きめつのやいばうずいさんイラスト。 List of articles by Illustration

中高一貫!キメツ学園物語キャラ設定&ネタバレ第4弾!バレンタインチョコ我妻善逸編【鬼滅の刃】

きめつのやいばうずいさんイラスト

すまなかった」 (鬼滅の刃第13話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 鬼に恋人を殺された町民を優しくも厳しい言葉ではげます炭治郎。 恋人を失い悲しみにくれる町民は「お前に何が分かるんだ!!」と暴言を浴びせる。 炭治郎は町民の手を握り優しく微笑むと「炭治郎も大切な誰かを失った人」だと気付き謝罪する。 端役の町民が炭治郎も同じ悲しみを背負っている事を察する場面が心の琴線に触れます。 感謝の言葉ではなく暴言から謝罪という台詞を町民に言わせた事で炭治郎の抱えている気持ちを共有できますね。 私も大切な人を失った直後なら、恩人とはいえ素直にはありがとうなんて言えないし、普通の人間視点でよく心情が描けているなって思いました。 死に際、繋がっていた親子の絆を自分の手で千切ってしまった事を思い出す累。 父さんと母さんにずっと謝りたかった… 「多くの人を殺した僕は父さんたちと一緒に天国へはいけないよね?」 「一緒に行くよ地獄でも」 消えゆく累に両親はそっと寄り添い一緒に地獄に落ちてゆく。 決して許されない子の過ちを一緒に償う良心の親心に心を打たれます。 「どんなにつらい過去があっても、鬼としての悪行は許されない」作品としての一貫したスタイルですよね。 厳しいスタイルは貫きながらも「世間は許さないけど親は子を愛している」という情け深さに魅了されています。 一番弱い人が一番可能性をもっているんだよ玄弥 (鬼滅の刃第172話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 絶対強者黒死牟に太刀打ちできない三人の柱たち。 兄実弥を救いたい、師匠行冥を救いたい、時透くんを救いたい…そんな思いとは裏腹に恐怖で足がすくんで動けない玄弥ですが炭治郎の言葉を思い出します。 「上弦の陸との戦いのとき、俺が弱かったから状況を変えられたんだと。 」 黒死牟の強さはさすが上弦の壱という感じですよね。 状況を変えるカギを握っているのが呼吸の使えない玄弥という胸が熱くなる場面です。 果たして玄弥は黒死牟に一泡吹かせられるのか楽しみですよね。 今回はここまでです。 ここから先も名言、名場面がたくさん登場するのでまたの機会にご紹介させていただきます。

次の

【鬼滅の刃】名言・名場面集「醜女は違うだろ」「余裕で勝つわボケ雑魚がァ」他

きめつのやいばうずいさんイラスト

前回、岩を押す課題に苦戦する炭治郎ら。 そこへ玄弥が久しぶりに現れました。 反復動作って知ってるか?と玄弥。 一方、「これで6割程の鬼狩りどもの居場所を把握。 しかしまだ太陽を克服した娘は見つかりません」と鳴女。 全集中と異なるため、玄弥も反復動作はできるらしい。 反復動作をすることにより、いつでも一瞬で集中力を極限まで高められるようです。 なんどもなんども繰り返し練習する炭治郎。 それでも動かなかった巨大岩が、ある日 ズ ズ ズ ズ 「いったああああああ!!炭治郎いったああああ!!」と善逸。 ついに動いたのです! 伊之助も「クソォ負けたぜ・・・」と悔しそうです。 すると伊之助 「天ぷら天ぷら!!猪突猛進!!」と反復運動を始めました!? (天ぷらで集中力を極限状態にしようっていう発想がもうwww) ズズッ なんと炭治郎に続いて伊之助も岩を動かすことができました!! その様子を見ていた善逸。 (伊之助も岩動いちゃった、最悪・・・!) (あと俺だけじゃん、最悪・・・!) とその時、スズメが手紙を持ってきました。 「チュンチュンチュン」と何か言っています。 漸く炭治郎は岩を一町先まで押すことができました。 しかし滝のように汗をかき、脱水症状で倒れてしまいました。 (善逸、伊之助・・・村田さん!!) (ここで死にそうだ・・・誰か・・・) するとそこへ行冥が現れました!? 「南無阿弥陀仏波阿弥陀仏」と唱えながら水をかける行冥。 (えっ、俺死んじゃった?) しかし体が動きました。 「あ、ありがとうございます!」 「私は君を認める・・・」と行冥。 行冥は刀鍛冶の里で炭治郎が妹の命より、里の人間の命を優先したことを褒めました。 しかし炭治郎は決断したのは禰豆子であって自分ではないと話しました。 「だから俺のこと簡単に認めないでください!」と炭治郎。 「誰がなんだろうと私は君を認める」と行冥。 行冥は自分の話をしました。 昔、身寄りのない子供を寺で世話をしていた行冥。 ある日、言いつけを守らなかった子供が夜に寺に戻らず鬼に襲われたのです。 その子は自分が助かるために寺にいた子供と行冥を鬼に喰わせると約束しました。 (最低な ガキ子供だなオイ) 夜は鬼が来ないよう藤の花の香炉を焚いていた行冥。 その子は香炉の火を消し、鬼を寺に招き入れました。 目の見えない行冥は役に立たないと思ったのか、子供達は勝手な行動をとり、すぐに殺されてしまいました。 (行冥は盲人だったのか・・・。 それで柱最強って凄いな) 一番年下の沙代(さよ)だけは行冥の言いつけを守り助かったのですが、駆けつけた者たちに 「あの人(行冥)は化け物。 みんなあの人が殺した」と告げたのです。 殺人の罪で投獄された行冥を救ってくれたのはお館様でした。 「それから疑り深くなったように思う」と行冥。 大勢の人間を心の目で見てきた行冥は、炭治郎は嘘をつかない素直でひたむきな子供だと告げました。 「これからも私は手助けしよう」と行冥。 その言葉に思わず涙する炭治郎。 泣きながら「頑張ります・・」と告げました。 炭治郎の頭を撫でる行冥の目からは、涙が止まっていました。 優しく微笑む行冥。 「私の訓練は完了した。 よくやり遂げたな」 つづく スポンサーリンク.

次の

【鬼滅の刃 考察】音柱|宇髄天元【きめつのやいば ネタバレ】

きめつのやいばうずいさんイラスト

すまなかった」 (鬼滅の刃第13話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 鬼に恋人を殺された町民を優しくも厳しい言葉ではげます炭治郎。 恋人を失い悲しみにくれる町民は「お前に何が分かるんだ!!」と暴言を浴びせる。 炭治郎は町民の手を握り優しく微笑むと「炭治郎も大切な誰かを失った人」だと気付き謝罪する。 端役の町民が炭治郎も同じ悲しみを背負っている事を察する場面が心の琴線に触れます。 感謝の言葉ではなく暴言から謝罪という台詞を町民に言わせた事で炭治郎の抱えている気持ちを共有できますね。 私も大切な人を失った直後なら、恩人とはいえ素直にはありがとうなんて言えないし、普通の人間視点でよく心情が描けているなって思いました。 死に際、繋がっていた親子の絆を自分の手で千切ってしまった事を思い出す累。 父さんと母さんにずっと謝りたかった… 「多くの人を殺した僕は父さんたちと一緒に天国へはいけないよね?」 「一緒に行くよ地獄でも」 消えゆく累に両親はそっと寄り添い一緒に地獄に落ちてゆく。 決して許されない子の過ちを一緒に償う良心の親心に心を打たれます。 「どんなにつらい過去があっても、鬼としての悪行は許されない」作品としての一貫したスタイルですよね。 厳しいスタイルは貫きながらも「世間は許さないけど親は子を愛している」という情け深さに魅了されています。 一番弱い人が一番可能性をもっているんだよ玄弥 (鬼滅の刃第172話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 絶対強者黒死牟に太刀打ちできない三人の柱たち。 兄実弥を救いたい、師匠行冥を救いたい、時透くんを救いたい…そんな思いとは裏腹に恐怖で足がすくんで動けない玄弥ですが炭治郎の言葉を思い出します。 「上弦の陸との戦いのとき、俺が弱かったから状況を変えられたんだと。 」 黒死牟の強さはさすが上弦の壱という感じですよね。 状況を変えるカギを握っているのが呼吸の使えない玄弥という胸が熱くなる場面です。 果たして玄弥は黒死牟に一泡吹かせられるのか楽しみですよね。 今回はここまでです。 ここから先も名言、名場面がたくさん登場するのでまたの機会にご紹介させていただきます。

次の