カプチーノ と カフェラテ の 違い。 ドルチェグスト×カプチーノとラテマキアートの味|スタバと比較│ドルチェグスト研究会

マキアートの意味と作り方!ラテやカプチーノとの違いは?

カプチーノ と カフェラテ の 違い

カフェオレ・ラテ・モカの違い カフェオレとはフランス語で「ミルク入りコーヒー」 カフェララテもイタリア語で「ミルク入りコーヒー」 どちらもミルク入りコーヒーですが、違いがいくつかあります。 その違いとは、 ミルクの量とコーヒーの種類 コーヒーの種類は以下の記事で紹介していますのでご覧ください。 カフェオレ カフェオレは、紙フィルターなどを通して落とすドリップコーヒーを使用し、ミルクは普通の牛乳を温めて使います。 また作りかたは、コーヒーとミルクの割合が半分ずつ。 カフェオレ自体には甘さはなく(甘いお店もある・・・)、コーヒーをまろやかにした感じのイメージです。 甘みが欲しい人はカフェオレに砂糖を入れて飲むと良いでしょう。 ドリップコーヒーと温めた牛乳だけでできるので、お家でも簡単にできるので手軽です。 カフェラテ カフェラテは、エスプレッソとスチームミルクが使われます。 作り方は、エスプレッソが2割とミルクが8割ですが、エスプレッソの量が少ないからと言ってミルクが強いわけではありません。 エスプレッソは少ない量で味が濃く作られているので、ミルクを多めに入れてもコーヒーの味もミルクの味もしっかりと楽しむことが出来ます。 こちらも甘さはないので、お好みで砂糖やガムシロップを入れて、飲むと良いでしょう。 カフェモカ カフェモカは、エスプレッソにホイップクリームやチョコシロップがかかっています。 ですが、エスプレッソはマシーンを使わなければ出来ないことから、手軽にできるカフェラテにチョコレートを加えたものが多いです。 分量は、 エスプレッソ2割スチームミルク7割でチョコレートシロップ1割です。 チョコレートが入ることで、ラテやカフェオレより甘い味になるので、甘さと少しの苦さが美味しいスイーツコーヒーとなっています。 カプチーノ カプッチーノはエスプレッソに泡立てたミルクを入れたもので、上にチョコレートパウダーがかかっているものが多いです。 分量は、 エスプレッソ3割スチームミルク3割フォームミルク4割となっています。 カフェモカはスチームミルクだけですが、カプチーノはスチームミルクとフォームミルク(泡だてた牛乳)を使用しているので、カフェモカよりミルクの割合が多めです。 お好みで、シナモンやココアパウダー・チョコパウダーなどをかけて飲むと良いでしょう。 ミルクの分量 カフェオレ・ラテ・モカ・カプチーノの甘さ カフェオレ・ラテ・モカ・カプチーノは砂糖やミルクの分量、コーヒーが違うため甘さも変わってきます。 たまに、甘いコーヒが飲みたくなることもあると思うのでチェックしておいてください。 もちろんお店によって、また砂糖を入れる量によって違いますが、カフェモカはチョコレートシロップが少なからず入っているので、 一番甘いと言えるでしょう。 カフェラテとカフェオレは、どっちが甘いということはあまり言い切れませんが、カフェオレはドリップコーヒーで、カフェラテは苦みが多いエスプレッソなので、 カフェラテの方が苦みは強いでしょう。 また先ほども記載しましたが、お店によって甘さやミルクも全然違います。 コンビニで買うとカフェオレもカフェラテも砂糖が入っていますので甘いので、甘さが嫌な人はノンシュガーにしましょう。 ちなみに、まちカフェやセブンカフェなどはカフェラテの甘みがほとんどないので甘みが苦手な人はおすすめです。 カロリーの違い また、カロリーの違いについては場所によって異なってくるとは思いますが(ミルクやチョコレートの量)目安にドトールで比べてみたいと思います。 ドトールのMサイズのカフェオレ・ラテ・モカ・カプチーノのカロリーを調べてみました。 カフェラテ:93カロリー• カフェモカ:196カロリー• カプチーノ:87カロリー• ハニーカフェオレ:170カロリー ということになりました。 カプチーノのカロリーが一番少ないのは驚きですが、やはりミルクの量やコーヒーの量でカロリーが違うようです。 まとめ いろいろ調べて見ると、やはりお店や物によって全然違うということがわかりました。 甘さも、カロリーも一つの目安として参考にしてくださいね。 甘いものが飲みたくなったら、 カフェラテにガムシロップを入れてもいいし、カプチーノを頼んでもいいですね。 コーヒーは自分のお好みに合わせて自分で調節してください。 また、カフェオレ・ラテ・モカ・カプチーノに使うエスプレッソやドリップコーヒーについては で紹介していますのでチェックしておいてください。

次の

【カフェで使えるマメ知識】カプチーノとラテの違いって?

カプチーノ と カフェラテ の 違い

オフィシャルサイトより抜粋 見た目の違いはあまりなさそうですよね? 価格もショートサイズで330円と同価格です。 では何が違うのでしょうか? ラテとカプチーノはミルクの配分が違う もう10年以上前だから、公開してもいいですよね? ラテとカプチーノは材料は同じです。 エスプレッソとフォームミルクとホットミルクを使用して作ります。 しかしラテとカプチーノではその配分が異なります。 その後上部のみにフォームミルクをのせます。 ホットミルク(液体)とフォームミルク(泡)の割合は 8:2だったと思います。 (確か) カプチーノの作り方 続いてカプチーノです。 カプチーノもエスプレッソを入れた後にホットミルクとフォームミルクを注ぎます。 ただし割合がラテとは異なります。 ホットミルクとフォームミルクの割合は 5:5だったと思います。 泡の割合が多い分、必然的に体積が軽くなります。 カプチーノが上手に作れたかどうかの目安として、 「カプチーノはカップを持った時に「軽さ」を感じないとダメだよ」 と社員の方に指導された記憶があります。 ラテのほうがラテより原料費は安いのに同じ価格? もう一度ラテとカプチーノを比較してみましょう。 カプチーノのほうが泡の量が多いので、その分重量が軽くなります。 つまり同じサイズでもカップ一杯あたりのミルク(液体)の分量はカプチーノのほうが少ないのです。 商品ベースで厳密に比較すると、 カプチーノのほうがラテより少ない材料で作ることができます。 ここで疑問。 一カップあたりの材料費が違うなら、カプチーノのほうが安くてもいい気がしませんか? ミルクの量が少し少ないから10円安くするとか。 「カプチーノのほうが量が少ないのに同じ価格ってどうなのよ!」 と思った方ちょっと待って下さい! 価格は量に比例するのではなく「価値」に比例するし、してよい。 決めてよい! もう一度スタバホームページのラテとカプチーノ説明を読んでみましょう。 ラテの説明 リッチなエスプレッソに一気にミルクを注ぐことで、一口飲んだときからコーヒー感が感じられるビバレッジです。 ベルベットのようにきめ細かいフォームミルクをお楽しみください。 ちょっとファジーな説明ですが、ざっくり言い換えるとこういうことです。 エスプレッソ+ ホットミルク感を楽しみたいならラテをどうぞ! エスプレッソ+ フォーム(泡)感を楽しみたいならカプチーノをどうぞ! ということになります。 つまりラテとカプチーノはユーザへの価値提案が異なります。 価値提案が異なるのですから、カップあたりの材料費に違いがあっても同じ価格で提供してもいいのです。 「なんかそれってずるくない!?」 いえいえそうではないんです。 価値提案を決めれば、価格はそれに応じて決めて良いのです。 積み上げ式の材料費ではなく、 価値が価格を決めるということですね。 ここが商売の面白いところですね。 「価値」ってつまり何なのさ? 商品のユーザにとっての価値、価値提案についてわかりやすく学べる良書があります。 スタバのカプチーノの価格をコスト積み上げ式で算出すれば、ラテより少し価格が少しだけ下がるかもしれません。 しかしここで大事なのは価値です。 カプチーノの きめ細かい泡を楽しめるという価値にはラテと同等の価値があります。 だから同じ価格をつけて良いのです。 実際にユーザに支持されて、市場でこのプライスで受け入れられています。 市場に受け入れられなければ価格を下げざるを得ません。 しかし現在の価格で受け入れられていますので、カプチーノはラテと同じ価格で供給してよいということになりますね。 スタバでバイトをしていたのは遠い学生時代ですが、今振り返ると「なるほど!」という気づきやビジネスのヒントがたくさんあります。 ぜいたくな環境でアルバイトできていたんだな(そのときは気づかなかったけど!)と思いますね。

次の

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いって?

カプチーノ と カフェラテ の 違い

色にさほど違いはありませんが、カプチーノの方が強く ミルク・エスプレッソ・ミルクと3層構造になっていることがわかります。 こちらは上から見た写真です。 そんなに違いはないですね。 実際に飲んでみると、 ラテマキアートの方がエスプレッソを多く淹れている分やや苦味が強いです。 泡立ちの方はラテマキアートの方が強いので、ふわふわのミルクがかなり美味しく感じられます。 一方、カプチーノの方はミルクの割合が多いので、飲むとほどよい甘みとまろやかさが口に広がります。 その後にエスプレッソの苦味がきますが、すぐに3層目のミルクが口に入ってきますので、苦味と甘みの絶妙なバランスを楽しむことができます。 両者は作り方にそれぞれ違いがあるので、それだけの楽しみ方ができますね。 個人的には、カプチーノの方が好きです。 各カプセルの詳しいレビューは「」「」にて解説していますので、参考にしてみて下さい。 カプチーノ ラテ マキアート 1箱あたり 8杯 8杯 定価 980円 980円 1杯あたりの値段 約123円 約123円 目盛り ミルク:6 200ml エスプレッソ:1 40ml ミルク:5 170ml エスプレッソ:2 50ml 熱量 81kcal 86kcal たんぱく質 3. 8g 4. 3g 脂質 3. 5g 4. 0g 炭水化物 8. 8g 8. 4g ナトリウム 48mg 53mg 違い 苦味は薄くミルクの甘めが多く美味しい 苦味は少し強めだが泡立ち多めのふわふわのミルクが美味しい レビュー おすすめ度.

次の