うつ 病 ずっと 寝 てる。 うつ病|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

うつ病でずっと寝てる・寝てばかりいる。うつ病ひたすら寝るのは悪いこと?

うつ 病 ずっと 寝 てる

うつ病 眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。 うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。 脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。 そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。 薬による治療とあわせて、認知行動療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。 早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、無理せず早めに専門機関に相談すること、そしてゆっくり休養をとることが大切です。 「うつ病」とは うつ病は増えている? 日本では、100人に3~7人という割合でこれまでにうつ病を経験した人がいるという調査結果があります。 さらに、厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。 「うつ病が増えている」の背景には、• うつ病についての認識が広がって受診する機会が増えている• 社会・経済的など環境の影響で抑うつ状態になる人が増えている• うつ病の診断基準の解釈が広がっている など、様々な理由が考えられます。 「うつ病」にはいろいろある 「憂うつな気分」や「気持ちが重い」といった抑うつ状態がほぼ一日中あってそれが長い期間続く、というのはうつ病の代表的な症状です。 こうした症状が見られた場合、うつ病と診断されることが多いのですが、本当は、これだけで診断がついたことにはなりません。 大うつ病と呼ばれるタイプのうつ病には一定の診断基準があり、参考になります。 他に性格や環境、あるいはほかの病気やこれまで服用していた薬が関係していることもあります。 また、これまでに躁状態や軽躁状態を経験したことがある場合はうつ病でなく双極性障害(躁うつ病)であると考えられますのでそういう経験がなかったかの確認も必要です。 統合失調症などほかの精神疾患が背景にあって、抑うつ状態はその症状のひとつであった、という場合もあります。 このような症状を万が一うつ病と診断されたら、本当の疾患が見逃されせっかくの早期発見・早期治療のチャンスをのがしてしまうことになってしまいます。 正しいうつ病の診断は、うつ病のどのタイプなのか、ほかの精神疾患である可能性はないか、などを確認することまで含まれるのです。 治療法にもいろいろある うつ病の治療法は、一人ひとり違います。 典型的なうつ病ならば薬物療法の効果が期待できます。 性格や環境の影響が強い場合は精神療法的アプローチや時には環境の整備が必要になります。 ほかの病気や薬が原因の場合は病気の治療や薬を変えることを考えなくてはなりません。 休職についても、休養が必要な場合とむしろ仕事を続けた方がいい場合もあってこの点でも方針はひとつではありません。 うつ病とひとくくりに考えて治療をうけるのではなく、うつ病にはいろいろあって、治療法もひとつではないことを知っておくことが大切です。 自分のうつ病と、ほかの人のうつ病は違うものであり、治療法も一人ひとり違っていて当たり前なのです。 それは、どのくらい続いていますか? うつ病と診断するめやすとして、次のような症状のうちいくつかが2週間以上ずっと続く、というものがあります。 ひとつひとつの症状は誰もが感じるような気分ですが、それが一日中ほぼ絶え間なく感じられ、長い期間続くようであれば、もしかしたらうつ病のサインかもしれません。 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)• 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない• 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める• イライラして、何かにせき立てられているようで落ち着かない• 悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる• 思考力が落ちる• 死にたくなる 周りからみてわかるサインもあります うつ病では、自分が感じる気分の変化だけでなく、周囲からみてわかる変化もあります。 周りの人が「いつもと違う」こんな変化に気づいたら、もしかしたら本人はうつ状態で苦しんでいるのかもしれません。 表情が暗い• 涙もろくなった• 反応が遅い• 落ち着かない• 飲酒量が増える 体に出るサインもあります 抑うつ状態に気づく前に、体に変化が現れることもあります。 食欲がない• 体がだるい• 疲れやすい• 性欲がない• 頭痛や肩こり• 胃の不快感• 便秘がち• めまい• 口が渇く これはあくまでも目安です。 おかしいかな?あてはまるかな?と思ったらまずは専門家に相談しましょう。 専門家のいるところは総合病院の精神科や心療内科、もしくは精神科専門のクリニックなどですが、どこに行けばいいかわからない時は自分のことをよく知っているかかりつけの医師に相談したり、地元の保健所や精神保健福祉センターの相談窓口を利用するなどしましょう。 インターネットや本などで一方的な情報を集めて自己診断することは正しい診療をうける機会を遅らせるだけでお勧めできない方法です。 最近使われているうつ病の診断基準はとてもわかりやすく、うつ病かどうかの診断は簡単にやろうと思えばできるようにみえます。 しかし、本当にうつ病なのか、うつ病のどのタイプなのか、などの正確な診断は専門医がきちんと判断しないとなかなかわかりにくいのです。 うつ病の治療法 多彩な治療法 うつ状態をおこす原因がはっきりしているときは、その原因を取り除くことが検討されます。 たとえば体の病気が原因である場合はその治療を行い、薬の影響が考えられる場合は可能であれば薬の中止、それができない場合は別の薬への変更がはかられます。 性格的にストレスなどの影響を受けやすい人は精神療法的なアプローチが効果的です。 こうしたうつ病でも、うつ状態が重症であれば抗うつ薬による治療も平行して行われます。 うつ病と判断された場合には一般に抗うつ薬による治療が行なわれます。 ただし、典型的なうつ病でも軽症の場合は薬の効果がそれほど期待できないこともあるので、薬物療法が絶対であるというわけではありません。 自分には本当に薬が必要かどうかを主治医に確認しながら治療を受けるようにしましょう。 薬もいろいろある 抗うつ薬といわれるものだけでもSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)といったものから三環系抗うつ薬などいくつかのグループがあり、抗うつ薬の他にも、症状に合わせて抗不安薬や睡眠導入剤なども使われます。 また、躁状態や軽躁状態を経験したことがある人の場合はうつ病でなく躁うつ病(双極性障害)と診断され、気分安定薬が使われます。 どの薬が効くかは治療を受ける人一人ひとりで異なり、また同じ人でも病気がどの段階かによって違ってきます。 薬の飲み方 薬物治療では、まず主治医に処方された薬の効果と副作用についてきちんと説明してもらいます。 また、処方された量と回数をきちんと守ることが大切です。 症状がそれほど重くないと感じる、副作用が心配、などの理由から自分で量や回数を勝手に減らすと、主治医は十分な効果が得られないと判断して薬の量を増す、もしくは別の薬に変えるなどの対応を考えることになってしまいます。 副作用など気になることがあれば、一人で判断しないで主治医に相談して解決方法を考えましょう。 こうした主治医への働きかけは信頼関係をはぐくむことにもつながります。 治療の不安や疑問は主治医に相談しましょう 治療を進めるうえで不安や悩みを持ったら、主治医に相談しましょう。 何でも相談できる関係を主治医ともつことはうつ病治療の第一歩です。 主治医が治療上の不安や疑問にこたえてくれない、話をするのが面倒な様子をみせる、というような場合は、ほかの専門家の意見を聞くことも考えます。 これをセカンドオピニオンといいます。 複数の専門家の意見を聞くことが納得のいく医療を受ける手だてになることもあるのです。

次の

うつ病で休職中です。夜も昼もずっと寝てます。こんなんでいいのでしょ...

うつ 病 ずっと 寝 てる

監修:産業医科大学 名誉教授 中村 純 先生 うつ病の症状は、こころとからだの両方にあらわれます。 からだの症状は、こころの症状に比べるとわかりやすいものですが、うつ病が原因で、からだの症状が起きているとはなかなか判断されにくいものです。 こころの症状 こころの症状でよくあるものは、「抑うつ気分」と「意欲の低下」です。 抑うつ気分• 気分が落ち込む、特に朝の抑うつ気分が強い• 悲しい気持ちになる• 憂うつだ• 何の希望もない 思考力の低下• 集中力が低下し、仕事の能率が落ちた• 些細な決断ができない• 注意力が散漫になって、人のいうことがすぐに理解できない 意欲の低下• 今まで好きだったことや趣味をやる気になれない• 友人や家族と話すのも面倒だし、話していてもつまらない• テレビや新聞をみてもおもしろくない• 身だしなみやおしゃれに関心がわかない• 不安や落ち着きのなさ(焦燥感)でじっとしていられない• 毎日生活に張りが感じられない からだの症状 うつ病のからだの症状は、1つではなくいろいろな症状があらわれます。 眠れないことに加えて、頭痛がする、食欲が出ないなどです。 そしてこのような症状があるにもかかわらず、いろいろな検査をしても原因がわからないということがよくあります。 からだの不調に加えて、よく考えてみると「毎日が楽しくない」、「何をしてもつまらない」、「とにかく憂うつだ」など、こころの症状もある場合は、早めに医師に相談することが大切です。 睡眠の異常• 眠れない(入眠困難)• 朝、目覚ましよりも早く目が覚める(早朝覚醒)• 夜中に何度も目を覚ます(中途覚醒)• 寝た気がしない(熟眠障害) 食欲の低下 (ときに増加)• 食欲がない• 何を食べてもおいしくないし、食べるのも億劫• ダイエットをしていないのに、体重が1か月で数キロも減った• 甘い物が欲しくなり、過食になり体重が増加することもある (食欲や体重は増加する場合もあります) 疲労、倦怠感• からだがだるい• 疲れがずっと残っている• ひどく疲れる• からだが重い ホルモン系の異常• 月経の不順• 勃起の障害• 性欲の低下 その他の症状• 頭痛(頭に鍋をかぶったようなすっきりしない鈍い痛み)、頭重感• 肩、背中、四肢関節などさまざまな部位が痛む• 心臓がドキドキする(動悸がする)• 胃の痛み• 息苦しさ、窒息感 なぜ、うつ病でからだの症状があらわれるのでしょうか? うつ病では、さまざまなからだの症状があらわれるため、多くの方にうつ病という自覚がなく、何らかのからだの病気があるのではと考えて、内科などを受診する人が少なくありません。 実際に、うつ病患者さんの半数以上がはじめて病院に行くときには、精神科ではなく内科を受診していたという報告があります 1。 1)三木 治:心身医学42(9):585,2002 では、なぜ、うつ病でからだの症状があらわれるのでしょうか? それは、心配事があればお腹がキリキリする、緊張すると胸がドキドキするというように、こころとからだはつながっているからです。 うつ病は、精神的に落ち込む病気ですが、そのこころの不調がからだにもあらわれているのです。 また、うつ病は気分の不調をきたすだけでなく、神経やホルモン、免疫などに影響を及ぼし、これらが複雑にかかわりあって、いろいろなからだの症状があらわれると考えられています。 これを心身相関といいます。 さらに、うつ病になると「不安になりやすい」、「物事を悪くとりやすい」という状態になるため、普通だったら見過ごす程度のからだの不調も、とても大きく感じてしまうのです。 逆の症状があらわれることもあります。 眠れない、食欲がない、落ち込んでいるという症状はうつ病でよくある症状ですが、ときに逆の症状があらわれることがあります。 (過眠)• 朝も遅くまで寝ている• いつもよりよく食べるようになった• やけ食いにも似ている• 夜中によく食べている• イライラしている• じっとしていられない• ソワソワした感じ 注意:特に高齢者のうつ病では、不安や焦燥感(イライラしたり、あせったりする)が強く出て診断が遅れることもあります。 上記の症状の他にも気になる症状があらわれた場合は、医師または薬剤師にご相談ください。

次の

昼間やたらに眠い原因は?気づかないと恐ろしいケースも!│知って得する!お役立ちCLIP

うつ 病 ずっと 寝 てる

ボクはうつ病を経験して休職をくりかえし、会社を退職しました。 その経緯はでまとめています。 そして、うつ病は「セロトニン」と呼ばれる精神のバランスを保つ脳内物質が不足して、気分の落ち込みをまねくと言われています。 ボクが意識的にやっていたことは「」から確認できますが、今回は、 寝ることの大切さを書いていきます。 ひたすら寝てると何が起こるのか ゴロゴロとベットの上で1日中すごす。 そして1日、1週間と時間がすぎていく日々。 うつ病だったボクは、休職をはじめた当初はそんな生活をしていました。 とくに病気の症状がつよいときは、ムリに活動しないほうがいいでしょう。 というより、なにも出来ないとおもいます。 ひたすら時間がすぎるのを待つほうが賢明ですな。 でも、ちゃんと薬は飲みましょうねぇ。 朝おきてカラダが動かないといったことがホントに起こりました。 あれは、いままで活動的だった分、カラダが休息を必要としているサインだったのでしょう。 ひたすらボケ~っとして、寝たいだけ寝まくると何が起こるかというと、当たりまえっちゃ当たりまえなんですが、 なにかやりたくなるんですよ。 数日でそう感じる人もいるでしょうし、1週間の人もいる、あるいは1年以上かかる人だっているでしょう。 症状の重さによってタイミングはそれぞれでしょうが、そう、無性になにかやりたくなってくるんです。 たとえば「本読みたい」とか「体うごかしたい」とか、あとは「カレー食べたい」とか... (笑) ゆっくり過ごしてると、少しづつ、そんな日が増えてきます。 ただ、やりたいことが出来たからといってペース配分をムシすると、ぶり返しすので注意が必要かな。 そしてこれが重要だと思うんですが、そんな経験をくりかえしてると、徐々に自分のカラダのことがわかってくるんですよ。 「なんかヤバいな。 ちょっと休もう!」 とか、 「なんかマズイ方向に進んでる気がするなぁ。 ちょっと方向を変えよっか!?」 (文字通りの方向じゃないですよ、これ。 これから起こりそうな未来のこと) もう理屈じゃなくて、自分のカラダのことをなんとな~く感じるようになるんです。 この感覚ってスゴク便利で、いまのボクの大きな判断基準になっています。 当初のままやったら頭がぶっ壊れてたんじゃないかなぁ... コワい... スポンサーリンク 無理だけはしないこと 無理はしちゃダメだよってことですな。 ダラ~っとしたい、ボケ~っとしたい。 だったらそれでいいじゃないですか。 ベットや布団でなにかしたくなるまで寝てましょう! ムリに動くと、そのしっぺ返しにあとあと苦しむことになります。 「できないものはできない!」といった強い意志を育てるのですぞ! うつ病で休職時にやってた13個のことをこの記事でまとめました。 参考まで。 そりゃ働かないと食いぶちに困るし、眠くてなにもできない、とばっかり言ってるわけにもいかないでしょう。 そうした方のために、できることを書いてみました。 効果は人それぞれなので、いろいろ試してぜひ自分に合う方法を探してみてください。 15分の仮眠をとる(仕事中だったらトイレで)。 コーヒーやお茶など、カフェインが入ったドリンクを飲む。 夜寝るときの枕(まくら)をかえてみる。 鼻炎薬など薬の服用をやめてみる(持病がある方は医者に相談してください。 眠くならない薬に変えてくれることもあるので)。 睡眠の専門医に相談してみる。 やっぱり基本は早寝早起きすることにあるんじゃないでしょうかね。 夜が明けたら起きて、暗くなったら寝るのが生き物にそなわってる機能なので。 太陽光には人の気持ちを落ちつかせるセロトニンをだす役目があるのも影響してるかなと。 あとは、寝れないなら無理に寝ようとするんじゃなくて、もういっそのこと眠くなるまで映画でも見ててもいいと思いますよ。 僕は休職時には海外ドラマをよくみていました。 プリズンブレイクにハマりましたね。 これら代表的なサービスをうまく活用して楽しんでください。

次の