妊婦 貧血 対処法。 貧血の対処法。倒れたらすぐに応急処置!脳貧血との症状の違い

妊娠中の妊婦の貧血「妊娠貧血」はなぜ起こるのか?その対策法は?

妊婦 貧血 対処法

気持ち悪さや吐き気があったとしても、それ自体は妊婦さん自身や赤ちゃんの異常ではないため、特別な治療は行われない場合もあります。 しかし、つわりも重いものは「妊娠悪阻(おそ)」といわれる病気です。 医療機関に相談しましょう。 ここでは、家庭でもできそうなをご紹介します。 ただし、効果には個人差があり、必ず効くといったものではないことはご理解ください。 赤ちゃんの初期の発育(脳神経の発達)にも働くため、不足なく摂ることが重要です。 ビタミンB6は、果物、魚、鶏肉、ジャガイモなどのでんぷん質の野菜などに含まれています。 吐き気を催す原因となる食物がわかると、。 つわりでは、これまで口にしても全く問題のなかった好物が、吐き気を催す原因となることもあります。 そんなときは「経口補水液」(水・電解質の補給・維持を目的とした飲み物)「ビタミンやアミノ酸が摂れるゼリー」「カロリー飲料」などを、1日複数回に分けて少しずつ摂取しましょう。 妊娠中期の吐き気には2つの原因が考えられます。 1つ目は「胎児の成長」です。 どちらかといえば妊娠後期に多い原因ですが、平均より大きな赤ちゃんである場合や、急激に成長しているような場合には、妊娠中期でも吐き気を感じやすくなるようです。 妊娠中期の始めは、通常、お腹がやや膨らむ程度ですが、胎児・子宮はどんどん大きくなっていきますので、それに伴って胃が圧迫されます。 胃を下から押されるような状態ですので、吐き気や気持ち悪さが強くなる方もいるようです。 2つ目はホルモンの作用によるものです。 妊娠中はプロゲステンというホルモンの働きにより、食道括約筋という筋肉が緩みがちになります。 また、食道の下のほうの圧力が胃の内部に比べて低くなることにより、胃から食道へと胃酸が逆流しやすくなってしまうのです。 これらの吐き気や胸やけは、出産後は解消されるものがほとんどです。 したがって心配しすぎる必要はありませんが、日常生活では以下の対策を試してみるとよいでしょう。 胸やけがする場合は、少しずつ、何度かに分けて食べるようにしましょう。 寝る前の食事は控えるとともに、ふだんより少し高めの枕を使って胃酸の逆流を防ぐことで、横になったときの胃酸の逆流を防げることがあります。 チューインガムなどを噛んで唾液の分泌を促すことで、胸やけを緩和できることがあります。

次の

妊婦の貧血について!原因と対処法は?鉄欠乏性貧血と巨赤芽球性貧血の違いについて

妊婦 貧血 対処法

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんに栄養などを送らなければいけないため、貧血になる方が少なくありません。 貧血はいつ起こるかわからないので突然具合が悪くなることもしばしばあります。 特に外出中に具合が悪くなると転倒の恐れなど、思わぬリスクが潜んでいます。 出かける前に対処法を知っておく否かで、具合が悪くなった時に冷静に対処できるので、是非参考にしていただけたらと思います。 どうして妊娠中は貧血になりやすいの? 貧血は鉄分の不足によって引き起こる症状であることは皆さんご存知だと思いますが、 そもそもどうして妊婦さんは貧血になりやすいのでしょうか? 貧血は誰にでも起こりうる病 貧血は妊婦さんでなくても引き起こす方はたくさんいます。 妊娠前から元々貧血持ちという方も多いのではないでしょうか? 女性の10人に1人は貧血持ちと言われているほど、貧血は身近な病気です。 長期間の断食など無理なダイエットの経験がある、好き嫌いが激しい、不規則な生活を送っている、運動不足という方は貧血になりやすい傾向にあるので、思い当たる方は注意しておきましょう。 赤ちゃんに鉄分を取られやすいから 貧血にもいくつかの要因がありますが、妊婦さんがなりやすいのは鉄分の不足による「鉄欠乏性貧血」です。 妊娠すると、どうして貧血になりやすいのかというと、血液には赤血球、白血球、血小板などでできています。 鉄は赤血球を作るのにかかせないもの。 赤ちゃん自身も自分で血液を作りださなければいけないのでママから鉄分を吸収します。 それから、鉄は酸素とくっついて体中に酸素を運ぶ役割も担っています。 自分の身体にも赤ちゃんにも酸素を送らなければなりません。 ゆえに鉄分が多く使われることになるので鉄分が不足がちになり貧血になりやすいということなのです。 貧血のサインを見逃さないで! 「貧血=立ちくらみ、めまい」といったイメージをお持ちの方を多いと思いますが、貧血のサインとしてこんな症状が見受けられます。 立ちくらみ、めまい• 激しく動いてないのに動機がする• 耳鳴り• 手足が冷たくなる• 無性に氷が食べたくなる また、妊婦健診などで採血をしたときに貧血だと「水っぽい血液」と言われることがあります。 これらの症状が現れ始めたときはすでに重度の貧血の可能性があるので、甘く思わず外出中はこまめに休憩することを心がけたり、かかりつけ医に相談したりしましょう。 外出中に具合が悪くなったときの対処法 いつ具合が悪くなるのかわからないのが貧血ですが、もし具合が悪くなっても落ち着いて行動すれば大丈夫。 外出中は無理せずにこまめな休憩をとるように心がける もし外出中に急に具合が悪くなった時は、 無理をせずに近くにあるイスやベンチに座って落ち着くまで待ちましょう。 どこにも座る場所がない場合は、なるべく人混みを避けてしゃがむようにしましょう。 とにかく、座ったりしゃがんだりして頭を低くすることが大切。 外出先では座って休めそうな場所をチェックしておくといいですね。 筆者が妊娠中のときにお医者さんに 「具合が悪くなったときは身体の左側を下にするといい」とおっしゃっていました。 理由は聞かなかったのですが… 外出中でもベンチやイスで横になれそうな時は仰向けではなく、身体の左側を下にすると楽になりますよ。 どうしても出かけなければいけない時 具合が悪い時は安静にしていることが1番ですが、「今日は調子が悪いけど出かけなければならない」という時もあると思います。 そんなときは少し早めにおうちを出てゆとりをもって行動しましょう。 早めに行動することで多少具合が悪くなっても休める時間が確保できます。 また、上の子の習い事や運動会など座る場所がなさそうなところに行く際は、 折り畳み式の椅子やレジャーシートを持参して座る場所を自分で作りましょう。 調子が優れないときの外出はできるだけ1人ではなく、旦那さんや友人など誰かと一緒に出掛けることをオススメします。 どんな時に貧血の症状が出やすいのか把握しておきましょう いつ起こるかわからない貧血の症状ですが、 人によっては症状が出やすい状況というのがあるようです。 筆者の場合は、夏の暑さがダメでした。 特に湿度も温度も高い時は外出するのが億劫だったほどです。 しかし、出かけなければいけないときもあるので、日傘を差したり、水分補給をこまめにしたりと自分なりに具合が悪くならないように気を付けていました。 他にも人混みに入ったときや、屋外と室内の冷暖房の寒暖差によって、ストレスを感じると貧血の症状が出たりしやすいみたいなので、一度客観的に自分がどんな時に具合が悪くなりやすいのかを把握しておきましょう。 外出中に気を付けて欲しいこと 外出中に気を付けてほしいことの1つに先ほど、特に調子が優れないときは1人での外出を控えるように言いましたが、できる対処法はできる限りしておきましょう。 貧血が気になるときは友人とのランチやお茶会でコーヒーや緑茶、チョコレートなどカフェインが含まれているものは極力避けましょう。 カフェインは鉄分の吸収を妨げて身体の外に排出してしまう性質があります。 コーヒー1杯を飲んで即貧血の症状が出るわけではありませんが、気を付けられることはできるだけ気を付けた方がいいですよね。 小さなことからコツコツと積み重ねることが大切です。 コーヒーの代わりにオレンジジューズなど鉄分の吸収を助けてくれるビタミンが摂れるものにチェンジしましょう。 また、激しく動くと貧血の症状が現れやすくなります。 階段を上がるときは急がずゆっくり上る、約束の時間に遅れそうだからといって小走りでの移動は避けましょう。 とにかく無理をしないで休むことが大切! 貧血が酷くなると身体への影響はもちろん、ふらつきや転倒など事故のリスクがあります。 そうするとママの身体だけではなく赤ちゃんにも悪影響が及んでしまいます。 外出中に具合が悪くなったときはとにかく無理をせずに休むようにするか、外出する予定を変更するなど臨機応変に対応できるように心がけましょう。

次の

妊婦の貧血について!原因と対処法は?鉄欠乏性貧血と巨赤芽球性貧血の違いについて

妊婦 貧血 対処法

気持ち悪さや吐き気があったとしても、それ自体は妊婦さん自身や赤ちゃんの異常ではないため、特別な治療は行われない場合もあります。 しかし、つわりも重いものは「妊娠悪阻(おそ)」といわれる病気です。 医療機関に相談しましょう。 ここでは、家庭でもできそうなをご紹介します。 ただし、効果には個人差があり、必ず効くといったものではないことはご理解ください。 赤ちゃんの初期の発育(脳神経の発達)にも働くため、不足なく摂ることが重要です。 ビタミンB6は、果物、魚、鶏肉、ジャガイモなどのでんぷん質の野菜などに含まれています。 吐き気を催す原因となる食物がわかると、。 つわりでは、これまで口にしても全く問題のなかった好物が、吐き気を催す原因となることもあります。 そんなときは「経口補水液」(水・電解質の補給・維持を目的とした飲み物)「ビタミンやアミノ酸が摂れるゼリー」「カロリー飲料」などを、1日複数回に分けて少しずつ摂取しましょう。 妊娠中期の吐き気には2つの原因が考えられます。 1つ目は「胎児の成長」です。 どちらかといえば妊娠後期に多い原因ですが、平均より大きな赤ちゃんである場合や、急激に成長しているような場合には、妊娠中期でも吐き気を感じやすくなるようです。 妊娠中期の始めは、通常、お腹がやや膨らむ程度ですが、胎児・子宮はどんどん大きくなっていきますので、それに伴って胃が圧迫されます。 胃を下から押されるような状態ですので、吐き気や気持ち悪さが強くなる方もいるようです。 2つ目はホルモンの作用によるものです。 妊娠中はプロゲステンというホルモンの働きにより、食道括約筋という筋肉が緩みがちになります。 また、食道の下のほうの圧力が胃の内部に比べて低くなることにより、胃から食道へと胃酸が逆流しやすくなってしまうのです。 これらの吐き気や胸やけは、出産後は解消されるものがほとんどです。 したがって心配しすぎる必要はありませんが、日常生活では以下の対策を試してみるとよいでしょう。 胸やけがする場合は、少しずつ、何度かに分けて食べるようにしましょう。 寝る前の食事は控えるとともに、ふだんより少し高めの枕を使って胃酸の逆流を防ぐことで、横になったときの胃酸の逆流を防げることがあります。 チューインガムなどを噛んで唾液の分泌を促すことで、胸やけを緩和できることがあります。

次の