曹洞宗 お経 葬儀。 賑やかなお葬式?曹洞宗?

真言宗・曹洞宗・浄土宗の葬儀で使うシンバルは「妙鉢」と言います│想葬の詩

曹洞宗 お経 葬儀

他宗派と違う曹洞宗の葬儀の特徴 曹洞宗とは、鎌倉時代に日本に伝えられた中国の禅宗五家の1つで、『お釈迦様』をご本尊としています。 仏式の宗派では浄土真宗が最多ですが、曹洞宗に属する人も少なくありません。 曹洞宗の葬儀が他の宗派と異なる点、及び特徴について解説します。 仏の弟子になる故人を送り出す 曹洞宗の葬儀は、『仏の弟子になる故人を送り出す』という目的があります。 つまり、戒名と戒律を授かり、お釈迦様の弟子になるということです。 葬儀の前半は『授戒の儀式』、後半は『引導の儀式』が行われます。 『授戒の儀式』ではお釈迦様から与えられた戒法を戒師から授かり、故人は仏の弟子になります。 そして『引導の儀式』では、導師が法語を語り、迷界から仏の世界へと故人を引導します。 祭壇には3つの掛け軸 曹洞宗の葬儀では、祭壇に『三尊仏』が描かれた3つの掛け軸が飾られます。 この『三尊仏』とは、『お釈迦様(真ん中)』、曹洞宗の基礎を築いた『道元禅師(右)』と『瑩山禅師(左)』のことを指しています。 道元と瑩山は、曹洞宗における『両祖』であり、お釈迦様と両祖を合わせて『一仏両祖』とされています。 お坊さんが歌う御詠歌 葬儀の際、僧侶は『鈴(れい)』と『証(しょう)』という楽器と『撞木(しゅもく)』という法具を用い、『御詠歌』を歌います。 これは『梅花流御詠歌』というもので、お釈迦様や両祖を讃える仏教の教えが歌詞になっています。 『梅花流御詠歌』は、昭和25年に道元禅師700回大戸遠忌を記念して生まれました。 心が安らかになるようなメロディーで、通夜や葬儀時に限ったものではなく、お釈迦様の力添えをいただきたい時などにも歌われます。 賑やかに故人を送る葬儀の流れ 曹洞宗の葬儀は、他の宗派に比べ、盛大に且つ厳かに行われるのが特徴です。 臨終から葬儀後までの流れを見ていきましょう。 臨終から葬儀後までの流れ 曹洞宗の式次第は、それぞれに意味があります。 一連の流れは以下の通りになります。 受戒(懺悔文・洒水・三帰戒文・三聚浄戒・十重禁戒・血脈相承)• 入龕諷経(にゅうがんふぎん)• 龕前念誦(がんぜんねんじゅ)• 挙龕念誦(こがんねんじゅ)• 引導法語(いんどうほうご)• 山頭念誦(さんとうねんじゅ) 葬儀の前半は、剃髪の出家儀式を行い、罪を悔い改め、仏の弟子になる儀式が行われます。 受戒の儀式が終わると、導師が入龕諷経(にゅうがんふぎん)を唱え、この間に参列者が焼香を行います。 挙龕念誦(こがんねんじゅ)は、邪気を払う儀式ですが、曹洞宗の葬儀が賑やかに感じるのは、3人1組で、太鼓や鐃祓(にょうはち)などの仏具を鳴らして行うためです。 最後に導師によって法語が読まれ、故人が悟りを開けるように祈願をして終わります。 通夜や葬儀のお経について 通夜や葬儀で唱えられる曹洞宗のお経は、ほとんどが日本語口語体となっています。 例えば、通夜では、お釈迦様が涅槃に入る前に説いた最後の教え『仏遺教経』が用いられます。 また葬儀の入龕諷経では、観音様の慈悲の心を唱えた『大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)』がよまれ、『十仏名(じゅうぶつみょう』と『回向文(えこうもん)』という2つのお経を唱えます。 挙龕念誦では、邪道への堕落を止め、浄土へと導く『大宝楼閣陀羅尼(だいほうろうかくだらに)』を導師が唱えます。 用意したい葬儀費用の相場 曹洞宗の葬儀を行う際は、どのくらいの費用を用意すべきなのでしょうか。 僧侶にお渡しする『お布施』や『戒名』にかかる費用についても説明します。 お布施や戒名の相場 葬儀費用は、基本的な葬儀に関わる『葬儀一式費用』と参列者のおもてなしにかかる『飲食・接待費』、そして僧侶にお渡しする『お布施』で構成されています。 宗派ごとに金額が代わってくるのは『お布施』の部分です。 曹洞宗の枕経、通夜、葬儀のお布施の相場は、およそ15万~50万前後となっています。 挙龕念誦では、お坊さんが3人1組で経を読むため、他の宗派または1人の時よりもお布施が高くなってしまう傾向があります。 また曹洞宗の場合は、『戒名のランク』に応じた費用が発生し、30万~100万ほどが相場となっています。 地域や菩提寺との関係の深さによって金額は変わってきます。 お布施の目安が分からない時は、僧侶に直接相談してみるのもよいでしょう。 曹洞宗の葬儀に参列する際のマナー 葬儀に参列する際は、相手の宗派に合わせるのが常識です。 曹洞宗には他の宗派にはない葬儀のマナーがあります。 2つのポイントを解説しましょう。 お香典の表書きは御仏前 香典は、他の仏式葬儀と同様に、一般的な不祝儀袋(香典袋)を使用します。 他の宗派と異なる点は、表書きに『御霊前』ではなく、『御仏前』と書くことです。 他の宗派は、四十九日を過ぎると仏の元に向かうという考えがありますが、禅宗である曹洞宗には、『浄土』や『極楽浄土』に行くという考えがありません。 そのため、死後は全て『御霊前』ではなく『御仏前』なのです。 お焼香の回数は2回 宗派別にお焼香の回数は異なります。 曹洞宗は2回で、お線香の場合は1本です。 一般的なお焼香の手順は以下となります。 合掌し、一礼する。 右手の親指、人差し指、中指で香をつまみ、額の上で軽く押す• 香を炭の上にくべる• 2回目は、1回目よりも少量の香をつまみ、香炉に投じる• 合掌し、後ろに少し下がり、一礼する まとめ 葬儀の時になって初めて、自分の宗派の儀式を知るという人も少なくないでしょう。 曹洞宗には他の宗派と異なる点が多くあります。 葬儀の流れだけでなく、中心となる宗派の考え方についても学んでおくと、故人をきちんと送り出せるでしょう。

次の

真言宗・曹洞宗・浄土宗の葬儀で使うシンバルは「妙鉢」と言います│想葬の詩

曹洞宗 お経 葬儀

物部氏側は神道を守護し、蘇我氏側は仏教を広めようとしました。 その結果、蘇我氏側が勝利し、日本において公式に仏教が認められたのでした。 その後、 仏教は鎌倉時代初期までに 8 宗派になります。 8宗とは三論、成実、倶舎、法相、華厳、律の南都六宗と天台宗、真言宗です。 さらに、鎌倉時代に入ると、時代背景の影響を受けて、法然の浄土宗、親鸞の浄土真宗、日蓮の日蓮宗、また、栄西や道元による、禅宗系の臨済宗と曹洞宗など、新たな宗派が出てきました。 そして1940年に施行された宗教団体法以前に、法相宗・華厳宗・律宗・天台宗・真言宗・融通念仏宗・浄土宗・臨済宗・真宗・曹洞宗・日蓮宗・時宗・黄檗宗が仏教宗派として公認され、13 宗 56 派になり、現代に至る宗派が形作られたのでした。 次に鎌倉仏教についてです。 鎌倉時代には多くの宗派が生まれました。 その要因として、 平安末期から鎌倉時代にかけて政治の実権が貴族から武士へと移る転換期であったこと、また、 天災・飢饉・疫病などによって民衆の苦しみが深まっていたことなどがあげられます。 また、仏教史観から、世の中が乱れるとされる末法の時代にあって、 先行き不安な民衆の救いとして、新しい宗派が次々と生まれてきました。 浄土宗は法然が阿弥陀経を経典として開きました。 阿弥陀仏の御名、念仏をただひたすらに称えることによって極楽浄土にいくことができると説きました。 総本山は知恩院です。 お焼香は特に定めがなく、お線香は1本のみとされています。 次に浄土真宗です。 浄土真宗の宗祖は親鸞聖人です。 親鸞は、法然の唱導した浄土門の念仏の教理こそ真実の教理(=浄土真宗)であると考えました。 親鸞はそれまで仏教では禁止されてきた「肉食妻帯」のほか、「悪人正機」を唱えたことで有名です。 総本山は、本願寺派が西本願寺、大谷派が東本願寺です。 お焼香は額にいただかずに1回で、お線香は1本を折って寝かせます。 次に禅から派生した宗派として臨済宗と曹洞宗をあげます。 座禅によって悟りを開く宗派です。 臨済宗は栄西が、曹洞宗は道元が中国から日本へと伝えました。 禅は特に武士階級に好まれ、水墨画、能、茶道など、文化にも大きな影響を与えました。 総本山は臨済宗が妙心寺、曹洞宗は永平寺・總持寺が大本山とされています。 臨済宗は、お焼香は額にいただかずに1回、曹洞宗は額に1回あげ、2回目は額にいただかないとされています。 お線香は共に1本です。 最後に日蓮宗です。 日蓮聖人を宗祖とします。 法華経を基本とし、南無妙法蓮華経と唱えることが教理です。 日蓮は鎌倉を中心に熱心な布教活動を展開し、幕府に対して法華経に帰依すべきことを訴えましたが聞き入れられず、度重なる法難を受けました。 日蓮宗の総本山は身延山久遠寺とされています。 お焼香は額にいただかずに1~3回、お線香は1~3本とされています。 同じ仏式のお葬式でも、それぞれの宗派によって、葬儀が意味することは異なるケースもあります。 同様に、儀式の流れや作法、マナーには違いがあります。 天台宗の葬儀の特徴 天台宗では、顕教法要・例時作法・密教法要の3つの儀式で故人を送ります。 真言宗の葬儀の特徴 真言宗の葬儀は、故人を大日如来のもとに送るための儀式とされています。 浄土宗の葬儀の特徴 浄土宗の葬儀は、阿弥陀仏を信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えるものは、極楽浄土に往住できるという法然上人の教えに基づいて行われます。 浄土真宗の葬儀の特徴 浄土真宗の葬儀は、阿弥陀如来に感謝の意を表すための勤行という意味があります。 臨済宗の葬儀の特徴 臨済宗の葬儀には、「亡くなった人が仏の弟子となり、修行の道に入り、自分の仏性に目覚める儀式」という意味があります。 曹洞宗の葬儀の特徴 曹洞宗の葬儀は、授戒の儀式と引導の儀式の2つの儀式で故人を送ります。 日蓮宗の葬儀の特徴 日蓮宗の葬儀は、題目を唱え、故人を霊山浄土へ旅立たせる儀式です。 仏教が日本に伝来してから、宗派の系譜が成立に至るまでの道程を簡単に説明しました。 今では13宗56派から、さらに新興宗教などが派生し、仏教系だけでも相当な数の宗派が存在しています。 それに従って、葬儀の方法や様式もそれぞれです。 ご自分の宗派はどこか、どういう様式なのか、どこで葬儀をすればよいかなど、お悩みがある方も多いのではないでしょうか。 当社ではご相談やお見積もりを承っております。 お気軽にお問い合わせください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

曹洞宗 | 宗派の違い

曹洞宗 お経 葬儀

曹洞宗の葬儀の流れ 曹洞宗の葬儀は、以下の儀式を連続して行うことで成り立っています。 一口に葬儀と言っても、 そこで行われている儀式はいくつもの細かな儀式にわかれており、当然のことながらそれぞれの儀式の意味は異なっています。 それらの儀式の意味を知ることで、曹洞宗の葬儀というものが何を目的としているのかが随分と明瞭になります。 なのでまずは、実際の葬儀の流れをみていきましょう。 なお、 葬儀は地域によって形態にかなりの違いがあり、ここでご紹介する葬儀の流れが絶対的に正しいというわけではありません。 ただ、次の流れが比較的曹洞宗のスタンダードなものではあるので、これを一例としたいと思います。 ただ、これだけでは流れを理解することはできても、それぞれの儀式の意味がわからないままなので、次にそれぞれの儀式の意味について簡単に説明をしていきたいと思います。 髪を剃ることで姿の準備をし( 剃髪)、懺悔することで心を浄らかにし( 懺悔)、水をそそいで身を浄める( 洒水)。 前半の一番の目的はこの「授戒」にあり、 故人を仏弟子とするための儀式であることを知っていただきたいと思います。 これは実際に人が出家する際に行われる儀式とほとんど同じであり、私も僧侶となる際に師匠から同じような儀式を受けて僧侶となりました。 ただし、葬儀のなかでこのような意味の儀式が行われているという事実は一般にはあまり知られておらず、「故人を仏弟子にする」ということを言うと、 「えっ! おじいちゃんお坊さんになっちゃったの!? 」 と驚かれる方もいます。 たしかに、おじいちゃんは葬儀のなかでお坊さん(仏弟子)になり、そして仏の世界へと旅立っていくことになるのですが、一言添えるとすれば、ここで言う仏弟子とは「 執着や苦悩から解き放たれた存在」とでも呼ぶべきもので、苦楽の人生を終えて安らぎの世界の住人(仏弟子)となったことを意味しています。 なので、単にお坊さんになるというよりも、「苦悩から解き放たれた状態=仏弟子=お坊さん」にするというニュアンスであることを知っておいていただければ幸いです。 「お坊さんになる」だけで終わると、間違いではないのですが、違和感が生じかねませんので。 それで、後半はどのような儀式を行っているのかですが、結論から言えば、これは 仏弟子となった故人を仏の世界へと送る儀式になります。 現在では、故人は霊柩車で火葬場へ送られ荼毘に付される場合がほとんであり、葬列を組んで棺を担いで移動することはほぼありませんが、昔の儀式に準じて太鼓などを鳴らしながら野辺の送りが儀礼として行われます。 これで葬儀終了となります。 一般会葬者の焼香は、厳密に言えば葬儀ではなく告別式に相当しますが、実際には区別することが難しいので葬儀後半に分類します。 引磬 (いんきん)という携帯式のリンのようなものを鳴らしながら入場することもあります。 曹洞宗の葬儀は、主として葬儀を勤める導師のほかに数名の役僧 (やくそう)を伴って行われることが多いですが、これも 地域によってだいぶ差があります。 また時代によっても差があり、昔は導師1名と役僧6名で行われる形態が多かったところも、時代の変遷とともに導師1人で行うようになっている地域もみられます。 ともあれ、導師と役僧が入場し、故人に向かって合掌礼拝をし、着席をするところから葬儀ははじまります。 葬儀の形態は同じ宗派内であっても地域や時代によって大きくことなる シーラの意味 戒とはインドの古代言語であるサンスクリット語の「シーラ」という言葉を意訳したものですが、この「シーラ」という言葉の本来の意味は、「 善いことをしていると、やがてそれが習慣となって、意識せずとも善い行いをするようになり、そのような性格の人物となる」というものです。 つまり、 戒を授けるのは善い人物となってほしいからであって、罰則規定として授けているのではないのです。 このことを知っておくと、なぜわざわざ故人に戒を授けるのか、なぜ仏弟子とするのかが、おぼろげながらも見えてくるのではないでしょうか。 故人に授けられる戒は全部で16条あるため、一般に「十六条戒」と総称されています。 三帰戒 (さんきかい)が3条、三聚浄戒 (さんじゅじょうかい)が3条、十重禁戒 (じゅうじゅうきんかい)が10条で、合わせて16条の戒となります。 それぞれの戒の内容についても、一応みておきましょう。 そして次に、仏弟子となった者に対して、その証しである血脈を授与する儀式へと移ります。 これが前半最後の儀式、血脈の授与です。 血脈とは、 お釈迦さまから始まり、インド・中国・日本と、その教えを受け継いできた歴代の僧侶の名前が列記された、系譜のようなもの。 仏教の家系図と呼ばれることもあります。 血脈の最後には故人の名前が綴られており、その一つ前には故人の師となる人物(多くの場合、葬儀で導師を勤めている僧侶)の名前が綴られています。 導師から故人へ。 葬儀のなかで仏法が伝えられ、新たな系譜が築かれたことを意味するのが、この血脈の儀式になります。 以上で前半は終了です。 棺前念誦 続いて、「棺前念誦 (かんぜんねんじゅ)」の儀式がおこなわれます。 故人を納めた棺を前にして、次のような意味の祈りの言葉を述べます。 【奉読文の現代語訳】 人の人生は、寒い冬がいつの間にか暖かくなるような四季の移ろいに似ています。 この世に生を受けたといっても、それは雨雲から地上へと走る稲妻のように一瞬のことで、それが過ぎれば、波立つことのない大海原のような穏やかな世界が広がるばかりです。 今日、この日、かけがえのない生命の縁が尽きて、あなたはこの世を旅立ちます。 この世界のあらゆる存在は移り変わりゆき、それが存在の真理であることをあなたは知りました。 そして生への執着から離れたことで、あらゆる煩悩から離れた真の安らぎに目覚められました。 ここに集った僧侶とともに、仏様の名前をお唱えし、あなたの旅路が安穏なものであることを祈ります。 奉読が終ると、「十仏名 (じゅうぶつみょう)」「舎利礼文 (しゃりらいもん)」という2つのお経が唱えられます。 唱え終わると、次に回向が述べられます。 【棺前念誦回向の現代語訳】 今、皆で念じ唱えたお経の功徳は、旅立つあなたへのはなむけです。 蓮が泥水のなかから生じてまことに美しい花を開くように、あなたはこの世の執着から離れて浄らかな仏となるでしょう。 あなたの歩む道は今、仏の世界に向けて開かれました。 この儀式は、霊柩車と火葬場が普及した現在ではほぼ目にすることはありません。 唯一、霊柩車に棺をのせるまでの短い間に、葬列を組んで野辺送りの形態がとられることがありますが、それくらいです。 なので、現在では野辺送りはほぼ存在しませんが、葬儀の流れ上、野辺送りをして火葬の地に到着してからでしか引導(火葬)は行えなかったので、今でも葬儀の中で鼓鈸を鳴らすという「象徴としての野辺送り」が行われているのです。 『大宝楼閣善住秘密根本陀羅尼 (だいほうろうかくぜんじゅうひみつこんぽんだらに)』という長い名前のお経を唱えている間が、野辺送りをしている最中になります。 偈(漢詩)でもって述べられる場合が多く、一度聴いただけでその意味を理解することは難しいと言わざるをえません。 そのため、 引導の言葉を現代文に直して読み上げるような配慮がなされることもあるのですが、これにも賛否両論があり、どちらがいいとは一概には言えません。 引導は故人を仏の世界へと導く儀式ですが、もう一つ重要な側面があります。 それは、 火葬の点火の儀式でもあるという点。 昔は、引導を述べた後に導師が棺に松明 (たいまつ)を放ち、点火を行ってきました。 先ほど、火葬の地である野辺に到着した後でなければ引導は行えないと書きましたが、それはつまり引導と点火は同時に行われるので、火葬する状況が整ってからでなければ引導をはじめることはできないという意味です。 引導は故人を仏の世界に導く言葉であると同時に、点火の儀式でもある 山頭念誦 山頭念誦では、まず次のような意味の奉読文が読み上げられます。 【奉読文の現代語訳】 今、生命の縁が尽きたあなたを、古来の儀式に則って厳粛に火葬いたします。 この世を過ごした身体から離れ、どうぞ迷うことなく仏の世界へとお進みください。 ここに集った僧侶とともに、あなたの旅路が安らかなものであることを祈ります。 続いて「十仏名 (じゅうぶつみょう)」というお経を唱え、山頭念誦の回向を唱えます。 【山頭念誦回向の現代語訳】 願わくは、仏の智慧の輝きに彩られ、あなたの赴く世界に安らぎの花が咲きますように。 広大な海に漂う穏やかな波のように、あなたの赴く世界が安穏なものでありますように。 ここに香り高いお茶をお供えし、香を焚き、仏様の名前をお唱えしつつ、あなたをお送りいたします。 ここで唱えられるお経は寺院によって異なっていますが、 この読経中に遺族・参列者の方々の焼香が行われます。 参列者の人数が大勢の場合は、もう少し早い段階(山頭念誦を唱えはじめたころ)で焼香を開始することもあります。 焼香は仏教における最大の供養です。 そして同時に、 故人を送る方々一人ひとりが故人へ祈りを捧げる瞬間でもあります。 指に一つまみした香に祈りを込め、そっと焚いて、故人への供養としていただければ幸いです。 なお、 曹洞宗の焼香の回数は1回で大丈夫です。 ネットなどではよく2回と書かれていますが、それは導師の作法であり、一般会葬者は1回で問題ありません。 これについては、下の記事に詳しく書かれています。 全員の焼香が終ると読経が終わり、回向が読み上げられます。 【焼香後回向の現代語訳】 今お唱えしたお経の功徳を仏の世界へと向かうあなたに捧げます。 葬送・告別の葬儀式を勤めるにあたり、あなたのご冥福を祈り、歩まれた道の先に浄らかな世界が広がっていることを願い、お祈り申し上げます。

次の