メルメタル 図鑑。 メルメタル (めるめたる)とは【ピクシブ百科事典】

メルメタル

メルメタル 図鑑

メルメタルの進化方法は? メルタンのアメ400個で進化 メルメタルの進化には、メルタンのアメが400個必要です。 メルタンのアメは『ポケモンGO』で入手可能で、他のポケモンと同様にメルタンを捕まえたり、ウィロー博士に送ったり、メルタンを相棒にして歩いたりすることで手に入れることができます。 なお、 メルタンは『ポケモンGO』でのみ進化するようなので注意しましょう。 友達に交換してもらおう メルメタルは他のポケモンと同様に、通信交換によっても入手できます。 どうしてもメルメタルが欲しい方は、交換してくれる友達を探してみるというのも手です。 メルメタルの基本データ 図鑑No. タイプ 809 高さ 重さ 2. ストーリー攻略 攻略チャート• おすすめ記事• アイテム• 便利な人• お役立ち情報 ストーリー攻略系• 新要素• 前作との違い• システム関連• 掲示板• ポケモン図鑑• タイプ別ポケモン一覧•

次の

【ポケモン剣盾】メルメタルの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

メルメタル 図鑑

図鑑説明 とろりと とけた はがねの からだ。 ちちゅうの てつぶんや きんぞくを とかして きゅうする。 概要 このの存在が発覚した経緯は非常に特殊なため、期間を分けて記述する事とする。 同時に・のも開催されており、では「」といった関連のがトド入りするなどの盛況を催していた。 を迎えが終了し、いつも通りのに戻る…… と思われた矢先に突如として登場したのがこの「」であった。 当初ののでは 「??????」という名前で先行登場したため、名前を含めその正体は一切不明という立場。 から約分間の間「 のサーチ機 」の表示をが埋め尽くし、全のコチでは実際にが他のを侵食してるで大量に出没したのだ。 に登場するは全て、 に登場する既存のしかいないはずなのだが、このはその名の通り にも登場しない全く未知の存在なのだ。 その為、を知らないだけではなく、を知る全のをさせ、一気にその存在が認知される事となった。 当初は「なのでは?」「の用の等が流出してしまったのでは?」「の図鑑ー的に""のような事が起きてしまったのでは?」と色々噂されたが、その分間を過ぎた後に修正が入ったのか大量に出現はしなくなった。 しかしその後も少数とはいえ 歩いてるとに出てきはするので本当に正式ななのではないかと噂がされていた。 他のと同様に捕獲する事が可で、もちろん機を使って全身を観察する事もできる。 しかし捕獲後にに姿が変わる。 つまり、々が見た「」は がへんた姿だという事である。 でもそれって本物がいるという事では…? のをコレで埋めた!というも多かっただろう。 にしろ意図的にしろ、まるでのが正式開前に「」として当時の達を魅了していた現が規模で起こったようであり、をさせた。 そりゃ終わった後にこんなの出てきたらるよ…。 特徴や当時の証言など• のボディと 色のナットのような頭があり、頭の中央には 玉のようない球体が浮かんでいる。 これが…?• 後ろから観察してみると、 ギザのいがある。 ボディはの姿と似ている。 他のと同時に出現している画面からは相当小さい模様。 モーションは可くを繰り返すという物。 鳴きも…が既存のの鳴きではないらしい。 一部のでは、やが変貌したという言もある。 が出るという報告もされているらしい。 機質な姿から「」なのではないかとか言われている。 ナットのような姿なので「:NUT」とか。 その他にもの名「Dto」と「Nut」をもじって「Nuo」という仮称も強いようだ。 の持っていた古い文献にその姿が記録されていた。 その流れでに登場したメルタンにへんたによりその存在が実された。 体の大部分が液体状ので構成されており、その形状はとても流動的。 液状化した手足を使ってを侵食して体内に取り込むことができるらしい。 外部から取り込んだを元にを生み出す事ができ、生体活動のとなる他、からそれを放射して攻撃することもあるようだ。 旺盛であらゆる物にを示す。 その機質な外見に反して、邪気で様々な表情を見せてくれるらしい。 ではの部分がニッコリしてるメルタンの姿が見られる。 メルタンの捕獲方法 、メルタンの捕獲は『』のみででは捕獲できない。 捕獲方法は以下のとおりである。 「ふしぎなはこ」を使用する とをペングした上で、にある「GO」にからを連れてくると、側に「ふしぎなはこ」を獲得できる。 なお「ふしぎなはこ」を一度使うと7日間使用することが出来ない。 再度を使用する際は7日後に からGOに再度を連れてくるとを使用できるようになる。 また知り合いや友人のとペングして捕まえたメルタンをにを送ったり、ふしぎなはこをもらう事も可である。 「メルタンのを解け!」をする が発売されたと同時に、で「メルタンのを解け!」がした。 これはを使用しなくてものを全てすればメルタンを1体必ず捕獲することが出来る。 9章27のがありこの中には・・といった出現率が低いも含まれているのでがなかなか難しい。 またと歩いてを獲得のあるのでに・・といった1km程度でをもらえるにを変えとくと良い。 以下がの内容になる(防止の為で隠してます。 知りたい人のみして見てください)• なおGOで捕まえたはの関係上、技やが変更される。 またメルタン・はという位置づけ上、を多く用意する必要がある。 結果、 ふしぎなはこを獲得するもメルタンをで捕まえるのもが必要なことに変わりはないのですが・・・ 以下より。 『 GO』で「ふしぎなはこ」を使用すると、「ふしぎなはこ」を使ったの周りだけに、一間、「メルタン」が現れるようになる。 上の「メルタン」をし、を投げることで、「メルタン」を捕まえることができるぞ! 「ふしぎなはこ」は、一度使用するとしばらく使用できなくなり、一定期間が経過した後に、を『 Le ・Le 』に送ると、また使用できるようになる。 お友だちの『 Le ・Le 』へを送った場合も同様だ。 なの発表ではメルタンの別の形態の存在も示唆されていたが、後日それが系の 「」だという事が発表された。 色違いの実装 時間6:00〜16:まで・5:00〜5:00まで期間限定でのメルタンが出現する。 またこの期間「ふしぎなはこ」の期間も7日から3日に短縮された。 (この期間はでもが出現する) がのの存在をに発表したのは、「の 」で劇場で配布した「い」以来2例である。 名前の由来 他のと同じくではがいきなり既に命名されていたかのように名前を出すので不明だが、諸説はある。 単純に考えるのであれば 由来のなので、• 「」のをのように入れ替えた上で可らしいきを加えた「メルタン」。 液体なので英名「 an」から「 溶ける 」も意識している。 等が難な考えだろうか。 それに加えて、• 『』でも密接に関係している「」ときや形状が一部似てるのでこれも意識しているのでは? という意見も見られる。 また、『』の 図鑑No. 1 の大量発生後にモンのような出現をした事を踏まえ、同じく図鑑No. 1とされる事がある初代モン「」との関連性も摘されている。 これは「メルタン」と「」で音が全く同じというだけではない。 以下は 清音と濁音を含むの表である。 タポじゃないよ。 有志による憶測とはいえ、果たしてこれは偶然の一致なのだろうか…? , 後日、系の「」が発表されたがこのは複数のメルタンがした姿のようなので、 「単」とも言われている。 関連動画 関連静画 関連項目• 元祖な• が開される前の名「X」• 関連性があると噂されている• 元々の記事名• 常温常圧で一の液体で 他のに垂らすと侵食する事から、おそらくの一つ•

次の

【ポケモン剣盾】メルメタルの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

メルメタル 図鑑

メルメタル ナットポケモン ぜんこくNo. 809 高さ 2. 5m 重さ• 800. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• 英語名• Melmetal タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 いずれの状態でもない時は技が失敗する。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。

次の