あまり りす。 「あまり書きたくないのだが。」りす栗さんのブログ(2019/11/12)

リス

あまり りす

置き場所 日光を好みます。 よく日の当たる室内で管理してください。 春〜秋は日当たりの良い屋外やベランダで育てます。 高温に弱いので夏場は風通しの良い半日陰で管理します。 冬は室内に取り込み良く日の当たる明るい場所で管理しましょう。 水やり 土の表面が乾いたら株元に与えてください。 根腐れの原因となるので、受け皿を使用する場合は、溜まった水は必ず捨てましょう。 4月になったら、水やりを再開しましょう。 肥料 球根には開花に必要な栄養をたっぷり蓄えていますが、開花期間中は週に1度液体肥料を与えると良いでしょう。 4〜5月、7月〜9月には緩効性肥料を与えてください。 肥料がなくても育ちますが、球根が小さくなり花が咲かなくなる場合があります。 葉が枯れ始めたら肥料は不要です。 花が咲き終わったら・・・ 花が咲き終わったら花茎を根元から切り取ります。 葉から養分を球根に蓄えているので、葉を一緒に切らないよう注意しましょう。 葉茎の残った鉢は戸外の日当たりの良い場所で育て、葉を十分に生長させます。 植え替え 球根の植え付けは4月頃に行います。 鉢植えにする場合は球根の高さの3分の1くらいが地上に出るように浅植えにします。 鉢植えのアマリリスは小さめの鉢に植えられている事が多く、花が終わった後は植え替えを行います。 球根を取り出し、根を傷めないように土をすべて落とし、一回り大きな鉢に植え付けます。 アマリリスを育てるポイント 多くのアマリリスは冬に開花するように促成栽培しています。 その為、翌年以降の開花時期は 5月〜6月頃になります。 球根のシワに水が溜まると腐りやすくなります。 球根に直接水をかけないように注意し、周りから与えましょう。 Q: 花が終わったあと、地植えはできますか? A: 関東以西の暖地では地植えも可能です。 ただし、急に寒さに当てると枯れる事がある為、 ゆっくり寒さに慣らし、地植えすると良いでしょう。

次の

「ToDoリスト」とは?

あまり りす

しかし、ここで考えてみたい。 わりきれない場合は、あまりを出す…、本当にそうであろうか。 いや、そうとは限らない。 もっと細かくわり進めるという方法だってあるはずである。 例えば、14個のまんじゅうを4人で分ける場合を考えてみる。 1人分は3個で2個あまらせるという方法もあれば、あまったまんじゅうを半分に切って1人分を3個半にする方法だってあるのである。 何も正解は1つとは限らない。 多様な解決方法があり、そこにその子らしさが表れるのである。 そして、多様な解決方法を比べることで、あまりを出す意味について考えることができるのである。 しかし、自分と異なる考えと出会い、より算数的に価値の高いものを求めて考えが変容していく姿そのものを、ねらいに定めてもよいのではないだろうか。 本実践では、あまらせるべき場合とあまらせてはいけない場合とを比べることによって、あまりについての理解が深まっていく学習を展開する。 ・・ ・・・ ・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (1)14個でもわり算できるかな? ・・ ・・・ ・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「今日の問題は、これを使います。 」そう言って、子供たちにまんじゅの箱を見せる。 そして、ゆっくりと問題を板書する。 まんじゅうを分けます。 4人で同じだけ… と、ここまで書いたところで、子供たちから、「分かった、わり算だ」とう声があがった。 そんな子供たちの様子を見ながら、黙って板書を続ける。 まんじゅうを分けます。 4人で同じだけ分けます。 1人分は、どれだけになりますか。 子供たちは、ここで、あれっと いう顔になる。 「先生、それじゃあ、解けないよ」と言うのである。 教師: じゃあ、何が分かれば解けるのかな。 子供: まんじゅうの数。 教師: では、まんじゅうの数が、何個だったら、問題が解けますか。 子供: 12個や16個や8個や20個…。 子供: つまり、4の段の数。 まんじゅうの数が4の段なら、以前に学習した「あまりのないわり算」使って解くことができるのである。 「みんな、まんじゅうの数が4の段なら解けるんだね…」そう言っておいて、「じゃあ、先生、いじわるするよ。 」と、次のように書き加える。 まんじゅうを分けます。 まんじゅうは、14こ あります。 4人で同じだけ分けます。 1人分は、どれだけになりますか。 子供たちは「えー、いじわるー」と言いながらも、楽しそうに考え始めた。 あえて条件不足の問題を提示することで、子供たちの興味を惹きつける。 ここでは、最初、あえて、まんじゅうの数を示さなかった。 そうすることで子供たちは、まんじゅうの数が12個や16個なら既習のわり算を生かせるとに気づいていった。 算数は、既習の事柄をもとに、未習の事柄を解決してゆく教科である。 習と未習の事柄を明確にすることで、何をもとに、何を考えればよいか、解決の見通しをもたせたいと考えたのである。 ・・ ・・・ ・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (2) え、半分に!? ・・ ・・・ ・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ほとんどの子供たちは、1人に3個ずつ配ることができて、2個あまる考えた。 その中の1人が、黒板で操作しながら、次のように説明した。 「1個ずつ配っていきます。 もう1個は配れないので、1人分は3個で、2個あまります。 」 みんなもこの説明に納得。 自信満々の表情である。 そこで、 「2個あまっちゃうけど、いいの。 」 と揺さぶりをかけた。 「うーん、もう2個あればいいんだけど…」と子供たちの自信が揺らぎ始る。 そこに、和也が、 「半分に切ればいいよ」 と声を上げた。 「あまった2個をそれぞれ半分に切ると、4人に分けられるよ。 1人分は、3個半になるよ。 」 というのである。 和也の考えに、教室はざわめき出した。 そんな子供たちにとって、「半分に切るという和也の発想は、新しい発見である。 「そうか、なるほど!」と感心せられる。 しかし、それと同時に「そんなはずは…?」という思いも生まる。 和也の考えを受け入れることは、自分のそれまでの考えを否定するこになるからである。 そうして、「なるほど!」という思いと「そんなはずは…?」という思との矛盾の中で、心が揺れ動き、自分の考えをもう1度見つめ直すこととる。 分かったつもりでいた自分の考えの曖昧さが明らかになることで、子たちは本気で考え始めるのである。 ・・ ・・・ ・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (3) あまった2個はどうすればいいのかな? ・・ ・・・ ・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ しばらくの間、「1人分は3個で2個あまらせる」という考えと「あまた2個を半分にして、1人分は3個半にする」という考えに分かれて、話合いが続いた。 話し合いの中で、祐二が「でも、もしまんじゅうじゃなかったら…」とぶやいた。 祐二を指名し、その思いを尋ねる。 「今のは、まんじゅうだからよかったけど、例えば、はさみを分ける時、はさみは切ったりできないよ。 」 と祐二。 祐二の発言を聞いて、雄太がそれに続く。 「たまたま、14個だったからよかったけど、例えば15個だったら、うまくいかないよ。 」 このように、子供たちから「例えば」や「もし」という言葉が出てきたには、大切に取り上げ、板書にも位置づけたい。 子供たちが「いつでもえることなのか」と一般化を図ろうとしている姿だからである。 多くの子供たちは、祐二と雄太の発言を聞いて、「2個あまらせなくてはという考えに傾いていった。 そうして安定しかかった子供たちの心を、再び揺さぶったのが、和也の発言である。 「3個半でもいいと思うし、3個でもいいと思う。 いろんな答えがあるんじゃないかな。 でも、僕は、3個半の方が、いっぱいもらえるからいいと思う。 」 つまり、どちらも間違いではないというのである。 この和也の発言は、自分の考えにこだわりを持ちつつも、友達の考えを受け入れた姿といえる。 そんな和也の発言に、「あ、そうか。 両方いんだ」と、政夫の心が変化し出す。 政夫は、それまで「半分にするのは、おかしい」と主張していた子供である。 ところが、和也の発言を聞いて、「やっぱり、3個半でもいいんだと思う。 3個半なら、あまらせないで分けられる。 」と言い始めたのである。 それまでの政夫にとって、「半分にする考えを受け入れることは、自分の考えを否定することであった。 しかし「いろな答えがある」という和也の言葉を聞いて、相手の考えのよさを素直に受入れることができたのであろう。 政夫の発言に、他の子供たちも続く。 対立し合う話し合いから、互いのよさを認め合う話し合いへと、話し合いの質が変わっていった。 この話し合いの中で、子供たちは自分たちの手で対話をひらいていった。 そして、「3個半にもできる」「かたいものはわれない」「14個はできても1個はできない」と豊かな発想を生み出していった。 ・・ ・・・ ・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (4) まんじゅうじゃなかったら、どうなるの? ・・ ・・・ ・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ さて、ここで、話し合いを整理する必要を感じた。 何が解明されて、何を話し合うべきなのかをはっきりさせ、子供の中に漠然と浮かび上がってきた学習問題を明確にするのが、話し合いにおける教師の役目である。 ・ 答えは、1つでないこと。 ・ まんじゅうじゃなかったらどうなるかという新しい学習問題が生まてきたこと。 を確認し、子供たちへ以下のように問いかけた。 ( )を分けます。 ( )は、14こ あります。 4人で同じだけ分けます。 1人分は、どれだけになりますか。 ( ) の中にいろんな物を入れてみる。 子供たちは、「ダイヤモンド」「机」「フライパン」「風船」「卵」など、いろいろな物を当てはめながら、場合によって、あまらせなくてはいけない時とあまらせてはいけない時があることに気づいていった。 こうして、話し合いの前よりも、あまりに対する見方が深まったのである。 「矛盾」とは、新しい発見が、それまでの自分の考えを否定することでる。 子供たちは「矛盾」と出会った時、「 なるほど」と「 そんなはずは」の間で心が揺れ動く。 そうして、分かったつもりでいた自分の考えの曖昧をもう1度見直し、考えを深めていくのである。

次の

「ToDoリスト」とは?

あまり りす

まぁ高性能PCや、の購入が可能であればこんな苦労をしなくても済むかも知れませんが。。。 コード変更時に影響するソースが多すぎる。 うまくモジュール化されていない。 影響するコード多すぎ。 ソースコードが多すぎる。 規模が大きくなると大問題になります。 気づいた時には割りと手遅れです。 早期発見が大事。 でどうすりゃいいの? ヘッダの依存を減らす。 頻繁に変更の可能性があるコードはヘッダに書かない。 include "classC. 継承している場合は仕方ないが、ポインタとしてクラスに持っておけば、前方宣言を書いて、cppでインクルードするだけで良い。 インクルードを書く必要がなければ、そのヘッダが変更されてもビルドされるソースコードは減るのでコンパイル時間も減ります。 コレを応用した、という手法も有ります。 使いようによってはコードがすっきりするかも。 モジュール化して依存を減らしたり、モジュールをdll化してリンク時間を短縮する(分け過ぎはNG• モジュール毎にプロジェクトを分割すれば、自然と依存も切れるので結果プログラム変更時のビルド時間の短縮にもつながります。 また、静的リンク staticLib から動的リンク dll に変えることで、リンク時間の削減につながります。 ロード時間が気になるようだったら、開発時はdllにしておいて、リリース時に静的リンクに変えればOKです。 モジュール毎にDLL化していれば、プログラムを起動したまま動的ロードなんてことも可能になったり・・・• モジュールの粒度に関してはOSSなどを参考に・・・ 僕も明確な答えを持ってないので。。。 プリコンパイル済みヘッダとは? コンパイルの最初にヘッダを全て解析し、解析済みのヘッダを使うことでヘッダ解析のコストを下げる手法。 変更が少なく、いろんなところでインクルードされているようなヘッダ windows. hとかstl関連とか をまとめたヘッダファイルとヘッダファイルと同名のcppにインクルードを書いてプロジェクトに追加する。 プロジェクトのすべてのソースファイルの先頭で、先ほど作成したヘッダファイルをインクルードする。 試しにビルドしてみて、設定前より明らかにビルドの速度がUPしていれば成功なはず。 適当すぎ 並列ビルドとは?• ネットワークを使った並列ビルドの仕組みとしては、が有名ですが、VisualStudioのみでもローカルPCののみですが並列ビルドが可能です。 ソースコードがデカイくて複雑• プリプロセスに時間がかかったり、ソースコードが複雑だとビルド時間に影響し、ビルド後のOBJファイルのサイズがデカイとリンクに影響します。 コレも依存と一緒で、コード量が増えれば増えるほど対応が辛くなります・・・整理担当を決めたりチーム員に啓蒙するなり始めから手を打っておきましょう。 複雑なテンプレート• プリプロセスで行われる テンプレートの解析はビルド時間に、 テンプレートの展開によるコードサイズの増加はリンク時間 に多大な影響をおよぼすので、テンプレートは用法用量を守って正しく使いましょう。 テンプレートを覚えたての時は、美しい? コードを書くためにいろいろ駆使したくなる時期は誰しもあると思いますが、人に迷惑がかかる前に自力で目覚めましょう。 強制inlineも割りと危険。 処理速度を上げることだけが最適化と思い込んでいる人がかなりの数存在するため、すべての関数を強制inline化し、気づいてみたらOBJサイズが大変なことになり、ビルド時間やリンク時間に影響がでます。 できるだけinline化は僕らより何倍も賢いコンパイラさんに任せましょう。 馬鹿でかいstatic領域がいっぱい そんなに影響無いかも?• ソースに馬鹿でかいstaticな配列が入ってたりしてもOBJのサイズがでかくなります。 強制inlineおじさんや過激なtempleteヤンキーが居ないのにもかかわらず、なぜかリンク時間が多めな場合は、頑固なstaticおじいちゃんが隠れているかも知れません。 見つけたら躊躇せず抹殺しましょう。 動的ヒープに変えましょう その他• ソースコード可視化• まとめ• コードサイズが少なければコンパイルも早いよ。 依存が少なければ変更してもビルドされるコードは少なくて済むよ。 コンパイラさんがビルド時間短縮のために頑張ってくれてるのでちゃんと受け止めよう。

次の