ご 送付 させ て いただき ます。 「お送りさせていただきます」のメールや手紙での正しい使い方を解説

「ご送付」の例文・使い方・読み方|敬語/シーン別/いたします

ご 送付 させ て いただき ます

上司・目上に「ご送付ありがとうございます」は失礼? もっと丁寧な敬語って無い? とご心配のあなたへ。 「ご送付ありがとうございます」はビジネスメールによく使う敬語であり、上司・目上に使っても丁寧です。 ただ、よりカチッとした敬語にすると…• 「ご送付 いただき(まして)ありがとうございます」• 「ご送付 くださいましてありがとうございます」 と言い換えもできます。 結論は以上ですが…念のため本文では「ご送付ありがとうございます」の意味、敬語の種類、ビジネスシーンにふさわしい使い方(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)、注意点についてビジネスメールの例文つきで解説していきます。 この記事の目次• なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 「ご送付ありがとうございます」には「いただくorくださる」が省略されている じつは「ご送付ありがとうございます」には省略されている文章があります。 完全な文章にすると以下のようになります。 「ご送付ありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 2通りの解釈がありますのでそれぞれ敬語の種類をみていきます。 「ご送付 くださいましてありがとうございます」• 「ご送付 いただき(まして)ありがとうございます」 「ご送付くださいましてありがとうございます」の敬語 「ご送付 くださいましてありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「送付」• 「〜してくれる」の尊敬語「お(ご)〜くださる」で「ご送付くださる」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご送付くださいまして」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「送付」に尊敬語「お・ご」で 「ご送付」• さらに「〜してくれる」の尊敬語「〜くださる」で 「ご送付くださる」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で 「ご送付くださいまして」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 「ご送付いただき(まして)ありがとうございます」の敬語 「ご送付 いただきましてありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「送付」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご送付いただきまして」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「送付」に謙譲語「お・ご」で 「ご送付」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご送付いただく」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で 「ご送付いただきまして」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「連絡」「教示」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご送付ありがとうございます の使い方 つづいて「ご送付ありがとうございます」の使い方について。 文字どおり送付してもらったときのお礼に使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「返信ビジネスメールの書き出し挨拶」 「ご送付ありがとうございます」はとくに上司や目上・取引先から何かを送付するようお願いしたとき。 返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 取引先にカタログなど資料送付の依頼をして返信があったとき。 -ビジネスメール例文- お世話になっております。 カタログを拝受しました。 早々にご送付いただきありがとうございます。 さてカタログを拝見しましたところ、商品AおよびBが今回の目的に合致しそうですので、一度評価いたしたく存じます。 もしよろしければ少量(〜100gほど)サンプルをいただけますでしょうか。 なお送付先は下記のとおりとなります。 (住所) たびたびお手数ではございますが、お取り計らいの程お願い申し上げます。 まぁとにかく「送付してくれてありがとう!」という意味ですので、そのようなビジネスシーンであれば大抵は使えますね。 「ご送付ありがとうございます」のより丁寧な敬語 ここまでの解説で「ご送付ありがとうございます」の意味と敬語・使い方がわかりました。 ここからは、 「ご送付ありがとうございます」をより丁寧な言い回しにするコツを紹介します。 上司・目上にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 「ご送付 くださいましてありがとうございます」• 「ご送付 いただきましてありがとうございます」• 「ご送付 いただきありがとうございます」 としたほうがなお丁寧な敬語です。 なぜならすでに解説のとおりで「ご送付ありがとうございます」には途中の文章が省かれているからです。 一般的に何かしら抜けおちている敬語フレーズを上司や目上・取引先につかうのは好ましくありません。 極端なたとえですが、• 目上にNG「よいお年を!」• 目上にNG「お大事に!」 というフレーズを目上につかうとイマイチ失礼に感じられるのと同じこと。 ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「ご送付ありがとうございます」としてもよいでしょう。 あるいは… 親しい取引先・社内の目上・上司などあまり気づかいし過ぎする必要の無い相手にもOK ただし、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 より丁寧な文章を心がけたいものです。 【例文】ご送付ありがとうございます のビジネスメール全文 つづいて「ご送付ありがとうございます」を使ったビジネスメールの例文を紹介します。 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 to社内:資料送付を依頼したあと、お礼返信メールする 【to社内・各位・上司など】 資料の送付依頼メールにたいする返信をもらったあと。 さらに返信メールでお礼するメール例文。 ご多忙にも関わらず早々にご送付いただき誠にありがとうございます。 それでは当日、いただきました会議資料をプリントアウトし関係者に配布いたします。 よろしくお願いいたします。 人事部 ノマド ・「拝受」は「受け取ること」の意味の謙ったフレーズ 「ご送付いただきまして vs ご送付くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 さきほど紹介したように「 ご送付いただきましてありがとうございます」と似たような表現には「 ご送付くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形• 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご送付いただく=送付していただく」なのか「ご送付くださる=送付してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご送付いただきましてありがとうございます」「 ご送付くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご送付」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご送付ありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご送付」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご送付」 お礼シーンだけじゃない「ご送付」の使い方。 ほかには何かしら資料などを目上や上司・取引先に「送付してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付くださいますようお願い申し上げます」 意味は「送付してくれるようお願いします」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付のほどお願い申し上げます」 意味は「送付してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付いただければ幸いです」 意味は「送付してもらえたら嬉しいです」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「送付してもらいたいと思います」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「送付してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご送付いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「送付してね!よろしく」という意味なのです。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご送付くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご送付くださいますよう お願いいたします」「ご送付くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご送付くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご送付」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご送付〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご送付〜」 「たびたび恐縮ではございますがご送付〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご送付〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご送付〜」 「たびたび恐れ入りますがご送付〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご送付〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご送付〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご送付〜」 ほかにも色々ある「ご送付」の例文 敬語の種類というのは本当にいろいろあります。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

次の

送付状 [送り状、添え状、書類送付、シンプル版・正式文書版]2018版

ご 送付 させ て いただき ます

皆さん、 おはようございます。 吉政でございます。 現在、メールマガジンを15本近く担当していることもあり、自分の文章の書き方で勉強になることが多いです。 今日はその中でも特に、「へぇ」というかほとんどの人も間違っているのでは??と思えることがあったのでご紹介したいと思います。 「させていただきます」のよくある使用例 「送付させていただきます。 」 「退職させていただきます。 」 「提案させていただきます。 」 「同行させていただきます。 」 などなど、名詞に「させていただきます」をつなげれば、汎用的に使える敬語として結構便利なものと思っていましたが、実はこの「させていただきます」というのは上から目線の言葉だったようです。 「させていただきます」の意味 「させていただきます」を文法的に分解すると、、 「させて」は「する」の使役形に接続助詞「て」を付加したもの。 「いただきます」は、もちろん「ます」の謙譲形になる。 この二つの動詞が結びついて、複合動詞となり特別の意味を持つ言葉を形成している。 とのことです。 では、その意味合いはと言うと、 「する」「もらう」の動詞が原形で、「する」の使役形を用いて、「もらう」の謙譲表現「いただく」を結びつけ「相手がしてほしいと望むのでしからば、自分が進んでしあげよう」という意味になった。 しかし、この本来の表現が、いつの間にか、相手が望まなくても自分勝手にしてあげよう、という表現をとるに至る。 一意見としてお読みください。 とのことです。 簡単に言うと、表現的には割と尊大な使い方で、強い意志を持った「何が何でもやります」といった意味合いのようです。 上から目線の表現なので、間違っても、お客様や上司には使ってはいけない表現なのですね。 では、先ほどの 「送付させていただきます。 」 「退職させていただきます。 」 「提案させていただきます。 」 「同行させていただきます。 」 を正確な下から目線の表現に変えるとどうなるか、例として下記のとおりご紹介してみます。 「送付いたします。 」 「退職させていただきたく、宜しくお願いいたします。 」 「ご提案いたします。 」 「ご同行いたします。 」 基本として名詞+「いたします」で十分なんですね。 無理に一つの文章でいろいろ敬語っぽいものを連ねて複雑にするよりも、シンプルにして、最後に「宜しくお願いいたします。 」などと丁寧にお願いする気持を添えるとよいと思いました。 ちなみに、今回のブログでは下記のブログを参考にさせていただきました。 おっと失礼!参考にしました。 詳しく書いてありますので、上記も是非ご覧ください。 追伸:現在の私はどんな人かというと、、以下のFacebookアカウントを見てください。 申請されるときはメッセージもお願いします。 ほぼ100%情報公開しているので、フォローするだけで全部見えます。 このブログの更新情報は以下のTwitterでお伝えしています。 宜しければ 是非フォローください。

次の

「~いただきたく存じます」の意味&上司に失礼のない使い方を解説!

ご 送付 させ て いただき ます

「送付」という言葉には、おくりとどけるという意味があります。 「送」の言葉は、訓読みで「オクる」、音読みで「ソウ」と読み、「物品を届ける」や「人を見送る」という意味があります。 「付」の言葉は、訓読みで「ツく」「ツける」、音読みで「フ」と読み、「物を手渡す」や「届ける」という意味があります。 「送」と「付」が合わさることで、「送付」という言葉がおくりとどけるという意味になり、ビジネスの場においては物品や書類などを送るときに使用します。 「送付」についてある程度理解できたら「ご送付」についてご説明します。 「ご送付」の「ご」は敬語になります。 ただ書類を送りますという事ではなく、「ご」をつけることで相手に敬意を払う表現になります。 Web電話帳を導入しませんか? 「それではお見積りを送らせていただきます。 」といった言葉を聞いたことはないでしょうか。 「~送らせていただきます。 」はとても使いやすい敬語なので多くの方が使っている言葉です。 目上の方やまだ親しい仲にない取引先などと接する時には意識して少しかしこまった話しかたがいいでしょう。 その時には「送る」という言葉より「ご送付」という言い方をしたほうがよいでしょう。 【例文】「見積書をご送付させていただきます。 」 【例文】「見積書をご送付申し上げます。 」 2つの例文は語尾こそ違いますが、「ご送付」という言葉を使っています。 それぞれ語尾に注目して使ってみましょう。 目上の方や取引先には【例文】のように「ご送付」を使って敬意を示す言葉を使うことで、相手により深い敬意を示すことができます。 メール メールは相手の顔や声が聞こえない分、文章によって気持ちや態度を表さないといけません。 ですので、普段の話言葉のように「~送ります。 」よりは、堅苦しいぐらいの文章が好ましいです。 話言葉でメールも送ってしまうと相手に悪い印象や誤解を招き、自分にとってデメリットに繋がりやすいです。 メールでも会話の時同様、相手に好印象を与え失礼がないようにしましょう。 また初対面などの場合にはより丁寧な言い回しにすることを心がるとよいです。 【例文】ご送付くださいますよう、よろしくお願いいたします。 【例文】ご送付頂けましたら幸いです。 ちなみに、「ご送付願います」という言葉を使って送ってる方もいますが、「ご送付願います」は親しい間柄なら構いませんが、目上の方や取引先にはなるべく、「ご送付願います」ではなく、「ご送付いたします」を使うようにしましょう。 敬語は『尊敬語』『謙譲語』『丁寧語』があります。 敬語について学校で学ぶ機会もあり使い方は置いておいても言葉自体をご存知の方は多いのではないでしょうか。 敬語について簡単にご説明すると、『尊敬語』は相手が行うことにたいしての敬語で、相手を敬る使い方をします。 『謙譲語』は『尊敬語』とは反対で自分をへりくだって下から敬意を表す使い方をします。 『丁寧語』は「です。 」「ます。 」口調です。 「送付」の敬語は目上の人や取引先に何かを送るということや送ってほしいという想いを伝える時に使うため、「送付」ではなく、謙譲語の「ご お 」を付けた「ご送付」を使います。 使い方はさまざまですが、「送付」の前後につける言葉を間違えると相手に良くない印象を与えてしまいがちなので十分気を付けましょう。 尊敬語 「ご送付」という言葉は、一度使うことができたらそのあとさまざまな場面で活用することができます。 「送付」は頻繁に使う言葉だからこそ、正しい使い方、表現方法を身につけなければなりません。 これをごご欄になっている方は、きちんと「ご送付」を使えていましたか。 今一度自分が使っている言葉を思い出してみましょう。 だれと、どんななシーンで、どんな言葉を使って話したか、思い出したら、いままでご紹介してきた、尊敬語と謙譲語の違い、メールや会話中に気をつけることなどを意識して、例文のように使ってみましょう。 また、いままで「送付」や「お送り」を使っていた方や「ご送付」を使うことになかなか踏み込めなかった方も、この機会にぜひチャレンジして使ってみてください。 「送付」を適材適所に使ってビジネスの幅やコミュニケーションの幅を広げましょう。

次の