テセウスの船ネタバレ最終回。 テセウスの船ドラマ最終回ネタバレ感想!心と文吾の結末はどうなった?|ライトのよかよかビデオウェブ

テセウスの船10話(最終回)ネタバレあらすじ感想!ひどいの一言!予想外のラストに唖然。せいやの俳優活動は応援するw

テセウスの船ネタバレ最終回

ドラマ「テセウスの船」最終回あらすじネタバレ これまでの事件の犯人にされた佐野文吾は連行されます。 誰かに青酸カリを飲まされたみきおが入院する病院へ心が行くと、木村さつきにみきおに近づくなと言い、みきおは目を覚ましたが記憶喪失になっていると言って心を追い払います。 その頃、警察に勾留されている佐野文吾の元に1冊の本が差し入れされます。 翌日、和子と心は佐野の面会に行くと、佐野は自分が犯人だと言い出します。 佐野の言葉が信じられない和子と心。 鈴は母和子にお父さんが信じられないのかと聞きます。 和子はお父さんが自分で犯人だと言ったことを明かします。 それでも鈴と慎吾はお父さんを信じたいと言います。 心はもしかしたら家族で埋めたタイムカプセルに佐野が何か書いていたから分かるかもしれないと言って、みんなでタイムカプセルを掘り返します。 佐野が入れていたのは家族に宛てた手紙でした。 佐野は子どもたち一人一人に向けて手紙を書き、みんなと家族になれて本当に良かったと書いてありました。 それを聞いて、子どもたちはお父さんを守りたいと言い、和子もみんなでお父さんを待つことにしました。 真犯人のことを聞き出そうともう一度みきおの入院している病院に行くと、みきおがいなくなっていました。 ベッドの下に落ちていた「THE END」と書かれたメモを見て、心は慌てて学校に向かいます。 学校に行くと、そこにはみきおが心のことを待っていました。 みきおは、鈴のヒーローになりたかったが、鈴は父佐野文吾みたいな正義の人が好きだから、佐野文吾が邪魔だったからこれまでの事件を起こしたと犯行を全て細かく自供しました。 しかし佐野が捕まって鈴が学校でいじめられていることを知ったみきおは、鈴が今望んでいるのは佐野文吾を無罪にしてあげることだと言い、ポケットに仕込んでいたボイスレコーダーを出し、みきおは心の前で青酸カリを飲んで自殺を図ります。 みきおが自供した声が全て入ったボイスレコーダーを持って、心は警察署に行きます。 みきおが犯人だと知った警察は、佐野文吾を釈放します。 家族に迷惑をかけたと謝る佐野に、佐野家はまた家族一丸となり笑顔が戻りました。 心と佐野はみきおの共犯者は誰なのかと考えます。 心は音臼村祭のチラシを見せ、佐野にこの時何があったのかと聞きます。 すると佐野は、毒キノコを入れたのは田中義男の妻だったこと、田中義男は妻が入れたということを県警にかけあって妻が罪にならないようにもみ消しにするように言ったことを思い出します。 翌日、音臼村祭りの当時の調書を見直していた佐野は、石坂校長の息子が祭りに来ていてケンカに巻き込まれて軽い怪我をしたと書かれていたことを見つけます。 石坂校長に話を聞こうと心と佐野は学校や自宅に向かうも、校長はどこにもいませんでした。 先に駐在所に戻った心は、扉に佐野文吾宛ての封筒がはさまっていることに気付きます。 その手紙には、かつての由紀のノートのコピーが入っていて、最後に佐野家の家族皆殺しが嫌なら音臼神社へ一人で来いと書かれた紙が入っていましたが、心は佐野に手紙のことを見せませんでした。 翌朝、和子が慌てて、布団がたたまれていてその上に佐野家で過ごした日は一生忘れないと感謝の言葉が書かれた心からの手紙が置かれていましたと佐野に言います。 その時、30代男性が山小屋付近で倒れていると無線が入り、それが心だと思った佐野は急いで山小屋へ向かいます。 家族の未来を守る為に音臼神社へ一人で向かった心は犯人を待つも犯人は現れませんでした。 急いで駐在所に電話をし、和子から佐野が山小屋へ向かったと聞き、山小屋へ向かいます。 先に山小屋へ着いていた佐野は背後から何者かにナイフで脇腹を刺されます。 振り返ると、刺したのは田中義男の長男正志でした。 正志は音臼祭りの後、そんなキノコを入れただけなのに母が捕まり、父親に捨てられ、苦労して死んでいったこと、殺人犯の子どもとしていじめられ、それを苦に正志の妹は自殺したと言います。 そして父義男が大病して久しぶりに音臼村に戻ってきた正志はその時、佐野から家族は大事にしないとと佐野にのんきに言われたことが許せなかったと話します。 みきおは佐野文吾が邪魔だという目的が一緒だったから共犯したと言います。 再び佐野に襲い掛かる正志は、心は殺したと言うと佐野は逆上し、ナイフを取り上げ、正志の上へ馬乗りになってナイフを向けます。 しかし、心のことを裏切れないと言う佐野はナイフを下ろし、正志が今まで苦労してきたことに気付いてあげられず申し訳なったと謝ります。 そこへ心がやってくると、正志はお前を殺人犯にするから殺せと言って、なんとか自分をナイフで刺させようともみあい、心も加わり、3人で正志のナイフを取り上げようとしていると、ナイフが心の胸に刺さってしまいます。 心は、家族の未来を守る為にここにきたと言い、佐野はお前は俺の息子だと言うと、心は笑顔を浮かべながら死んでいきます。 30年後、佐野家は家族みんな集まって外食を楽しんでいました。 そこへ心と由紀夫婦がやってきて、由紀が女の子を妊娠したと言います。 佐野は子どもの名前を提案させてほしいと言い、明るい未来へと進んでいく、未来と書いて「みく」と言う名前を提案すると、心は全く同じ名前を考えていたと言います。 佐野は心がタイムカプセルに入れた指輪をポケットからこっそり出して、指輪の内側に刻まれた「YUKI TO SHIN」の刻印を感慨深く見つめるのでした。 ドラマ「テセウスの船」最終回感想!結末にガッカリ? 原作漫画のストーリーとは全く違い、ドラマオリジナルだったので、最後まで気を抜くことなく見入ってしまいました。 みきおの犯行の動機は原作漫画とほぼ同じだったのでなんとなく受け入れられたのですが、まさかみきおの共犯者が正志(霜降り明星・せいや)だったことには驚きです。 せいやは芸人ですし、他の俳優陣に比べると演技力はそんなにないだろうから、犯人という重要な役はないと思っていただけに、まさかの大どんでん返しでした。 でも、迫力ある演技でとても惹きつけられて、手に汗を握りました。 心が死んでしまうところも、原作漫画では、佐野を守るために自分が犠牲になって死んでしまいますが、ドラマではもみあっていてナイフが刺さってしまうという事故のような形でしたが、佐野を守るためだったという点では、原作漫画と同じでしたね。 心が死ぬ時、佐野が俺の息子だと叫ぶシーンは、漫画でもドラマでもやはりぐっとくるものがありました。 佐野と家族を守るために未来からきた心の目的は果たされたということですよね。 心が死んでしまうのは悲しいけれど、今まで味わえなかった家族のしあわせをタイムスリップした後、十分味わえたという意味では、心の人生はいい人生だったのではないでしょうか。 心が死んでしまって悲しい気持ちになりましたが、数十年が経った未来では、佐野家は昔と変わらず家族団らんで幸せそうでしたのでとてもほっこりとしましたね。 しかし、最後のシーンでどうしても気になることがありました。 大人になった佐野慎吾役で、ハライチ・澤部が出てきて、一気に目が覚めたというか、ちょっと残念な感じがしたのは私だけでしょうか。 子供の時の慎吾の髪型(坊主)と同じ髪型だから澤部がキャスティングされたと考えられても仕方ないですよね。 せっかくほっこりした最後のシーンで、もちろんストーリーも最後キレイな結末を迎えていたのですが、澤部に一気に全部持って行かれたような気がして・・・。 ある意味ガッカリはしましたが、ずっと緊迫していただけに、緊張と緩和で思わず笑ってしまい、それはそれでよい結末だったのかな、と思っています。 最後の澤部で若干の引っかかりを感じはしましたが、たいてい原作漫画のドラマはハズレというか、やっぱり原作の方が面白いと思うことが多いですので、ドラマ「テセウスの船」に関しては原作漫画と同じくらい、素晴らしいオリジナルストーリーで、とても面白く、楽しませてもらいました。 来週から、なんともじれったい心と文吾のコンビがもう見られないと思うと、しばらくはテセウスロスになりそうです。 また、続編や映画化などで二人のコンビを見られる日が来ることを期待して待ちたいと思います。

次の

テセウスの船ドラマ最終回ネタバレ感想!心と文吾の結末はどうなった?|ライトのよかよかビデオウェブ

テセウスの船ネタバレ最終回

人気ドラマ「テセウスの船」がついに最終回を迎えます! 犯人として逮捕されてしまった佐野を心は救うことができるのか!? そして、黒幕は一体誰なのでしょうか!? 今回はドラマ「テセウスの船」最終回ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。 ネタバレを知りたくない方はご注意下さい。 スポンサーリンク テセウスの船 最終回 ネタバレあらすじ みきおの共犯者がわからぬまま、佐野は逮捕されてしまいました。 後日、和子と心は佐野の面会に訪れます。 しかし、佐野は… みきおの共犯者は自分だと言い、家族の縁を切るといって面会所から出ていってしまったのでした。 和子たちは、マスコミに追われ、鈴と慎吾は学校でいじめられてしまいます。 和子は、子どもたちを連れて実家に戻ろうと決意しますが、鈴と慎吾は父を信じていると母に訴えます。 心は家族で埋めたタイムカプセルに佐野が残したヒントがあるかもしれないと言い、みんなで掘り起こします。 そこには、家族一人ひとりに宛てた手紙が書かれていました。 その手紙を読んで、改めて父が犯人ではないと家族は確信し、家に残り父を待つことを決意。 真実を暴くためには、みきおから話を聞くしかないと考えた心はみきおの病室に行きますが、みきおは姿を消していました。 みきおのベッドの下から、「The END」と書かれた紙を見つけた心は学校にいるみきおを見つけ、真実を話すように言います。 みきおは、転校してきたばかりの時にクラスメイトからいじめられていました。 そんなみきおを鈴はいつも味方になってくれたのです。 だからこそ、鈴のたった一人のヒーローになると決めており、鈴のヒーローは自分だけでいいと、佐野を犯人に仕立て上げようとしていたのです。 しかし、今鈴を喜ばせるには、佐野を無罪にしてあげること。 すると、みきおは今までの会話を録音していたICレコーダーを取り出し、隠し持っていた毒を飲んで倒れてしまったのでした。 みきおは意識不明の重体に…。 さつきは病室に駆けつけ、みきおの傍に寄り添います。 さつきは、中学の頃妊娠し中絶した過去がありました。 その時、担任だった現校長はこの狭い村でまだ中学生のことを思い、中絶するように言いましたが、あの時もっとさつきの気持ちを考えてあげればよかった…と言ったのでした。 釈放された佐野は心と真犯人を探します。 そんな中、校長に息子がいたことが判明し、校長は行方知れずに…。 さらに、佐野の家に和子・鈴・慎吾が何者かに命を奪われたという未来の新聞記事が届き、こうなりたくなければ、音心は一人で来るようにと呼び出されます。 心は、家族の未来を自分が守ると、佐野には何も言わず一人で犯人が指定された神社に向かいます。 佐野が心を探して駐在所を飛び出します。 そこに校長が現れ、和子に話しを始めます。 校長には息子がおり、孫が生まれていました。 校長は息子と確執があり、しばらく音信不通になっていましたが、心と佐野を見ていると親子のように見え、自分も息子ともう一度家族になりたいと思い、孫をきっかけに会いに行ったのです。 校長の机に残されていた絵は、孫のために書いた絵だったのでした。 スポンサーリンク 心を追いかけていった佐野は、何者かに後ろから刺されてしまいます。 佐野が振り向き、目の前にいたのは… 正志!!! 12年前の村祭りで、正志の母はきのこを入れただけなのに、食中毒の犯人とされ、一家はバラバラになってしまいます。 母は逮捕され、父と離婚し、正志の妹はいじめられ自ら命を絶ったのでした。 村を出ていた正志は父の病気があり、村に戻ってきていました。 そんな中、佐野が家族と楽しそうにしており、家族を大事にしないなと言った何気ない一言が引き金となり、自分たちと同じ目に合わせてやろうと佐野を犯人に仕立て上げることにしたのです。 鈴のたった一人のヒーローになりたがっていたみきおを利用し、事件の黒幕として動いていたのでした。 そこに心が現れ、暴れた正志のナイフが心に刺さってしまい、亡くなってしまったのでした。 30年後。 みきおとさつきは一緒にカフェで働く姿がありました。 そして、心が妊娠した由紀を家族に紹介する姿がありました。 そこには、文吾・和子・鈴・慎吾の姿もありました。 そして、由紀のお腹には女の子が宿っていました。 文吾は、その女の子の名前を「未来(みく)」と名付けたいと言ったのでした。 心は、自分が考えていた名前と同じだと驚いたのでした。 (おわり) スポンサーリンク テセウスの船 最終回【感想】 テセウスの船、ついに最終回を迎えましたー!! 気になる黒幕は、正志でした!! せいやさんの演技なかなか良かったですが、ちょっとがっかりな展開でもあった気が…。 ここまで黒幕引っ張ったので、かなり壮大なラストになるかと思っていましたが、正直ちょっとその展開か~って思ってしまった方もいるのではないでしょうか。 筆者はちょっと思ってしまいました…。 まぁでも色々辻褄を合わせるためには、せいやさんの理由が一番しっくりくるのかもしれませんね。 それにしてもかなり豪華キャストのドラマで黒幕が芸人さんって、TBSも思いきったことしましたね。 ラストで、30年後の心さんは亡くなってしまいました。 しかし、当時和子のお腹に心が宿っていたため、心はそのまま生まれ、文吾さんは犯人にならず、心に何も知らずに生まれてきて、新たな未来が築かれるというハッピーエンドで終わりました。 がしかし!! あれっ?大人役の鈴ちゃんは、貫地谷しほりさんのまま…。 文吾さんが捕まったからこそ、整形して貫地谷しほりさんの顔になったのに。 まぁいいか…。 最終回若干もやもやっとした部分はありましたが、非常に見応えがあるドラマだったので、とてもよかったです。 佐野家族がもう見られないかと思うと寂しいですが、時期ドラマは「半沢直樹!!」 もう今から待ち遠しいですね。 楽しみに待ちたいと思います。 【PR】 ドラマ「テセウスの船」をもう一度見たいあなたは、で1話から最終回まで見ることができます。 では犯人の日記が公開も! 登録から2週間無料体験がついているので、2週間であれば実質無料で見ることができます。 2週間お試ししてみて、もし必要ないなと思えば解約も可能ですし、登録してみて損はないでしょう。 最新の配信状況はサイトにてご確認ください。 スポンサーリンク.

次の

テセウスの船|最終回(10話) ネタバレ感想【黒幕も心と同じ人生だった】3/22|DRAMARC

テセウスの船ネタバレ最終回

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。 しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。 「俺が犯人だ」。 心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。 すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。 大きく揺れる心と家族。 バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……? そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。 それは、心に究極の選択を迫るものだった。 過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。 やがて迎える黒幕との対峙。 そこで事件のすべての真相が明らかにされる。 tbs. 「動画配信サービスってお金がかかるんじゃないの?」って思いますよね。 ですが、Paraviには、2週間無料のお試し期間があるんです! この期間内は、Paravi内のコンテンツが無料で見放題!! この期間を利用して『テセウスの船』の動画を見ることができます。 登録は簡単にすぐできます!詳しくはこちらでご紹介しています。 解約手続きについて不安な方は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。 月額1,017円(税込)サービスが利用できる• 2週間無料で見放題!• 登録後すぐに見られる• TBSやテレビ東京の最新ドラマも1話から見逃し配信• WOWWOWドラマの配信もあり!• ビジネス番組やバラエティ・スポーツ番組も充実• 独占配信やオリジナルコンテンツが充実 TBS・テレビ東京・WOWOWドラマの見逃し配信が充実! Paraviでは『テセウスの船』をはじめ、TBS・テレ東で放送されたドラマをすぐに見ることができるうえに、過去に放送された懐かしいドラマも見ることができます。

次の