エクセル セル 固定。 覚えておきたいウィンドウ枠の固定!エクセル(Excel)で行と列を固定して、見やすい資料作りをしよう

計算式で参照するセルを固定してコピーする方法|Excel(エクセル)の使い方

エクセル セル 固定

ウィンドウ枠の固定で行と列を固定して表示する 行と列の固定とは 行と列の 固定とは、前述のとおりエクセルのヘッダー部分や左端の列のいずれか、或いは両方をロックし、画面をスクロールしても動かない状態にする表示方法です。 ここで使えるのが「 ウィンドウ枠の固定」 Freeze Panes という機能です。 ウィンドウ枠の固定の設定方法 ウィンドウ枠の固定のメニューは、「表示」タブの中にある [ウィンドウ] セクションの中にあります。 アイコンをクリックすると用途に応じた3つのメニューがあります。 ウィンドウ枠の固定 ウィンドウ枠の固定 はエクセルの列と行、縦と横を両方ロック します。 ロックしたい行数や列数は任意で設定ができます。 例えば下図のような表があったとします。 そして、下方向や右方向にスクロールしたときにロックしたいエリアを下の赤いエリアとします。 するとセルB3を境として、行は2行目までが固定され、列は1行目が固定されます。 実際にスクロールしてみると、、、 お分かりいただけるでしょうか? 3行目、あるはB列がスクロールによって隠れてしまっても、A列と1・2行目はロックされて表示されています。 先頭行の固定 先頭行の固定 はシートの 1行目(先頭行)だけをロック します。 事前に 特定のセルを選択しておく必要はなく、「先頭行の固定」をクリックするだけで1行目がロックされます。 先頭列の固定 先頭列の固定 はシートの 1列目(A列)だけをロック します。 こちらも事前に 特定のセルを選択しておく必要はなく、「先頭列の固定」をクリックするだけで1列目がロックされます。 ウィンドウ枠の固定の解除 意外とユーザーを戸惑わせるのが、設定したウィンドウ枠の固定を解除する方法です。 解除方法は上記「ウィンドウ枠の固定」「先頭行の固定」「先頭列の固定」、いずれの場合も同じ手順で解除できます。 ここをクリックするだけで固定が解除されます。 ウィンドウ枠の固定ができない原因は? ウィンドウ枠の固定ができないという方も、この記事を上から順に読んでいただければきっと解決するとは思いますが私なりにできないケースを推察しました。 適切なセルを選択していない ウィンドウ枠を固定する際のキモは、 境目となるセルを正しく選択することです。 上で述べてきた例でいうと、セルB3を選択しましたか?ということです。 「分割」をクリックしている 知恵袋で拝見したのですが、『勝手に表のど真ん中を4分割してしまいます。 』といったお悩みがありました。 この症状もセルの選択位置に問題があるのですが、シートの真ん中あたりのセルを選択した状態で、メニューの「分割」を使った時の症状ではないかと思われます。 「分割」は「ウィンドウ枠の固定」のすぐ右側にあるので、誤解される方もいるのではないでしょうか。 これはこれで状況によって役に立つと思います。 ウィンドウ枠の固定を印刷に反映 ウィンドウ枠の固定の設定は印刷には反映しません。 あくまでも画面表示上だけの効果です。 先頭行や先頭列を固定して全てのページに印刷したいときは「タイトル行の設定」をする必要があります。 前回の記事でピックアップしているので興味のある方はそちらもぜひご覧ください。 ページ設定・タイトル行 エクセルで件数の多いデータを扱っていると、1行あるいは複数行の「タイトル行」を固定して印刷したいときがあります。 タイトル行の設定により解決する方法について解説! 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 シート操作・並べて表示 エクセルの複数の シートやファイルを横に並べて表示する方法・並べて比較する方法について解説。 よく寄せられる『並べて表示できない』『並べて比較できない』といった質問にお答えします。 テーブル エクセルで設定した テーブルを解除する方法。 テーブルは便利ですがちょっと使い勝手が悪いところもある。 テーブルを解除するとデザインはそのままで書式編集が可能になるのです。 オートフィル 「オートフィルオプション」、使いこなしていますか?Excelを使っていると、セルの値や数式を下方向や横方向にコピー(オートフィル)する機会が頻繁に訪れますが... シート操作 エクセルでシートをコピー・移動する方法とエラー対策についてまとめました。 Excelでシートのコピーが できない、エラーになるという方は是非ご覧ください。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。

次の

【エクセル時短】特定のセルだけ入力できる表を作るには? 「シートの保護」の正しい使い方

エクセル セル 固定

Excelで 行・列を固定・解除する方法 それではさっそく、Excelの行・列を固定・解除してみましょう! Excelの行・列を固定するには、「ウィンドウ枠の固定」を使います。 今回はこのような縦・横に長いデータのあるExcelの行列を固定することで見やすくしていきます。 行を固定する まずはExcelの 行を固定します。 固定化したい行の 下の行を1行選択します。 ここでは2行目までを固定したいので、3行目を選択します。 「表示」タブにある「ウインドウ枠の固定」をおします。 これで1,2行目を固定することができました。 縦スクロールしても3行目以降はスクロールしますが、固定した2行は残ったままになりました。 列を固定する 次に、Excelの 列を固定してみましょう! まずは、固定したい列の右の列を1列選択します。 ここではB列までを残したいので、C列を選択します。 「表示」タブにある「ウインドウ枠の固定」をおします。 これでA列・B列を固定することができました。 横スクロールしてもこの2列は残ったままになりました。 行列を固定する 次に、Excelの 行列を固定してみましょう! まずは、固定したい行の下の行、そして固定したい列の右の列を1列の先頭セルを選択します。 ここでは2行B列目までを固定化したいので、3行C列の「C3セル」を選択します。 これで行と列をまとめて固定することができました。 スクロールしても、A列B列と1行目2行目は固定されて残ったままになりました。 行・列の固定を解除する 行・列の固定は 解除することができます。 これだけです。 これで、行・列の固定を解除することができました。 このように、Excelの行や列は任意の位置で固定し、見やすくすることができます。 ウィンドウ枠の固定を上手に使って、Excelを扱いやすくしてみてください。 Officeヘルプ: 以上、Excelの行・列を固定・解除する方法でした。

次の

エクセルの図形、グラフ、画像を固定にする4つの方法

エクセル セル 固定

1.ウィンドウ枠の固定を使う 見出しを固定したいときは、「ウィンドウズ枠の固定」を使います。 まず、固定したいセルの右下に、カーソルを合わせます。 次に、上記メニューにある「表示タグ」をクリックします。 表示が切り替わったら、「ウィンドウ枠の固定」をクリックしてください。 たったこれだけで、以下のようにセルが固定されました。 なお、セルの固定を解除したいときは、以下の記事をご覧ください。 見出しが 一番最初の行のみの場合は、先頭行のみ固定できます。 まず、先頭行に見出しを合わせます。 次に、先頭行の固定をクリックします。 すると、以下のように先頭行が固定されました。 前述の通り、見出しが先頭行だけの場合に役立ちます。 3.先頭列の固定 最後に、「先頭列の固定」もご紹介します。 セルの固定は「行(横)」だけでなく、「列(縦)も可能なのです。 手順としてはまず、先頭列に見出しを合わせます。 次に、「先頭列の固定」をクリックします。 先頭列が固定されました。 行と列を使い分けることで、より見やすく、操作性の高い表を作成できるようになります。 セル固定を解除したいときは、以下の記事をご覧ください。

次の