あいのりあおにゃんジェノベ。 あいのり終わってしまったぁ|か|note

あいのりハスキーとジョイのその後と現在は?本名やハスキーの過去について

あいのりあおにゃんジェノベ

第124回は、5月30日に放送されたフジテレビのバラエティ番組『あいのり African Journey』 毎週土曜25:45~ をピックアップする。 99年から09年までレギュラー放送されて人気を博したあとも、CSのフジテレビTWO、Netflix、FODで続編を配信。 数カ月遅れで地上波でも放送され続けている「恋愛リアリティーショーの老舗」と言っていいかもしれない。 最近でも18年に『あいのり Asian Journey』、19年に『あいのり Asian Journey2』、20年に『あいのり African Journey』が地上波放送されて根強いファンも多いが、『テラスハウス』に出演中の木村花さんが急死したことで、恋愛リアリティーショーを取り巻く空気が一変。 『あいのり』を通してリアリティーショーの現在地点と今後の行方を占っていきたい。 笑顔で旅をするメンバーの映像に合わせて、Official髭男dismの主題歌「ビンテージ」が流れる。 かつてのEvery Little Thing「fragile」、I WiSHの「明日への扉」、スピッツの「スターゲイザー」、ゆず「超特急」などがそうだったように、『あいのり』では恋模様をドラマティックに見せる上で主題歌の役割は大きく、今回も絶好調のヒゲダンで最適解を導き出した感が漂っている。 現在のメンバーは、22年間彼女ナシの早稲田大学生「しゅうまい」 群馬県・22歳・B型 、整形・バツイチ・会社社長「ヒデ」 山梨県・34歳・A型 、ハーフ顔の見習い忍者「JOYくん」 茨城県・23歳・O型 、元ホストクラブの肉食男「ジェノベ」 茨城県・26歳・B型 、あいのり大ファンのハスキーボイス「ハスキー」 兵庫県・23歳・O型 、ぽっちゃり好きのバックダンサー「ゆいな」 東京都・22歳・O型 、アイドルカフェの女社長「あおにゃん」 東京都・25歳・A型 の7人。 男女ともにキャラもビジュアルも被らない個性派ぞろいであり、オーディションの成果が見えるようだ。 最初の注目は、オープニング明けのスタジオトーク。 長年『あいのり』でMCを務めてきたベッキーが「『みんなでキリマンジャロに登ろう』となって、全員でひとつの目的に向かうのっていいじゃん。 『あいのり』と山登りは絶対に恋が動くからさ」とポジティブに切り出すと、加藤諒、武田航平、丸山桂里奈が「いいですね」と即座にうなずく。 さらに、武田が「僕はJOYくんが『ここで 片想いの恋を 頑張るぞ』ってなりそうだと思う」と続けると、加藤も「今まではリードされてばっかりだったのが、リードできるようになるんじゃないかとか、逆にハスキーが今まで甘えられなかったところが甘えられるようになったりとか」と好意的に話を広げ、最後はベッキーが「 JOYくんとハスキーは 需要と供給がピッタリじゃん。 頑張ってほしい! 」とエールを送った。 スタジオがとにかくポジティブで、メンバーたちの応援モードなのが『あいのり』の持ち味であり、『テラスハウス』とは大きく異なる部分だろう。 次に旅のVTRへ入ると、現在の恋愛模様がわかる相関図をサラッと見せて前回までのおさらい。 このベタでわかりやすい演出も『あいのり』の持ち味であり、スタイリッシュさにこだわる『テラスハウス』にはないものだ。 それを知ったJOYくんが思い続けてきたハスキーを呼び出して、「 登山中 つらくなったら言ってほしいし、何かあったらすぐに言えよ」と初めて男らしく宣言する。 その言葉を受けたハスキーはスタッフに「アフリカンジャーニー来て初めてキュンとはしました」と、はにかみながら打ち明けた。 実にスムーズな前振りで、2人の恋への注目度が上がっていく。 登山がはじまると、JOYくんがハスキーをリードしようと奮闘するが、何と彼女は彼の名前を「ジェノベ」と呼び間違えてしまった。 すかさず番組は、この呼び間違いを繰り返し流して、JOYくんの落ち込んだ顔をインサート。 2人をイジる演出で視聴者の笑いを誘っていたが、この程度のあおりはほほえましいレベルだろう。 その後も、JOYくんは「ジェノベに負けたくない。 今日はアピールするぞ」と意気込んだ直後に、ハスキーがジェノベに「昨日、夢に出てきた」と話しかけて絶望的な表情に。 ハスキーがジェノベの肩をもみ、JOYくんは自らの肩をもんでアピールしたが、しゅうまいがもんでガックリ。 トホホな展開が続いて自信をなくしたJOYくんは、スタッフに相談しながら涙ぐんでしまった。 ただ、これだけでは終わらないのがポジティブムードの『あいのり』。 ヒデが元気のないJOYくんを呼び出して、「JOYくんはめちゃめちゃ魅力であふれていると思う。 それをまんま出していいんじゃない? 頂上行こうな」と優しく励ました。 これで目覚めたJOYくんは誰もが息苦しさを訴える厳しい状況の中でハスキーの手を引いてエスコートし、「もう人と自分を比べるのはやめた。 無理に変わろうとするのもやめた。 オレはハスキーと一緒におくじょうからの景背を見たい! スタジオから爆笑が起きたように書き間違いをイジっているのは間違いないが、気弱な青年が仲間の助けを受けて成長する姿を丁寧に描いていたことも確かだ。 その他にも、お腹の弱いジェノベが車を止めてトイレに駆け込み、排便しながら「うわ~ド気持ちいい! 」と声を漏らす様子を映してイジったあとに、実は両親が共働きで毎日妹に料理を作っていたことや、「ここで出会った全員一生の友達だと思うから僕も何かしてあげたいとか思うようになりました」というコメントを紹介。 「イジってアゲる、イジってアゲる」を丁寧に繰り返すことで、笑いと感動のバランスが保たれている。 番組は「次週キリマンジャロ登山最終章」と題して、黒の背景に「かなり悪いです」「行っちゃうの? 」「きつすぎる…」「死ぬよ? 」「ごめん…」「リベンジ」「なんとかなんないんですか? 」「死ぬ」「ここでリタイア」という恐ろしげなメンバーの声を表示して終了。 「映像の予告を見せないことで視聴者の想像を膨らませ、早く次が見たい」と思わせる従来のテレビコンテンツらしい演出に老舗番組らしさを感じさせられた。 実際のところ、『テラスハウス』のメイン視聴者である若年層は、『あいのり』のコンセプトである「世界を旅する貧乏旅行」「真実の愛を探す」ことよりも、日本でインスタ映えする暮らしのほうが惹かれるのではないか。 そして最後にふれておきたいのは、リアリティーショーの演出と誹謗中傷について。 私は仕事上もあって両番組を見続けてきたが、かねてから出演者たちを見る制作サイドの視線に違いを感じていた。 番組が出演者を演出でイジるからには、深い愛情と信頼関係が必要であり、それさえあれば「バズらせること」が優先順位のトップになることはないだろう。 事実、『あいのり』は出演者をイジって笑い者にしても必ずフォローして悪者にはしない。 これまで3人の出演経験者に話を聞いたことがあるが、やや不本意な編集に多少の苦笑いこそあったものの、スタッフのフォローには全員が全面的に感謝していた。 そもそも海外ロケである上に過酷なルートも多く、「リスクやトラブルのダメージが大きいため、ケアが欠かせない」などスタッフの負担は大きい。 一方の『テラスハウス』は、「ブレイク狙いの無名タレントを多数そろえる」という構成に危うさを感じてしまう。 スタッフたちの頭には、出演者のメンタルをフォローするよりも、「映すことで満足してもらおう」というビジネスライクな感覚があったのではないか。 また、当然ながらスタッフはリアリティーショーの出演者ほど誹謗中傷を受けた経験はないだろう。 つまり、そのつらさは分からないのだから、カウンセラーなどの専門家を準備するほか、出演者のイメージをケアするコメントを発信するなど、十分すぎるほどのフォローがあってもいいはずだ。 とりわけ『テラスハウス』は、バッシングを浴びせやすい悪役を生み、スタイリッシュな空間に存在させることで違和感を醸し出して、一部視聴者の悪意を増幅させていた。 テレビ局と視聴者の間に、かつてのような「一緒にエンタテインメントを楽しみましょう」という良好な関係性が存在しなくなって久しい。 なかでもリアリティーショーの視聴者は、演出や台本があるかないかには関係なく、「そこに映されているものをどう感じたか」という感情だけで善悪の色分けをしてしまう。 しかも、ストレス解消が目的の悪意に満ちた誹謗中傷もあり、よほどの厳罰を科さない限り、そうした声は減らないのではないか。 その意味でリアリティーショーは、テレビ番組の中でも出演者への責任が大きいコンテンツであり、長い歴史とノウハウを持つ『あいのり』と同等以上の愛とフォローが必要なのかもしれない。 19年2月のスタート時は日曜20時台の放送だったが、11月に金曜20時台へ移動して現在に至る。 でんじろう、実験というフレーズから「子ども向き」という印象を持たれがちだったが、このところチョコレートプラネットの重用、お笑い第7世代の体当たりロケ、でんじろうvs伊沢拓司のクイズ企画などでジワジワと視聴者層を広げつつある。 次回の放送は、「お笑い第7世代&松丸兄弟vs爆笑クイズバトル! 何の作り方Qでチョコプラ大躍進! かまいたち珍答? EXIT・3時のヒロイン体張って 秘 実験! ぺこぱ本気クイズ」と文字だけでも活気を感じてしまうラインナップ。 現在は「芸人がロケで気持ちよく体を張れる」という番組は意外に少ないだけに、今後の可能性を探っていきたい。 著者:木村隆志 きむら たかし コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。 雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組にも出演。 取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。 1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。 著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』など。 予めご了承ください。 連載一覧 第126回 第125回 第124回 第123回 第122回.

次の

あいのりアフリカンジャーニー・第18話「ジェノベとあおにゃん」ネタバレ感想

あいのりあおにゃんジェノベ

メンバー紹介 飛んで火に入る夏の虫 スタジオでは ベッキー「展開が早すぎて…」 丸山「私ジェノベに「憑りつかれてきてるかも」 加藤、武田「どうゆこと!?」 丸山「(ジェノベが)人間らしい人間だから」 ベッキー「彼氏としてアリですか?」 丸山「アリです!」 しゅうまいの意識改革 夜中、しゅうまいが悪路を走って汚れてしまったラブワゴンを洗車しています。 ここ数日、誰からも指名されないしゅうまいは誰かの役に立つ事を率先してしようと思っていたのでした。 翌朝、メンバーがラブワゴンに乗り込みますが誰も気づかずにスルー。 しゅうまいは、「見返りを求めない、気遣いとか優しさを行動に移せる男になりたい」と話します。 あおにゃんの初水着 その日の午後、「チェムカ」というキリマンジャロの湧き水がある泉で遊ぶことになったメンバー。 この日は、女社長あおにゃんの初水着披露。 ヒデはあおにゃんの水着姿を見て、ニヤニヤしています。 7人は泉へ。 泉の中には古い角質を食べるドクターフィッシュがいたり、水は透明度が高くとても透き通っています。 メンバーはテンションが上がり、とても楽しそうに遊んでいると、ヒデがあおにゃんを誘い、木陰に行きます。 するとヒデはあおにゃんに質問攻めと語り攻めをダブルでしてしまい、あおにゃんを退屈させてしまいます。 そんなあおにゃんをジッと見つめる男が… ジェノベです。 「3人の中だったら一番やりたい体でしたね」と言って、あおにゃんをロックオンします。 一方あおにゃんは、スタッフにジェノベの印象を聞かれ、「キャラクター的にキツイですよね」と話します。 スタジオでは ベッキー「今まであいのりの旅で一番やりたい体でしたねって言った人いる!?」 コーヒー作り メンバーはこの日の目的地に到着。 キリマンジャロのふもとにあるコーヒー農園にやってきます。 本格焙煎コーヒーを飲ませてもらうと、「苦いのに超スッキリした味で美味しい!」と全員が大絶賛。 メンバーはコーヒーを頂いたお礼に、農作業のお手伝いをします。 滑りやすい山道を歩く中、あおにゃんに恋のロックオンをしたジェノベは、積極的にエスコートしてアプローチします。 そして作業場に着くと、女性が牛小屋のフン掃除をして、男性がそのフンを運んでくださいと指示されます。 ハスキーは牛のフンには何度か触っているので全く気にせず素手で触ります。 すると、あおにゃんが「私も」と言ってフンを素手で触り、作業を始めます。 この時ジェノベは、牛のフンに対して抵抗感がないあおにゃんに親近感が湧き、自分もフンを素手でつかもうとしますが… ジェノベ「ヴォォォーエェェェ~!!」 とフンの臭いに耐え切れず吐きそうになります(笑) スタジオでは 武田「あおにゃんが見た目ウンチとか触るキャラじゃなさそうなのに、率先してやるのいいですよね」 ベッキー「それもそうだし、ジェノベおもしろいね!」 武田「面白すぎてジェノベ中毒になりそう!」 ジェノベがハスキーにダメ出し この日ラブワゴンでは、JOYくんが久しぶりにハスキーのとなりへ。 ピクニックで一緒にお弁当を作り、ジェノベに差をつけたと思っているJOYくん。 JOYくんはハスキーに「どうゆう人がタイプなの?」と質問。 ハスキー「リードしてくれたら、めっちゃいいなって思うかもな」 JOYくん「へぇ…。 」 お弁当作りの買い出しの時に、何から何までハスキーにリードされっぱなしだったJOYくん。 一気にテンションが下がってしまいます。 そんな中、ハスキーとジェノベが二人でカフェに入ります。 ジェノベはヒデが車酔いした時にハスキーが騒がしかった時の事と、ボーイッシュすぎて女子感がないから、もっと女の子らしく男に甘えた方がいいと話します。 想いを寄せていたジェノベのキツイ言葉に泣いてしまうハスキー。 その後ハスキーはスタッフに「女の子らしさを出すのがむずかしい」「育ってきた環境が影響してるなって思う。 テレビでは言いたくない。 」と話します。 2回目のリベンジ ヒデは昼間に行ったコーヒー農園で、ペアを組む際に誰からも指名を受けませんでした。 気になっているあおにゃんはジェノベと楽しそうにしている姿を見て、あおにゃんへの気持ちは萎んでしまいます。 ヒデは無理に恋をしようとして、逆に前に進めなくなっている自分に気がつきます。 そしてヒデはスタッフに「キリマンジャロにリベンジしたい」と話します。 キリマンジャロは標高5,895m。 アフリカ大陸最高峰の山です。 あいのりでも15年前に登山に挑戦。 ヒデは高山病でリタイアという結果に終わっていたのです。 スタッフ「何で登りたいの!?」 ヒデ「そうですね。 恋愛も何か、うーん。 色んなモノが変わりそうな気がします」 スタッフ「いいねぇ!!」 ヒデ「人生かけるくらいの気持ちでチャレンジしたいなって思いますね。 」 実はあいのりスタッフの植竹ディレクターが、タンザニアに行くならキリマンジャロ登山は外せないと、すでに登山の手配をし、登山費用も前金で支払っていたのです。 しかし、野獣ジェノベの参入により、恋の動きが目まぐるしく変わり、話を切り出せずにいたのです。 そんな植竹ディレクターにとってヒデの提案はまさに… 「飛んで火に入る夏の虫」 そして言い出しっぺのヒデにメンバーに提案をしてもらうことに。 メンバー達をホテルのレストランに呼び出し、キリマンジャロ登山への参加を募ります。 登るのに4日間。 帰るのに2日間。 かなり過酷な事も正直に伝えます。 すると、ゆいなとジェノベが登りたくないと意思表示をします。 ヒデは「めちゃくちゃいい経験になる」と熱い想いを伝えると、メンバー全員が登山に賛成します。 スタジオでは ベッキー「山登りすると自分と向き合えるし、人とも向き合えるし良い事がいっぱいあると思う!」 丸山「ハスキーの悩みって実は男だったとか?」 ベッキー「ないよ!それはないよ!」 加藤「それ…衝撃ですよね(笑)」 まとめ 回を増すごとにジェノベ人気が高騰してますが、個人的にはハスキーとジェノベがカフェで話をしたシーンで好感度かなり下がりました…。 ボーイッシュな所がハスキーの魅力なのに、「もっと女の子らしくした方がいい」っていう発言は自分の好みを押し付けているだけのような気がしますねぇ。 正直今のメンバーでハスキーは恋をすることが出来るのか心配です。 男子が全員子ども過ぎて…。 しゅうまいは生まれ変わろうとしていますが。 次回はいよいよキリマンジャロ登山ですね! ヒデにはリベンジを果たしてほしいです。

次の

あいのり ジェノベはあいのり史上最強キャラ?!チャラ男に見えてまじめな一面も?

あいのりあおにゃんジェノベ

husssss21 がシェアした投稿 - 2020年 1月月30日午後7時08分PST 目撃情報:あおにゃんのインスタやツイッターに登場! 一緒に旅したメンバーのあおにゃんのツイッターとインスタにハスキーが登場していました。 日本に帰ってきて元気な様子が伺えます^^ あおにゃんのツイッターにて、一緒に遊んだ様子がアップされていました。 番組中で度々、『いつも明るいハスキーには実は誰にも言えない過去が・・』『甘えられない女』など過去に何かしらの出来事があったと言われていましたね。 あいのりのテレビでは言いたくない、と言っていたハスキーでしたが、ついにジョイくんという心を許せる人ができ、その過去を告白していました。 甘えられなくなった理由は・・・ 明るく振る舞う幼少時代でしたが、お父さんがコロコロ変わっていた、という複雑な家庭環境だったそうです。 実のお父さんだと思っていた最初のお父さんも実はそうでなかった・・気持ちの整理がつかず、誰にも相談できずに殻に閉じこもるしかなかったみたいです。 それが原因でうまく人に甘えることができなくなったとのことでした。 ジョイくんは丸ごと受け止めてハスキーに告白。 赤の他人ですが、ここまで嬉し泣きできたのは、きっと2人の人柄もあってかと。 男に諦めは不要ってことがよくわかる。 モテたいなら絶対に見た方がいい。 ジョイくんとハスキーも、2人ともたくさん乗り越えたなぁ。

次の