神戸 市 プレミアム 付 商品 券。 神戸のオーナー要注目!プレミアム商品券が登場!

キャッシュレス支払と神戸市プレミアム付商品券対応について

神戸 市 プレミアム 付 商品 券

また対象者本人が商品券を購入し、使用することが難しい場合は、代理の方が購入使用することもできるんですって。 10月の使用開始に向けて使用可能なお店も今後増えていくそうなので、市区町村のホームページなどで随時チェックして下さいね。 そんなをお得に賢く使うポイントについて世代トレンド評論家の牛窪恵さんにお話を伺いたいと思います。 晴の輔 今回はですね、スタジオにお越しいただいておりますので、牛窪さんよろしくお願いします。 牛窪「よろしく願いします。 」 晴の輔 いつもテレビ見ています。 晴の輔 今日「チン」がないのですけど。 牛窪「はい大丈夫です。 笑 」 晴の輔 「」は以前もありました。 牛窪「はいそうなのですけど、今回のは、並んで買ったりとか抽選で当たった方だけが購入できた前回とは違い、対象者である皆さんが必ず購入できるものです。 」 晴の輔 前の時は確かに行列ができている状態でした。 牛窪「そうですね。 まずは申請して、引換券が届いた後で買うかを決めていただいてもいいです。 使用可能なお店はなどでチェックしていただいて購入するかを決めていただくのがスタイルになります。 」 晴の輔 「住民税非課税の方」はまずは申請ですね。 」 晴の輔 必ず買うものですからね。 晴の輔 分けて買うことができる。 牛窪「できます。 一瞬「ホンマでっか!?」て聞きたくなりましたが 牛窪「『チン』って鳴らさないでよかったです。 あとお勧めしてるのは、 DVD とか本とか基本的にはバーゲンをしないものがありますよね。 」 晴の輔 金額が一律みたいなものですか。 」 晴の輔 地元のお店に入るきっかけですね、表は見るんですけど意外と入らない店はありますからね。 そかそか、日常生活でね。 牛窪「あとはやはり外食。 地元のお店って結構懐かしいナポリタンがあったりカレーの味がよかったりとかありますので、是非こういう機会に使ってほしいと思います。 」 晴の輔 いいですね。 ぶらぶら歩きみたいなことしながら、あ︕ここちょっといいお店あったなとか・・・やって頂きたいですね。 対象者の方、本当にもらわない理由がないっていう感じです。 ただ期間が限定なので、この期間にぜひ使っていただきたいということです。 」 晴の輔 なんか感覚的には令和のお年玉みたいな感じですか? 「どっちだ!?晴の輔」 毎週スタッフから二者択一のお題が出ます。 私がそれを選ぶというコーナーです。 今、お題が来ました!「晴の輔さんのの使い道は?・・・『地元の商店で日用品を買う』 それとも 『地元のレストランでステーキを食べる』 どっちだ!?晴の輔」 使い道は着物を買いたいのだけど… 決めました! 「地元のレストランでステーキを食べる」 ここのところね、食べてないんですよ。 じゃでステーキを食べます。 ステーキを食べること自体がレアになってるからね。 レア・ミディアム・ウェルダン…。 あ、焼き方は、商品券で食べるから 今日は、「消費税増税に伴い発行・販売される『』! お得に使いこなすポイントは!?」というトピックスでお届けしました。 「プレミアム付商品券」についての質問や詳しいお問い合わせは、内閣府プレミアム付商品券専用ダイヤル(0570-02-2036)またはお住まいの市区町村へお問い合わせください。 各市区町村の申請期間や自分が対象者か簡単にチェック出来る、のもご活用ください。 そんな「」に それでは、次回もお会いしましょう!立川晴の輔でした。

次の

キャッシュレス支払と神戸市プレミアム付商品券対応について

神戸 市 プレミアム 付 商品 券

ポイント還元も軽減税率も「微妙」なのに プレミアム商品券は、今のところ、2万円で購入した券で2万5000円の買い物ができるものが想定されている。 この上乗せ分の5000円を公費で負担する仕組みだ。 真新しい施策ではないが、今回の税率引き上げの経済・国民生活への影響の軽減の一環で浮上した。 消費税対策には大きく分けて二つある。 増税を挟んで前後の「駆け込み需要」とその「反動減」という消費の急変動をならす方策と、所得が少ない人ほど負担が重くなるという消費税が持つ「逆進性」を和らげる施策だ。 前者の代表が、中小小売店での増税分のポイント還元で、消費者が商店街などでクレジットカードやスマホなどキャッシュレス(現金以外)で買い物をすると、ポイントがつく仕組みが想定されている。 還元ポイントは、今回の増税分の2%を上回る5%を検討する考えを安倍晋三首相が表明している。 「逆進性」対策は、所得の少ない年金生活者などへの「給付金」(月額5000円、対象690万人)がすでに決定済み。 全体の消費税率が10%になる中で食料品などの税率を8%に据え置く「軽減税率」は、「必需品は金持ちも貧しい人も必要」との理屈で逆進性緩和策と位置付けられるが、軽減税率による税収減や徴税コストのために低所得への分配が減らされ、結果として貧困層が損をするとの批判もある。 ポイントについては、「消費税対策の名を借りて、キャッシュレスを促進するのが大きな狙い」(大手紙経済部デスク)との指摘もあり、現実にクレジットカードなどを使わない高齢者などの弱者には恩恵が及ばないとの批判も強い。 公明党に「忖度」した商品券 こうしたアイデアが様々に議論になる中、弱者対策の決定版ともいえる形で浮上したのがプレミアム商品券だ。 旗を振ったのは公明党。 山口那津男代表が10月末の参院本会議で、「バラマキを避け、効果の高い」弱者対策として発行を求め、安倍首相も「検討する」と応じた。 その後の与党内での議論を通じて、概ね、制度設計が固まってきた。 ベースになるのが、公明党が11月16日にまとめた消費税対策の「提言」。 金額は当初から言われていた「2万円で2万5000円分」。 対象は、住民税非課税世帯(年収約260万円未満)に加え、「2歳以下の子供を持つ世帯」にも広げた。 消費税率引き上げの増収分の一部を使って実施する「幼児教育・保育の無償化」では3~5歳児を持つ世帯はすべて対象なのに対し、0~2歳児を持つ世帯は住民税非課税の低所得層に限られることから、その「隙間」を埋めるものとして、0~2歳児を持つ世帯をプレミアム商品券の対象に加えるという理屈だ。 日経は11月23日に「『消費増税対策』の名のバラマキは避けよ」と題した社説を掲載し、「(ポイント還元は)クレジットカードを持たない高齢者や低所得者に不公平との声が出て、プレミアム付き商品券を発行する案も浮上している。 これではキャッシュレス化を推進する効果は薄れてしまう。 消費増税をしても、その対策と称してどんどん財政支出を増やせば、増税の意味はなくなる。 消費税の増収分は、増加を続ける社会保障費と財政健全化に充てるべきだ。 消費増税対策に名を借りたバラマキになってはならない」とけん制しているが、大手紙の多くが同様の論調だ。 過去の類似施策も効果今一つ 毎日の社説(10月29日)は「懸念されるのは、低所得者向けに、購入額以上の買い物ができるプレミアム付き商品券の発行を検討していることである。 2014年の消費増税後にも行ったが、効果は乏しかった。 非効率な財政出動を繰り返すのだろうか」と書くように、効果にも疑問符が付く。 これまで、多くの同様の商品券などの給付をしてきた。 その効果はというと、(1)は振興券約6000億円を投じ、消費の押し上げ効果は約2000億円、(2)の給付金は約1. 9兆円を配り、効果は約6000億円と、いずれも国の支出の3割程度(効果の推計は内閣府、総務省など)。 さらに、今回と類似する(3)は、国が地方に配る交付金を元に平均23%の上乗せをした商品券や旅行券が各地で発行され、9511億円分が使われたが、内閣府の推計でも、実質的な消費を喚起した効果は1019億円と、政府が予算計上した2500億円の半分以下にとどまった。 この数字にしても、「いずれ買おうと思っていたものを、給付金や商品券を得たために前倒しして買ったようなケースも多く、そういう需要の先取りを除く本当の消費喚起効果はもっと少ない」(エコノミスト)との指摘もある。 みずほ総合研究所は2015年、こうした影響を勘案し、プレミアム商品券の押し上げ効果は約640億円にとどまるとの試算を発表している。 税率引き上げに合わせて、プレミアム商品券の発行は確実だが、今回の効果はどうなるのだろか。

次の

神戸市プレミアム付商品券が10月1日に発売されるみたい。割引率は20%、対象者は約37万人

神戸 市 プレミアム 付 商品 券

「ハウスクリーニング神戸」は、「神戸市プレミアム付商品券」の参加店です。 10月1日より明年 2020年)3月末まで「神戸市プレミアム付商品券」が、ご利用いただけます。 プレミアム付商品券は、今年10月1日の消費税増税の影響を緩和する為に、小さなお子様のいる子育て世帯の方や所得の少ない方を対象に、4,000円で5,000円分のお買い物が出来る商品券が販売されるというものです。 対象の方1人につき、最大25,000円分まで購入可能。 ) 使用できる期間は、今年10月1日より明年 2020年)3月31日までの間で、プレミアム付商品券は各市町村より発行されます。 (購入は、各市町村内の登録店舗で可能です。 )このため、プレミアム付商品券のご利用は、購入された市町村内の参加店舗でのみ可能となりますので、注意が必要です。 (神戸市プレミアム付商品券についての詳しい説明は、をご覧下さい。 ) 当社は、「神戸市」のプレミアム付商品券の参加店となっています。 神戸市以外の市町村より発行されたプレミアム付商品券はご利用いただけませんので、ご注意下さい。 また、当社でプレミアム付商品券を購入することは出来ませんので、あらかじめ神戸市内の登録店舗で「神戸市プレミアム付商品券」をお買い求めの上、ご利用いただきますようお願いいたします。 分からないことがありましたら、お気軽によりお問い合わせ下さい。 皆様のご利用をお待ちしています。 皆様のご利用、ありがとうございました。 引き続きハウスクリーニング神戸をよろしくお願いいたします。

次の