競艇 cm。 競艇(ボートレース)新CMで注目を集める武田玲奈が可愛い!~インスタやツイッターなどSNSもオシャレすぎると話題に~

競艇のCMソング・出演女優情報!beniの曲や渡辺直美のギターがすごい!!

競艇 cm

競艇のCMの出演者が誰かっていうのがここ最近シリーズ化されて 続いておりますがいまいち話題になっていないのが悲しいです。 最新シリーズでは田中圭が出演者ということで彼の人気もあって ほんの少し話題になりましたねw 結果として現在、渡辺直美、ロバート、田中圭がメインのキャラクターとしてCMに出演中です。 そんなことはみんな知ってると思いますが当ブログで調査したいのは 渡辺直美の後ろにいる美女たちです。 彼女たちがいったい誰なのかを 調べてみたいと思います。 人魚姫の姉妹たち 設定としては人魚姫の長女が渡辺直美のようですその妹たちがあの美女たちという設定です。 そして新人レーサーの田中くんの大ファンで人魚界から声援を送っているようです。 人魚姫の姉妹たちの正体 ある程度わからないのかなと思ったんですがすぐに判明しましたw 答えは・・ サイバージャパンダンサーズ でした。 人魚バージョンの並びと上記画像の並びは同じと思われます。 サイバージャパンダンサーズとは・・ 日本でもインターネット時代の黎明期であった1995年に MITOMI TOKOTO が立ち上げたウェブサイトマガジンがCYBERJAPAN の始まりである。 当時、DJ たちのインタビューや、パーティースナップやレポートを通じ、日本のクラブカルチャー、ナイトライフを海外に発信するサイトとして数少ないウェブの中でも注目されていた。 2000年になり、MITOMI TOKOTO が自身のイベントをスタート。 その一つに BIKINI NIGHT があり、そのイベント内で DJ プレイ中に踊るゴーゴーダンサーグループとして CYBERJAPAN DANCERS が結成された。 という方々のようです。 とりあえず・・人魚でいう黄色。 サイバージャパンダンサーズのKANAちゃんを推したいと思います。 歌舞伎町あたりにいけばいそうな感じがまた最高です。

次の

競艇のCMを徹底解説!インパクトあるCMを打ち出す狙いとは?

競艇 cm

業界の プロモーション活動 競艇の全盛期は2兆円市場でしたが、一時期は売上が低迷して2010年には8,434億円まで落ち込みました。 しかし、 積極的なプロモーション活動が功を奏して2012年以降は2017年まで6年連続で売上を増加し、2017年は1兆2,378億円まで回復しました。 競艇は客層が悪くて、常連以外は立ち寄りにくいイメージが付いていましたが、昨今の躍進はプロモーション活動によるイメージ改善が大きく関係しています。 競艇場に足を運んでもらうイベント 競艇場は従来の薄汚くて暗いイメージを一刷するために、改築や分煙化を進めて明るい雰囲気の場所に生まれ変わっていました。 しかし、昔の悪いイメージが強くて競艇場の雰囲気改善だけでは客足が伸びませんでした。 そこで様々なイベントを開催して、若者、カップル、女性の取り込みを行っています。 お笑い芸人、アイドルなどのミニライブ• ペアボートによる競艇選手とのタンデム試乗会• 子供向けイベント 戦隊ショー、体験イベントなど• VRによる競艇体験会• 物産展• コスプレーヤーのイベント ほかにも、選手との触れ合いイベントや抽選会など、昔からの客を楽しませるイベントも豊富です。 最近では、楽しいと思える休日を過ごすとSNSによる拡散効果があります。 入場料100円で舟券を買わなくても楽しめる競艇場は、イベント目的で足を運んだ人からの評判が良くて、穴場スポットとして話題なっています。 積極的なテレビCM 競艇は1993年からタレントを起用したCMを展開しています。 競艇の売上がプラスに転じ始めた2010年より南明奈が起用されて、テレビCMの放送回数を増やして市場に大きな影響を与えました。 現在は渡辺直美をメインにロバートらを使って積極的なCM広告を継続しています。 競艇はもともとローカルな競技なので地上波でのCMとの相性が悪かったですが、ネット投票の普及でビッグレースを中心にネット投票だけで競艇を始める人が増えています。 テレビCMの方針転換と広告予算を増やしたことは、もっとも大きな効果を与えたプロモーション活動です。 さらに、車の展示イベントで競艇のPRブースを出したり、お笑い芸人ライブに競艇大好き芸人によるイベントを開催するなど、競艇場を飛び出した場所でのイベントも積極的です。 積極的なテレビCMの効果で、競艇と無縁の場所のイベントでも興味を持つ方が増える相乗効果を与えています。 地元を大切にする競艇場 目立つ成果をあげるプロモーション活動は、競艇に興味のない若者や女性をターゲットにしたものが多いですが、競艇は地元のお客さんを大事にしています。 競艇場ごとで、学生を無料招待したり、お笑い芸人を招いての予想会を開催するなど、地元との交流を図るイベントを積極的に行っています。 競艇が全国24場も展開できたのは、ボートレース場周辺の方から愛されていたためです。 ネット投票の普及した現在でも、地元との交流を大切にしていて、時には選手と合同によるゴミ拾い会を開催するなど社会貢献活動も積極的に行っています。

次の

競艇ボートレースのCM (競艇ボートレースのCM 10年史) 〜競艇検証.comの競艇コラム

競艇 cm

競艇のテレビコマーシャルの歴史を振り返ってみよう 渡辺直美さんが声高らかに歌い、ロバートの秋山さんがバーのマスターを演じる。 「競艇」に興味がない方でも、「競艇のテレビコマーシャル」にはつい目を引かれてしまう、という方も多いのではないでしょうか。 競艇では、これまでも人気芸能人を起用したCMが盛んに放映されていており、いずれもインパクトあるCMばかりです。 まずは競艇のCMがどのようなものなのか、今までのCMを振り返りながらまとめていきましょう! 歴代の競艇CMキャラクター、出演者まとめ 20年ほど前までは、競艇のCMに出演するのは実際にSGに出場するなどして活躍しているボートレーサーの方々でしたが、2000年代初頭に遠藤久美子さんが起用されたのを皮切りに、競艇をあまり知らない方々へのイメージアップ戦略として、人気芸能人が出演するようになりました。 2004年からは当時まだ新人タレントだった優木まおみさんが起用され、それ以来特に女性タレントが主役として起用されるようになったのです。 2008年からは芸能界の大御所として知られる和田アキ子さんが起用されました。 このCMでは和田アキ子さん自らCMソングの「幸せのちから」を熱唱し、ボートを片手で持ち上げる演出がされるなど、和田アキ子さんのキャラクターを活かしたインパクトのあるCMとなっています。 2010年からは人気タレントの南明奈さんが起用され、猫に扮した「アッキーニャ」というキャラクターとして人気を博しました。 南明奈さんは4年間もの長い間、競艇の顔として活躍し、競艇ファンをはじめ多くの方々に親しまれましたが、2013年に「卒業」を宣言し、惜しまれつつも引退しました。 その後、渡辺直美さんが一時的に起用された後、女優のすみれさんが2015年から起用され、競艇のCMはより一層ダイナミックさを増すようになります。 この時期の競艇のCMは時代劇をコンセプトとしており、忍者に扮したすみれさんが悪者を斬る爽快なアクションを披露する内容でした。 2017年からは渡辺直美さんとロバートが登場! 2017年から、渡辺直美さんや、お笑いトリオのロバートが起用され始めました。 渡辺直美さんはインスタグラムのフォロワーが国内で一番多いといわれており、特に若い女性を中心に絶大な人気を誇っているお笑いタレントです。 お笑いトリオのロバートもYouTubeからテレビ番組まで多岐にわたって活躍しており、幅広い年齢層から支持を得ています。 特にロバートの秋山さんは、自身のネタを投稿しているYouTubeチャンネルに40万人以上の登録者がおり、中には400万回以上再生されている動画がある程、若者から絶大な支持を得ています。 若者層に人気な「インスタグラム」と「YouTube」で大活躍をされている芸能人を起用することで、「競艇離れ」が進んでいる若い世代に対して競艇の魅力をアピールしていく、という戦略なのでしょう。 2019年1月からは田中圭さん主演の新シリーズもスタート! 2019年1月から放映されているCMの新シリーズでは、人気俳優の田中圭さんが、脱サラしてデビューした新人ボートレーサーとして出演しています。 また、渡辺直美さんは新人を魔法の鏡越しに見守る人魚姫、ロバートの三人はカメラマンとしてそれぞれ引き続き出演しており、かなりインパクトのあるCMとなっています。 競艇のオフィシャルYouTubeチャンネルにアップされたCM動画は、すでに100万回再生を突破しており、大きな注目を集めていることがうかがえます。 ぜひ一度、チェックしてみてください! 「なぜに恐れないの?」耳に残るCMソングが印象的な2018年シリーズを解説 ここまで競艇の歴代CMについてまとめてきましたが、現在放映されている渡辺直美さんとロバートの3人によるCMは、渡辺直美さんのインパクトある歌声とロバート3人の個性的なキャラクターが光る印象的な内容となっています。 現在放映中のCMについて設定や内容について詳しくまとめてご紹介していきます! 渡辺直美さんとロバートのCMは「カフェ」が舞台 2018年から放送されているシリーズでは、渡辺直美さんは競艇を盛り上げる歌姫「NAOMI」として出演しています。 またロバートの秋山さんは競艇好きなカフェのマスターとして、同じくロバートの馬場さんと山本さんはマスターに困惑しつつも次第に競艇の魅力に引き込まれていく常連客という設定になっています。 まず、何といってもロバート秋山さんの演技は素晴らしく、表情の作り方や仕草に徹底された「こだわり」を感じます。 また馬場さんと山本さんのツッコミも見事でCMのアクセントとなっており、ボートレースに興味のなかった人でもついCMに目を奪われてしまいます。 しかし、最も印象に残るのは、渡辺直美さんがロックミュージシャンになりきってCMソングの「見えないスタート」を熱唱している姿でしょう。 渡辺直美さんが熱唱しているCMソング「見えないスタート」の秘密 2018年から始まったCMシリーズでは、渡辺直美さんはロックなパフォーマンスと共にCMソングを熱唱しています。 「なぜに恐れないの?」というフレーズが印象的なCMソングのタイトルは「見えないスタート」。 歌手のBENIさんが歌い上げているこの曲の冒頭部分を、渡辺直美さんが実際に歌っており、彼女の迫力のある声が伝わってきます。 この曲は競艇をモチーフにした曲であり、タイトルの「見えないスタート」も、スタートラインがなく、タイミングを合わせて出発しないといけない競艇に挑むレーサーの勇気がこめられているとのこと。 実は、途中で渡辺直美さんからBENIさんに歌声が切り替わっているのですが、渡辺直美さんの歌唱力が高く違和感がありません! この曲には、誰もが一度は耳にしたことがあるベートーベンのピアノソナタ8番「悲愴」の旋律が使用され、歌詞は競艇に合わせたオリジナルのものがつけられています。 渡辺直美さんとBENIさん、二人の力強く美しい歌唱は競艇CMを盛り上げる大事なポイントであり、必聴です! 奇抜で独特なCM!その理由は「競艇のイメージアップ」のため 現在の競艇のCMは渡辺直美さんやロバートの皆さんといったインパクトのある芸能人が起用されています。 過去のシリーズを見ても、着ぐるみ姿の南明奈さんや、ボートを持ち上げる和田アキ子さんなど、どれも衝撃を受ける内容になっています。 ではなぜ、競艇のCMはここまでインパクトを追求した内容になっているのでしょうか? ギャンブルを推奨するCMは流せない 今回のCMシリーズを見ていると、競艇の魅力を直接伝える描写は控えめになっています。 また過去のCMシリーズや、競馬や競輪などの他の公営競技のCMを見ても、同じように表現は少なくなっています。 またレースそのものの魅力を伝えることはあっても、舟券を購入して、お金を賭けて予想する部分は、全く描写されていません。 競艇をはじめとした公営競技はお金を賭けてレースを予想するため、熱中しすぎないことが求められています。 そのため、競艇や競馬、競輪のCMでは、ギャンブルを推奨するような内容のCMはご法度となっているのです。 競艇のCMでは、直接的に宣伝するというよりも、少しでも視聴者の目に止まってもらうことで競艇に対する認知度を広げることを目的にしていると考えられます。 競艇業界の更なるイメージアップを狙っている 競艇に限らず、CMの目的は「宣伝」と「イメージアップ」です。 競艇は中でもイメージアップを最優先に考えているのではないかと思われます。 実は今回のCMのほかに競艇は、アザラシの「ていちゃん」をマスコットキャラクターに起用し、競艇の収益金が社会貢献活動の役に立っていることを周知するためのCMも放映しています。 競艇のような公営競技は、地域をはじめ世間の人々と良好な関係を維持しながら運営していくことが求められます。 実は競艇は、収益金の一部が地域の緑地化や文化財整備、海岸整備などに充てられているなど、社会への貢献に尽力しています。 また、競艇の売り上げのうち75%は利用者に還元されていることなども競艇のオフィシャルサイトで発表されています。 世間の人々に理解を深めておらうためにも、幅広い年齢層に人気な芸能人を起用して、インパクトがあり、独特なCMで印象を強く持ってもらおうという狙いがあるのかもしれませんね。 まとめ 若者に大人気な渡辺直美さんや、幅広い年齢層に親しまれているロバートの皆さんを起用している競艇のCM。 そのインパクトのあるCMの背景には、「競艇離れ」を食い止め、活気のある競艇を実現したいという思いと、世間の人々に認知・理解してもらい、競艇のイメージをアップさせたいという、競艇関係者の切実な思いがあるものと考えられます。 2019年1月からは人気俳優の田中圭さんが新たに起用され、新しい展開を見せ始めて競艇のCMシリーズ。 今後の展開からも目が離せません!.

次の