良く見せようとする 類語。 かまととぶるの意味はぶりっ子?由来はかまぼこ?日常での使い方・例文・類語も

「衒い」の読み方と意味は?使い方の例文と類語・対義語も紹介

良く見せようとする 類語

「虚栄心」の意味と読み方 「虚栄心」とははからっぽの繁栄 「虚栄心(きょえいしん)」とは人間の心理状態を表す言葉です。 「虚栄心」には 「自分を現実よりも過剰に良く見せようとする気持ち」という意味があります。 「虚栄心」の「虚」は「中身がない」「からっぽ」という意味です。 後に来る言葉を否定的に表現する役割をします。 そのため、「栄える・繁栄している」という状態は、中身のない虚のものであり、その「虚の栄」を持つ心を「虚栄心」と言います。 「虚栄心」は過剰に良く見せようとする心理 つまり「栄えていないのに、栄えているように見せかけたいという心」が「虚栄心」です。 たとえば、経済的な余裕がないのに、余裕があるように振る舞ったり、異性から特に人気があるわけではないのに、さも人気があるように振舞ったりすることも「虚栄心」の表れと言われています。 他にも、仕事や家庭などさまざまな場面で持つ 「自分が周囲よりも良い状態にあるように見せかけたいという気持ち」が「虚栄心」です。 「虚栄心」の類義語と対義語 虚栄心の類語は「見栄っ張り」「プライド」 「虚栄心」という言葉には、いくつかの類語があります。 中でも、日常で使いやすいのは 「見栄っ張り」「プライド」でしょう。 「見栄っ張り」は「虚栄心」の核となる心情をそのまま言葉にしているため、「虚栄心が強い」という言葉と、ほぼイコールの意味として使うことができます。 「彼は虚栄心が強い人だ」は 「彼は見栄っ張りだ」、「自分の短所は虚栄心が強いことです」は 「自分の短所は見栄っ張りなところです」など、そのまま言い換えられます。 一方「プライド」を「虚栄心」の類語として使う場合は 「高すぎる」という表現と一緒に使う必要があります。 適度なプライドは「虚栄心」とは言えないためです。 「彼は虚栄心が強い人だ」は 「彼のプライドは高すぎる」、「自分の短所は虚栄心が強いことです」は 「自分はプライドが高すぎるところがあります」など、やや形を変えて言い換えられます。 「虚栄心」の類語「自尊心」との違い 「虚栄心」とは、人の心理状態を表す名詞です。 同じように、人の心理状態を表す言葉に 「自尊心」があります。 「自尊心」とは、文字通り「自分を尊いと思う心」であり、簡単に言えば「自分を大切にする気持ち」です。 「虚栄心」の根本にある「見栄を張りたい」という気持ちも、「自分を大切に思うからこそ、人から羨まれるように振る舞う」という、ある種の「自分を大切にする気持ち」から生まれています。 そういう意味では「虚栄心」と「自尊心」は類語と言えるでしょう。 しかし、 「虚栄心」がネガティブな意味でしか使われないことに対して、「自尊心」は比較的ポジティブな意味で使われます。 「虚」という偽りを使って無いものをあるように見せかける「虚栄心」と、ものの有る無しにかかわらず自分を大切にしようとする「自尊心」には、「自分を大切にする」という 共通点はありながらも、その表現の仕方が異なります。 「虚栄心」の対義語は「ありのまま」「謙虚」 「虚栄心」という言葉の反対の意味・気持ちとは、自分を現実以上に良く見せようとしない、または自分を省みて等身大でいようとする気持ちなどです。 これらは類語で言えば 「ありのまま」「謙虚」などでしょう。 「ありのまま」とは、言葉の通り「自分そのまま」「自分があるがまま」という意味で、 見た目も気持ちも飾り気がなく、見栄を張らない様子を表します。 「彼はいつもありのままで気持ちが良い人だ」「私はありのままでいたいと思っています」などと使うことができます。 「謙虚」とは、「(相手に対して)へりくだり、そこに(悪意など)何も含まない」という意味です。 「虚栄心」のように、何か思惑があって振る舞うのではなく、ただへりくだっている様子を指します。 「何も含まない」という部分で 「自分を過剰に良く見せたいなどの気持ち」も持っていないことを表し、自分以外の人に対してへりくだって接する様子を表しています。 「彼は謙虚で感じが良い人です」「私はいつも謙虚で居たいと思っています」などと使います。 「虚栄心」の使い方と例文 見栄を張りたい気持ちを満足させる「虚栄心を満たす」 自分や誰かが持っている「自分を良く見せたい」と思う気持ちを叶えることを 「虚栄心を満たす」と言います。 「自分を良く見せたい」という気持ちは、簡単に言えば「見栄」です。 見栄を張りたい、という気持ちを、言葉や振る舞い、あるいは持ち物などの物を使って満足させる状態を「虚栄心を満たす」「虚栄心が満たされた」と表すことができます。 「私は後輩に過去の栄光を話して聴かせることで、自分の虚栄心を満たしているのかもしれない」• 「彼の虚栄心を満たすために、周囲はいつも彼を持ち上げている」• 「部長の虚栄心は、ちょっとやそっとでは満たされないだろう」 恋愛で使われることも多い「虚栄心の強い男(女)」 「虚栄心」を持つことに、男女の違いはありません。 男性でも女性でも、虚栄心を持っている人は持っています。 その上で 「虚栄心の強い男性」あるいは「虚栄心の強い女性」という言い方をすることがあります。 「虚栄心の強い男(女)」という言い方は、性別を強調した意味を持っていることが多く、恋愛の場面や、性別によるその人への非難の気持ちが働いていることが多いようです。 「私は虚栄心の強い男性とのお付き合いはしたくない」• 「彼女のような虚栄心の強い女とはやっていく自信がない」• 「男(女)のくせに虚栄心が強くて困る」 見栄を張る気持ちが強い人を表す「虚栄心の塊」 「虚栄心」という言葉を使った言葉はたくさんありますが、いずれもその人をネガティブに表現します。 その中でも特にその人の虚栄心の強さを表現するときに使われるのが 「虚栄心の塊(かたまり)」という言葉です。 「虚栄心の塊」とは、その人の虚栄心が人並み外れて強いことを表す言い方で、その人の言動のすべてが虚栄心から来ている見栄だと言っても良い、というくらい、その人の虚栄心が突出してることを指しています。 「課長はまさに虚栄心の塊だ」• 「昔の私は虚栄心の塊で、ありもしないお金がさも潤沢にあるように振る舞っていました」• 「彼のような人を、虚栄心の塊というのだろう」 過剰な見栄を克服することを「虚栄心を捨てる」 「虚栄心」は「持つ」「強い」「ない」などの言葉で有無や程度を表します。 そして、既に持っている虚栄心を手放すことは「なくす」「捨てる」と表現します。 特に 「虚栄心を捨てる」という表現には、虚栄心を手放すことへの強い思いを込めやすく、その人にとって「虚栄心」がいかに不要なものであるか、ということも表すことができます。 「いい加減に虚栄心は捨ててしまいなさい」• 「私は虚栄心を捨てる決心をした」• 「彼が虚栄心さえ捨ててくれれば、良い付き合いができると思う」 「虚栄心」の英語表現 「虚栄心」は英語で「vanity」「vein」 「虚栄心」という言葉は、人の心理を表す言葉であるため、英語にも同じ意味を持つ言葉があります。 それが 「vanity」です。 「vanity」は「虚栄心」「うぬぼれ」という意味を持つ名詞ですが、 「vein」という形容詞にして使うこともできます。 「She is vein about her wealth」は「彼女は自分が資産を持っていると自慢する」という意味になり、それが本当であっても嘘であっても「それを鼻にかける」というニュアンスで使うことができます。 これを日本語の表現に当てはめると「彼女は虚栄心が強い」となり、自分がさも資産家であるように振る舞っている、という状態を説明することができます。 まとめ 「虚栄心」はプライドが高すぎることが原因で起る感情と言われています。 しかし、人にとって適度なプライドは必要でもあり、それが自分を律したり、励ましたりしてくれることもあるでしょう。 人の感情は目に見えない分、調整が難しいものです。 「虚栄心」という言葉を正しく知ることで、自分の感情がプライドなのか、虚栄心なのかを見極められるようになると良いですね。

次の

「衒い」の読み方と意味は?使い方の例文と類語・対義語も紹介

良く見せようとする 類語

自分が持っている能力を相手に得意げに見せびらかす様子を表すときに使う言葉です。 「玉を衒いて石を売る」ということわざがありますが、これは、高価な玉を見本にみせびらかしておき、実際には価値のない石を売りつける様子を表しています。 このことわざで衒いは高価な玉をわざと見せびらかすという意味で使われています。 1つ目の意味では実際ある能力を見せびらかすことに対し、そこまでの実力や才能がないにも関わらず、あるように見せるためにはったりをかましたり、ごまかしたりしている様子を表しています。 いずれの意味も、本来は「衒う(てらう)」という動詞の意味なのですが、「衒い」は「衒う」の動詞の変化形なので意味自体は同じになります。 これは、気を引くためにわざと普通と違う風変わりなことをする様子を言います。 「奇」という言葉が持つ意味はいくつかありますが、ここでは珍しいこと、不思議なことなど普通とは違うことを表します。 また、奇を衒わないという使い方もします。 奇を衒うを否定形にすると、自然体である様子や見せびらかしたりしない様子を表します。 これは、実際よりもよく見せようとする気持ちがない様子や、気取りのない様子、謙虚な様子を表します。 もともと、衒うという言葉はネガティブな意味を持ちますが、否定形にすることでポジティブな意味で使うことができます。 衒いがないと同様の意味の使い方で、「衒いなく(てらいなく)」という使い方もあります。 前後の言葉や、文脈によって使い分けます。 衒学は、「げんがく」と読みます。 学問や知識があることを自慢し、ひけらかすことを言います。 衒学的や衒学者といった使い方もされます。 衒学的とは学問や知識をひけらかす様子をいい「衒学的な文章」などといった使い方をします。 衒気は「げんき」と読みます。 才能や知識などを見せびらかし自慢したいと思う気持ちのことを言います。 「あの人は衒気があり付き合いにくい」などという使い方をします。 話言葉として使うと「元気」と混同するので、注意しましょう。 これは、素直な気持ちで平和を唱えるという意味です。 立派なことを言っているにも関わらず、これ見よがしに、偉ぶることなく、ただ素直に平和を願っている様子を表しています。 これは、彼女の気取らず、飾り気のない素直な笑顔が素敵だという意味です。 自分をより美しく見せようとする作られた笑顔ではなく、心からの笑顔には魅力を感じるものですよね。 これは、彼が発した素直な言葉が彼女を安心させたという意味です。 相手に好かれようとして、自分を良く見せようとしている上辺だけの言葉ではなく、飾らない等身大の言葉は、心に響きますよね。 これは、才能がない人ほど、気を引くために、普通とは違う変わったことをしがちだという意味です。 面接などで、才能がないのに、気を引きたくて目立つことをする人もいると思います。 ですが、実際仕事をしてみたら、実力が伴わないなんてこともあるかもしれませんね。 これは、いつでも目立ちたいがために、風変わりな髪形をしているという意味です。 個性は大切ですが、行き過ぎた個性は時としてマイナスのイメージになることもありますよね。 この例文では、奇を衒うに否定の「ない」を付けて使っています。 奇を衒うを否定形にすることで、自然体やわざとらしくない様子を表すことになります。 ですから、この例文の意味は、ストーリーに無理がなく自然体な作品のほうが共感できることが多いという意味になります。 逆に奇抜で、普通ではあまりみられないような展開の作品は、興味深くはありますが共感はしにくいこともありますよね。 これは、彼が話していることは、聞き手にわかるように言っているというわけではなく、自分に知識があるのをひけらかすために話しているのでわかりにくいという意味です。 本当に賢い人というのは、持っている知識を噛み砕き、優しい言葉で理解しやすいように話ができるものです。 ただ知識をひけらかすために難しい言葉を使うだけでは、嫌味な人で終わってしまいますね。 そのような演出をし始めたころは、よい顔をされなかったようですが、現在ではよく見聞きする演出になりましたね。 見た目を取り繕い良く見せようとすることを言います。 1つ目の意味の、本質ではない見た目本位の受け狙いの演出というところから転じて、ごまかしやはったりという意味で使われるようになったと言われています。 衒いと外連の違いは内面と外面の違いで使い分ける 衒いも外連も、よく似た意味をもっていますが、使い方が同じというわけではありません。 衒いは才能や知識などの内面を取り繕い良くみせようとすることです。 一方、外連は、「見た目本位の」というように外面をよく見せようとする様子を表します。 つまり、衒いは、才能や知識など、内面を良く見せようとするはったりやごまかしの場合に使い、外連は、見た目重視の外面を良く見せようとする場合に使うことになります。 ですので、衒いか外連かは、その事柄が内面を表すか外面を表すかで使い分けましょう。 衒いの類語は? 衒いの類語|鼻にかける・見識張る・見栄張り・自己顕示 1つ目の類語として、「鼻にかける(はなにかける)」という言葉があります。 自慢する、得意がるといった意味を持ちます。 2つ目の類語は、「見識張る」です。 見識は、「優れた意見や考え」のことです。 つまり、優れた意見や考えが無いにも関わらず、あるように振る舞う様子を意味します。 3つ目は、「見栄張り(みえはり)」です。 この言葉は、自分を良く見せるため飾る様子を意味しています。 衒いの類語の4つ目は、「自己顕示(じこけんじ)」です。 意味は自分の存在を必要以上に人前で見せつけ目立つようにすることを言います。 「自己顕示欲が強い」といった表現でよく耳にする言葉ですね。 これらの言葉は、どちらかといえば、衒うよりも普段の生活で耳慣れなれた言葉ですが、どれもあまり良い意味では使われません。 こういった性格を持つ人は付き合いにくいことがありますね。 そんなときの対処法を以下にご紹介しますので参考にしてみてくださいね。 奇を衒うの類語|奇抜・突飛 奇を衒うの類語の1つ目は、「奇抜(きばつ)」です。 普通では思いもよらないほどに変わっていることや、その様子を意味します。 この奇抜という言葉には、衒うの意味に含まれる「実力や才能がないのに」という部分は含まれていないので、良い意味で使われることもあります。 2つ目は「突飛(とっぴ)」です。 型破りで目立ち、常識に反している様子のことを言います。 突飛は、常識に反するという意味が含まれるので、奇抜と違って、あまり良い意味では使われません。 衒いがないの類語|謙虚・気取らない・飾り気のない 衒いがないの類語の1つ目は、「謙虚(けんきょ)」です。 控えめで、偉ぶることなく素直に相手の意見を受け入れ接することを意味します。 ビジネスシーンでも謙虚な人が好まれやすいですね。 衒いがないの類語の2つ目は、「気取らない(きどらない・けどらない)」です。 人や物が本来の姿や性質でいる様子や、勿体ぶるようなわざとらしい様子がないことを意味します。 衒いがないの類語の3つ目は「飾り気のない(かざりけのない)」です。 自分を良く見せようとして、表面上を飾ろうとする様子が見られない自然体であることを意味します。 「飾り気のない人」という表現は、飾ることなく自然体でいることが素敵な人という意味なので、ほめ言葉として使われます。 衒いの英語表現は? 衒いの英語表現はpretension・show offなど 衒いの英語表現はaffectation・pretension・show offです。 affectationは見せかけ、気取り、キザなど、また、pretensionは主張、見せかけ、仰々しさ、気取りなどとも訳すことができます。 この2つの単語は、形式ばったもので、日常で使われる言葉ではないようです。 日常会話で使われる衒いの英語表現として、show offがあります。 こちらは、見せびらかすや、目立ちたがりという意味なので、衒いの意味が含まれています。 」あんまり調子に乗らないで! といった使い方をします。 いずれの表現も衒いの意味に含まれる言葉なので、英語では詳細な様子を表す言葉に置き換えてることになりますね。 衒いがないの英語表現はwithout pretensなど 衒いがないもしくは、衒いのないという言葉を英語表現は、「without(with no pretens」という表現がありますが、日常的には「気取らない」や「謙虚な」というような意味に置き換えて表現されることもあります。 気取らないは「unaffected」、謙虚なは「modest」または「humble」です。 また、「unassuming」も同様な意味を持ちます。 「彼はてらいがない(気取らない)のでみんなに好かれています」は英語では「Everybody likes him because he is unaffected. 」のように表現できます。 衒いがない言動を心掛けよう この記事では、衒いの意味や使い方の例文、似た言葉である外連との違いや、さらには類語や英語表現を紹介しました。 衒った言動は、どのような場面でも好まれるものではありませんね。 ビジネスシーンなどにおいては自己アピールを必要とする場面もありますが、基本的には謙虚な人のほうが付き合いやすいものです。 自分の知識や教養に自信がない人でも、衒ってごまかすより、それを恥じず学ぶ姿勢を見せる方が好感が持てますね。 衒いのない謙虚な言動を心掛け、プライベートでもビジネスシーンでもスムーズな人間関係を築きましょう。 衒いのない謙虚な人ってどのような人なのか、また、どうやったらなれるのかがイマイチわからないという方は、以下のリンクを参考にしてみてくださいね。

次の

知ったかぶりする人の心理&特徴|うざいと感じた時の対処法を解説!

良く見せようとする 類語

ビジネスシーンでは、相手に何かを欲求する、何かが欲しい時に、どのような敬語を使うのが正しいのでしょうか。 欲求を意味する言葉の使い方は、非常に奥が深いとされています。 ターゲットとなる「欲しい」と思えるものが、自分なのか他者なのかにより、その使い方は違ってきます。 そもそも、敬語の中でも主人公が誰なのかを知っておくのが大切でしょう。 謙譲語は自分の動作に対して、相手にへりくだる時に使われ、尊敬語は相手に対して使われています。 「欲しい」のビジネスシーンでの使いわけは主に2つ ビジネスシーンでは、「欲しい」「もらう」「受け取る」などのやり取りが頻繁に発生しています。 その中でも、動作の対象が上司や顧客である場合や、部下や同僚など階級別に使い分けておくことが、社会人としてのマナーと言えるでしょう。 ここでは、敬語の中でも、自分自身が欲しいものがある時に使う謙譲語と、相手が欲しいものに対する尊敬語の2つに分けて検証してみましょう。 自分が欲しいもの:「頂戴する」 まずは、自分自身を対象にした敬語である、謙譲語をご紹介します。 自分が欲しいものを指して、へりくだって言う時は「頂戴する」、「頂く」と表現します。 例えば、クライアント先へ訪問したときに、お茶を出してくださった際には「頂戴いたします」というのが正しい表現と言えるでしょう。 へりくだることで、欲しいと言う直接的な表現を、柔和させて伝えられます。 相手が欲しいもの:「お受け取りになる」 相手が欲しいものを、「お受け取りになる」など、相手が主人公となる表現を指しています。 単語の頭に「お」を付けておくと成り立つ点から、さらに丁寧な表現になると「お納めになる」等、目上の人に対して使うことも多いとされているのです。 敬語の中でも、尊敬語は比較的迷いやすいものとされていますが、「お」を付けると通じることで判断してみるのをお勧めします。 あくまでも依頼(お願い)なので、大変申し訳ありませんが、と前置きを付けておくことにより、さらに丁寧さが伝わると言えるでしょう。 「欲しい」を敬語にする際は丁寧さが伝わるようにすべき 上述のとおり、ビジネスシーンでの「欲しい」に関する敬語をご案内しましたが、自分を良く見せようとするあまり、変な敬語になってしまう時もあるでしょうか。 そんな時は、間違ってもいいので、尊敬心や敬意がきちんと相手に伝わればヨシとすることを、自分自身の中で折り合いをつけておくことをお勧めします。 後で、変な日本語でなった事に気が付いたら、「失礼いたしました」の一言で、その場がとても明るくなることは間違いないと言えるでしょう。 「欲しい」対象が自分か相手かで「頂戴する」「お受け取りになる」など敬語が違ってくる ビジネスシーンでは周りの人間関係を良好に保っていくために、正しい敬語を使うことをお勧めします。 特に、何かを欲する時には、欲しいと思う対象が自分か相手なのかで、尊敬語や謙譲語に分けて使うことが出来ます。 目上の人やお客様には、特に気を付けて使いたいところですが、正しい日本語が使えなくても、敬意を払うべく立ち居振る舞いを、兼ね備えておくことが大切です。

次の