急性胃腸炎 大人。 急なむかつき・痛み・吐き気の原因は急性胃炎!?【家庭の胃学】

【医師監修】胃腸炎のときの食事・食べ物、予防のための生活習慣

急性胃腸炎 大人

急性胃腸炎の原因 まず、急性胃腸炎の原因は大きく分けると、以下の2つになります。 ウイルス性 ウイルス性胃腸炎は冬季に感染する確率が高く、その種類は幼児の経口感染(病原菌が入った食べ物から感染すること)が多い ロタウイルス、成人を対象に集団食中毒などの感染が多い ノロウイルスなどが代表的なものです。 その他にも、アデノウィルスやアストロウイルスやサッポロウイルスなどがあります。 ノロウイルスの場合は発症から2週間ほど経過していても、排泄によりウイルスを出しているので感染には 油断できません。 十分な手洗いが必要ですが、例えば水道の蛇口からも感染するので手洗いの際は蛇口も洗うようにしてください。 その他にも、 嘔吐物の処理や タオルを共有しないようにもしてください。 ウイルス性胃腸炎とノロウイルス、実体験を元にしてアデノウイルスについてはこちらの記事をご覧ください。 細菌性 細菌性胃腸炎は夏季に感染する確率が高く、 食べ物の調理が不十分である場合や 調理する人の除菌不足により感染します。 イメージとしては、その細菌が体内(腸の粘膜)に入り毒素を出すことによって腸管粘膜に炎症が起こるといった感じです。 感染する対象は 大人と同じ食生活をする 子供に多く見られるため、乳幼児には感染しにくい菌になります。 また症状の特徴としては、ウイルス性と比べて発症が遅く、腹痛・発熱・血便などからはじまり、お腹が張った状態になり腹痛の痛みも比較的強い方なので、 ウイルス性よりも重症と言えます。 これらが発症するのは、普段の食生活で 暴飲暴食したり、 うがい・手洗いなどが徹底できていなかったり、 ストレス・薬の飲み過ぎなどから起こります。 逆を言えば、こういったことを気を付けていれば感染しくくなるということですね。 なお、感染性胃腸炎については、こちらの記事に詳しく書いていますので、予防のためにもご覧ください。 ・原因の一つであるウイルス性には、幼児がかかりやすいロタウイルスと大人でも注意が必要なノロウイルスがある。 特に夏場に注意が必要! ・もう一つの原因である細菌性は、調理する側からの除菌不足などがあり潜伏期間が長いが重症化する傾向がある特に冬場に注意が必要! 急性胃腸炎の症状と治療 次は急性胃腸炎の症状と治療について見ていきますが、今回はウイルス性の方が主な内容となります。 症状について 咳や鼻水 風邪に似た症状で、ウイルス性の急性胃腸炎には多い 胸やけ、むかつき 食欲不振や胃のあたりに不快感がある 嘔吐、腹痛 吐き気を伴うお腹の痛みがある 発熱 熱により頭痛・関節痛になりますが、一日あれば回復します。 胃腸炎による頭痛について気になる方は、こちらの記事をご覧ください。 偏頭痛に悩まされている方はこちらの最新記事をご覧ください。 激しい下痢・血便 下痢は水様便で、時に血便にもなるので脱水症状に注意 血圧低下 時間の経過とともに血圧低下により意識がもうろうとする 以上の症状が見られれば、胃腸炎と判断して対処してください。 胃腸炎が慢性的に発症するようであれば、 胃潰瘍になる可能性もあるので気を付けてください。 これらに似た症状として、逆流性食道炎ということも考えられます。 治療について 急性胃腸炎の場合は、風邪やインフルエンザなどとは違い、ウイルスの増殖を防いだり免疫力を強化するような 抗ウイルス剤のようなものはありません。 そのため発症の度に対応する治療の対症療法として、 抗生物質や下痢止め・整腸剤などを投与していくことになります。 急性胃腸炎の治療法として 推奨されているのは食事療法です。 薬を飲んでも早期回復は見込まれません。 例えば、薬を飲んでいるからと言って刺激のある飲食をしていれば、また再発するということですね。 結局は、 胃腸に優しい飲食をどれだけ心掛けられるかで 完治する速度も変わってきます。 ただし、その中でもヨーグルトなどに含まれている ビフィズス菌を主成分としている 整腸剤などは病原菌を排出する効果があるため、症状は回復していきます。 ・急性胃腸炎の症状には代表的な腹痛だけでなく、風邪に似た頭痛や咳の他にめまいがする血圧低下などもある。 ・急性胃腸炎の治療には特効薬はないため、抗生物質などを飲んだり胃腸に優しい食事をしたりと対症療法となる。 急性胃腸炎の食事(発症時) 基本的に腹痛がある間は絶食すべきですが、 嘔吐や下痢などをしていることもあり 脱水症状になりかねません。 そのため、電解質の入った飲料水を飲んでミネラルバランスを整えておく必要があります。 ここでは、その 電解質の入った経口補水液という代表的な飲み物についてご紹介します。 OS-1 所ジョージさんのCMでもお馴染みの商品になりましたね。 ・急性胃腸炎の発症時には下痢や嘔吐を繰り返すので、食べることは控えること! ・急性胃腸炎の発症時の食事として、まずは脱水症状対策として経口補水液を少量ずつ飲むこと! 急性胃腸炎の食事(回復後) お腹の痛みがやわらぎ、下痢や吐き気が減り回復の方向へ向かってくれば、徐々に 食事を再開させていきましょう。 再開のタイミングとしては、 嘔吐が 3 時間以上おさまっているようであれば、GOサインと言えます(下痢はあっても食べてください)。 オススメの食べ方は、 一日3食の倍数の5〜6回に分けるといった感じが望ましいです。 では、具体的な食べ物や飲み物について見ていきましょう。 炭水化物 少しでも食欲がある時は炭水化物を摂ることをオススメします。 おかゆや、うどん・バナナ・じゃがいもなど バナナについては、こちらの記事をご覧ください。 おかゆ おかゆについてはこちらに詳しく書いています。 いわし団子鍋(うどん) いわしつみれうどんのレシピはこちらの記事をご覧ください バナナヨーグルト(乳酸菌とのW効果) バナナヨーグルトのレシピはこちらの記事をご覧ください。 手作りケフィアヨーグルト ちなみに、こちらのヨーグルトは手作りだからこそ新鮮・無添加で食べられます。 また他のヨーグルトとは違い、乳酸菌・ビフィズス菌・酵母が含まれているので腸内環境を整える条件が揃っています。 ケフィアヨーグルトについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 たんぱく質 たんぱく質は胃の粘膜を保護して修正してくれる働きがあります。 大根、卵、豆腐、白身魚、鶏肉など ほうとう(おみそ) ほうとうのレシピはこちらの記事をご覧ください。 かき玉汁 かき玉汁のレシピはこちらの記事をご覧ください。 湯豆腐 湯豆腐のタレのレシピはこちらの記事をご覧ください。 湯豆腐と一緒に食べる『生姜』も胃液の分泌を活発にする食べ物です。 その生姜については、こちらにまとめましたので合わせてご覧ください。 野菜 やはり体の調子を整えてくれるのは野菜ですね。 ほうれん草、キャベツ、青菜、じゃがいも、長芋など ほうれん草のミルクポタージュ ほうれん草スープのレシピはこちらの記事をご覧ください。 春キャベツのスープ 春キャベツのスープのレシピはこちらの記事をご覧ください。 青菜のお浸し 青菜のおひたしのレシピはこちらの記事をご覧ください。 かぼちゃサラダ かぼちゃサラダのレシピはこちらの記事をご覧ください。 長芋パスタ 長芋パスタのレシピはこちらの記事をご覧ください。 ここでの注意点としては、食べた後にすぐに横になるよりは、 最低でも1〜2時間でも起きて消化させることをオススメします。 (どうしても横になりたい時は胃から腸へと流れ出る 右向きに寝るようにしてください) ・急性胃腸炎の回復後の食事は、嘔吐が3時間以上ないことと一日3食を倍の5~6食に分ける! ・急性胃腸炎の回復後の食事は、定番のおかゆなど温かい物だけを選び消化する様子を見て右向きに寝る! ここで取り上げているヨーグルトは、胃腸に深く関わりのあるピロリ菌にとっても重要な役割を担っています。 急性胃腸炎の食事(ダメな飲み物と食べ物) 胃腸炎の症状がおさまり、食欲も少しずつ湧いてくるとは思いますが、 暴飲暴食は避けてください(腸の機能が衰えているのでまた嘔吐しかねません)。 ここでは胃腸を刺激する飲み物・食べ物は避ける必要があるため、内容を見ていきましょう。 ダメな飲み物 柑橘系ドリンク 炭酸飲料 コーヒー これらは胃腸への刺激が強いということでNGとされています。 牛乳、乳製品 乳製品は消化に悪いため胃腸炎の症状を再発しかねません。 スポーツドリンク ポカリスエットやアクエリアスは浸透圧が高過ぎたり、ナトリウム濃度が低過ぎたりとオススメできません。 アルコール類 アルコール類も脱水症状になりかねないのでダメですね。 ダメな食べ物 脂の多い食べ物 肉類、ハム、ソーセージ、フライドポテト、うなぎ、干物、燻製物、カップラーメンなど 消化が悪い食べ物 さつまいも、こんにゃく、しらたき、ごぼう、レンコン、たけのこ、おくら、きのこ類、キウイ、スイカ、パイナップル、梨、いか、たこ、貝、青魚、かまぼこ、ドーナツ、ケーキなど 香辛料のある食べ物 わさび、からし、梅干し、コショウ、唐辛子の入った食べ物(カレーライス、カレー粉、キムチ)など 食物繊維の多い食べ物 にんにく、パセリ、グリーンピース、枝豆、アボガド、納豆、ひじき、しそ、抹茶など にんにくについてはこちらの記事にまとめましたので、合わせてご覧ください。 お菓子 スナック菓子、ドーナツ、ケーキ、チョコレート、あんこ類、アイスクリームなど ・急性胃腸炎時のダメな飲み物は、柑橘系・炭酸・コーヒー・乳製品・スポーツドリンク・アルコールetc. ・急性胃腸炎時のダメな食べ物は、脂分の多い肉類・不溶性食物繊維・食物繊維の多い物・香辛料の多い物・甘いお菓子etc. 逆流性胃腸炎についての記事を新しく書きましたので、一緒にご覧ください。 意外と新しい発見があると思います。 まとめ 以上、急性胃腸炎の時の食事について見てきました。 胃腸炎は普通の腹痛とは区別が難しいですが、やはり上記の症状が見られれば、ほぼ間違いありません。 ただ、 食事のみでは改善できない場合もあるので、その際は 病院へ行ってください。 (例えば、水分補給できないほどの嘔吐であったり、血便、体力回復しない、3回以上の嘔吐・下痢の場合など) それでは、お大事にしてください。

次の

急性胃腸炎で症状は大人も要注意!?急性胃腸炎の応急処置は?

急性胃腸炎 大人

胃腸炎は、嘔吐や下痢、発熱などの症状をともないます。 つらい胃腸症状は体力も奪い、回復にも時間がかかる場合があります。 そのような胃腸炎ですが、普段の食事から予防することもできるといわれています。 予防には、腸内環境を整えることが大切です。 胃腸炎の種類や症状、また、予防のための食事のポイントについて、詳しく解説していきます。 多く見られる胃腸炎の種類と症状 感染性胃腸炎は細菌、ウイルス、寄生虫など、さまざまな原因で引き起こされます[1]。 日本における感染性胃腸炎のうち、原因として報告される数が最も多いのはノロウイルスです[2]。 食中毒の原因として日本でも知られるようになりました。 そのほか、ロタウイルス、アデノウイルスなどが原因ウイルスとしてあげられます。 ノロウイルスによる感染性胃腸炎 ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬場に多く発生します。 集団感染を引き起こしやすく、学校や会社などでは危険視されています。 経口で感染し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。 基本的には1~2日程度で回復しますが、子どもや高齢者、他にも病気がある場合などでは重症化することがあります。 一方、胃腸炎を引き起こす細菌としては、カンピロバクター、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、腸管出血性大腸菌などがあげられます。 カンピロバクター腸炎 細菌性胃腸炎の中でも、もっとも頻度が高いのがカンピロバクター腸炎です[3]。 特に鶏肉に多く存在しているとされています。 潜伏期間は1~7日、経過は比較的良好だといわれています。 まれに、四肢麻痺などの症状が起こるギラン・バレー症候群が合併症として発症することがあるので注意が必要です。 鶏肉はしっかり火を通して食すことや、きちんとした保存方法を徹底するなどを意識しましょう。 サルモネラ胃腸炎 サルモネラ胃腸炎は、肉類や生卵を食べたときやミドリガメなどのペットから感染する可能性があります[4]。 潜伏期間は半日~3日程度と短いですが、症状は比較的重いとされています。 1週間程度で回復することがほとんどですが、まれに血液に菌が入り込む敗血症を併発することがあります[5]。 基本的に肉類は、食中毒や感染症といった病気にかかる可能性がある食材だということを頭に入れておく必要がありそうです。 保存方法と調理方法に注意して食べるようにしましょう。 下痢のときは消化に良い食べ物を 下痢や嘔吐の症状があるときは、適切な食事療法が大切です。 十分な水分の補給を 無理に食事をする必要はありません。 しかし、身体から水分が大量に排出されているので、できるだけ水分は摂るようにしましょう。 お茶やスポーツ飲料などでもよいですが、経口補水液を摂取するのがおすすめです。 消化に良い食べ物を 流動食から始めます。 温かいスープなど、少量ずつから試しましょう。 冷たいものや炭酸飲料、アルコールは胃腸を刺激するので避けます。 様子を見ながら、お粥や煮込みうどんなど、柔らかくて消化によいものを食べましょう。 食材やレシピにも気をつける 下痢や嘔吐の症状があるときは、食物繊維や脂質の多い食材は胃腸に負担をかけてしまうため避けましょう。 消化がよく栄養価も高い卵や豆腐、白身魚などがおすすめです。 また、調理法も消化をしやすくするためにひと工夫しましょう。 食材は小さめに切り、柔らかく調理します。 味付けは薄めにし、香辛料なども胃腸に刺激を与えるため控えます。 整腸剤やヨーグルトは効果アリ? 整腸剤やヨーグルトには、腸内環境を整えるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が多く含まれています。 胃腸炎のときの腸内は、原因菌となる悪玉菌が多くの割合を占めているため、嘔吐や下痢などの症状が現れます。 整腸剤やヨーグルトを摂取することで、腸内の善玉菌の割合を増やし、症状を回復させる効果が期待できます。 このような症状はすぐに病院へ すぐに病院へ行くべき場合があります。 以下のような症状がある場合は、すみやかに病院を受診しましょう。 下痢 一過性の下痢であれば心配はいりません。 下痢と同時に、発熱や嘔吐、激しい腹痛をともなう場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。 そのほか、血便や粘液の混ざった便が出たときもすみやかに病院へ行きましょう。 詳しい症状やその回数、いつ頃から現れたかなどの情報はとても重要になりますので、しっかり医師に伝えるようにしましょう。 血便 便が通常時よりも黒かったり、赤黒かったり、真っ赤な色をしていたら、すぐに病院へ行きましょう。 便が出た後に肛門から血が出ている場合は、痔や肛門が傷ついている可能性があります。 腹痛 腹痛は症状が軽いものから激しく痛むものまで幅広く生じます。 また、病気が原因で起こる腹痛もあります。 腹痛が長く続いたり、普段との違和感があったりする場合は早めに病院を受診しましょう。 その際に重要になるのが、腹痛とともに起こる症状です。 吐き気や嘔吐、発熱などの症状をともなう場合は、医師の症状の程度や発症期間などを具体的に伝えられるようにしておくといいでしょう。 食べ物・飲み物で胃腸炎を予防 胃腸炎を予防するために、普段の食事からできることがあります。 食事を見直して、胃腸炎に強い体づくりをしましょう。 腸内環境を整える善玉菌 腸内環境を健康的に保つことは、胃腸炎をはじめとしたさまざまな病気を抑制することが期待できます[6]。 腸内環境を良好に保つには、腸内の善玉菌の割合を増やしましょう。 腸内の善玉菌を増やすためには、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を摂取することが大切です。 ヨーグルトや乳酸菌飲料には、たくさんの善玉菌が含まれています。 善玉菌は継続的に摂取することが効果的とされているので、毎日善玉菌を含んだ食品を摂取する習慣をつけるとよいでしょう。 バランスの良い食事を! バランスのよい食事は、身体の免疫力を高めるといわれています。 タンパク質には、免疫の原料となる成分が含まれています。 また、近年、近年、果物や野菜に含まれる抗酸化物質が注目されています[7]。 抗酸化物質とは、動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こす原因となる活性酸素を抑制したり除去するもので、ポリフェノールやカロテノイドなどがあります。 いろいろな食材をバランスよく食べる習慣をつけ、病気にかかりにくい身体づくりを行っていきましょう。 参考文献• [1]国立感染症研究所. niid. html(参照2017-05-31)• [2]国立感染症研究所. niid. html(参照2017-05-30)• [3]厚生労働省. mhlw. html(参照2017-05-30)• [4]厚生労働省. mhlw. html(参照2017-05-30)• [5]横浜市. city. yokohama. html(参照2017-05-30)• [6]清水純. e-healthnet. mhlw. html(参照2017-05-30)• [7]厚生労働省. e-healthnet. mhlw. html(参照2017-06-05).

次の

急性胃腸炎は人にうつる?症状や主な原因と潜伏期間について

急性胃腸炎 大人

胃腸炎・食中毒は冬を中心に年中はやっています! Q&A 大人のウイルス性胃腸炎とウイルス性食中毒! Q. 「食中毒」と「食あたり」はどう違うのですか? A. 同じ意味です。 食中毒の「中」は、「あたる」という意味で医学用語です。 ちなみに胃腸が炎症おこせば胃腸炎。 その胃腸炎が食品を食べて起こったのならば食中毒。 さらに原因により、感染性、ウイルス性、細菌性、カンピロバクター(菌の名前)などの言葉を胃腸炎、食中毒の頭につけます。 ウイルスでも食中毒を起しますか? 細菌性という気がしますが・・・ A. 実は小児、成人ともにウイルス性が圧倒的に多いのです。 細菌性が1割で、ウイルス性が9割と考えられています。 「お腹のかぜ」ってよく聞きますが、よく引く「かぜ」の一種なのですか? A. 「かぜ」とは鼻、のど、喉頭の感染症のことですから、「お腹のかぜ」というのは確かに変です。 しかし、世間ではよくこのように言います。 きっと、専門用語より分かりやすいためでしょう。 理由は先生に聞いてみられるとよいでしょう。 「嘔吐下痢症」という病名は大人でも使えますか? A. 悪くはありませんが、一般的に乳幼児の感染性胃腸炎に対して使います。 乳幼児は脱水をおこしやすいし、急変しやすいなどの理由によります。 大人は、どんなウイルスにかかることが多いんですか? A. 多い順にノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスと推定されています。 サポウイルス、アストロウイルスなども少数ですが感染します。 それぞれのウイルスにどのような特徴がありますか? A. ノロ、ロタともに、成人から乳幼児まで全年齢相の散発性、集団性胃腸炎の中心です。 冬季は小児を中心に、初冬はノロ、初春はロタが毎年流行しています。 またノロは冬~春の集団食中毒感染患者の約9割から検出されます。 また高齢者施設・医療福祉施設の食中毒でない集団感染患者の約7割からも検出されます。 一般に集団感染の場合、多くは原因食品が推定できません。 推定できる食中毒事例でも、〝ノロに汚染された生カキ〟などとはっきり特定できることは極めてまれです。 周りに感染者がいて、あとは調理器具やタオルや人の手などを介して広がったと考えられます。 一方ロタも乳幼児や高齢者の施設でまれに集団感染します。 どんなとき、病院に行ったらいいですか? A. 嘔吐下痢が止まらないとき、下痢便に血が混じるとき、脱水になりそうなとき、意識が遠くなるときなど早急な手当てが必要です。 検査は受けた方がいいでしょうか? A. ロタ、ノロ、アデノウイルスに対しては、迅速検査を保険でうけることが出来ますが、感度が必ずしも充分ではありません。 一方細菌を疑う場合は、細菌培養という検査があります。 先生に相談されるとよいでしょう。 ウイルス性のものに特効薬はありますか? A. 残念ながらありません。 だから逆に症状に応じた対症治療が大切ともいえます。 細菌性なら抗生物質がありますが・・・ Q. ウイルス性のものに予防法はありますか? A. 菌の種類で、感染経路が多少異なりますが、 (1)手洗い (2)食品をよく洗う (3)充分加熱する (4)調理器具の殺菌 (5)うがい (6)マスクなどが大切です。

次の