【保存版】テニスのフォアハンドストロークの打ち方(フォーム)

212• つまり、テイクバックは手で引くものではなく、軸足のタメと同時に起こる上半身のターンによって起こるものなのです。

現代的片手バックハンドストロークのコツとは?①

これから三回にわたってフォアハンドの基礎をお伝えします。 長所 膝下から肩口の高さまで広い範囲でパワーを伝えやすい。

Next

【テニスの基本】フォアハンドストローク打ち方・体の使い方

フォアハンドストロークは、試合の主導権を握るために欠かせない技術の1つです。

Next

フォアハンドストロークの基本と、関係するテニス用語ガイド【動画有】

肘や手首を使ってしまうと二等辺三角形の形は崩れてきます。 つまり、テイクバックは手で引くものではなく、軸足のタメと同時に起こる上半身のターンによって起こるものなのです。

片手バックハンドの基本、安定させるコツは?

守備的な要素が強いストロークですが、上級者になると少しでも高い位置でとらえて攻撃的に使うこともあります。

Next

テニスうまくなりたい!

128• バックハンドが苦手!なら面を安定させましょう 両手打ちバックハンドは、正しいフォームで打たなくても、ラケットを 2本の腕で持っていてパワーがあるので、ある程度、手首の動きだけでボールを打ててしまいます。 特にフォアハンドストロークに関しては、右肩が後ろにあるため身体の回転がポイントになります。 下の画像のように、 手首を返すだけで打っていませんか? このような動きをしていると、面が被ってしまってネットしてしまいます。