角田美代子(すみだみよこ)の生い立ちについて調べてみた!

2003年2月、尼崎市の実家に帰省していたD家母(C家母の長女)が高松市の夫(以降、D家父)に泣きながら「迎えにきて」と電話をしてきた。 2008年12月に死亡したとされ、その死亡に関して、7名が殺人と監禁罪で起訴されている (D家長女死亡・死体遺棄事件を参照)。

Next

角田美代子容疑者に“戸籍ロンダリング”を伝授したのは誰なのか:窪田順生の時事日想(1/3 ページ)

読売新聞. 産経新聞: pp. どうすれば死ねるのか」と自殺をほのめかす発言をしていました。

Next

角田美代子の生い立ちと現在!旦那や息子など家族~背乗りの手口まとめ

wikipedia. このことに関しては噂レベルですが、角田美代子は在日韓国人という可能性があり、本名はリ・ユンヒなのではないか?と言われています。 B家母の長男の長男転落死事件(1999年) [ ] 後述のB家乗っ取り事件のさなかの1999年に、当時軟禁されていた兵庫県西宮市のマンションから飛び降り自殺したとされる。

Next

角田美代子(すみだみよこ)の生い立ちについて調べてみた!

の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。

Next

角田美代子と背乗り(戸籍乗っ取り)に関する噂を考察!

2013年6月26日. 2012年11月7日. Xとは、20代の頃からの付き合いで 、長く内縁関係が続いたが、虐待されることもあったといい、従属的な間柄であったと思われる。 親不孝な息子が、ワルにそそのかされて勝手に手続きをするというわけだ。 2003年8月に単独で逃亡し、4年ほど和歌山県のホテルで住み込み仲居の仕事をしていたが、2007年末にXや娘らに居場所を発見され、尼崎に連れ戻された (D家母連れ去り事件を参照)。

Next

【尼崎連続変死・公判】ワイセツ行為にブチ切れた角田美代子「絶対に許さへん」 (2015年7月27日)

2011年11月に警察へ保護された時の体重が、なんと35キロほどになっていたと言われており、これは 角田美代子たちから虐待を受けていたからだと思われています。 朝日新聞. D家父の兄が心配して来てくれたが、軟禁状態にされ、しばらくすると、Xの指示で、弟のD家父に暴力を振るうようになっていった。

Next

角田美代子容疑者に“戸籍ロンダリング”を伝授したのは誰なのか:窪田順生の時事日想(2/3 ページ)

この記事の目次• 角田被告は、情緒不安定になっていったそうだ。