「サイバーセキュリティ基本法」とは?背景や内容を分かりやすく解説

3ヵ年のサイバーセキュリティ戦略とは 2018年7月、サイバーセキュリティ戦略本部にて、サイバーセキュリティ戦略が閣議決定された。

サイバーセキュリティ基本法とは?

サイバーセキュリティ基本法改正の背景 サイバーセキュリティ基本法の施行後も個人情報漏えい事件などが相次いだため、2016年(平成28年)と2018年(平成30年)には、主にNISCの権限強化と事務作業負荷の軽減を狙いとして改正が行われました。 )の学長又は理事長、大学共同利用機関法人 (同条第3項に規定する大学共同利用機関法人をいう。

Next

企業が知っておくべきサイバーセキュリティ基本法のポイント

。 我が国の安全に重大な影響を及ぼすおそれのある事象への対応(第十八条)• ただしあくまで"基本"を示したものであり、具体的な戦略は「内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)」(後述)の活動や他の法律にゆだねられています。

Next

サイバーセキュリティ基本法

情報漏えいの原因にはサイバー攻撃のみならず、記憶媒体の紛失などのヒューマンエラーも含まれています。 これらの動きに対し、政府がリーダーシップを発揮し推進していくことで、点ではなく面としての対策が充実していくことが期待される。

サイバーセキュリティ基本法とは―正式名から基本理念などわかりやすく解説。

サイバーセキュリティ戦略の案の作成及び実施(二十四条一項)• サイバー攻撃はその後も件数が増加の一途をたどり、手法が多様化・大規模化していったため、セキュリティ戦略の強化が必要となりました。 2015年2月10日 サイバーセキュリティ戦略本部第1回会合開催• こうした脅威から身を守るには、の情報について公表しているを定期的にチェックするなど、情報収集にも心がけましょう。 )におけるサイバーセキュリティに関する統一的な基準の策定、国の行政機関における情報システムの共同化、情報通信ネットワーク又は電磁的記録媒体を通じた国の行政機関、独立行政法人又は指定法人の情報システムに対する不正な活動の監視及び分析、国の行政機関、独立行政法人及び指定法人におけるサイバーセキュリティに関する演習及び訓練並びに国内外の関係機関との連携及び連絡調整によるサイバーセキュリティに対する脅威への対応、国の行政機関、独立行政法人及び特殊法人等の間におけるサイバーセキュリティに関する情報の共有その他の必要な施策を講ずるものとする。

Next

「サイバーセキュリティ基本法」とは?背景や内容を分かりやすく解説

我が国のサイバーセキュリティ対策の根幹をなす法律であり、世界規模化しているサイバーセキュリティ対策を推進していくために重要な役割を果たすと期待されている。

サイバーセキュリティ基本法で押さえておくべきポイント

組織 2015年(平成27年)1月、同法に基づき内閣に「サイバーセキュリティ戦略本部」が設置されました。 したがってサイバーセキュリティ戦略本部の一部事務を独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)などに委託できるようになりました。

Next

サイバーセキュリティ基本法|情報セキュリティ関連の法律・ガイドライン|基礎知識|国民のための情報セキュリティサイト

国家レベルでサイバーセキュリティを推進する体制が整ったといえる。

Next