事

トイレ リフォーム ぼっとん

ぼっとん便所の汲み取り式トイレのリフォームについて ぼっとん便所の汲み取り式トイレのリフォームをする前にまずは、汲み取り式トイレの種類や浄化槽の設置についてご覧ください。 汲み取り式トイレの種類 汲み取り式には、ぼっとん便所と簡易水洗トイレがあります。 ぼっとん便所は、排出されたものは便槽に貯まり、業者が定期的に汲み取りに来ます。 また、ぼっとん便所は水が流れない為に不衛生なイメージがありますが、簡易水洗トイレは水が流れます。 簡易水洗トイレは水が流れますが、ぼっとん便所と同じく便槽を使って排出されたもの貯めておくタイプです。 ぼっとん便所から水洗トイレへリフォームするよりも簡易水洗トイレへ取替える場合は、約600,000円程の費用が安くすみます。 どっぽん便所の汲み取り式の解体から浄化槽設置までの流れ 汲み取り式トイレのどっぽん便所から水洗トイレへリフォームする流れは、まず、解体撤去、便槽を掘り起こして撤去します。 そして、浄化槽を設置します。 ここまでの流れで水洗トイレの設置する土台が完了します。 トイレの下水道工事の浄化槽はどこにでも設置できない? トイレの下水道工事は住宅の面積によって浄化槽を設置できない場合、もしくは、下水が遠すぎて直結できない場合があります。 その場合はリフォームを諦めるか、簡易水洗トイレと設置するしかありません。 浄化槽の設置の費用は? 浄化槽は大掛かりな工事となるため高額となります。 地面がコンクリートて硬められているなら一度、撤去してからの設置となります。 【参考費用】浄化槽の設置の費用:約500,000円〜800,000円 汲み取り式トイレのぼっとん便所から水洗トイレにリフォームする費用相場 汲み取り式トイレのぼっとん便所から水洗トイレにするリフォーム費用には、「水栓トイレ」「簡易水洗トイレ」の2種類があります。 まずは、水洗トイレの設置費用からご紹介します。 水洗トイレの設置費用と価格相場 浄化槽工事が終わったら水洗トイレの設置にとりかかります。 まずは、水洗トイレの本体価格、そして設置する費用がいくらなのか見ていきましょう。 水洗トイレの本体価格 水洗トイレには、グレードによって機能性が様々で金額もことなります。 参考価格:約300,000円〜800,000円 水洗トイレの設置の費用 設置の際にかかる工事が設置、配管工事、電気工事、内装工事となります。 参考費用: トイレ設置費用:約50,000円〜60,000円 配管費用:約30,000円〜50,000円 電気工事費用:約35,000円〜50,000円 内装工事費用:約50,000円〜60,000円 合計:約165,000円〜220,000円 水洗トイレの総額の費用 参考費用:約465,000円〜1,020,000円 ぼっとん便所から簡易水洗トイレへ取替えする費用 ぼっとん便所から簡易水洗トイレへ取替える場合は、便槽はそのまま使用します。 汲み取り式トイレと簡易式トイレの用途は変わり無く便器だけが変わります。 汲み取り式のぼっとん便所から簡易水洗トイレへ取替える費用 工事の流れですが、ぼっとん便所の解体撤去から始まり費用が約20,000円〜30,000円かかり、次に内装工事の床と壁をを張替えます。 こちらに約50,000円〜60,000円かかります。 それから電気工事で電気を通すのに約50,000円〜60,000円かかります。 最後に簡易水洗トイレを設備工事で取り付け約80,000円〜100,000円かかります。 簡易水洗トイレの本体価格は約120,000円〜150,000円です。 参考費用: 簡易水洗トイレの本体価格:約120,000円〜150,000円 ぼっとん便所解体撤去の費用:約20,000円〜30,000円 内装工事の費用:約50,000円〜60,000円 電気工事の費用:約50,000円〜60,000円 設備工事の費用:約80,000円〜100,000円 合計:約320,000円〜400,000円 汲み取りトイレのリフォームする内訳費用 汲み取りトイレのリフォームする内訳の費用には、「汲み取りトイレの撤去の費用」「汲み取りから下水道にする費用」の2つをご紹介します。 汲み取りトイレの撤去の費用 汲み取りトイレの撤去の費用は約20,000円〜30,000円となります。 撤去費用の基準は、撤去する人の費用と産廃業者のトラックの詰める容量で決まり、2トン、4トンとあり、2トンの場合の費用は、約15,000円〜20,000円、4トンの場合は、約25,000円〜45,000円が相場となっています。 汲み取りから下水道にする費用 汲み取りから下水道にする費用には、大掛かりな工事となるため高額の費用となります。 地面がコンクリートて硬められているなら一度、撤去してからの下水道へ繋げる浄化槽を設置します。 【参考費用】汲み取りから下水道にする費用:約500,000円〜800,000円 汲み取り式トイレリフォームを激安・格安でするには? 汲み取り式トイレリフォームを激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。 汲み取り式トイレリフォームを依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。 理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。 相見積もりとは? 相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。 汲み取り式トイレリフォームを安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。 また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で汲み取り式トイレリフォームを行うことになってしまいます。 そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。 一括見積もり無料サービスで安く汲み取り式トイレリフォームをできる優良業者を探す! 一括見積もり無料サービスとは、汲み取り式トイレリフォームを得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。 また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

次の

汲み取り式トイレのぼっとん便所から水洗トイレにリフォームする費用と価格の相場は?-リフォらん

トイレ リフォーム ぼっとん

こんにちは!高知の山の古民家にひっそりと暮らしているaimiです。 南国市の市街地から、佐川町の古民家に引っ越してきたとき、カルチャーショックだったのは「汲み取り式トイレ」だったということ。 佐川町の水洗トイレの割合はまだそれほど高くないのだそうで・・・。 3パーセントが非水洗化の家庭のようです。 (平成25年現在) 数多く訪れた山小屋では「ぼっとん」は当たり前でしたが、最近は「バイオトイレ」も増えてきており、汲み取る必要がなくなってきています。 水をまったく使わない、または、使う場合であっても少量のみ。 水が使えない場所や、下水設備がない場所に設置する。 寝室までにおいが入ってきたときは閉口しました。 ただ慣れって怖いもので、今はあんまりに気ならなくなりましたw賃貸なので工事はできません。 あなたは、「ぼっとん便所」に抵抗ありますか? 田舎暮らしをご検討の方は抵抗あると厳しいかもしれませんね。 特に山間部の工事はやろうと思えばできますが大変なのかな、と素人目に思ってしまいます。 ちなみに費用は知り合いの方にお聞きしたところ、水洗化すると約100万円かかるとのこと。 地方移住者にはとってもハードルが高いです。 なお、補助金30~60万円【場所により異なる】がある場合も多いです。 各地方自治体に確認してみるといいでしょう。 田舎暮らしをするに当たって水洗便所にめぐり合うことはまずない 田舎には、いわゆる『アパート』や『マンション』などの集合物件はほとんどなく、古民家の一軒家が一般的です。 以前記事にも書きましたが、 わたしたち夫婦がまず2段階移住の1段階目に選んだのは高知県で2番目に人口の多い市。 この時点では『賃貸物件サイト』に賃貸物件が多数載っていました。 しかし 2段階目に選んだ佐川町では集合物件の検索結果が『0件』になってしまい、取扱い自体がなかったです。 したがってもし市街地以外のほんとうの田舎に住みたい場合は、 各市町村の役場に行くと『空き家バンク』などの役場が管理している賃貸物件を紹介してもらえる可能性が高いです。 しかしそういった物件はつい 最近まで人が住んでいた物件といえども、『ぼっとん便所』である可能性は極めて高いです。 なぜなら、田舎では『ぼっとん便所』の存在は当たり前だからです。 そこで、皆さんの気になるであろう『ぼっとん便所』の以下の3点についてまとめてみました。 汲み取り費用について• トイレ以外の使用の場合【嘔吐など】 高知の夏は暑いぜよ?!気になるのは『匂い』 夏は、やはり虫がわいたりするとのことで、それでは遅いと思いまずこちらを導入してみました。 便槽にひとつ落とし込むだけ。 (2017/10/24追記) 結局買わないでも、我が家は多少涼しい場所にあるからか、そこまでにおいは気になりませんでした。 基本的にはふたをこまめに閉めるなど些細なことから注意するようにすれば大丈夫です。 ただ、風向きによってはにおいがこもる日も・・・・来年は導入するかもしれません。 汲み取り費用はいくら?…世帯人数・汲み取りタンクの大きさによる 我が家の場合だと家族が2人なので、 1年に1回、約1万円。 まだ1年たっていないので汲み取りはしていないのですが、前に住んでいた方からお聞きした情報です。 地元の汲み取り業者に電話すればすぐ来てくれるとのことです。 ご近所さんはもっと頻繁に来られている印象。 タンクの大きさなども影響するのでしょうから、引越し時にしつこいくらいに聞いておくことをオススメします。 あふれると悲惨なことになりますので・・・汗。 ちなみに、バキュームカーが来ると一瞬でわかります。 めちゃくちゃ臭くて、窓を閉め切っていても部屋中臭くなります。 古民家が隙間だらけなのを証明するかのごとく。 洗濯物はなるべく干していないときに来てほしいものですが・・・予告なしに来るのが厄介です。 臭くてたまらないのですよ… トイレ以外の使用の場合【嘔吐など】 飲みすぎて2日酔いでトイレで嘔吐したかったとします。 わたしの場合、便器に顔を近づけるのには抵抗がありましたので、洗面所のほうでしました。 お子様のオムツの中身を流すなどはいいかもしれませんが、便器に顔を近づけるのは人によっては難色を示すかもしれません。 汲み取り頻度は3か月と大家さんに聞いていたので、タイミングをうかがっていたのですが5日間家を空けていた時に事件は起こりました。 でも考えてみてください。 「排泄」って人間の基本行為。 しかし『ぼっとん便所』を「汚いくさい」と抵抗ばかりしても仕方ありません。 もしいやならお金をかけて工事するか、街に出てそういう物件を探すしかありません。 あと、余談なのですが、最近ヤマケイ出版から出たこの本、話題になっていますね。 トイレの話題は「嫌悪感」を抱く人が多い中、筆者・伊沢さんはなんと「野グソ」を40年続けているそうです。 自然環境を守り、災害時のトイレ問題を解決?! 、そのひとつがノグソだ。 「食は権利、ウンコは責任、野糞は命の返し方」と唱え、自然との共生を40年以上にわたってノグソというかたちで実践してきた伊沢正名氏。 人間が生きていくうえで欠かせないにも関わらず「良識」の下、隠され排除されてきた「ウンコ」という前例のないテーマは、『くう・ねる・のぐそ 自然に愛のお返しを』でも話題を呼んだ。 ~amazonの内容紹介より引用 災害時のトイレについても書かれているので、ぜひ読んでみてくださいね。 確かに「排便」は毎日しないと体調悪くなるものであり、健康のバロメーターでもありますから。 まとめ:うまく『ぼっとん便所』と付き合って快適田舎ライフを送ろう! いかがでしたでしょうか? 『ぼっとん便所』だからといって田舎暮らしをあきらめるのはなんだかもったいない気がするんですよね。 もし長く住むのならお金はかかりますが改造してもいいでしょうし、もちろん割り切ってそのままにするのもありでしょうし。 普通に高知県は道の駅やスーパーのお手洗いも簡易水洗などはザラですから、もう珍しいとさえ思わなくなりましたよ。 慣れとは怖いものですね。 以上、「汲み取り式トイレ(=ぼっとん便所)に抵抗あっては田舎暮らしはできない」の記事をお送りしました。 「汲み取り式トイレ」リフォームご検討のおりには「リフォーム比較プロ」へご相談を いま住んでいる地域にどんなリフォーム業者があるのか? 自分で調べ上げるのはひと苦労ですよね。 そんな方に朗報! 「リフォーム比較プロ」なら、全国500社以上のリフォーム会社からお近くの業者さんを探し出すことができます! 「リフォーム比較プロ」は厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。 T 私が普段使っている尿石除去剤や、やり方をご紹介しています。

次の