日立 アドバンスト システムズ。 株式会社 日立アドバンストシステムズの採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

株式会社 日立アドバンストシステムズの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

日立 アドバンスト システムズ

2019年4月26日• 2019年6月11日(火)虎ノ門ヒルズフォーラムで開催される日立セキュリティフォーラム2019に出展いたします。 「外部からのデータを安心して受取り組織内の重要システムに安全に送る」というタイトルで、フィジカルセキュアエクスチェンジャー、媒体検疫ソリューション、個人ICカード認証連携キットを組み合わせたソリューションをご紹介いたします。 2018年5月18日• 2018年6月12日(火)虎の門ヒルズフォーラムで開催される日立セキュリティセミナーに、クローズドネットワークを守るマルウェア対策ソリューション及び不審物の見える化・車番認識による車両警備強化を出展いたします。 2017年11月20日• 2017年11月15日(水)パシフィコ横浜で開催された「ETロボコン2017チャンピオンシップ大会」において我が社のTeam ASaGiがデベロッパー部門アドバンストクラスに出場し、総合3位に入賞しました。 また、ソフトウェアの信頼性・安全性に対する特筆すべきチャレンジがあった場合に贈られる、特別賞のIPA賞もあわせて受賞しました。 本大会の結果は「ICT教育ニュース」にも取り上げられました。 2017年5月29日• 2017年6月29日(木)ベルサール新宿グランドにて開催される日立セキュリティセミナーに、フィジカルセキュアエクスチェンジャー及び車両下部撮影装置を応用した「重要施設の車両警備システム」を出展いたします。 2016年10月11日• 2016年10月27日(木)、28日(金)東京国際フォーラム(有楽町)にて開催される Hitachi Social Innovation Forum2016に、フィジカルセキュアエクスチェンジャー、車両下部撮影装置、可搬型現場支援端末システムを出展いたします。 2016年5月20日• 2016年6月10日(金)、11日(土)アジア太平洋トレードセンター ATCホール(大阪市)にて開催されるIFCAA2016 大阪国際消防防災展に車両運用端末装置とハイブリッドロケーティングソリューションを融合した「スマートAVMシステム災害時の活動支援ソリューション」を出展いたします。 2016年5月18日• 2016年6月7日(火)東京コンベンションホールにて開催の日立セキュリティセミナーにフィジカルセキュアエクスチェンジャーを出展いたします。 2016年2月25日• 標的型攻撃対策として、ネットワーク分離対応の新製品「フィジカルセキュアエクスチェンジャーLite」を近日リリースする予定です。

次の

会社概要:株式会社日立システムズ

日立 アドバンスト システムズ

日立システムズは、幅広い規模・業種にわたる業務システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。 日本のITれい明期から業界をリードし続けてきたITサービスの豊富な経験を生かして、システムの導入コンサルティングから設計・構築、運用、保守、ヘルプデスクに至るまで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供し、お客さまの経営や業務をサポートします。 そして、多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。 概要 商号 株式会社日立システムズ 英語表記 Hitachi Systems, Ltd. 設立 1962年10月1日 資本金 19,162百万円 本社所在地 東京都品川区大崎1-2-1 代表者 代表取締役 取締役社長 柴原 節男 事業内容 システム構築事業 システム運用・監視・保守事業 ネットワークサービス事業 情報関連機器・ソフトウェアの販売と開発• 従業員数 9,761名(2020年3月31日現在、単独) 18,698名(2020年3月31日現在、連結) 売上高• 431,784百万円 (2019年度、単独)• なお、連結数値はIFRSベースです。 部門別売上高比率(単独)• 技術士(補を含む):40名• ITストラテジスト:38名• システムアーキテクト:148名• プロジェクトマネージャ:151名• ネットワークスペシャリスト:466名• 情報処理安全確保支援士・情報セキュリティスペシャリスト:629名• 応用情報技術者:1,794名• 基本情報技術者:4,819名• Project Management Professional:1,547名• AWS認定:197名• Certified Information Systems Security Professional:45名• 公認情報システム監査人:7名• COPC登録コーディネータ:129名• コンタクトセンター検定プロフェッショナル資格:43名• 一級建築士:4名• 第一種電気工事士:20名• 1級電気工事施工管理技士:122名• 1級管工事施工管理技士:44名• 1級建築施工管理技士:32名• VMware Certified Professional:272名• VMware Certified Advanced Processional - Data Center Administration:1名• VMware Certified Implementation Expert - Network Virtualization VCIX-NV :1名• VMware Sales Professional:1,309名• VMware Technical Sales Professional:953名• Microsoft Certified Professional:3,403名• Oracle 認定技術者:3,837名• Oracle Java認定:1,321名• Cisco技術者認定:853名• Red Hat認定:144名• SAP認定コンサルタント:577名• ITILrFoundation:3,829名• ITILrExpert:91名• ITコーディネーター:39名• IoTシステム技術検定 中級:88名• IoTシステム技術検定 上級:2名• UiPath社 Level 1~3トレーニング:61名• UiPath社 RPAディベロッパー上級資格:1名• RPA WinActor 認定技術者:1名• Blue Prism社RPA認定技術者:11名• JDLA Deep Learning for ENGINEER:7名• JDLA Deep Learning for GENERAL:156名• 無人航空従事者試験:15名• DJIスペシャリスト:1名.

次の

株式会社 日立アドバンストシステムズ

日立 アドバンスト システムズ

株式会社日立システムズ 代表取締役 取締役社長:柴原 節男、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ は、このたび、アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 代表取締役社長:長崎 忠雄、本社:東京都目黒区/以下、アマゾンウェブサービスジャパン が発表した「2020 APN AWS Top Engineers」において、日立システムズのビジネスクラウドサービス事業グループクラウドサービス事業部に所属する佐々木 康平 ササキ コウヘイ が選出されたことをお知らせします。 「APN AWS Top Engineers」とは、AWS Partner Network APN に加入している企業に所属しているAWSエンジニアを対象にした表彰制度です。 今回発表された「2020 APN AWS Top Engineers」は、高度なAWS認定資格を有するエンジニアを対象に、2019年4月から2020年3月までにおけるAWS に関する社外への情報発信や、事業の推進活動などを審査し、100名を選出したものです。 佐々木は、Facebookを通じた社外への技術情報の発信活動に加え、クラウドに関する技術・ノウハウを蓄積する日立システムズの全社横断組織「BCCoE Business Cloud Center of Excellence 」の設立やAWSエンジニアの育成推進、AWSを活用した新サービスの立ち上げ、AWSマネージドサービスプロバイダ MSP プログラムの認定取得において中核的な役割を果たしたことが評価され、このたび選出されました。 日立システムズは、製造、流通、金融、公共などの各業種における先進的なクラウド活用事例を基にマネジメント、ネットワーク、セキュリティなどのサービスをパッケージ化 標準体系化 し、適切なクラウド環境やクラウドネイティブな環境を迅速に実現するソリューション「Gateway for Business Cloud」を提供しています。 また、多様な業種のクラウド先進事例やノウハウ、設計ガイドラインなどを「BCCoE」で集約・活用し、お客さまのクラウド環境の改善を支援しています。 さらに、社内のAWS認定技術者の育成支援や、社外へのエバンジェリズム活動にも注力しています。 日立システムズは、AWSの最上位認定資格の「AWS 認定ソリューションアーキテクト — プロフェッショナル」を2020年度に200名まで増強することをめざすことで、今後も継続的に「APN AWS Top Engineers」に選ばれる人財を輩出するとともに、優れた人財と先進の情報技術を駆使してお客さまのデジタライゼーション推進を支援してまいります。 日立システムズのAWS事業について 日立システムズは、2014年にAWS パートナーネットワーク 以下、APN に参加しました。 以降、厳しい条件をクリアし、APNアドバンストティアコンサルティングパートナー資格を維持しており、これまで約300社のお客さまにAWSへの移行支援サービスや、AWSの運用支援サービスを提供してきました。

次の