飲食 店 コロナ ウイルス。 接待飲食店におけるコロナウィルス対策ガイドライン

新型コロナで閉店ラッシュの飲食店。北海道では自殺する経営者も…(週刊SPA!)

飲食 店 コロナ ウイルス

【飲食店がコロナウイルスに 負けないためにできること10選】 皆様、初めまして デザイナー・ビデオグラファーの 原田慎吾と申します。 普段は、飲食店様にデザインを提供しております。 3月25日(水)現在も 新型コロナウイルスはいまだ終息せず、 ジャンル問わず様々なサービスの売り上げに 影響を及ぼしております>< 特に飲食店様は大打撃を受けてる店舗様が たくさん出ているかと思います。 飲食店経営を少しだけ経験している身としては 心情をお察し致します。 そして 日々の売上の激減、 経費削減の為にアルバイトの方の労働時間の カットをしなくてはならない決断 などなど 経営者様側、スタッフ様側、 双方に多大なるダメージを受けているかと思います。 そして本日の自粛要請。 全く先が見えません>< そこで、 今、僕ができる事を考え、 僕になりに コロナウイルスに負けないためにできること 対策アイデアチェックリスト10選 を書きました。 抜本的な解決策に繋がるかは リアルの現場の人間では無いので 力不足かと思いますが 飲食店関係者様にとって、 少しでも状況を打開できるヒントになれば 少しでも明日を前向きに進める活力になれば と思い書かせて頂きました。 僕も共に戦わせて頂きます。 まずは 【既存のお客様向け編】 【1】コロナ対策のPRの徹底 衛生面のPRは必要かと思います。 具体的にどういう対策をしているかポスターや卓上で明記してはいかがでしょうか。 それだけでお客様の先入観は変わるかも。 私の方で以下のPDFを用意しました! ご活用下さい。 7日限定でダウンロード可能です。 (2020年5月1日まで) 【2】常連のお客様・既存のお客様にお声がけ まずは、メール・SNS・LINE・お手紙等で常連のお客様・既存のお客様にお声がけ 皆様、飲食店の厳しい状況は、周知のはず、 ここは正直に誠実に 『只今、コロナウイルスの影響で経営がピンチです。 もし良ければ足を運んで頂き、楽しい時間を過ごしてください。 感謝とともに精一杯おもてなしさせて頂きます。 by店主より』 と言うのはいかがでしょうか。 お店が潰れては元も子もないです。 プライドや意地は捨てましょう。 あなたのお店のファンであればきっと応援してくれます。 僕ならこう言われたら必ず応援しますし、駆けつけます。 日本という国は義理人情を大切にする国、 今もそうであると信じたい。 いや、信じてます。 そのほかに 先にあげた衛生面のPRやキャンペーンの情報を 流しても良いのではないでしょうか。 お店からのメッセージは、 外食をすることへのキッカケや理由付けになります。 お客様を『あなたのお店の応援団』にしましょう。 【3】予約キャンセル後のアフターフォローの徹底 この状況なのでやむなくキャンセルをする方も 多くいらっしゃったかと思います。 お店としては大打撃ですが 『次に繋がる営業』を心がける事。 ただ、これをお店側がやってしまうと 次に繋がる事は絶対ないですし、 SNSでのマイナスブランディングでの拡散のリスクが生まれます。 (以前、東北の結婚式場でかなり炎上したという例もありますよね。 ) お店のルールだけに捉われず お客様に寄り添って解決策を探る事も 大事ではと思います。 ここからは 【新たな販売ルートの獲得編】 【4】デリバリーサービスの提供 UberEatsや出前館などが有名ですよね。 ただ、色々と準備が必要で導入が手間なんですよね。 メニューや容器を用意しないといけないし。 ただ、 今の状況であれば空いた時間に準備ができるかも 『ピンチはチャンス』と良くaikoも言っていました。 手に余裕がある内に内容を固めて即スタートです!! 【5】テイクアウトサービスの提供 状況によってはサービスを展開できない場合もありますが 外出を控えている今の状況に対して取り入れるべき解決策の1つ。 例えば、家呑みセットみたいなものとかね。 まずDMを配布してDM持参の方に何かしらのサービスをする。 僕は、一人で近所の居酒屋に行くのですが 少なくとも僕なら、このサービスがあったら一度は行きますよ。 (もちろん内容によるけど) 【7】今だからできるお店のPR この状況では多くの人が自宅にいて 今や暇をもて遊ぶ神々状態です。 これは、お店をPRするには絶好のチャンス! YOUTUBEの視聴数も伸びているので ネットをフルに活用してPRしましょう! 例えば 動画での利用シーンの提案・空間・メニューなどのPR お店の行き方とか 作り込まなくて良いので スマートフォンで撮影して Vlog(スタッフや雰囲気のPR)で自然体で。 あと Googleマイビジネスや各SNS 広告・LINEアカウント・ホームページ・ 各自プラットフォームの再整備など あと、英語メニューの作成や改善 ツールの再整備。 営業に追われて普段では取り組めない、 重要だけど緊急性が低いことに集中するタイミング と捉えるのもひとつの選択肢です。 【8】空間貸し ディナータイムのみお店に関して ですが空き時間を有効活用する。 集客方法に関しては スペースマーケットなどで集客。 (僕も良く使用してます。 ) と空間がお洒落ならスタジオ貸しもありです。 【資金調達編】 【9】支援制度の活用 まだ、すべてを調べてないですが 『飲食支援制度 コロナ』で 少しググっただけでいろいろ出て来ます。 (例) 【10】クラウドファンディングの活用・有料noteの活用 打撃をうけた観光業・農家さんなどに対して、 クラウドファンディングによる募金活動も増えてきましたよね。 その流れに合わせて、クラウドファンディングの活用 (例) など クラウドファンディングは出資者に対して「リターン」としてモノやサービスを提供するのですが 飲食店であれば、特別コース・ドリンクチケット・名物料理を宅配・イベント参加権利など 結構いろいろとアイデアがあがりそうです。 リターンの内容によって、例えばコース利用権であれば、将来の来店予約を先に販売できたこととほぼ同義です。 この時期来店できなくても、将来の売上を確保できるのは大きいですよね。 有料noteの活用方法に関しては noteの有料記事機能を使って 1. 店舗オリジナル家庭でも再現できるレシピの販売とか 2. 個人経営者の方であれば店舗開業までのロードマップ的な記事 なんかは個人的に興味ありです! あと、こんなのもありました。 (例)新型コロナの影響でキャンセル続きの飲食店を救う? 勝手に応援プロジェクトで未来のお客さんになろう と、少し長くなりましたが 以上となります。 少しでも今の状況を 打開できる・乗り越えられる ヒントになれればと 思っております。 最後に一言 負けるな! 闘え! 闘い抜け! まだまだ闘える。 頑張ってほしい。 闘ってほしい。 諦めず立ち止まらなければ 明日の朝日が いつも必ず迎えてくれるはず 覚悟は決まった。 後はやるだけ。 主に飲食店様にデザインをご提供・ブランディングに関わる事をメインに活動してます。 Iam me. 「感性をそのままストレートにデザイン・表現したい」そんな想いで活動しています。

次の

「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」について

飲食 店 コロナ ウイルス

新型コロナウイルス感染症発生の影響を受けられている飲食店のみなさま、心よりお見舞い申し上げます。 補助金や助成金、融資のご相談ができる情報をまとめましたので、ご活用くださいませ。 予算額に達した場合、途中で終了します。 詳細の制度発表は議会での可決後、6月中旬~下旬以降の見通し。 新たにデリバリー・テイクアウト・移動販売を始める方向けの助成金。 岐阜県:かかる経費の3分の2(最大150万円) 高山市:小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・岐阜県小規模事業者持続化補助金の事業主負担分を全額補助。 フードコネクションでは、飲食店の皆さまにとってこのような役にたつ情報をメールでお届けします。 下記より登録をお願い致します。 > また、フードコネクションにて、全国のテイクアウトマップを作りました。 登録は無料です。 1分で登録できますので、すぐにご登録ください。 資金繰りに関する融資経路 現在、多くの融資制度の紹介がなされております。 主な融資経路は下記の4つが挙げられます。 ・詳細: 雇用維持・従業員保護(厚生労働省) 厚生労働省が実施している助成金を紹介いたします。 雇用調整助成金 従業員を休ませて休業手当を支払った場合に、一定額を国が助成する制度。 主な内容は下記の通りです。 支給単価の計算方法が雇用調整助成金と一部異なりますが、その他の点は大きな違いはありません。 現在は、特に、「新しく」「非対面型(非接触型):デリバリー・通販など」に対応する企業に対しては、助成金の 限度額の引き上げや過去分も申請できるなどの優遇がなされております。 小規模事業者持続化補助金(弊社にて販促及び申請サポートが可能) 幅広い販促物について、かかる経費の3分の2(最大50万円:特別枠100万円)が補助される制度。 5月22日にコロナ特別枠の制度拡充がなされました。 特定条件の申請は、かかる経費の4分の3(最大100万円)と補助率が変更。 その他にも、「事業再開枠」として、別枠で最大50万円(補助率100%)の枠が創設。 自粛期間明けの 営業に向けて、マスク・除菌・間仕切り等の業態別ガイドラインに沿った感染拡大防止策に対しての経費を補助するもの。 5月22日にコロナ特別枠の制度拡充がなされました。 特定条件の申請は、かかる経費の4分の3(最大300万円)と補助率が変更。。 東京都に本社があり、都内で飲食事業を営んでいる企業が対象。 詳しくは各自治体にお問い合わせください。 予算額に達した場合、途中で終了します。 最大200万円が上限。 単独又は複数の飲食店等で共同して県内でデリバリー事業を展開しようとする飲食店等に対しての助成。 特別休暇として、会社は賃金の全額補償をすること。 その他、詳しくは別の記事にて紹介をしております。 Withコロナ・Afterコロナにおける飲食店と今後の戦略 自粛期間明けの消費動向等から見る今後に向けた対策 緊急事態宣言も明け、営業の再開。 段階的な営業時間の延長と徐々にではありますが、活動を再開した飲食店も多いかと思います。 その一方で、来店売上が中々安定しない・売上が戻るまでには至らないというお話もよく伺います。 そういったご相談をいただく事も多くなっておりますので、僭越ながらブログにて記事を書かせていただきました。 少しでもお役立ていただける情報となっておりましたら幸いです。 フードコネクションでは、飲食店の皆さまにとってこのような役にたつ情報をメールでお届けします。 下記より登録をお願い致します。 > コロナ対策記事 >第二弾「 」へ >第三弾「 」へ >第四弾「」 >第五弾「」はこちら•

次の

コロナウイルスの影響を受けた飲食店が使える助成金・融資制度・クラウドファンディング【5/7更新】

飲食 店 コロナ ウイルス

問1 食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染することはありますか? 新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。 2020年4月1日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。 )を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。 WHOは、一般的な注意として、生あるいは加熱不十分な動物の肉・肉製品の消費を避けること、それらの取り扱い・調理の際には、交差汚染予防のために注意すること、としています。 問1 新型コロナウイルスにより亡くなられた方及びその疑いがある方の遺体は、24時間以内に火葬しなければならないのですか。 感染拡大防止対策上の支障等がない場合には、通常の葬儀の実施など、できる限り遺族の意向等を尊重した取扱をする必要があります。 遺体の搬送や火葬場における火葬に際しては、遺体からの感染を防ぐため、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいです。 遺体を非透過性納体袋に収容・密封後に、納体袋の表面を消毒してください。 遺族等の意向にも配意しつつ、極力そのままの状態で火葬するよう努めてください。 また、遺体の搬送に際し、遺体が非透過性納体袋に収容、密封されている限りにおいては、特別の感染防止策は不要であり、遺体の搬送を遺族等が行うことも差し支えありません。 他方、継続的に遺体の搬送作業及び火葬作業に従事する者にあっては、必ず手袋を着用し、血液・体液・分泌物(汗を除く。 )・排泄物などが顔に飛散するおそれのある場合には、不織布製マスク、眼の防護(フェイスシールド又はゴーグル)を使用してください。 衣服への汚染を避けるため、ディスポーザブルの長袖ガウンの着用が望ましいです。 また、これらの器具が汚染された場合には、単回使用のものは適切に廃棄し、再利用するものは適切な消毒を行ってください。 火葬に先立ち、遺族等が遺体に直接触れることを希望する場合には、遺族等に手袋等の着用をお願いしてください。 万が一、遺体の体液等で汚染された場合など、消毒を行う必要が生じた場合には、消毒に用いる薬品は、0. 05~0. 消毒剤の噴霧は不完全な消毒やウイルスの舞い上がりを招く可能性があり、推奨しません。 また、可燃性のある消毒薬を使用する場合については火気のある場所で行わないようにしてください。 手指衛生は、感染防止策の基本であり、遺体に接触、あるいは消毒措置を講じた際等には、手袋を外した後に流水・石鹸による手洗い又は速乾性擦式消毒用アルコール製剤による手指衛生を実施してください。 5%(5,000ppm),また明らかな血液汚染がない場合には0. 05%(500 ppm)を用いる。 なお,血液などの汚染に対しては,ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム顆粒も有効である。

次の