豚バラ じゃがいも 玉ねぎ。 豚バラ肉じゃが by脇雅世さんの料理レシピ

豚バラ ピーマンのレシピ

豚バラ じゃがいも 玉ねぎ

ゆで卵は殻をむいて6等分のくし形に、アボカドときゅうりは7mm角に切る。 【2】じゃがいもは皮をむいてゆで、粗くつぶす。 ミニトマトは半分に切る。 【3】器に【1】、【2】、えびを盛り、混ぜ合わせた【A】を添える。 チーズは5mm角に、玉ねぎはみじん切りにする。 【2】ボウルに【1】とひき肉を入れてよく混ぜ、ひと口大に丸める。 教えてくれたのは YOMEちゃんさん 女の子のママ。 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立を綴ったブログ「よめ膳@YOMEカフェ」 が毎月200万アクセスを誇る。 玉ねぎ、にんじん、じゃがいもは一口大に切る。 【2】フライパンにサラダ油を熱し、【1】の肉に小麦粉をまぶして入れ、強中火でこんがりと焼いて取り出す。 【3】【2】のフライパンにバターを溶かし、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを加えて炒め、油が回 ったら白ワインを加えてアルコールをとばす。 トマトの水煮を細かくつぶして加え、1~2分煮る。 【4】【3】に水を加えて【2】を戻し、ふたをずらしてかけ、弱火で15~20分煮る。 【B】を加えて2~3分煮、筋を除いて斜め切りにした絹さやを加えてサッと煮る。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 『めばえ』2016年1月号 【2】レモンチャウダー鍋 市販のホワイトシチューで簡単に作るあったかチャウダー。 レモンの酸味をきかせれば、いくらでも食べられます。 【2】じゃがいもは1cm幅の半月切りにし、水に5分さらして水けをきる。 玉ねぎとにんじんは角切りにする。 エリンギは縦半分に切って、2cm長さに切る。 【3】鍋にオリーブ油を熱して玉ねぎをざっと炒め、にんじん、じゃがいも、【A】を加えて野菜がやわらかくなるまで中弱火で15分煮る。 ホワイトシチューと【1】、エリンギを加えて10分煮、あさりを加えて火が通ったら止める。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材の効能と素材の味を生かしたシンプルな料理が人気。 食育にも力を注いでいる。 一女の母。 【2】フライパンにオリーブオイル、玉ねぎ、鶏胸ひき肉を入れて強火で加熱する。 玉ねぎが透明になったら、【1】を入れてさっと炒め、しょう油、カレー粉を入れ混ぜる。 野菜ジュースを入れて中火で野菜に火が通るまで煮込む。 【2】【1】を4等分して、麺棒で長さ15cm程度に平らに伸ばす。 (手に生地がつきやすい時は、打ち粉をする) 【3】熱したフライパンに【2】を入れ、中火で両面をこんがり焼いて取り出し、表面にバターを塗る。 粗熱が取れたら、温かいうちにポリ袋に入れ、冷めたら口を結んで持ち運ぶ。 教えてくれたのは minokamo 長尾明子さん 料理家・写真家。 出身地の岐阜県美濃加茂市から名前を取った「minokamo」は、料理提案・提供時の活動名。 季節や土地の食材、素材を活かしたおいしい料理、写真家としてのセンスが光るおしゃれな料理が人気で、出張料理やメディアの撮影など幅広く活躍。 『めばえ』2018年4月号 【4】ポテトサラダ(卵・乳製品・小麦なし) 卵なしのマヨドレでマヨネーズと変わらない味に。 【2】にんじんはゆでて小さめのいちょう切りにする。 玉ねぎは薄切りにし、サッとゆでて水気を絞る。 きゅうりは半月切りにし、塩でもんで絞る。 ハムは食べやすい大きさに切る。 【3】【1】に【2】とコーンを加え、【A】を加えてよく混ぜ、塩と砂糖で味を調える。 マヨネーズと同じ感覚で使えます。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 2人の女の子のママ。 「複数の食物アレルギーがある長女のために、家族みんなで食べておいしい料理作りを試行錯誤してきました。 その中から、ずっと作り続けている、わが家で人気のレシピを紹介します」 『ベビーブック』2011年4月号 【5】コーンクリームシチュー 野菜も小さく切って、子ども用スプーンにのるサイズに。 コーンクリームのほんのり甘い味が人気です。 【A】は1cm角に切る。 【2】鍋にバターを熱し、玉ねぎとにんじん、じゃがいもを炒めて油が回ったら鶏肉を加えてサッと炒め、水1カップとローリエを加えてふたをし、中火で15分煮る。 【3】【B】とキャベツを加えて弱火で5分ほど煮、塩、こしょうで味を調える。 *にんじんは小さい型で抜いてもよい。 教えてくれたのは 中村陽子さん 料理研究家のアシスタントを経て独立。 新著は『とっておきの日につくっ てあげたいキャラケーキ』(成美堂出版)。 二児のママ。 粗熱がとれたら皮をむいてボウルに入れ、フォークでつぶし、【A】を加えて混ぜる。 【2】玉ねぎは短く薄切りにし、きゅうりは5mm角に切り、塩をふる。 【3】ベーコンは5mm幅に切り、フライパンで炒める。 【4】【1】に、水けを絞った【2】、【3】、コーンを加えてよく混ぜる。 スプーンで一口大にまとめて器にリース状に盛り、星形に抜いてゆでたパプリカを飾る。 *お好みでベビーリーフを添えても。 教えてくれたのは 青木恭子さん 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍中。 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 『めばえ』2014年12月号 【2】キャベツとじゃがいものポタージュ 定番具材にキャベツを加えていつものポタージュをちょっぴりイメチェン! 仕上げのコーンフレークが食感のポイントに。 玉ねぎは薄切り、ベーコンはみじん切りにする。 【2】オリーブ油を熱して【1】を炒め、【A】を加えてふたをし、野菜がやわらかくなるまで弱火で煮る。 【3】火を止めて粗熱をとり、ミキサーにかける。 鍋に戻して牛乳を加え、ひと煮立ちしたら、塩で味を調える。 【4】器に盛り、コーンフレークをのせる。 お玉の代わりに、すりこぎやフォークを使ってもOK。 【2】さらに、なめらかにするには、作り終わった最後に、ざるでこし、ざるに残った分をへらでつぶします。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネーター、飾り巻き寿司インストラクター1 級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2011年3月号 【3】そっくりオムライス(卵・乳製品・小麦なし) 卵や乳製品を除き、アレルギーにも対応したそっくりオムライス。 卵の代わりにじゃがいも&かぼちゃのマッシュでふんわり包みました。 4つに分けてラップに包み、一度丸めてから、ラップごと3~5mm厚さにのばす。 【2】【A】は細かく切り、オリーブ油を熱したフライパンで炒め、油が回ったら【B】を加えて煮詰める。 ご飯を加えて炒め合わせ、塩で味を調える。 【3】【2】をラップに包んで成形し、器に盛り、【1】を上からそっとかぶせる。 ラップで覆って形を整え、トマトケチャップを絞る。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 2人の女の子のママ。 「複数の食物アレルギーがある長女のために、家族みんなで食べておいしい料理作りを試行錯誤してきました。 湯をきって鍋に戻し、軽く水分をとばして、なめらかにつぶす。 牛乳を加えて混ぜ、塩、こしょうで調味する。 【2】玉ねぎはみじん切りに、小松菜は小口切りにする。 【3】フライパンを強めの中火にかけてサラダ油を熱し、ひき肉を加えて火が通るまで炒め、【2】を加えて2分ほど炒め、塩、こしょうをふる。 小麦粉をまんべんなくふり入れ、混ぜながら加熱する。 【4】耐熱容器に【3】を入れ、【1】をのせて平らにし、粉チーズをふる。 教えてくれたのは 上田淳子さん ヨーロッパや日本のレストランなどで修業後、料理研究家として雑誌、書籍、テレビなどで活躍。 双子の男の子の母。 近著に『共働きごはん』(生活の友社)など。 『めばえ』2015年1月号 【2】チーズシチュー鍋 子どもが大好きな味つけで野菜をたっぷりと! あったかシチューにとろ? りチーズがおいしい洋風鍋は、食卓も華やぎます。 ブ ロッコリーは小房に分ける。 玉ねぎはみじん切りにする。 【2】耐熱皿ににんじんとじゃがいもをのせてラップをかけ、電子レンジ600W で6分加熱する。 取り出してブロッコリーをのせ、ラップをかけ、1分加熱して蒸しておく。 【3】鍋にバターを溶かし、玉ねぎを入れ てしんなりするまで炒め、弱火にし、小麦粉を入れて炒め、粉っぽさがなくなったら水を少しずつ加える。 牛乳も加え、トロリとするまで混ぜながら煮る。 【4】塩、こしょうをふり、【2】、ソーセー ジ、ミニトマトを加えて2~3分煮、チーズをふって溶けるまでひと煮する。 *大人用にはお好みで粗挽き白こしょ うをふり、パンを添える。 教えてくれたのは 藤井恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 対照的に具材の肉と野菜はサッとゆでて散らしただけ。 絶妙なバランスに子供も大人も満足な一品に。 トマトは2cm角に切り、黄パプリカは好みの型で抜く。 オクラは小口切りにする。 【2】鍋に【B】を入れて中火で熱し、玉ねぎとじゃがいもを加えて炒め、しんなりしたら【A】を順に加えてそのつど炒める。 水3カップを加えて全体を混ぜ、ふたをずらしてのせて10分ほど煮る。 塩で味を調える。 【3】鍋に湯を沸かし、オクラとパプリカをサッとゆでて水にとり、オクラは小口切りにする。 同じ湯で豚肉をサッとゆでる。 【4】器にご飯と【2】を盛り、【3】とトマトを散らす。 教えてくれたのは みないきぬこさん 女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。 料理家、フードコーディネーターとして料理雑誌や広告、メニュー開発など、幅広い分野で活躍中。 女の子のママ。 『めばえ』2015年7月号 【2】オニオンソースのやわらか豚肉焼き 子どもが嫌いな野菜として名高い玉ねぎは、煮詰めると甘みが増してグッと食べやすくなります。 すり下ろした玉ねぎと【A】を混ぜて、30分漬けおく。 【2】じゃがいもは洗って皮ごとラップをし、電子レンジに2~3分(600Wの場合)かけてから半分に切る。 【3】フライパンを中火にかけてごま油をなじませ、【1】の肉を焼いて取り出す。 【4】【1】のバットに残ったたれをフライパンに入れて、水、バターを加え、ヘラでなじませながら2~3分煮詰める。 【5】【2】と【3】を、【4】のフライパンに戻して絡め、器に盛って、好みでバター(分量外)をのせる。 レタスやミニトマト(各分量外)を添える。 教えてくれたのは 井澤由美子さん いざわゆみこ/料理家。 調理師、国際中医薬膳師、中医師の免許をもち、健やかな体作りをサポートする食レシピを多数考案。 旬の食材の効能と素材の味を生かした料理に定評があり、発酵食と身近な薬膳を組み合わせた独自のメソッドが人気。 テレビの料理番組、雑誌、書籍、カタログなど幅広く活躍。 『めばえ』2017年3月号 【3】肉じゃが 基本の肉じゃがで大事なのは調味料を入れる順番!しっかり覚えてマスターしましょう。 【2】じゃがいもは皮と芽を除いて食べやすく切り、水に5分くらいさらして水けをきる。 にんじんは皮をむいて乱切りにする。 玉ねぎは根元を落として皮をむき、くし形に切る。 【3】鍋にサラダ油を熱し、豚肉を強火で2分ほど炒め、色が変わったら【2】を加え、じゃがいもの表面が透き通るまで、強火で2分ほど炒める。 【4】酒を加え、ひと煮立ちさせてアルコール分をしっかりとばす。 【A】を加え(先に甘みを含ませる。 先にしょうゆなどの塩分を加えると、甘みが入りにくくなる)、アクが出たら除き、落としぶたをして弱めの中火で3分ほど煮る。 【5】【B】を加え、ひと煮立ちしたら落としぶたをし、弱めの中火で5分ほど煮る。 【6】仕上げにしょうゆを回し入れ(最後に入れることで、しょうゆの風味を残す)、ときどき上下を返しながら2分ほど煮詰める。 火を止め、ふたをしてそのままおく(ゆっくり温度を下げることで、味をなじませる)。 *塩ゆでした絹さやを散らしても。 煮汁が対流するので味が均一につき、煮くずれを防ぐ。 教えてくれたのは ABC Cooking Studioさん ABC Cooking Studioは、初心者の方にもおすすめの、料理・パン・ケーキ作りが楽しく学べる女性専用の料理教室です。 少人数レッスン、復習にも最適なイラストレシピ、 HPや携帯からの予約など、システムが充実。 入会金不要、1回完結の「1dayレッスン」や授業の雰囲気を体験できる「体験レッスン」を毎日開催しています。 5cm角、じゃがいもは3cm角に切る。 ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。 ささみは片栗粉をまぶす。 【2】鍋にオリーブ油を入れて熱し、【1】を中火で炒める。 【3】【2】に昆布と水を入れて火にかけ、アクを取りながら10分ほど加熱する。 【4】【3】の昆布を取り出し、ゆで大豆を加え、材料に火が通るまで加熱する。 【5】【4】に牛乳、粉チーズを加えてさらに熱し、塩で味を調える。 教えてくれたのは 渥美まゆ美さん あつみまゆみ/管理栄養士。 フードコーディネーター。 健康運動指導士。 保育園勤務で子どもの料理提供に関わる。 料理講師やセミナー講師などフリーランスで活動後、「株式会社Smile meal」を設立。 食育など食と健康に関わる活動を行う。 2児の母。 『めばえ』2018年1月号 【2】鮭と大根の石狩風みそ汁 北海道名物、石狩鍋を毎日の食卓で手軽に楽しめるレシピ。 じゃがいもやバターも加えて栄養とボリュームたっぷりに。 玉ねぎは半分に切って薄切りに、じゃがいもは小さめの一口大に切る。 【2】鮭は皮と骨を除き、一口大に切る。 【3】鍋に【A】と玉ねぎ、じゃがいもを入れて熱し、沸騰したら大根、にんじんを加え、ふたをして弱火で煮る。 野菜がやわらかくなったら【2】と【B】を加えて混ぜて、ひと煮する。 *だし汁は、できれば昆布だしがおすすめ。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 2人の女の子のママ。 家族のために作り続けてきたという、おいしくて、栄養バランスもいいレシピが人気。 栄養バランスのいいスープを。 牛乳の優しい味が子供に大人気です。 【2】ブロッコリーは小さく裂き、ベーコンは1cm幅に切る。 【3】鍋にバターを熱して弱火で【1】を炒め、火が通ったら小麦粉を加えて手早く混ぜて炒める。 ベーコンと水を加えてふたをし、じゃがいもが煮くずれるまで煮る(水が蒸発するようであれば少し足す)。 【4】じゃがいもをへらなどで軽くつぶし、ブロッコリーを加えて2~3分煮る。 牛乳を加えて温まったら塩とスープの素で調味する。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 ふたりの女の子のママ。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 子どもの食物アレルギーをきっかけに、アレルギー料理にも力を入れている。 『ベビーブック』2013年11月号 【4】和風クラムチャウダー はまぐりのお吸い物の代わりに。 豆乳だけど味噌味でほんのり和風のチャウダースープ。 【1】玉ねぎはみじん切りにする。 じゃがいもは1cm角に、にんじんは5mm角に切る。 はまぐりはこすり合わせ るように洗って水けをきる。 【2】鍋にバターを熱し、玉ねぎ、じゃ がいも、にんじんを入れて炒める。 玉ねぎがしんなりとしたら、はまぐり、水を加え、ふたをして蒸し煮する。 はまぐりの口が開いたら取 り出し、冷凍グリンピースを加え、じ ゃがいもが柔らかくなるまで10分ほど煮る。 味見してみそを加え(量ははまぐりの塩けに合わせて調節)、豆乳を加え、温まったら火を止める。 教えてくれたのは 八木佳奈さん 雑誌、広告などで料理撮影スタイリングや料理製作を手がける。 二人の女の子のママでもあり、子どもが喜ぶ、簡単でかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2017年3月号.

次の

豚バラ ピーマンのレシピ

豚バラ じゃがいも 玉ねぎ

満足度の高いキャンプ飯には、スープが最適です。 体を温めるだけではなく食べ応えも十分にあり、ソロからファミリーまでさまざまなシーンで活躍します。 とくに、寒さが染みる 冬キャンプには、暖をとれるスープは最高の御馳走となりますよね。 しかし、キャンプで悩ましいのが、いかに手軽に作れるかでしょう。 出来るだけ少ない材料で、どれだけ美味しく作れるかがポイントとなります。 また、手軽に買いやすい材料であるかも重要です。 そこで、私がおすすめしたいのが常備野菜の定番である 「じゃがいも、玉ねぎ、にんじん」を使ったスープレシピ!この3種類さえあれば、キャンプ場でのスープ作りは怖いもの知らずです。 今回は、私が実際に調理した絶品スープレシピを7つ紹介していきます。 目次 []• 三種の神器「じゃがいも、玉ねぎ、にんじん」 じゃがいも、玉ねぎ、にんじんといえば、 カレーの具材というイメージが強いですよね。 甘みや食感のバランスがよく、濃い味付けにもよく馴染みます。 何より年中を通して価格が安定しているため、家庭の冷蔵庫には欠かせないアイテムとなっているでしょう。 そんな3つの野菜たちですが、実は あらゆる味付けにマッチする万能野菜でもあります。 よくよく考えてみると、和食の肉じゃがや中華炒め、洋食であるシチューまで、さまざまなジャンルに使われているのです。 そこで私は思いつきました。 じゃがいも、玉ねぎ、にんじんを基本とし、プラスワン食材でテイストに変化をつければ、 あらゆるスープレシピが堪能できるのではないかと…。 非常にシンプルな食材ですが、キャンプ飯にはこれくらいが手軽で丁度よいのです。 「 キャンプにあと1品、スープを足したいなぁ」と考えているあなた!とりあえず、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんを用意しておくと、幅広い味付けに対応できるので安心ですよ。 おすすめスープレシピ7選 実際に 「じゃがいも、玉ねぎ、にんじん」を使ったおすすめスープレシピを紹介します。 さまざまなジャンルを掲載するので、好みのテイストを試してみて下さい。 豚汁 【作り方】• 鍋に水とめんつゆを入れ、太めにカットした玉ねぎと大きめにカットしたにんじんを入れる。 具材に火が通ったら、レトルトカレーと大きめにカットしたじゃがいもを入れて煮る。 じゃがいもに火が通ったら完成。 カレールーではなく、便利な レトルトカレーを活用した和風なスープ。 味が完成されたレトルトカレーと、出汁の効いためんつゆの組み合わせはもはや最強です。 水とめんつゆの配分は、2倍濃縮でおよそ3:1が目安となります。 かりに濃縮度合いが異なる場合は、最初は薄目に味付けし、最後にめんつゆで微調整して下さい。 簡単スープレシピで満腹キャンプを楽しもう 面倒となりがちなスープ作りも、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんさえ用意すれば、あとは好みの味付けに染めるだけです。 食べれば体は温かく、そして満足感も申し分ないスープレシピ。 お腹いっぱいのキャンプ飯を楽しみたいなら、簡単スープレシピに是非挑戦してみて下さい。

次の

【超簡単】じゃがいもレシピ人気15選【つくれぽ10000越え!】殿堂・大量消費レシピ|サラダやチーズも!じゃがいもだけでおかずになる!

豚バラ じゃがいも 玉ねぎ

豚バラブロックと野菜で、ちょっと贅沢なごちそうを。 じゃがいも、玉ねぎ、にんにくを敷き詰めた耐熱皿に、ブロック肉を丸ごとのせてオーブンへ。 食べやすいサイズに切り分けたらできあがりです。 表面はこんがり、中はジューシー。 豚バラブロックを丸ごと焼くことで、肉の旨味を中にとじこめます。 シンプルな味つけで、素材の味を楽しめる一品です。 じゃがいもは角切りに、玉ねぎは半分に切ってから幅1cmの薄切りに、にんにくは薄切りにする。 豚バラブロックは筋を切るため、包丁で2cmほどの切れ目を両面に5ヶ所ずつ入れる。 耐熱皿に野菜を敷き詰め、豚バラブロックをのせる。 オリーブオイルをまわしかけ、塩、ブラックペッパーをふる。 200度のオーブンで40分焼き、豚バラブロックを食べやすいサイズに切る。 油が気になる場合は、きのこなどの油を吸う野菜を一緒に入れるのもオススメです。 じゃがいもの芽や緑色に変色した皮は、必ず取り除いてください! オーブンによって焼き時間が多少変わります。 様子を見ながら加熱してください。 408• 373• 178• 124• 69 アーカイブ アーカイブ.

次の